特集 2019年7月1日

4万の沖縄人が大移住した鶴見周辺へ。苦難の歴史を越え、古きよき沖縄文化が残る街

沖縄で愛される「パワーギア」と、読売新聞1950年5月26日号の記事

神奈川県横浜市の鶴見区~川崎市川崎区のあたりは、4万人規模で沖縄からの移民を受け入れた地域だ。

今でも当時の沖縄の方に加え、その二世三世の方が多く暮らしており、昔ながらの貴重な沖縄カルチャーとおいしい沖縄グルメが残る街だ。

しかしここはかつて日本にあった、沖縄出身者への偏見に耐えて生き残った街だった。

ライター、番組リサーチャー。過去に秘密のケンミンSHOWを7年担当し、ローカルネタにそこそこくわしい。「幻の○○」など、夢の跡を調べて歩くことがライフワークのひとつ。ほか卓球、カップラーメン、競馬が好き。(動画インタビュー

前の記事:観光地の地元民はどんな店へ行くのか? 箱根で聞いたらコンビニとドラッグストアが大人気だった

> 個人サイト 文化放想ホームランライター

「沖縄タウン」が残る鶴見へ

まずは関東最大の沖縄タウンが残る、鶴見へ。ここは約3万人もの沖縄からの移住者を受け入れた地域だ。

2.jpg
JR鶴見駅

品川から京浜東北線に揺られて到着した鶴見駅。少し散策するだけで早くも沖縄関係のお店が見つかる。

3.jpg
島唄ライブも行う人気の料理店

しかし沖縄の方がより多く住む街は、駅から南東に徒歩15分ほど、地名で言うと仲通や潮田町あたりにある。

4.jpg
鶴見川。ここの河口が工業地帯となり、多くの沖縄移住者が仕事に従事した
5.jpg
道すがらにも沖縄料理屋が見つかる
6.jpg
仲通商店街

ここが「沖縄タウン」と呼ばれる地域の中心、仲通商店街だ。特に沖縄の方が住む割合が高く、沖縄関連のお店がいまも点在する。

45.jpg
人気沖縄そば店のヤージ小。お昼には行列ができる
7.jpg
沖縄独特の弁当を売っているお店も。Aランチ、Bランチなどに加えスパムおにぎりなども取りそろえる
8.jpg
沖縄系飲料が並ぶ自販機も
9.jpg
約1000種類の商品を扱う、おきなわ物産センター
10.jpg
中には、沖縄県民が愛するポークの缶詰や……

 

11.jpg
好きな量をパック詰めしてくれる、お惣菜コーナーも

1986年に誕生したおきなわ物産センターは特にゴーヤーなど、日持ちのきかない沖縄料理に欠かせない食材が充実。沖縄移住者に欠かせないお店となっている。

壮絶だった生活

当時の沖縄は貧困地域だった。彼らの鶴見移住は1900年代から行われ、特に高度成長期の1960年代は多くの移住者がやってくる。

この結果、日本有数の沖縄人の集合居住地ができていった。

46.jpg
昭和10年代の潮田商店街(鶴見区史より)

しかし言語など諸々の問題で大多数の沖縄移民は、過酷な肉体労働に汗を流す。

工場の廃液毒物などの危険物をタンクローリーで運ぶ作業など、3K(きつい・汚い・危険)の仕事に就くことが多かった。

また沖縄人の三線もかつては禁じられて楽しみも少なく、ひたすらきつい労働に耐えた。

13.jpg
沖縄のポッカが出している「パワーギア」。いわゆる栄養ドリンク系の味で、各種ビタミン配合で500ccの大容量

そもそもなぜ沖縄の移住者は一つに集まったのか? それは、みんなで集まらないと生きていけなかったからという。

鶴見地区では沖縄県人が戦後、自らが仕事を興していきながらも銀行が相手にしてくれなかった。

なので小口金融のための「モアイ」という沖縄独特の自給自足の組織が発展し、自然と集まって住んだ。

14.jpg
移住者の多くが働いた、川崎の京浜工業地帯(photo by m-louis®)

差別に耐えた移住者たち

沖縄人に対する差別は目に見えて存在し、「沖縄人お断り」の貼り紙を出す店まであった。

1960年代まで、沖縄出身者は就職も進学も、家を借りるにも、差別や言葉の問題などでむずかしかった。

だから集まって、支え合って生き抜いたという。

15.jpg
TUNNOCK'sのウェハークリーム。とろけるようなチョコがウエハースが絡み非常においしい。沖縄はアメリカ統治時代に欧米系の商品が浸透した

命を丸ごといただくソウルフード

物産センターの奥には軽食が楽しめる「ゆうなの花」がある。ここで頼んだのは、ベタだが「ソーキそば(750円)」。食べるのは人生初である。

16.jpg
沖鶴マーケット内にある軽食と喫茶の店「ゆうなの花」

 

17.jpg
ソーキそば(750円)
18.jpg
軟骨までムダにせず命をいただく

豚のうまみが骨の髄まで染みわたるようなおいしさのスープが麺に絡み、実においしい。

お肉も非常にやわらかく、軟骨までムダにせずおいしくいただける。「鳴き声以外はすべて食べる」と言われる、沖縄の精神が宿った文字通りのソウルフードだ。

独特の食感の麺もいつまでも噛んでいたくなる。大満足で完食した。

19.jpg
沖縄の二世でイケメンのご主人がやさしく応対してくれた

ご主人によるといま沖縄出身の一世は徐々に姿を消し、二世・三世が中心になっているとの話だった。

川崎競馬場は沖縄の女性が働いた紡績所だった

鶴見から京浜東北線で一駅の川崎駅へ。駅のある川崎区界隈も、沖縄からの1万人もの移住者を受け入れた街だ。

20.jpg
南関東競馬の中核を担う、川崎競馬場

川崎といえば、競馬好きなら血が騒ぐ「川崎競馬場」。

ここはもともと富士紡績の工場があり、沖縄から出稼ぎに来た女性工員が1日12時間とも言われる激務に耐え抜いたとされる。

21.jpg
競馬場のすぐそばにある碑

当時を知る方に話を聞くと、昔は沖縄出身者と内地の人間の交流はあまりなかったそう。

沖縄料理屋などもよくあったが、そこに内地の人はあまり行かず、もっぱら沖縄人専門のお店のようになっていた。

結婚するにも障害があり、内地の男性と沖縄の女性が結婚する分にはまだよかったが、沖縄の男性と内地の女性が結婚する場合は、なかなかスムーズに行かなかったとか。

なお現在、川崎競馬場では沖縄関連のイベントがよく行われ、当時をしのばせるほか、2018年からは「川崎沖縄県人会杯」なるレースも開催されている。

JR川崎駅前の「石敢當」

川崎駅近くはさすが150万都市のターミナル駅で近代的な町並み。そこの中にあってちょっと目立つ「石敢當」と書かれた石碑がある。

22.jpg
唐突にある「石敢當」
23.jpg
「ソテツ地獄」に陥った宮古島を支援した

もともと沖縄はたびたび飢饉に襲われた地域。地理的な不利に加え、当時沖縄にあった技術では、農作物を安定して生産することはむずかしかった。

そのため、飢えのあまり毒性のソテツさえ食べて飢えをしのごうとする「ソテツ地獄」が何度も起きた。

飢饉は戦後も続き、1966年にも多くの台風のため同じ事態に陥った。

そのときに手を差し伸べたのが、多くの移住者を受け入れてきた川崎市だった。さらに命の恩人へのお礼として、宮古島から送られたのがこの石碑だったのだ。

沖縄の心の武道「空手」が盛ん

なお鶴見~川崎あたりを歩いていると、空手道場が目に付く。

25.jpg
沖縄系の空手道場が多い

沖縄が発祥ともされる空手は当地で非常に愛されている。

もともと安室奈美恵率いるスーパーモンキーズ(後のMAX)は全員が琉球空手の初段であり、最初は「空手少女」として登場していた。

ほかGACKT、二階堂ふみ、ガレッジセールのゴリや山田親太朗らも経験者である。

24.jpg
空手王・数見肇の道場も

ここ川崎には、極真会館全日本空手道選手権大会で歴代最多5度の優勝を記録した数見肇の道場もある。

川崎出身の彼はいま極真から独立し、沖縄空手を学んで自らの空手道をまい進している。

26.jpg
首里城での空手道演武(昭和初期)

そもそも沖縄の空手は薩摩藩によって武器を取り上げられた琉球人が素手で生み出した「反抗の武術」だったとの説も叫ばれ、大きな権力を前に苦しめられた沖縄の人を象徴するような武道だった。

ふつうのスーパーにも沖縄商品が

沖縄商品の専門店だけではなく、ふつうのスーパーにも沖縄系商品がいくつかある。

27.jpg
潮田銀座にあるスーパー
28.jpg
にがうりとゴーヤーチャンプルーの素
30.jpg
沖縄県民御用達の缶詰、キャンベルスープ
29.jpg
こちらも沖縄人が愛するバヤリース

沖縄出身の南米移民のためのお店も多い

さらに沖縄出身の方が南米に渡り、そして日本の鶴見に戻ってくるケースがどんどん増えている。

そのためブラジル料理などを出す店が多く、中には沖縄料理と両方出すお店もある。

31.jpg
沖縄と南米にルーツを持つ夫妻が、ラテン&沖縄料理を出す店
32.jpg
あのアド街にも登場したTUCANO

沖縄で無くなっていくものが、残っている

さらに鶴見で大事にされているのが、「角力」と言われる沖縄相撲。

モンゴル相撲に近い格闘技で沖縄でも年々失われ、同じく沖縄県民の主要な移住先だった大阪でも見られなくなった武道だ。

しかし鶴見では毎年7月下旬に大会が行われ、いまだ愛されている。

33.jpg
沖縄でも貴重な「角力」(沖縄タウン鶴見マップ/鶴見区区政推進課より)

その他料理についても、鶴見では沖縄では少なくなる傾向らしい「豚の尻尾」を使った料理などがまだ残る。

沖縄と二拠点生活を送るライターの藤井誠二氏も「沖縄ではあまり見なくなったベタなものが残っている(散歩の達人2019年2月号)と語る。

君津に昔の北九州式ラーメンが残っているように、大移住があった土地には本場でも失われたものが残りやすいのかもしれない。

沖縄料理屋で飲む

最後はやはり沖縄料理屋さんでしっぽり飲もう。

「八ちゃん」は沖縄出身者の女性店主によって生まれ、今では主にその二世の方がお店を切り盛りする。

34.jpg
長年鶴見を見守ってきたお店
35.jpg
JOYSOUNDの通信カラオケもある

色とりどりの沖縄料理が楽しめるこのお店で、食べたかったのは焼きそば(800円)だ。

沖縄のやきそばはアメリカの影響でケチャップ入り、しかも沖縄そばの麺だ。

36.jpg
沖縄独特のケチャップ味焼きそば(800円)。ここでは「ケチャップ味をください」と指定する必要があるが、何も言わなくてもケチャップ味で出てくる店もこの界隈は多い
37.jpg
麺は沖縄そば。独特のかみごたえある食感と風味で実にウマい!
38.jpg
泡盛のシークワーサージュース割り

おいしい沖縄料理とおいしいお酒でいい気持ちになり、隣のお客さんや店員さんと語り合う。

沖縄から南米へ渡りまた日本に舞い戻ってきた人もいて、カラオケで沖縄の歌を繰り返し歌っていた。

彼に聞けば、南米にいたころは沖縄をずっと恋しく思い、「三線の音が聞こえると涙がこぼれた」と語る。

39.jpg
にぎわう店内

日本一の野球熱を持つとする沖縄。かつて昼営業も行っていたころは、1991年の決勝戦もみんなで応援した。沖縄水産高校、大野倫投手が選手生命と引き換えに手負いのカラダで投げたあの試合だ。

時間が深くなるにつれ、お店は混んできた。活気ある男性4人組も入店してにぎわう。

40.jpg
ソーキそば(小、350円)。この価格なのになかなかの量でおいしい

聞くところによるとこの界隈もかつては映画館が4つもあった。仲通りももっとたくさんの沖縄関連のお店で賑わっていたそうだ。

さらにカラオケを勧められた僕は、沖縄出身でもないのに「島人ぬ宝」を熱唱。楽しい気持ちに包まれたまま、2900円を払って僕はお店を後にした。

遠い横浜まで旅した者たち

戦後しばらく沖縄はアメリカに統治され、自由に人が行き来できない時代が続いた。この鶴見も沖縄の現地人にとって非常に遠い存在だった。

そのため、生き別れた生みの親を探しに、丸太船で不法入国する沖縄人も見られた。

彼は途中で捕らえられるものの、アメリカ人の担当者は温情処置を出し、「母親は必ず探してやる」と彼に伝えたという。

41.jpg
読売新聞1950年5月26日号より

そして沖縄から遠い旅をして横浜へたどり着いたものがもう一つある。ユリだ。特に沖縄原産のテッポウユリは、横浜港から輸出する花形商品となった。

そしてまだ沖縄出身者に対する差別が目立つ1951年、神奈川県民の投票によって、そのユリの仲間であるヤマユリが日本初の県花に指定されたのだ。

42.jpg
読売新聞1955年5月22日号より

沖縄は憧れの存在になった

そしてその後。具志堅用高のボクシング世界王座防衛世界新記録(V13)、安室奈美恵やSPEED、BEGINなどの沖縄出身音楽スターの輩出、ちゅらさんブームなどを経て、沖縄は逆に日本人憧れの存在となっていく。

沖縄料理屋は日本中の街で当たり前の存在になり、むしろ沖縄へ移住する内地の人も目立つようになった。

やっと日本人は沖縄への偏見を捨て、その魅力を見つめられるようになれたのだ。


沖縄のもう一つの歴史とおいしさが味わえる街

48.jpg
仲通り商店街には奇しくも「ユリ・ショップ」なるお店がある

1日中この界隈にいたが、この街の深部は1日いたぐらいではわかるわけがなかった。

それぐらいの歴史と魅力を持った街だが、ぜひ気軽に来てみるのもいい。いろいろ思うのもいいし、頭をカラッポにして来ても楽しむのもいい。

ここで食べた沖縄料理はすべてウマかった。ぜひ来て味わって欲しい。

参考文献
・横浜 鶴見沖縄県人会史(横浜・鶴見沖縄県人会/230クラブ)
・「川崎・鶴見・東京」ウチナーンチュ100年(屋良朝信/Awawa)
・散歩の達人(2019年2月号)
・鶴見区史(鶴見区史編集委員会 )

麺が自慢のソーキそば 3食箱入り
ひまわり総合食品
売り上げランキング: 41,499
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓