特集 2018年11月21日

取り出せ内臓!サケの解剖グルメ

サケまっぷたつ

今年もサケの遡上に合わせて標津へ向かった。

サーモン科学館館長によるサケの解剖講座を聴いたそばから食ってしまうという「おいしくてためになる」サケの町標津の良さを凝縮した宴がとり行われた。

1975年神奈川県生まれ。毒ライター。
普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。
最近バレンチノ収集を始めました。

前の記事:小説家の「ねたのたね」売ります

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

標津番屋に集まる人達

9月とはいえ18時近くになるとあたりは真っ暗になってしまう。北海道の東の端なので当然といえば当然だ。そんな標津町の海沿いにあるキャンプ施設になにやら大人達が参集していた。

002.jpg
「番屋」とは漁師が泊まり込む小屋の事。
003.jpg
標津サーモン科学館の市村館長を囲んで、東京海洋大学大学院でサケの研究をしているお二人、標津町役場の商工観光課のみなさん、そして私。

プライベート解剖講座&バーベキュー

昨年、チョウザメに腕をかまれるサケ博士こと市村館長によるサケの解剖講座を受講してものすごく面白かったが、なんせ解剖なのでビジュアル的にエグくて紹介しにくいなあと思っていたら副館長の西尾さんから提案があった。

「食いながらやりましょう」

それが具体的に解決策になるのかよくわからなかったが素敵ではないか、飲み食いしながら生物学。

004.jpg
準備に余念がない。

こうしてサケの体の構造や機能なんかを学びながらめしを食おうという催しが敢行され、東京都民代表として乗り込んだのである。めざせ、すしざんまいを超える多幸感。

005.jpg
傍らではバーベキュー部隊が着々と火をくべる。

ビールやおにぎりなどもガンガン運び込まれて、もういいから食っちゃおうかという空気が立ち込めるなか、館長の講義が始まった。

サケは原始的な魚

「まずはサケというより魚の基礎知識なんですが、魚には背ビレ、胸ビレ、腹ビレ、尻ビレ、尾ビレと5つのヒレがあります。中には背ビレや腹ビレがない魚もいますが、それは原始的か、逆に進化している魚です。尻ビレの前には肛門があります」

006.jpg
背ビレの後ろに1個ヒレあるじゃんと思うかもしれないがちょっと待っててね。

「変わった形の魚でカレイなんかがいますけど、これもちゃんと5つのヒレがあり、尻ビレの前に肛門があります、って今日のはちっちゃいな……」

007.jpg
スマホみたいですね。

「ヒレを観察する時にひとつ面白い視点があって、ヒレの位置で魚の進化の度合いがおおよそですがわかるんです」

――へー、ヒレの位置で。

「魚は進化にしたがって胸ビレが上のほうに、腹ビレが前のほうにずれていく傾向があります。サケとサバを見比べてみましょう」

008.jpg
胸ビレに注目、サバのほうがかなり上の位置にある。

――腹ビレもがぜん前にありますね。サバのほうが進化した魚っていうことなんですね。

「はい。サケは原始的な部類の魚です。ただこの法則はあくまで傾向であって、すべての魚にあてはまるわけではありません」

――なるほど、水族館とかでそういう見方をしてみると面白いですね。

009.jpg
カレイの胸ビレもサケよりかなり上。

ポケモンは変態

「ちなみに進化といえばポケモンが流行っていますがあれは生物学的には進化とはいえません」

――え、なんでですか?

「進化というのは簡単にいうと、何世代にも渡って体の形や機能などが変化することなんです。ポケモンは同じ個体が短時間で姿形を変えていきますが、あれは進化より変態という方がふさわしいですね」

――なるほどー。でもピカチュウがライチュウに変態しましたってのもなあ……。

「ただ注意が必要なのはデジモンってあるでしょ、あれは進化でOKなんです。デジモンは生物じゃなくて機械だから」

――いいですよデジモンまで話広げなくて。

010.jpg
すこし油断するといろいろぶっこんでくる館長。

「あとサケ科の魚の特徴としてアブラビレというヒレがあります。具体的にどんな役割があるのかは不明でしたが、これがある事によって泳ぐ効率が何%かは向上しているという説もあります」

011.jpg
背びれと尾びれの間、メスよりオスのほうが大きい。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓