特集 2020年1月10日

赤道と名付けられた国に行って赤道になる

赤道というものがある。地球の中心を通り、その線により、南半球と北半球が分かれる。北緯0度0分0秒だ。アジアではインドネシアに赤道が通っている。学校の授業で知ってはいるけれど、日本には通っていないので、実際に見たことはない。

そこで赤道を実際に見に行って、赤道になりたいと思う。しかも、せっかくの赤道なので、赤道の本場とも言える場所で赤道になる。赤道と名付けられた国があるのだ。それは「エクアドル」だ。

1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。(動画インタビュー)

前の記事:メリークリスマス! クリスマスブーツ発祥の地「草津」を巡る

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

赤道になるということ

いつかは大きなことをやりたいと誰もが思う。国を動かすようなことや、宇宙遊泳、地図に残る仕事など大きなことに憧れる。小さなことも大切だけれど、誰もが知っているようなことをやってみたいのだ。

002.jpg
そこで赤道です!

赤道、世界中の誰もが知っている。その一部になりたい、というのが私の夢だ。赤道という線により、地球は南半球と北半球に分かれる。世界地図を見れば必ず記されている。絶大な知名度がある。その一部になりたいのだ。

003.jpg
そこでエクアドルです!

赤道の一部になるためにどうすればいいのか考えた。そこで「エクアドル」である。南米にある国だ。スペイン語で赤道を「エクアドル」と言う。つまりエクアドルという国は赤道そのものなのだ。赤道の一部になるためにはエクアドルに行かねばならないだろう。

004.jpg
エクアドルに行きます!

自然の一部になりたい、地球を感じたい、と言ったりする。それを同じように、赤道になりたいのだ。そのために赤い服を持って私はエクアドルを目指した。片道24時間。全ては赤道になるためだ。大きなことやりたい、それが私にとっては赤道になるということなのだ。

005.jpg
エクアドルを目指します!

赤道になる高い壁

赤道というくらいなので赤い道。その一部になるには赤くある必要があると考えた。そこで赤い服を持ってエクアドルを目指した。私の気持ちは高ぶっている。だって赤道になれるのだ。初めて赤道に憧れたのは、小学校の授業で赤道の存在を知った時だったかな。長年の夢が叶うのだ。 

006.jpg
エクアドルの首都「キト」に着きました!

長い飛行機の旅を終えてキトに到着した時、私はすでに赤い服を着ていた。まだ赤道ではないけれど、赤道を意味する国「エクアドル」。もう赤い服でいいじゃない。またキトはキト族から来ているが、そのキト族のキトは「自由」という意味。赤くなるのは自由なのだ。

007.jpg
赤道になるんや!!!
008.jpg
俺は自由だ!!!
009.jpg
こうなりました

赤道に行く前に寝込むことになった。あんなにテンション高く「俺は自由だ」と言ってはしゃいでいたのに、キトのホテルのベッドで寝ている。高山病になったのだ。キトの標高は2800メートルほど。富士山の7合目くらいの高さということになる。

010.jpg
標高が高いのです!

脳みそを握りつぶされている感じがすると同時に、頭蓋骨が破裂しそうにも感じる。さらに目玉が飛び出そう。それが高山病だ。本当にキツい。これが赤道になるということ。赤道になることの壁の高さを感じる。赤道とは本来、人がなれるものではないのだろう。

011.jpg
だって来たことを後悔するほどキツいからね!

赤道を目指す!

高山病克服に2日かかった。赤い服でひたすらベッドで寝ていた。しかし、私は夢をあきらめなかった。夢はあきらめなければ叶うのだ。ベッドから飛び出し、赤道が通る北緯0度0分0秒を目指す。街を歩き、バスに乗り、その場所へと歩みを進める。 

012.jpg
街を歩き、
013.jpg
バスに乗り、
014.jpg
バスを降りて、
015.jpg
またバスに乗り、
016.jpg
赤道が通る村へ!

赤道が通るサンアントニオ村に1時間半ほどかけて到着した。ここに赤道が通り、赤道記念碑も建っている。私が小学生の頃に憧れ、長年目指していた場所だ。そんな場所に到着したのだ。

017.jpg
チケットを買う!

赤道になる!

赤道記念碑に入るためのチケットを買う。私の格好を見て現地の方が「ディアブロ?」と言っていた。悪魔という意味だ。いやいや赤道ですよ、と言ってはみたが、赤道はこちらの言葉で「エクアドル」なので、どこにも「赤」の要素がない。現地の方の頭の上に「?」が灯っていた。 

018.jpg
赤道記念碑が見える!

スペイン語で考えると赤道になるには、エクアドル人になるしかないけれど、今回は日本語で考える。赤道という名前を聞いて赤道になりたいと思ったのだから、日本語で考えて問題ないだろう。小学生の頃からの夢。それが叶う瞬間だ。 

019.jpg
赤道になりました!!!

赤道には線が引かれている。その線の上に寝転ぶ。赤道になった瞬間だ。赤道の線が赤ではなくオレンジなので、いつもオレンジの服を着ている私は普段着の方が線に馴染んだけれど、「いま俺は赤道なのだ、地球の中心なんだ」という喜びがある。 

020.jpg
いま、赤道の一部です!

ちなみに赤道は暑いイメージがあるけれど、ここは標高が高いので、22度くらい。平均気温では14度くらいだそうだ。キトは常春と言われるほどで、全然暑くはないのだ。もっともこの赤い服はそこそこ暑いのだけれど。

021.jpg
気温は、
022.jpg
22度!
023.jpg
ちょっと違うんだけどね

もう一個の赤道へ!

赤道記念碑で北緯を確認すると0ではなかった。GPSの精度がよくなり、計り直すとここではないことがわかったそうだ。私のスマホは民生機なので、もちろん誤差があるけれど、正式にも赤道記念碑の場所は赤道ではないと今はわかっている。 

024.jpg
赤道博物館に来ました!

赤道記念碑から5分ほど歩いた場所に「赤道博物館」がある。ここに本当の赤道とうたっている場所がある。いろいろ説があって、どれが本当の赤道なのかわからないけれど、ここまで来たのだから行っておこうと思う。 

025.jpg
赤道になりました!

ここは赤道の線が赤かった。赤い服を着て来てよかった。なぜ赤いかはわからないけれど、赤道を意識してくれたのかもしれない。せっかくのなので売店で赤道バックも買った。5ドル。なかなかにオシャレだと思う。

026.jpg
売店で、
027.jpg
赤道バックを、
028.jpg
買いました!

さらにパスポートにハンコを押してあげる、と言っている気がしたので、パスポートを出すと赤道に来たことを示すハンコを押してくれた。これで赤道に来た証拠にはなるだろう。私は本当に赤道に来て、赤道になったのだ。

029.jpg
ハンコをもらったけれど、
030.jpg
ここも違うんだよね!

俺の赤道

赤道博物館の赤道もスマホで確認すると少し違った。もうスマホで測って自分の赤道を探そうと思う。スマホを持って歩き回る。俺の赤道はどこにあるのだろう。ワクワクの探索。赤い服の男が赤道を探す。世界の童話にそういう話があるかもしれない。 

031.jpg
探し回り、
032.jpg
俺の赤道を、
033.jpg
発見しました!

歩道が舗装されていない場所でついに確認できる北緯全てが0の場所を見つけた。ここを俺の赤道とする。もちろん俺の赤道なのでなんの線も書かれてない。ここに私が線を描くのだ。本当の赤道となるのだ。おめでとう、私。赤道になれました。

034.jpg
赤道になりました!
035.jpg
線が見えるよね!

夢は叶う

夢は叶えるものだ。そして、叶うものだ。将来の夢が赤道でもいいのだ。だってなれるのだから。割と本当に感動があった。地球の中心にいるんだ、という感動。赤い服を着て外を歩ける自分のメンタルは強い、という感動。小学生の自分に言いたい。20年後に赤い服を着て外を歩くんだよ、と。なんと思うだろうか。たぶん「はぁ?」って言うと思う。

036.jpg
赤道記念碑にものぼりました!

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ