特集 2018年6月4日

女の子が武器を街中で持つとそこはもう異世界

!
「武器を持ってみたい」

ゲームやアニメ、歴史などが好きな人は一度は思ったことがあるはずだ。剣や銃というのはなんであんなに魅力的なんだろうか。

もしも現実に剣を持っている人が日常にいたら、「あれ?今の何!?」と絶対に二度見するはずだ。「武器を持った人がいる」という簡単なことで世界は一変するのである。今日はそんな日常の違和感を楽しみたい僕の趣味全開の記事だ。
大学中退→ニート→ママチャリ日本一周→webプログラマという経歴で、趣味でブログをやっていたら「おもしろ記事大賞」で賞をいただき、デイリーポータルZで記事を書かせてもらえるようになりました。嫌いな食べ物はプラスチック。

前の記事:ランドセルを大人が一週間使ってみてわかった10のこと

> 個人サイト ジャーニーとモアイとめがね

あなたはこの写真の違和感に気づけるだろうか?
あなたはこの写真の違和感に気づけるだろうか?
正解は「銃」を持っているということだ。日本ではありえない光景なのだ。
正解は「銃」を持っているということだ。日本ではありえない光景なのだ。
日常で「武器を持つ」ということはありえないことだ。日本には銃刀法というものがあるから。射撃などをやれば持つことになるが、やったことがない人のほうが多いだろう。もしあなたがドラクエの世界に行ったらきっと「ぶきや ぼうぐは かならず そうびしてください! もっているだけじゃダメですよ!」とローレシアの兵士に怒られるはずだ。
これも一見普通に神社でお参りしている写真に見えるかもしれないが…
これも一見普通に神社でお参りしている写真に見えるかもしれないが…
振り向くと腰には日本刀が刺さっているのだ。イッツビューティー!イッツアメイジング!!
振り向くと腰には日本刀が刺さっているのだ。イッツビューティー!イッツアメイジング!!
武器を持った人がいるというだけで、一気にそこだけ別世界のように感じる。すれ違う人は「あれ?今の人って武器持ってたよね?ここ異世界じゃないよね?」と脳が混乱すること間違いなし。今であればVRの世界に自分がいるんじゃないかと勘違いする可能性すらある。街で武器を持つというのはある種でAR(拡張現実)と言ってもいいのかもしれない。

「武器を持つ」という簡単な行為だけで、現実とファンタジーな仮想世界との境目が曖昧になるのだ。VR、ARに続いてFR(ファンタジーとリアルを曖昧にする)と名乗ろう。いやこれ絶対流行らないな。語呂が悪すぎる。
これもパッと見ただけだと普通っぽい写真だが…
これもパッと見ただけだと普通っぽい写真だが…
女の子 【E 伝説の剣】という状態だ
女の子 【E 伝説の剣】という状態だ
この日常の違和感がたまらない。良くないですか?ねぇ!ねぇ!?

本当にこんな子がいたら、二度見どころじゃなく七度見はすると思う。ゲームのやりすぎを疑う。上上下下左右左右BAという裏技コマンドをやると日常に武器を持った女の子が現れるのかもしれない。

このちょっとしたことで異世界感が出るのが本当にたまらないのだ!!一気に漫画やアニメの世界に来たような感覚になる。
こういうポーズを決めた写真も悪くはないし……
こういうポーズを決めた写真も悪くはないし……
これもたしかにカッコいいのだが、今回の趣旨としてはNGなのだ。 
これもたしかにカッコいいのだが、今回の趣旨としてはNGなのだ。 
あくまでも日常に武器を紛れ込ますのが僕は良いと思っている。武器を構えたりしたらそれはもうただのおふざけだ。日常に溶け込んでいて、現実なのかどうかわからない絶妙な塩梅がいいのだ。ファンタジーとリアルの中間を見いだせたときに脳汁ブシャーとなるのだ。
机に銃が置いてあるだけで日常と虚構の狭間が作られる。これが僕の中では正解なのだ。
机に銃が置いてあるだけで日常と虚構の狭間が作られる。これが僕の中では正解なのだ。
女の子から「え?この国では武器を持っちゃいけないの?そんなの知らないわよ!!」といった雰囲気が出ているのが大事なのだ。わかります?わかりますよね?いや今日この記事を読んでわかっていけばいい。あなにもいずれわかります…そうです…目を閉じて…欲望を解放するのです…武器を自然と持っている女の子を想像するのです…どうですか…?素晴らしい世界へようこそ…(洗脳)
余談だが、Amazonから武器が自宅に届いた時点でもうそこは異世界。現代に武器屋があったとしたら「最近はAmazonにほとんど客をとられてるよ…うちも経営が厳しいよ…」という感じで次々に廃業していくというサイドストーリーが頭に浮かんだ。
余談だが、Amazonから武器が自宅に届いた時点でもうそこは異世界。現代に武器屋があったとしたら「最近はAmazonにほとんど客をとられてるよ…うちも経営が厳しいよ…」という感じで次々に廃業していくというサイドストーリーが頭に浮かんだ。
「べつに男が武器もってもいいんじゃない?」と思うかもしれないが、それは違うのだ。か弱そうな女の子が武器を持っているというギャップがたまらないのだ。そのアンバランスさが魅力なのである。あと僕のやる気がでなくなる(これが90%を占めている)。
今回の記事で武器を持ってもらったのは吉岡真緒さんという方だ。吉岡さんに電話ボックスに入って写真を撮らせてもらったり(「電話ボックスに入っている女の子って最高じゃないですか?」)、僕の弟とデートしてもらったり(「弟のクリスマスデートについていって実況する」)と、変な記事に何度も出てもらっている。
今回の記事で武器を持ってもらったのは吉岡真緒さんという方だ。吉岡さんに電話ボックスに入って写真を撮らせてもらったり(「電話ボックスに入っている女の子って最高じゃないですか?」)、僕の弟とデートしてもらったり(「弟のクリスマスデートについていって実況する」)と、変な記事に何度も出てもらっている。
今回も「街中で武器を持ってほしいんですけど大丈夫ですか?」という、時空がねじれ曲がっているかのような依頼を吉岡さんにしたのだが、即レスで「大丈夫です!」と全力ストレートスマッシュな返信がきた。お願いしている僕が言うのもなんなのだけれど、仕事は選んだ方がいいと思う。
ちなみにこの日は武器を持ち運びながら撮影をしていたため、僕は常時こんな感じで武器がカバンから飛び出している状態だった。トルネコかよ。
ちなみにこの日は武器を持ち運びながら撮影をしていたため、僕は常時こんな感じで武器がカバンから飛び出している状態だった。トルネコかよ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓