広告企画 2020年2月17日

火星で育てるならじゃがいもよりきのこ~きのこ撮影の達人と行くきのこ探し~

森できのこを探すコツを聞きました。

何かにこだわりを持っている人から話を聞くのは面白い。

今回は「月刊きのこ人」というきのこについてのブログを管理する人に、森できのこの面白さを教えてもらいました。

きのこ探し、これは確かに面白いですよ。

 

 

※この企画はgoo blogにいる「こだわりのすごい」ブロガーさんに話を聞きに行く広告企画です。記事を読んで自分も何かにこだわりたくなった人はgoo blogでブログをはじめましょう。そしていつか話を聞かせてください。

前回のこだわりブログは貝殻集め。こちらも合わせてどうぞ。

1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。(動画インタビュー)

前の記事:熊本県のおすすめ教えてください!~投稿頼りの旅in熊本~

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

縦写真には愛がある

まずはブログ「月刊きのこ人」に掲載されているきのこの写真をいくつか見てもらいたい。

002.jpg

003.jpg

004.jpg
月刊きのこ人」より

 

写真を教わるときによく「横は客観、縦は主観」なんて習う。いまはスマホが中心なので変わってきたのかもしれないけれど、カメラをあえて縦にして撮るということは、そこには撮影者の意図が現れる、ということだ。

上のきのこの写真はすべて縦である。つまりこの写真を撮った人はきのこをなんとなくではなく、明確な意図をもって撮っているのだ。意図というか、愛をもって。

僕のこの勝手な想像が合っているのかどうか、確かめるために撮った人に会いに三重県にやって来た。

005.jpg
撮ったのはこの人、goo blog「月刊きのこ人」の小島さん。

小島さんとは最寄りの駅で待ち合わせをしたのだけれど、直前までブログを見ていて、たぶんこういう感じの人(やせ型、薄着、笑顔)なんじゃないかな、と思っていたらそのままの人がやってきたので驚いた。

006.jpg
突然会いに来てすみません。ブログがあまりにもよかったので話を聞きたくて来ちゃいました。小島さんがこのブログを始めたきっかけを教えてください。
007.jpg
ありがとうございます。きのこ自体は、たぶんテレビの教育番組がきっかけで小学校くらいから好きだったんです。中学高校の頃にいったんきのこからは離れるんですが、大学で農業の勉強をしだしてから菌類の講義なんかを受けて、また熱が再燃しました。あのブログはその後はじめて、もう10年以上やっていますね。
006.jpg
小島さんのブログではなにしろきれいな写真に目がいくんですが、文章がまたたまにふざけていて笑っちゃうんですよね。お正月には「菌賀新年」って書いてありました。

 

008.jpg
菌賀新年。

 

007.jpg

文章も前から好きでいろいろ書いていたんですが、ブログみたいな場があると好きなことが書けていいですよね。菌賀新年っていうのはきのこ好きの間では新年のあいさつのテンプレートみたいなものです。

009.jpg
あ、この人おもしろい人だ!と少し話してすぐにわかりました。

 小島さんがいま三重県に住んでいるのもきのこが目的なのだろうか。

007.jpg
三重に越してきたのはきのこではなく就職が理由です。住む場所には特にこだわりがないんですが、三重って、はっきりと東海地方でも関西地方でもない、なんとなくあいまいな感じがしないですか。そういうところがいいなと思うんです。
006.jpg
確かにどこと言われると「三重」としか言えないですね。
007.jpg
きのこも植物なのか動物なのかあいまいじゃないですか、あいまいなのが好きなのかもしれないです。きのこ好きにはカエル好きも多いんですが、あれもきっと両生類っていうあいまいな特徴が一つ理由にあるんじゃないかなー。笹なんかも好きですよ、木か草かわかんなくて。

 

010.jpg
きのこも三重も、あいまいなところが好きなんです。

 好きなきのこはカンゾウタケ

006.jpg
小島さんの一番好きなきのこはなんですか?
007.jpg
それはもうカンゾウタケですね。
007.jpg
カンゾウタケは5月の終わり頃っていう、きのこ的には中途半端な時期に生えるんです。生える場所もちょと変わってるし、あとなにしろ色が真っ赤で肝臓みたいで、あ、だからカンゾウタケっていうんですけどね。これがまた食べるとすごく酸っぱいっていう、もうなんだかわからすぎて。
011.jpg
カンゾウタケはデイリーでも記事にしていました。
006.jpg
それは素人的に聞いてもわけがわからないきのこですね。
007.jpg
そうなんです、そういう中途半端な上に個性ありすぎるところが好きです。

 

012.jpg
カンゾウタケの良さを語る小島さんの良さ。
006.jpg
ご家族は小島さんのきのこ好きをなんて言ってます?
007.jpg
うちの夫婦はもともときのこ好きつながりで結婚しているんです。だからクリスマスツリーにもきのこを飾るくらいで。そういう意味では理解があってよかったです。

なるほど、きのこが取り持つ縁とでもいおうか。趣味というのはお互いが思う以上に大切な要素なので、理解してくれるか放っておいてくれる人と一緒になるのがいいと僕は思っています。

このあと小島さんがよく行くという森へ、一緒にきのこを探しに連れて行ってもらった。

 

013.jpg
山へと一直線。

 

きのこの他にもあらゆる趣味人が集っています。
gooblog00.jpg
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ