特集 2019年1月16日

アヒルのハイヒール「アヒール」を作ったらデカかった

よく見てください、履いてますよ。

おととし「ハトヒール」をここで発表させてもらい、ありがたいことにけっこうウケた。あれから1年半、各所でハトヒールハトヒール言ってきたのだが、どうも少々舌が回りづらい気がする。

ハイヒールのダジャレにしても、もうちょっとなんとかならなかったのか。あるいはヒールだから、鳥+ヒールで…と考えるうち「アヒルがいるじゃないか、“アヒール”だ!」とアルキメデスばりに半身浴からザバッと上がり、勢いで作ってみた。

1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。(動画インタビュー)

前の記事:「ベアリングマ」を作った

> 個人サイト 妄想工作所

パーツの縮尺とディテールのめりはりに苦心

前回と同様、安い安いハイヒールを取り寄せた。作品とはいえ、本当はこんな9cmヒールなど履くのはつらいのだけど、そうしないと鳥の足の長さをかせげないのだから仕方がない、と自分に言い聞かせる。

001.jpg
なんとかアヒルの形に落とし込んだラフ画。

同じ鳥類でも、ハトとアヒルとでは体型やディテールがかなり違う。アヒルの場合は羽根は体に溶け込んだ感じで強調せず、胸からお腹がぽってり、といったたたずまい。そんなわけでハトのときのノウハウを駆使しつつ、新たな解釈も必要だった。

002.jpg
胴体はやはりスタイロフォームで。

だめだ、こうやって「新たな解釈」なんて書いても、記述がひとりよがりになりそうだ。やはりここは、できあがった本人たちに登場いただき、お話をさせていただければと思うがよろしいか。

それではアヒールさんたち、お入りください。

ahiru.jpg
ハロー ワールド。
otsu.jpg
こんにちは。具合はどうですか。
ahiru.jpg
悪くないわ。胴体と羽根と、少し感触が違う感じね。
otsu.jpg
ほう、わかりましたか。実はフェルト原毛の種類を変えているんですよ。
ahiru.jpg
意外と手間かけてくれてるのね。悪くないわ。
otsu.jpg
まあ、そのほうが手っ取り早かったからなんですが…
003.jpg
胴体のスタイロフォーム(密な発泡スチロールと思ってください)に、とにかく「アクリルフェルト原毛」を刺しまくる!

 

ahiru.jpg
キャー!怖いいい!
otsu.jpg
ここは「羊毛」ではなく「アクリル」の人工的なフェルト原毛で、短い毛足を表現しました、というかアクリルの方が毛の筋が見えづらく短時間で均等に仕上がるのです。
ahiru.jpg
ひいいい。
otsu.jpg

(聞いてない…)
そして羽根はこんな風に、「羊毛」のほうを刺せば自然な流れの毛並みになるかなと。

004.jpg
フェルト布を土台にして、あとからババーンとハイヒールにくっつける。

 こうやって力の限り刺しまくる一方、足やくちばしなども作り込まねばならない。ハトのときよりも存在感の大きいパーツだ。

005.jpg
とにかく4本あるんで大変。
006.jpg
フェルト布の水かきは際どい接着で。

 

007.jpg
くちばしも軽いスタイロで済ます。
otsu.jpg
足は、被覆してある針金を曲げて、そこに羊毛フェルトを巻きつけて接着しました。アヒル足っぽいでしょ。
ahiru.jpg
珍味よね。
otsu.jpg
(珍味って言った!)
くちばしは、のちのち、石粉粘土が良かったかなと思わせられる出来事が発生します、お楽しみに。
ahiru.jpg
怖いわー。
008.jpg
途中経過。すでにかわいいぞ。

 

ahiru.jpg
一瞬でもこんな異形のものにされてたなんて、私たち首なし鶏マイクじゃありませんことよ。
otsu.jpg
…。
009.jpg
ふわふわにした布を、胴体と羽根がわりにハイヒールに接着。

 

010.jpg
この部分はアヒルの場合、境目をあいまいに。
011.jpg
あみぐるみ用の目を入れる。ここらへんかな…

 

ahiru.jpg
あなたね。大事な画竜点睛を「ここらへん」で入れないでほしいわ。
otsu.jpg
ここは素直に、申し訳ありません。ハトヒールのときもでしたが、どうも私が作ると間が抜けた顔になりがちな気がします。なんでだろ。
ahiru.jpg
まあ、私たち元からいくぶん間抜け顔ですものね…仕様がないわ。
otsu.jpg
ああっ内省的にさせてすみません!

そして、仕上がるに連れてそのデカさにおののいたアヒールの完成形が、これだ!

012.jpg
ふっくらしたお姿。人間だったら、おっとりした性格だろう。トリだけに。

 

013.jpg
どうしても後姿は、ハイヒール優先のフォルムになるなあ。
014.jpg
ハトと比較すればその大きさがおわかりいただけるだろうか。

 

otsu.jpg
ハトとまったく同じヒールが入ってると思えない大きさ。ペンギンの骨格見て驚く、みたいな話ですな。
ahiru.jpg
体の割に、足がかなり小さい気もするけど。
otsu.jpg

これ以上大きいと、「私が」歩けないと思いましてね。
そのかわり、くちばしが妙に大きくなってしまいました。これものちのち、もうちょい小さいほうが良かったかなと思わせられる出来事が発生します、お楽しみに。

ahiru.jpg
それが次ページで明かされるってわけね。
015.jpg
移動中もかわいい。
いったん広告です

 

歩き方矯正具としての未来

アヒールでおでかけすべく、不忍池にやってきた。

016.jpg
アヒル、ではなくずらっとユリカモメ。
017.jpg
履かれるのを待つアヒールさんら。

 

018.jpg
前から見るとうっかりバレエシューズに見える、ってこれ贔屓目か。

締め切りギリギリにできあがったので、恐ろしいことにここで初めて履くのである。

019.jpg
装着。ほとんど履いてるように見えない。

 と、ここで通りすがりの方が、足元をじっと見て近づいて来られた。

020.jpg
内心「やったぜ!」と思う私。

これはいいよ、とてもいいものを見た、としきりに感心してくださった。アヒールです、と作品名を言うと「お、そう言っちゃいますか」という感じで、こっちまでうれしくなるような笑顔。 

otsu.jpg
上野はやっぱり反応いいなあ。これからも、変なもの作ったらなるべくここに来よう。
ahiru.jpg
ところでなぜ不忍池にいらしたの。
otsu.jpg
アヒールだけに、アヒルのボートに乗ろうと思って。
ahiru.jpg
アヒルじゃないわよ、スワンよ。
otsu.jpg
…実はこの前日にそれに気づいたんですが、ほら、「みにくいアヒルの子」って話もあるから、白鳥憧れな設定で…
ahiru.jpg
あれは虚構よ。

さて例の、くちばしに関する話。余談になるが書き留めておこう。 

021.jpg
ボート乗り場に猫がいたんですよ。
022.jpg
あっ猫だアヒル見せたろ!と思わず駆け寄ったら、柵のポールにかかとをぶつけて「パキッ」だって。

 

023.jpg
くちばしがすっかり取れた…養生するもの持ってくるの忘れたわ…
024.jpg
近くのコンビニで接着剤買って、なおした。「ありがとう」と、言われた気がした。

 

ahiru.jpg
まったく言ってないわ。痛かったわ。
otsu.jpg
そうですよね。元々は私がギリギリまで作ってたせいですし、ほんとすんません。
025.jpg
なおったら、さっそく働いてもらうよ、あんたたち。

 

026.jpg
ユリカモメに会わせたら…
027.jpg
逃げられた。

 

028.jpg
気にはしてるみたい。
029.jpg
生身のハトとも共演。

 さて再び、ボート乗り場へ。履いたまま歩いてみるか。

030.jpg
いろいろ気をつかわないといけないので、アヒルじゃなくてもよちよち歩きに。

 

037.gif

次はアヒルのターン。

 

038.gif

otsu.jpg
歩いてて思ったのが、とにかくくちばしの存在感が大きくて。私ちょっとガニ股なんで、2羽がすれすれにすれ違うことになるから、ヒヤヒヤしどおしでした。またバキッといくんじゃないかと思って。
ahiru.jpg
1歩ごとに恐怖だったわ。たまらないわ。

その様子を収めたGIF動画がこちら。

039.gif
右のアヒールがだいぶ左にすり寄っておる、ということは右足の方が外を向いているのか。骨盤ゆがんでるな。
031.jpg
ほら、白鳥さんだよ。「憧れるわぁ」
032.jpg
しかし乗るなり労働に従事させられるアヒールたち。

 

040.gif

otsu.jpg
漕げないんじゃないかと心配でしたが、大丈夫でした!ヒールが床に着きそうだったけど、それはハイヒールでも同じだし。
ahiru.jpg
おかげでほとんど楽しめなかったわ。私たちの不忍池の思い出は、こうよ。
033.jpg
人間が、久々のスワンボートに浮かれている頃…

 

034.jpg
後ろ向きだったアヒールたちの視界はこのようになっていたのだった。

スワンボートを目当てにアヒールとここに来たが、アヒルじゃなくスワンだし結局ほぼ使役されていたわけだし、非常に悪いことをした。

でもこのヒールに振り返る人も多く、作っただけでもひとまずは満足だ。

035.jpg
申し訳ないので、せめて最後に景色をどうぞ!って「ぬい撮り」みたいだな。

ハトヒールで調子に乗って作ってみたアヒールだが、靴だということをすっかり忘れていた。ハトに輪をかけて履きづらい。くちばしが致命的だ。しかも白いので汚れも目立つだろう。実用には欠点だらけである。

しかしそれを凌ぐくらい、自分的にはかわいいもんになった。これはなるべく履かずに、ぬい撮りとかさせよう。


【告知】

1)19日の「第4回ウェブメディアびっくりセール」に「乙幡啓子@妄想工作所」として出展します。お恥ずかしいですが初の自作写真絵本を作りました。

036.jpg

ハトヒールにももっとしゃべらせたくて、まあ、今回の会話パートみたいな感じです。

他、デザインしたゆるキャラ「トリィネコ」グッズやオリジナルブローチなど持ってまいります。

2)2月10日、立体物の販売イベント「ワンダーフェスティバル」に出展します。ブース名「寒河江弘」にて、たいがー・りーさんと居候させていただきます。無謀にも「ベアリングマ」縮小版の販売を目論んでます。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓