特集 2012年5月15日

空中浮遊写真を撮る方法

隅っこで浮いてます
隅っこで浮いてます
飛んでるように見える写真を撮る方法を思いついて試したところ、結構飛んでるように見えたので報告したい。

齢40にして空を飛びました。
1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:力ずくの脱出ゲームライブレポート

> 個人サイト webやぎの目

飛翔写真集

まずは僕が飛んでいる写真集である。
むかし美術の教師が「絵は少し離れた場所から全体を見るのが通っぽい。近くで細部を見てると素人だと思われる」と話をしていた。
僕が飛んでいる写真も 1枚1枚じっくり見たりせずに、すーっと斜めに見てもらいたい(僕の写真と絵画には関係がないけれども!)。
空中キャンプ
空中キャンプ
三角座りでも寝てても浮く
三角座りでも寝てても浮く
はりきってても浮く
はりきってても浮く
他の記事に比べて写真が小さく見えるかたもいるかもしれない。実際、小さいのだ。10年前のデイリーポータルZみたいである(デイリーポータルZも10年前は写真がこのサイズだった。参考

大きくするとこうだ

別に10年前を懐かしんで写真を小さくしたわけではない。大きくするとこうなるのだ。
あぐらをかいている人
あぐらをかいている人
黒い布を前にはしゃぐ人
黒い布を前にはしゃぐ人
デイリーポータルZの撮影
デイリーポータルZの撮影
カメラの解像度の高さが恨めしい。デジカメのプレビュー画面、パソコンに写真を取り込んでのサムネイルぐらいの大きさだとよく浮いているのだ。
フォルダを開くたびにドキッとする
フォルダを開くたびにドキッとする
遠くから見ると素敵だが、近くで見ると現実が見えてしまう。湖を漂う白鳥のようでもあるし、動物園でキリンを見たときにいつも思う(黒いベロ出してよだれを垂らしている)。
これぐらい離れて見るのもおすすめです
これぐらい離れて見るのもおすすめです
いったん広告です

撮りかた

え、これどうやって撮ったの?と思うかたもいるかもしれないので(千人に一人ぐらいは)、撮影方法の説明である。
黒い布を自分の形に切る
黒い布を自分の形に切る
影ができた
影ができた
しかし人の形の影はあんまり飛んでいるように見えなかった。
中世だったら魔女裁判にかけられそうな影
中世だったら魔女裁判にかけられそうな影
そのため、人の形に切り抜いたハギレで作った丸い布を使っている。丸い布を切るところはなげやりな気持ちで切っていたので写真を撮ってない。
切った布を地面において
切った布を地面において
ハッ!
ハッ!
ぴよーん
ぴよーん
ぽーん
ぽーん
後ろに子どもがいようが浮きほうだいである。日曜日の河原はバーベキューをする家族連れが多く、布を切ったりあぐらをかいている僕がリアルに浮いていたということではない。

影TIPS

マンガで浮いてることを表現するときにこの影がよく出てくる。
足と影がくっついてると普通だけど
足と影がくっついてると普通だけど
足と影を離すと浮いてるように
足と影を離すと浮いてるように
影は落とし穴のようにも見えるが、布で作った影も落とし穴として利用可能である。
安全落とし穴
安全落とし穴
撮影を手伝ってくれたライターべつやくさんがいちばん飛んでいるように見えた。
飛んだうえに粉出しそう
飛んだうえに粉出しそう
サイババっぽい髪型が効いているのかもしれない。より飛びたいかたはパーマをかけることおすすめしたい。
いったん広告です

モバイル版の影を作った

布はすぐに飛んでいってしまうので薄いプラ板で影を作った。これで持ち運びがしやすくなった。モバイルである。影はもともとモバイルだろ、という心の声は聞かないことにする。
ちょっと丸まっているのが難点
ちょっと丸まっているのが難点
さっそく持ち歩いてあちこちで飛んでみたい。
エレベーターホールでも飛ぶ
エレベーターホールでも飛ぶ
ぺたっとおけば
ぺたっとおけば
左は飛んで下を恐る恐る見ているという設定。右は穴から飛び出したようにも見える
左は飛んで下を恐る恐る見ているという設定。右は穴から飛び出したようにも見える

飛ぶコツがいまひとつはっきりしない

ものすごく飛んで見える写真もあればそうでない写真もある。これらはあんまり飛んでない写真である。でもトイレに行って戻ってきてモニターを見ると飛んでたりするので焦る。
「飛びだす編集部」のつもりで撮った
「飛びだす編集部」のつもりで撮った
武士は食わねど…みたいな写真
武士は食わねど…みたいな写真
ハトがじゃま、そして飛び出すコーン(のつもり)
ハトがじゃま、そして飛び出すコーン(のつもり)
背景なのか、角度なのか。どうやったら100%飛ぶかは引き続き研究したい。21世紀のライト兄弟である。
確実に飛ぶ方法がわかったらレジャーシートにするのはどうだろう。飛んで見えるレジャーシートである。もう印刷屋さんのメドはつけた。

今回のいちばんのジャンプはやっぱりこれだろうか。
再掲
再掲

視界の隅で飛ぶ

今回の写真はじっと見ると飛んでないのだけれど、別の写真や文章を読んでいるときにちらと目にはいると飛んでいるのだ。
じっと見ていると動かないんだけど、ちょっと目をそらすと動く。のらねこみたいな写真である。
吸い込まれる写真はどうかしら
吸い込まれる写真はどうかしら
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓