特集 2014年10月25日

千葉県最強ソウルフード「MAXみそピー」作成法

!
あの
なにかと話題の
千葉県のソウルフード
「みそピー」

自宅で
作ってしまいたいと思います。

しかも
千葉県的により最強な
「MAXみそピー」
として
作ってしまいたいと思います!
多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:最近の学園祭が衝撃的すぎる

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

僕は基本的に
千葉県で育った人間なのですが、

昨今の都道府県ブームや
地理的時間的乖離を超越するネットによるローカリティのグローバリゼーションにより(大げさ)
いまや全国的にも有名になりましたが、
千葉県には
!
みそピー
というソウルフードがございます。

つまりは
千葉の名産みそと千葉の名産ピーナツとが
甘辛くぐちゃっとされた一品でございまして、
!
みそとピーナツでみそピーだなんて
チャゲとアスカでチャゲアス並みに
完璧なネーミングすぎてグウの音も出ません。
!
で、これがなぜソウルフードになっているのかというと
千葉県では子供の頃に
このみそピーが
給食でしょっちゅう出されがちなため食べざるをえないため、
!
千葉県民はみな
みそピーで育ったといっても過言ではないのでした。
いややや過言でした。
!
ちなみにこのワイプで抜かれてるのが昔の僕でしたがそれはさておき、

みそピーって給食で出されていた際には
真空のパックにとじられて出てきておりまして、
ビジュアル的にもよりインパクトのある
仕上がりになっていたのもいい思い出です。

そんなみそピー、
!
その構成要素的にもその甘辛い味的にも
給食で出されはするけど
どう食べればいいのか子供ながらによくわからず、

ごはんにつけて食べるべきものなのか、
おかずとして食べるべきものなのか、
スイーツとして食べるべきものなのか、
!
だいぶユーザーにゆだねられておりまして、
今で言ったらエヴァ的に
子どもたちを喧々諤々させていたと言っても
過言ではありませんでした。
いややや過言でした。

で、そんなみそピー
名前は知ってたけど実物を食べたことがない
という方も多いかとは思いますが
じつは!
割と簡単に自宅で作ることができるものなのでした!!!

じつは同じようなものが
!
こんなにもあるように、

千葉県では地域によって
みそとピーをコラボさせたものは
古来からわりと自家製で作られていたのでございました!!
!
…ん、知ってた? …ん、興味ない? まぁいいとして


では今回は
そんなみそピーを
自宅で作る方法を
紹介してしまいたいと思います!

しかもより最強な
「MAXみそピー」として
作ってしまいたいと思います!!


一体どういうことなのか、早速見ていきましょう!
!
(1)「ピーナツをアレする!」


まずはみそピーの
「ピー」の部分ですが、
「ピー」を具現化するために
!
落花生を用意!

千葉の落花生をアピールするためにも千葉のヤツですね。
まぁどこのでもいいです。
!
おかげで
デフォルト状態の落花生となりまして、
!
皮むくの
!
面倒くさい。
!
指痛い。
!
しち面倒くさい。

ので、別に100均でも売ってる
すでに剥かれてるナッツ的なものでも大丈夫ですので
そちらをお勧めします。
!
では「ピー」は
これでいいでしょう。
!
●(2)「みそをアレする!」

つづいて「みそ」の部分ですが、
あれを具現化するためには
これくらいの「ピー」の量でしたら
適量でいいですが、

適量っていうのが一番困るかと思いまして、
だいたい
!
・さとう 小さじ1
!
・みそ 小さじ1

くらいを合わせて
!
かき混ぜて
!
用意すればそれでいいでしょう。
!
そんなキミにココで豆情報!

台所が充実している方のみ
もしあったらでいいのですが、
みそピー度をより高められるアイテムとしまして、
!
・ハチミツ!
粘りつなぎとしてあったらより良いかもでして
台所にハチミツがある家ってステキですね。
!
・みりん!
まぁ具現化するとそういう味ってことだからね。
!
・酒!
みそが固まりにくくなる効果があるかも。


など
これらを適量で入れると
よりいい気がいたします
!
が、なきゃないでいいです。
!
●(3)「あえる!!」

では続いて両者を
ドッキングさせていくためにも
まずは
!
フライパンで
ピーを炒めましょう。


ピ~ピ~言いながら
ちんたらやってましたら、
!
!!
ミスった!!
やや焦げた!!

油断してました。

さすが油断のメッカ
実家です。

みなさんは気をつけましょう。
!
ではピーナツが炒められてきましたら
ここに先ほど作り上げた
!
みそ的なモノを
!
フォーリング!!!


あぁ。

するとフライパンにて
ピーナツと絡みながら
熱せられていくみそ的なモノが
!
どんどんネバネバになっていく!
!
水あめ的になっていく!

そうそう、
みそピーこんな感じ!
!
こんな感じ?

ではもうこれにて
自家製みそピー
完成!!!


…で、普通はいいのですが、
今回はよりMAXにしたいと思いますので、
こんなことをしてしまいたいと思います!
!
●(4)「MAXにする!」

ってことで
よりみそピー度をMAXに、
つまりは
!
より千葉度をMAXにするために、
!
これを投入!
!
MAXコーヒー!!!!

そうあの
殺人的な甘さを誇る
千葉のもう一つのソウルフードでございます!

まさにMAX!!
MAXだもの!!

ではそんなMAXのために
このできつつあるみそピーに対して
躊躇せずに
!
じょぼじょぼじょぼぁぁ

ぁあぁぁぁあぁぁああ
!
ホントに入れちゃった。

!
ちょっと入れすぎた。

おかげで
!
沸騰した印旛沼のように
ぐつぐつになってきましたが、

なんとか
目をそらさず頑張りましょう。


ってことで!
ついにできてしまった
前代未聞の
MAXみそピーが
コチラでございます!
!
チババババッバババッバヴァヴァヴァアヴァ!!

まぁビジュアル的には
ダークマター的な
存在感にはなってしまいましたが
きっと正しいのでしょう。
!
正しさなんてものは
見方によっていかようにもなるものなのです。
!
●(5)「食べる!」

ってことで
!
本当にできてしまったわけですが、

まずは
ありのままのMAXみそピー
ということで
!
そのまま
いわばスイーツとして
食べてみたいと思います!
!
ではOL的なスイーツ感覚で
いっただきま~す
としてみましたところ…
!
甘い!?けどちょっと辛い!?
あぁこの甘辛さ
確かにみそピー!
そうそうこんな感じ!

甘さと辛さがそろっているので
ただのスイーツではない
いわばソルティスイーツ!
なにそれ!
!
そして子供の頃に食べてたのよりも
さすが甘さになんかコクと深みがある気がする…
これはおそらくMAXコーヒー効果!
まさにMAXの香り!千葉の誇り!千葉の香り!
これこそが
MAXみそピー!!


…ただ、ピーナツがちょっと焦げちゃって
黒っぽい色味になって、
絵的にみそピー度が落ちちゃってごめんよ。
つい炒めすぎた
自分を恥じる。
!
ではつづいて
想定されうる食べ方として、
!
パンでも
いってみたいと思います。
!
では背徳的な気分で
おそるおそる塗りまして、

塗りたぐったものを
いざパックンチョ
してみましたところ…
!
!!

どうかしたピーナツバターみたい!

MAXの醸し出すコーヒー的風味も
パンという文脈なら
だいぶ許されている!
!
これはだいぶセーフ
というか
ピーナツバターが甘すぎだと感じて生きている人(そんな人いるのかは知りませんが)には
最適かもしれませんよ!

ありがとう
MAXみそぴー!
!
では最後に
古来から想定されていた禁断の食べ方
!
ごはんと一緒に
MAXみそピーを
食べてみたいと思います!

では
!
白いごはんに
のせてしまうわけですが、

これは…
!
純白のキャンバスが茶色で汚されて
とりあえずおいしそうではないです。


でもこのたびは
食べなきゃいけないので
!
罰ゲーム的な感覚で
いざパックンチョ
してみましたところ…
!

!!

甘さが…
みそのかすかな辛さと
お米の甘さとのコラボがわりと絶妙!
!
…ただ
うっすらMAXなコーヒー風味がちょっとキモいわけですが、
コクがあるってことで処理できないこともなく、
とりあえずギリギリセーフ
な気はしたのでした!

ありがとう
MAXみそピー!!

あぁ~あ。


というわけで
いずれにせよ
無事完成したうえに
無事食することができましたので
!
みそピーと
MAXの偉大さを
再確認させていただけたのでした。
このたびはどうもありがとうございました。


では
おなかいっぱいになりましたので
もうそろそろいいですよね。

ではまた
おやすみなさい…。

はい。

以上
いかがでしたでしょうか
今週の
「千葉県民は全員甘党」。

というわけで
みなさんもこれを機に
みそピーや
MAXで
千葉県民に
近づいていただけたらと思いますので
お忙しいところすみませんが
どうぞよろしくお願いいたします。
ではまた失礼いたします。
みそピーから揚げもあるってよ!!!!
みそピーから揚げもあるってよ!!!!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓