特集 2021年5月11日

北海道の焼印を押すと2割増しでおいしい

北海道ホットケーキ、北海道トースト、北海道はんぺん、北海道ハンバーガーセット

北海道の形の焼印を押すと食べ物がおいしくなると思った。ヤマザキの北海道チーズ蒸しケーキのように。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:土曜のお便り 〜チョコファウンテンしかないバイキング


北海道の形が描いてあるとおいしい

北海道チーズ蒸しケーキがなぜおいしいのか考えてみた。

001.jpg
ヤマザキの北海道チーズ蒸しケーキ

味、香り、食感が良いのはもちろんのこととして『北海道の形が描いてある』という点も大きいのではないか。

002.jpg
これが描いてあったら絶対においしい
北海道の形がある → 北海道のチーズを使っている → おいしい

こういう理屈になるわけだが、北海道産というブランドの間違いのなさにより、

北海道の形がある → おいしい

もはやこういう脳の回路が僕たちにはできあがっていると思う。

魚介、肉、乳製品、野菜、果物、なんでもおいしい北海道を、体験したり伝え聞いてきた結果なのだろう。パブロフの犬状態である。「北海道産!」「おいしい!」「北海道産!」「おいしい!」を繰り返した結果、「北海道の形!」「おいしい!」にまで到達したのだ。

いったん広告です

ちょっとおいしそうになる

だから北海道の焼印を作って色んな食べ物に押してみた。

材料が北海道産だから、とかそういう関連はない。ちょっとおいしくなる工夫として、北海道の形を焼き入れるのだ。

002a.jpg
真鍮を削って北海道の焼印を作った

ここに時間がかかったのだがその様子はあとで紹介するとして、まずはこれを押すとおいしそうになるかを確かめていただきたい。

002b.jpg
焼印と言えばホットケーキだと思う

コンロの火で真鍮を熱して押す。

002c.jpg
ジュー…
002d.jpg
003.jpg
押せた…!

なった! ちょっとおいしそうになった!

004.jpg
この部分を見て思う。「これはおいしいやつだな…!」と

バターとハチミツで食べた。気持ちが盛り上がりおいしく感じる。そしてこの焼印の部分が香ばしく、生地の他の部分とのアクセントになっていて実際ちょっとおいしい。そう、2割増しくらいだ。

北海道には旅行で一度行ったことがある程度だが、この形を見て漠然と北海道のことを思い「そりゃあおいしいよなあ…」としみじみしながら食べた。「そりゃあ」の部分に何も中身はないのだが、それでもやはり、なんか良いのだ。北海道のこの形があるというのは。

005.jpg
ハムにも押した。
006.jpg
北海道トースト!
007.jpg
セブンイレブンのチーズ蒸しケーキ

北海道チーズ蒸しケーキになれるだろうか。

008.jpg
なれました! おめでとう!
009.jpg
あとは北海道ランチパック(ピーナッツ味)に、
010.jpg
北海道ロールパン、
011.jpg
北海道はんぺん、
012.jpg
北海道ハンバーガーセット(ポテトM)もできた。

どれも手に取る際に「お…!」と少し気持ちが盛り上がる瞬間があり、食べるとその気持ちを裏切らないおいしさがあった。パンもハムもはんぺんも、どの食べ物もちゃんと少しおいしくなるのだ。これが北海道の包容力だと思った。

013.jpg
北海道ロールパンが特においしかった。焦げ目のあるロールパンおいしい。
いったん広告です

焼印の作り方

このように色々な食べ物を少しおいしくする北海道の焼印だが、真鍮の塊を彫って作った。

014.jpg
これに、
015.jpg
これを作って貼り、マニキュアの除光液で転写させ、
016.jpg
リューター(電動工具。金属や木材を切ったり削ったりできる)で北海道の周りを彫っていく。

先ほど紹介します、と書いたが工程としてはこれだけである。YouTubeに作り方を紹介している動画もたくさんあってとても心強かった。

ただこれがスイスイ彫れるというものでもなく、食品など柔らかいものに押す際はより深く彫っておかないといけない(まな板などに焼印を押すなら1mm程度でいいけど、柔らかい食品だったら2mm程度)という事情もあってとても時間がかかった。

017.jpg
彫り始めて3時間半でこんな感じ

リューターと自分の手を休ませながら3時間半。初めてやる作業だったのだが、やるうちに自分なりのコツが分かってきてすごく楽しかった。ちょっとした力のかけ方でバンバン彫れちゃったり全然彫れなかったりするのだ。

018.jpg
ビットというリューターの先に取り付ける工具があって、用途によって使い分ける

僕の場合、彫りづらいなと思ったら無理にそのビットで進めず、感性にまかせてバンバン取り換えちゃう、という方針がやりやすかった。

そんなことをやっていると、こう彫りたい時はこのビット、というのが分かってきてストレスなく彫れるようになってくる。

019.jpg
よく使ったのがこの7本だった。名前は勝手に付けた

「俊太郎にはその作業は向いてないな」とか「邦生、そんな彫り方もできるのか!」とかブツブツ言いながらやると楽しかった。

020.jpg
翌日、1時間ほどで全体ができ、実際に押してみて微調整をする、というのを2時間ほどやり、最後にヤスリをかけて完成した。

時間さえあればずっとやっていたい作業で、完成してちょっと寂しいくらいだった。

いったん広告です

手作りの焼印はよりおいしい

焼印自体は、データを送って作ってもらうサービスもたくさんあるわけだが、自分で調べて手作りした北海道の焼印は一層おいしそうに感じられた。手作りの料理っておいしいが、手作りの焼印もそれに倣ってちゃんとおいしくなるのだ。

021.jpg
この、境目の部分のくぼみの感じがすごくいいですね
022.jpg
北海道ハンバーガーの、白っぽい北海道もすごくいい

しばらく、平らな食べ物を見ては「北海道の焼印を押せるぞ…!」と武者震いする日々が続きそうである。


失敗のコーナー

失敗のコーナーである。失敗をたくさんしており、本文で紹介していたら話が進まなくなりそうなので最後にまとめて紹介します。

023.jpg
そもそもは、北海道の形に切ったアルミホイルで北海道トーストじゃないかという軽い思いつきだった。

輪郭がぼんやりしてしまう。左右も反転しちゃってる。

024.jpg
ならば、とワイヤーで北海道を作り、これを熱して押す作戦
025.jpg
できないことはないんだけどおいしそうかっていうとちょっと違う

ここで覚悟を決めて焼印を作り出した。

026.jpg
通販で、間違えて厚さ1mmの真鍮を買ってしまうという失敗もあった

このあと厚さ10mmの真鍮を急いで用意し、なんとか北海道ができる。焼印ができて色々押してみるが、うまく押せない食べ物もたくさんあった。

027.jpg
食パン。ふわふわしすぎていた。軽く焼いて、表面をパリッとさせてからならいけたかもしれないと今なら思う。
028.jpg
バナナ。南国のフルーツに北海道の焼印があったらおもしろいかなと思ったが押せなかった
029.jpg
油揚げ。これは押し方次第でうまくいきそうだぞと思って何度も試すがうまくいかなかった

印を押す力加減と時間が大事なのだけど、正解が押す素材によって全然違う。

030.jpg
コンビニで買ったホットケーキ。ふわふわ素材なのに長く押しすぎたのか

こうなっちゃうのが一番悲しかった。焦げ付いた部分が取れなかったのでリューターで削った。

以上が失敗のコーナーでした。最後にもう一度、うまくいったやつを見て終わろう。

031.jpg
よかった〜
▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ