特集 2020年12月17日

今年一年をエンドロールみたいに振り返る

「主演:じぶん」もう恥ずかしい

映画のエンドロールが好きだ。「終わった…」と余韻に浸りながら、ぼーっと見るのがたのしい。

でもよく考えたら、上にむかって文字や名前が流れているだけである。なのにめちゃくちゃ荘厳でかっこいい。締まる。

私の1年もエンドロールで振り返ればいい感じに締まるのではないか。

1990年沖縄生まれ。営業日のお昼休みに(ほぼ)毎日更新する「今日の休憩」というブログを運営しています。

前の記事:自慢をたのしく言いたいし聞きたい

> 個人サイト 今日の休憩

エンドロールを分析する

まずは本家エンドロールの内容をみていく。

名称未設定のアートワーク 37.jpg
映画が終わると画面が暗転し、まず主演俳優の名前が流れ、そのあと準主役、エキストラ…などと出演者がつづく(例外もあります)
名称未設定のアートワーク 38.jpg
そのあとはスタッフや衣装、撮影協力、ロゴ…などがつづき、最後は監督名で終わり!

当たり前だが、映画に関わった人のクレジット表なので「ほぼ人名」でできていた。

IMG_4502.jpg
「1年でお世話になった人をリストにすればいいのか」
スクリーンショット 2020-12-15 23.59.16.png
主演は自分として、一旦お世話になってる順にエクセルに書いてみる。まずは家族だ。

書いた瞬間いろんな疑問が浮かんだ。祖父母は亡くなっているが書かなくていいのか?現存はしないが、精神的には世話になっている。

また、親戚はどこまでいれるのか? 人生で見ればおじ、おば、いとこに限らず隣人まで世話になった。

あとこれ職場の人は全員いれるのか? あと取引をしているお客さんに見られた場合、いれたお客さんといれてないお客さんがいたら波風が立って上司に怒られるのではないか?あとエキストラの枠にいれた人、嫌な気持ちじゃないのk

IMG_4546.jpg
ものの5分ですべて嫌になってしまった。あと世話になった人でエンドロールを作ったとして、そのままインターネットに流すと全員に秒で嫌われてしまう。盲点だった。

「結婚式に呼ぶ人選んでたら病んだ」という友人の話を思い出す。これはむずかしい。

また、人生のスタッフリストは、世に出ると特大個人情報なのだ。

「人生」とか言って失敗をぼやかしてみたが大丈夫だろうか。

さっぱりした思い出だけエンドロールにしよう

人名が危ないということがわかったので、「今年の思い出」をさっぱり下から上に流して一年を締めることにした。

スクリーンショット 2020-12-16 0.26.27.png
一人の思い出だけでは寂しいので、友人の郡司さん(右上)山宮さん(右下)も一緒に作っていただく。「人名は選ぶ時点で挫折した」というと「職場とかね…」と理解が早い。

各々シートに2020年の思い出を書いていき、音楽をつけて動画を作る。

スクリーンショット 2020-12-16 0.41.31.png
「主演 自分」はそのままでいいとして、ほかは個人的な思い出を書いていくことになった
スクリーンショット 2020-12-16 0.47.49.jpg
「これ小学校の卒業式のリズムじゃないか?」「ダサいぞ」「照明とか書きたいけど自分の人生に照明いないし」「だめだこの一年何も起きてない」とぼそぼそ不安になる。

もやもやしながら、1時間ほどかけて2020年の振り返りが完成した。

いざ2020自分エンドロール上映会

7時間後、きれいに文字を整え、音楽をつけた。二人を呼び出し遠隔上映会である。

スクリーンショット 2020-12-16 1.35.53.jpg
昼に思い出を書き、その日の夜にエンドロールをアップする。すぐ納品する業者さんになったような一日だった。

「黒くしただけで映画っぽくなるかなあ」「いやーあれ名前がいっぱいあってかっこいいもんね…」と心配する二人。

では流していこう。まずは私の1年からである。

音が出せる方はぜひに一緒にご覧ください。(音が大事)

1.gif
音が出せない方は脳内でめいっぱいかっこいい曲を流しつつGIFでお楽しみください
スクリーンショット 2020-12-16 1.44.22.jpg
「めっちゃ大作映画感でてるじゃん!!」

そうなのだ。作りながら思っていたのだが想像よりかっこよくできた。

「なんだこのスピードは!ちょうどいいな!」「音楽ってすごいな」「音楽が映画なんだ」とおどろきで語彙が変になっている。

2_2.gif
ひたすら個人的な思い出が流れていく。
スクリーンショット 2020-12-16 1.17.27.jpg
「いやこれ筋トレが続かなかっただけなのにかっこよくみえる」「画質が荒いのもいい感じなの腹立つ」そうだろうそうだろう。ニヤニヤしてしまう。
3.gif
そして今年元気をもらった曲を「主題歌」として映画っぽくいれた。
スクリーンショット 2020-12-16 1.46.47.jpg
「これよざさんが好きな曲書いただけなのになんなんだ」「ここだけ映画っぽくきちんとやるな」と野次が止まらない。
スクリーンショット 2020-12-16 1.10.08.jpg
「思ったよりだいぶいけてた」と喜んでもらえた。良かった。人名を流さずとも一年はかっこよく振り返れるのだ。エンドロールの仕組みはすごい。

 続いては山宮さんの2020である。

こちらも音が出せる方は一緒にぜひご覧ください。 

4.gif
とても自由な2020年の感想が流れてきた。
スクリーンショット 2020-12-16 2.03.23.png
「あれ簿記落ちたんだっけ?」「ご懐妊ってあの先輩夫婦!?まじか!」「え!裁判傍聴したの?」 急に知らない情報が続く。友人のエンドロールを見て友人の状況を知る。したことがない体験だ。
スクリーンショット 2020-12-16 15.59.20.png
「クイックルワイパーってやっぱ便利?」「エアリズム買ったことなかったや買ってみよ」普通に感化されてしまった。

文字が読みやすいタイミングで勝手に流れてくるので、すいすい脳に入ってくる。便利情報が流れてくると普通に「へぇー!」となる。

ラストは郡司さんである。

 音を聞いた瞬間「3時間半の歴史大作物じゃん!!」と興奮する二人。実際これから流れるのは郡司さんの2020年の思い出だ。

5.gif
郡司さんは1ジャンルにたくさん詰め込む方式を採用していた。こうするとさらにエンドロールっぽさが増すことがわかった。

  

スクリーンショット 2020-12-16 1.45.22.jpg
「これ絵面と音かっこいいのに中身ダサいからいみわかんないな」「あれ?かっこいいのかな?ダサいのかな?」山宮さんの脳にバグが出てきてしまう。

スクリーンショット 2020-12-16 16.12.00.png
2行以上になる文でも流れてくると面白い。応援してるサッカーチームが負けまくり、そのたびに悲しみすぎたと振り返る郡司さん。

互いの1年の発見を知り、へぇーーなどと言いながらやいのやいの言う。なんなら知らなかった趣味なども聞けた。

かっこよく文字を読ませる仕組み「エンドロール」

人名を禁じたときはどうなるかと思ったが、文字を下から上にながし音楽をつけるだけでかっこよくなった。 

スクリーンショット 2020-12-16 1.46.58.jpg
「家にばっかいたけどなんかいい一年だった気がしてきた」「小さい日常でも振り返れば愛おしいなと思っちゃった」二人が急に年末の感想を出してきた。一年の締めくくり成功である。

「あとこの方式だと文が読みやすい気がする」「小説とかでもいけそう?」と感想を言う。

「むしろ人名以外のエンドロールのほうが面白いのではないか?」とまで話した。すべての文章はエンドロールにできるのかもしれない。

みなさんもぜひ、なにかどうしてもかっこいい感じで文章を読んでほしいとき、どうでもいい日常をかっこよく見せたい時はエンドロールの形で整えてみてください。


ランダムに人と一年を振り返る良さ

適当に振り返ったので、他人がすすめるものを一気にしれたのもよかった。実際に終わったあと「ドラム式洗濯機どれ買った?」や「絵ってどうやって練習した?」などエンドロールで知った近況から、大情報交換会になり得した気分になった。

エンドロールなしで適当に振り返るだけでも良さそうです。

スクリーンショット 2020-12-15 1.28.38 copy.jpg
これは家でミニ火事が起きた時のパニックを伝えているようす。安全な年末をお過ごしください

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ