特集 2014年10月22日

発芽玄米から出てるのは芽なのか根なのか問題

玄米です。白米より安いのも魅力。
玄米です。白米より安いのも魅力。
最近、米は玄米を食べている。特に理由やキッカケがあったわけじゃないのだが、なんとなく健康に良さそうだしそんなにたくさん食べられないので(妙に満腹感がある)ダイエットにいいかなと思って、という軽い理由である。

でも玄米そのままというのはあまりに食べにくい(固いんですよね)ので発芽玄米にして食べていた。で、ふと気になったのだ。
あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。

1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。(動画インタビュー)

前の記事:うまい棒食パン巻き、レンチン柿ピー ~孤独なレシピ第3回

> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

玄米は水に漬けると芽(?)が出てきます

玄米は米が生きているので、水に3,4日漬けておくと胚芽の部分から芽らしきなにかが出てくる。

この状態になると栄養がどうとか酵素がどうとかで、体にいいのだそうだ。栄養について詳しい話は興味がないので知らないし調べる気もないが、発芽玄米は柔らかくて食べやすいので発芽させてから食べている。
なにかがピョコンと飛び出してくる。これが発芽玄米だ。
なにかがピョコンと飛び出してくる。これが発芽玄米だ。
毎日2回くらい水を替えて、あとは放っておけば酸っぱい匂いの二酸化炭素を吐き出しながら発芽してくる。この様子がなぜか判らないがたまらなく可愛い。

水を吸ってパンパンになった米から飛び出す芽。愛おしくなるフォルムじゃないか。

なんていうか、まりもやサボテンに抱く感情に似ている。植物なんだけど動物的な可愛さがあるのだ。文字通り『萌え』である。
思わず絵を描いてしまう程度に萌えである。
思わず絵を描いてしまう程度に萌えである。
細かい事を言えば、玄米ならすべて発芽するわけではないらしい。高温乾燥幾で乾燥させた玄米は熱で死んでしまうので発芽しないそうだ。が、僕が試した2種類はきちんと発芽した。

もし発芽玄米に失敗したら、玄米が死んでるので違うところで買った方がいいだろう(本当に発芽しない玄米があるのかは判らないが)。

これ、育てたらどうなるんだろう?って思った

毎日水を替え、成長を観察しながら数日過ごすのだ。情が移っても仕方あるまい、というか情が移って当然である。

しかし芽が出たならば炊かねばならない。それが発芽玄米の宿命である。そのように人類と共存してきたのだ。

しかしだ。この生きている米をそのまま育てたらどうなるんだろう?と思うのも当然であろう。

一部をもっと育ててみる事にした。
これで1週間くらいの発芽玄米である。普通なら3日前に炊いている状態だ。
これで1週間くらいの発芽玄米である。普通なら3日前に炊いている状態だ。
水に漬けて1週間くらい。水温によっても発育は変わる。30℃~35℃くらいが一番よく育つし衛生的にも心配が少ない。

ピョコン、からニョキ、くらいに成長しているのがお分かりいただけるだろうか。ああ、もう可愛くて仕方ない。
ほら、可愛いでしょうが!
ほら、可愛いでしょうが!
この辺で思ったのだ。「あれ、これ、発芽っていうか根じゃね?芽には見えなくね?むしろ発根玄米なんじゃね?」と。

続きは次のページへ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓