特集 2024年1月12日

シーチキン目線の世界はこうなっていた!

シーチキン缶の中は暗く閉ざされている。我々がフタを開けるとき、シーチキン側から見た世界はどうなっているのだろうか。

1992年三重生まれ、会社員。ゆるくまじめに過ごしています。ものすごく暇なときにへんな曲とへんなゲームを作ります。

前の記事:新感覚謎解きゲーム「現実謎解き」を作って解いてもらった

> 個人サイト ほりげー

あの有名な画像

ボケて(bokete)という画像大喜利サイトで、飛びぬけて有名な投稿がある。

「シーチキン目線」だ。野暮だと思いつつ解説すると、これは日食の画像を「ツナ缶の中から外を見た様子」にたとえている。

当たり前だが、これは日食の画像だ。実際の「シーチキン目線」はどうなっているのだろうか。

いったん広告です

シーチキン目線の世界はこうなっていた

シーチキンを買ってきた。

今回調べて知ったのですが、「シーチキン」ははごろもフーズの登録商標で、一般名称は「ツナ」のようです。

缶の底を缶切りでこじ開けた。

本来缶切りがいらない商品なのに……。

そして缶をきれいに洗ったら準備完了。

こんな感じで撮影する。

さあ、シーチキン目線の世界はこうなっている! 

う~ん、明るすぎるな……。

もう少し日食に寄せたい。そのためには、がら空きの缶底から入る光の量を調整する必要がありそうだ。

お風呂の中とかトイレの中とか、自宅の中の「ほどよく暗い場所」を探した。この日は大晦日。「2023年の終わりになにをやっているんだ」という気持ちになるが、すべては「最高のシーチキン目線」のため……。

自室のカーテンを閉めると、ちょうどいい暗さになった。

 シーチキン目線の世界、どうなる!

これはかなり期待ができる。

これはこれでいいのだけれど、ここからさらに画像編集ソフトで明るさやコントラストをいじって、日食に寄せていく。 

できた。これぞ、リアル・シーチキン目線

ニーチェは言った。「シーチキンをのぞく時、シーチキンもまたこちらをのぞいているのだ。」

こんなにもシーチキン側の気持ちになったことがあっただろうか。シーチキンに思いをはせる大晦日。思えば2023年、いろんなことがあった。それはシーチキンも同じだ。2023年がはじまったころ、まだ大海原を泳いでいたマグロは、漁獲され、急速冷凍され、はごろもの工場で缶詰され、マルエツに出荷され、我が家にやってきて、先ほど取り出された。シーチキンは明日お餅につけて食べるよ。いっしょに年を越そうね。

いったん広告です

動画にしてみた

せっかくなのでシーチキン目線の「フタが開けられたようす」を動画にしてみた。

ぱかり

進撃の巨人みたいになってしまった。絶望的な状況だ。

009.jpg
その日 シーチキンは思い出した。

シーチキンからしてみれば、フタが開けられるまでは自分がいったいどこにいるのか分かりようがないのである。まるでおなかの中の赤ちゃんのよう。フタが開いたとき、缶というシーチキンにとっての世界の終端が取り払われ、世界が一気に広がる。しかし、それもつかの間。食され、今度は人間の体内という狭い世界に再び閉ざされてしまう。

そんなことを考えていた。シーチキン、気の毒だ。

いったん広告です

シーチキンに空を見せてあげる

シーチキンが気の毒だ。シーチキンは空を知らない。だからこそあの「シーチキン目線」の画像にはたとえのうまさ以上の味わいがあるのだろう。

ならば、シーチキンに空を見せてあげよう。シーチキンの缶を持って外に出た。

見よ、シーチキン。これが空だよ。

シーチキン目線の空

僕はそのまま電車に乗った。シーチキンの缶とともに。

012.jpg
シーチキン目線の車窓。

いままで、シーチキンが移動するときは暗く閉ざされたトラックの中だった。というかそもそも、缶の中だった。何も見えない。シーチキンは移動の楽しさをしらない。

シーチキンよ、これが電車だ、これが車窓だ。

013.jpg
だんだん日が暮れてきた。

僕は電車を降りた。

シーチキン目線の夕陽。

こうしてシーチキンとともに2023年が終わりを迎えた。

年が明けて2024年、先ほど餅といっしょに食べたシーチキンの分も精いっぱい生きたい。

おいしかった。
いったん広告です

誰でも簡単にシーチキン目線

最後にプレゼント。誰でも簡単にシーチキン目線の写真が撮れるようなフレームを作りました。ご自由にお使いください。

template_horizontal_transparent.png
透過PNGにしてあります。

おまけ:カップヌードル目線はこんな感じ

完全に蛇足だが、カップヌードル目線の写真も撮影した。

カップヌードル(高タンパクPRO)
 
中身を取り出した後、底に穴を開ける。
 

底に開けた穴にスマホのレンズを差し込むと……

撮れた。フタをして3分待ってる間のカップヌードル目線
  

カップヌードル目線の世界は白くて明るい。紙製のカップが光を通すのだ。

取り出した中身はジップロックに入れて砕く。​​​​​
 

これを卵とごはんと共に炒めれば……

チャーハンの完成。

 

カップヌードル炒飯だ。簡単かつおいしいのでよく作る。レシピはこちら

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ