ちょっと聞いてよ 2022年10月11日

なんでも「マヨきんぴら」が簡単うまい

料理レシピの世界に「マヨきんぴら」というジャンルがあることを知りました。

僕は初めて聞いたのですが、実際に作ってみると、これが超簡単で美味しい! そこで基本レシピからアレンジまで、2、3、作ってみました。

1978年東京生まれ。酒場ライター。著書に『酒場っ子』『つつまし酒』『天国酒場』など。ライター・スズキナオとのユニット「酒の穴」としても活動中。

前の記事:TVのリモコンを持って家の外に出ると違和感がすごい


「にんじんのマヨきんぴら」

ある日、担当編集者の古賀さんから、「パリッコさん、『マヨきんぴら』って知ってます?」とご連絡をもらいました。

きっと「マヨネーズ」と「きんぴら」を合わせた言葉なんだろうけど、初耳。そこで教えてもらったのが、「レタスクラブ」さんのこちらのレシピ。

「にんじんのマヨきんぴら」 

ネットで「マヨきんぴら」と検索すると他にもあれこれレシピが見つかりますが、要するに、フライパンに食材とマヨネーズを入れて、その油っけで蒸し焼きにし、醤油などで味を調整するだけという調理法のよう。

古賀さんいわく、「これで美味しいきんぴらができるならば、もしかして万能の調理法じゃないですか? 前にパリッコさんが提唱した『酒蒸し法』にも近いような」とのこと。確かに、食材は別に、にんじんに限らなくてもよさそうだし、応用範囲が広そう。

というわけで、試しにさっきのレシピで作ってみましょう。

01.jpg
にんじんとマヨネーズをフライパンに入れ

※なぜかマヨネーズの分量「大さじ1/2」を「大さじ1と1/2」と見間違えていたことに炒めはじめてから気づいて、このあとあわててスプーンで1/3ほどを取り除きました。

全体をざっくりと混ぜ、熱せられたマヨネーズからちりちりと音がしだしたらふたをし、弱目の中火で3〜4分蒸し焼きに。火が通ったら醤油少々を加えて炒め、

02.jpg
いいにおい〜

仕上げにコショウをふりかければ、

03.jpg
「にんじんのマヨきんぴら」完成!

ちなみに今調べてみたところ「きんぴら」とは、ごぼうやにんじんを細切りにして炒め、砂糖や醤油で味つけして、唐辛子で辛味を効かせた料理のこと。

きんぴらという名前の由来は、江戸時代に流行した人形浄瑠璃のひとつ、「金平浄瑠璃(きんぴらじょうるり)」から。主人公の坂田金平は、あの「金太郎さん」としても知られる坂田金時の息子であり、その武勇伝を、ごぼうのしっかりとした歯ごたえや、唐辛子の辛味のイメージと結びつけ、名付けられたのだとか。

そう聞くと、今目の前にあるこの料理、どこがきんぴらなんだ? という気もしないでもないですが、あくまで“マヨきんぴら”だからいいんです。

なにより、このマヨきんぴらがめちゃくちゃ美味しい!

ほんの数分でできて、食感はほどよくしゃきしゃき。マヨのコクがにんじんの甘みを引き立て、しかし酸味は熱で飛んでしまったのか、全体がまろやかな味。アクセントが唐辛子ではなくてコショウのせいもあるのか、どこかコーンバターとかそういう、洋風の料理のテイストにも感じられ、ビールのつまみにぴったりなんですよ。

ふだん料理をし慣れていない人が「きんぴら作って」と言われたら、なんだか難しそうと思うかもしれませんが、このマヨきんぴらなら、ハードルほぼなし!

いったん広告です

「きんぴらごぼう」も作ってみよう

そこで続いては、王道の「きんぴらごぼう」をマヨバージョンで作ってみましょう。

04.jpg
作り方は同じ
05.jpg
もはや流れ作業で
06.jpg
「マヨきんぴらごぼう」完成!

あ〜これは、ごぼうが入ることによってだんぜんきんぴら感が増し、味も食感も複雑になり、めちゃくちゃうまいな。さっきも言った洋風化の効果か、不思議とチーズにも近い深みをも感じるような。リピ確定。

最後はもう少し冒険して……

古賀さんの言ったとおり、ここまでの万能感を出されると、やはりもう少し冒険してみたくなってきます。とりあえず、根菜系ならなんでもいけんじゃないの? と。よし、じゃがいもいってみましょう。

小さめのじゃがいもふたつをよ〜く洗い、芽だけとって薄めにスライスしたら、マヨネーズと共にフライパンへ。

07.jpg
マヨの量ももう目分量でいけるようになってきた
08.jpg
2〜3分でいもに透明感が出はじめ
09.jpg
5〜6分で美味しそうな焼き目が

ここに醤油を加えて味見してみたところ、もうね、めっちゃくちゃうまい! まぁ、マヨ×じゃがなんて間違いないにもほどがある組み合わせだけども、それにしても、こんなに簡単でうまいじゃがいもおつまみを知れたのは嬉しいな〜。

が、ここでなんとなく、ちょっと遊び心が湧きだしたというか、ほら、さっき「不思議とチーズにも近い深み」を感じたと書いたじゃないですか。ならば、こんな食材も合うんじゃないかな? と思って、加えてみました。

10.jpg
ウインナー&コーンを

こちらをさらに炒め、仕上げにコショウをふれば、

11.jpg
「じゃがいもとコーンとウインナーのマヨきんぴら」完成!

おいおい、それのどこが「きんぴら」なんだよ。どう見たって「ジャーマンポテト」だろ! という読者さんの声がはっきり聞こえてきますし、確かに味もジャーマンポテトそのもの。

なんだけど、成り立ちから考えればこの料理は、僕のなかではあくまで「きんぴら」なんです!

そして、もはやそんな細かいことはどうでもいいくらい、うまい!

マヨきんぴらの可能性、こんどあらためて、いろ〜んな食材で試してみようかな〜。 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ