特集 2024年1月16日

空中ウォークができる靴

空中ウォークやスリックバックと呼ばれるダンスが昨年から流行っている。

チュートリアル動画を見たらできそうな気がして1時間練習したが、できる気配すらなかった。

なので空中ウォークになる靴を作った。宙に浮く靴だ。

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと世田谷区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:実家の宝石箱!実家箱2024

> 個人サイト webやぎの目

これが空中ウォーク

これがそのダンスである。

夏ぐらいまで足を滑らせながら移動していたが、あるとき宙に浮くようにアレンジした人が現れて爆発的に流行った。

元デイリーポータルZライターの住さんが毎日練習して一月ぐらいかけてできるようになっていた。
 

住さんはすごい。ちょっと感動してしまった。

安藤さんもやろうとして失敗していた。

僕はこの程度である。先はながい。そして暗い
いったん広告です

浮いてるように見せればいいんだろ?

努力が嫌いなので工夫で解決したい。つまりこれは浮いてるように見えればいいんだろう。浮くのであればこれまでやったことがある。

フェイクの影で浮いているようにする方法(空中浮遊写真を撮る方法
フェイクの靴で浮いたこともある(ホバーボードが完成しました
米田さんはミラーで浮いていた(空気イスのチャンピオンになる

改めて見るとよく浮くサイトである。どこの会社でも浮いてたのも納得である。さて、そんな悲しい冗談を言ってる場合ではない。
涙を拭いて今回は米田さんのミラー方式でいくことにした。

トリックアートの生首で使う方法でもある。

鏡で周囲の床を写し、なにもないように見せる(トリックアート博物館にて)
応用して完成

靴の下にスチロールのレンガを置き、側面にミラーを配置してある。側面に貼ったミラーは3年前、顔を増やす装置で使ったミラーの再利用である。

顔を増やす装置(顔を増やす

意味の分からないものが、意味の分からないものに形を変えていく。
無意味という宇宙から出られない人生である。

空中ウォーク靴を上から見たところ

夏に履いていたサンダルは穴があいてるので、スチロールブロックを固定する紐を簡単に通せた。作りたい人は一足買っておくといいよ。

あと、シートのミラーは弱く、アルコールやクレンザーで拭くとあっさりと曇る。次にミラーを使った工作をするおれよ、覚えておいてくれ。

いったん広告です

浮いた

ではこの発明を履いてみるとするかね…。

浮いた!

浮いてるよ!

浮いてるよ!と書きながらどこか腑に落ちないものを感じているのも確かだ。
うーん、と思っていたら撮っておいた動画のひとコマのほうが浮いて見えることに気づいた。

浮いてる

片足を上げた瞬間のほうが浮いているように見える。
歩いていて片足を上げたとき、必ずもう片方の足は地面についている。だからそれが浮いていると脳が「浮いてる!」と勘違いするのかもしれない。

もしくは、浮いてることにしたい僕の気持ちがそうさせている可能性もある。

いったん広告です

努力なしでできる空気ウォーク

さて、脳を勘違いさせたところで実際に歩いて空中ウォークに挑戦してみる。

かんじきをはいて雪原を歩いているような味わいがある。片足を上げた瞬間、浮いているように見えるのでぜひその瞬間を探して欲しい。

一切努力せずに空中ウォークを成功させた男である。

また人類の進歩に寄与してしまった。

引きで見ると進歩よりも味わいがやや勝っている。


空中ウォーク靴でのコツ

砂利や土、地面のテクスチャがランダムのところのほうが浮きやすい。
そしてうっかり反対側を見せないことが大事である。

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ