特集 2019年7月30日

美しすぎるサービスエリア・パーキングエリアのトイレ

自宅よりきれい

最近のサービスエリア・パーキングエリアのトイレはとてもきれいだ。

ひと昔前は正直いってあまり清潔なイメージはなかったが、今はきれいどころか、美しすぎて住めるレベルである。

まるでエステサロンのようなトイレ、近未来的なトイレ、入った瞬間アロマの香りがするトイレ…

そんなサービスエリア・パーキングエリアのトイレを巡った。

1988年静岡生まれ・静岡在住。平日は制作会社勤務、休日は大体浜名湖にいる。
ダイエット目的でマラソンに挑戦するが、練習後温泉に入り、美味しいものをたらふく食べるというサイクルを繰り返しているため、半年で10kg近く太る。

前の記事:静岡はさわやかだけじゃなく缶詰もアツい


新東名高速道路 NEOPASA清水

ライターの仕事をしていると、高速道路を使って遠方へ出かけることがよくある。

新東名高速道路は道幅も広く走りやすいので好きだ。

さらにいいのは、新東名は開通してまだ10年も経っていない。そのため、東名に比べてサービスエリア・パーキングエリアがとてもきれいなのだ。

今回はトイレという視点から、特にお気に入りのサービスエリア・パーキングエリアをピックアップした。

まずは、NEOPASA清水。

写真 2019-07-06 6 54 26.jpg
土曜日の朝6時台。早朝のため人は少なめ
写真 2019-07-06 6 54 15.jpg
自然に囲まれたいいサービスエリア。天気がめちゃくちゃ悪いけど!

NEOPASA清水は建物の東西にトイレが配置されているが、どちらも同じような造りで両方ともおすすめできる。

漏れそうな方は近くのトイレに、余裕のある方は好きな方を選んでほしい。

写真 2019-07-06 6 56 33.jpg
外観も美しいNEOPASA清水のトイレ
写真 2019-07-06 6 55 12.jpg
とても近代的な建物なので、ザハさんが作ったのだと思う

入って一番初はじめに目に留まるのが、ロビースペースにあるデジタル時計。

なのだが…

残念ながらこの日は点灯していなかった。

写真 2019-07-06 6 57 06.jpg
前立ち寄った時は、奥の白い壁に時刻がデジタル表示されていてめちゃくちゃかっこよかった

夜しか点灯しないのか?節電のためなのか?表示されていなかった理由はわからない。

天気がよくないと見えない東海道新幹線から望む富士山のように、レアスポットとして捉えることにした。

写真 2019-07-06 6 57 35.jpg
ヴィトンのモノグラムのように小さいトイレマークが散りばめられた入口

中に入るとこの美しさ!

IMG_5204.jpg
おしゃれなヘアサロンかよ…!

鏡の前に椅子が並んでいたら完璧ヘアサロンだ。ここでいつでも営業開始できる。

床もピッカピカに磨かれていて、鏡や照明が反射して写っていた。

清潔感しかない。

さらに奥に進むとこの近未来的なトイレスペース!

写真 2019-07-06 6 58 07.jpg
ディズニーシーにこんなオブジェなかったっけ?
写真 2019-07-06 7 00 50.jpg
おしゃれすぎて鏡がほっそい。しかし、きちんと姿が入るところがまたすごい

個室も“明”と“暗”が分かれたデザインで、色合いや雰囲気はまるでタワマンだった。

写真 2019-07-06 7 00 26.jpg
タワマン感を感じているのがわたしだけだったら恥ずかしい…と思いながら、勇気をもって書いてみる
写真 2019-07-06 7 00 33.jpg
洋式トイレが多いのもうれしい

NEOPASA清水のトイレは、日本トイレ大賞で「国土交通大臣賞」を受賞している。

受賞時の記事には

「より快適、より便利、より楽しい、より美しい」休憩施設空間の提供をおこないました。

中日本高速道路株式会社 ニュースリリース

とあるが、快適さも、便利さも、楽しさも美しさも想像を超える素晴らしいトイレだった。 

新東名高速道路 NEOPASA駿河湾沼津(上り)

わたしの好きな新東名高速道路より、もうひとつ立ち寄りたいのがNEOPASA駿河湾沼津(上り)のトイレ。

NEOPASA駿河湾沼津は、その名の通り駿河湾を一望できるロケーションの良さからたびたびメディアにも取り上げられるが、今回の目的はトイレなので駿河湾は一望しない。

写真 2019-07-06 7 35 55.jpg
雨雲のせいで、悪の古城のような雰囲気が漂っていた

駐車場に入ると目の前にトイレがあるので、多くの人がそのトイレに立ち寄る。

しかし、用を足すことではなくトイレ空間そのものを楽しみたいなら、建物に入って中央のエスカレーターで2階へ上がってほしい。

写真 2019-07-06 7 38 12.jpg
エスカレーターを上がるとそこには…
写真 2019-07-06 7 38 35.jpg
Premium REST ROOMの入り口!!

東京駅にはお金を持て余した大富豪のみが入れる有料トイレなるものがあるが、NEOPASA駿河湾沼津にも“Premium”の文字がつく特別なレストルームがあった。

しかしここは、通常のトイレと変わらず無料で利用できる。

Premiumと謳いながらなんて良心的なトイレなんだ!

写真 2019-07-06 7 47 57.jpg
門をくぐり抜けた先には、路地裏のバー…ではなくトイレ入口

 気になる中は…

写真 2019-07-06 7 39 15.jpg
エステサロンばりの超高級仕様!!
写真 2019-07-06 7 40 14.jpg
鏡や照明がいちいちおしゃれ…

初めて入った時「これがPremiumか…」とひとりでリアルツイッターしてしまうほど高級感があふれていた。 

便器が見えなければ、アパレルショップかエステサロンといわれてもなんの疑いもなく信じてしまいそうだ。

ここまででも十分Premiumなのに、さらにすごいのがパウダールーム。

写真 2019-07-06 7 46 42.jpg
城なの…?
写真 2019-07-06 7 46 34.jpg
トイレにシャンデリアが吊るしてあるのを初めて見た
写真 2019-07-06 7 42 16.jpg
これシンデレラ城の鏡じゃん
写真 2019-07-06 7 43 40.jpg
コンセントもあるのでノマドもできる(たぶんヘアアイロン用です)

なんてゴージャスな部屋なんだ!

トイレに入ったはずなのに中の仕様がすごすぎて、自分がどこにいるのかだんだんわからなくなってきた。

この時時刻は7時半。

写真はできるだけ人がいない時に撮ったが、入ってすぐは4つある席が満席で、みんなガッツリメイクしていた。

確かにここなら、朝起きてすっぴんからの長時間メイクも落ち着いてできる。

写真 2019-07-06 7 40 09.jpg
Premium REST ROOMは、水道一つにつき専用のハンドドライヤーが付いているのも魅力だった。空くのを待って濡れた手でじっと待つ必要なし!

 

東名高速道路 EXPASA足柄

富士山を望みながらさらに東へ進む。
次は東名高速道路 EXPASA足柄へ。

写真 2019-07-06 8 05 38.jpg
静岡県民だが富士山からは遠い浜松市に住んでいるので、富士山を見るとそれなりにテンションが上がる
写真 2019-07-06 8 13 51.jpg
東京方面へ出かけるのに、よく立ち寄るEXPASA足柄

こちらもNEOPASA駿河湾沼津同様、駐車場に入ってすぐ目の前にトイレがあり、そちらのトイレに立ち寄りがち。

しかしわたしが好きなのは、建物内中央にある女性用トイレ。

写真 2019-07-06 8 24 10.jpg
少しわかりづらい場所にあるが、あきらめず探してほしい

ここのトイレのすごいところはきれいな見た目だけでなく、入った瞬間アロマのいい香りが漂ってくるところ。

写真 2019-07-06 8 24 31.jpg
この日もリラクゼーションサロンを思わせるさわやかな香りが
写真 2019-07-06 8 24 24.jpg
パウダールーム入り口にあるソファ。トイレ内のソファというとなんとなく敬遠しがちだが、ここのソファならいくらでも待てる

この日のアロマはペパーミント、グレープフルーツ、カボスやパインがブレンドされた『オーシャンクルーズ』 というアロマだった。

アロマの名前までおしゃれすぎる…

写真 2019-07-06 8 28 31.jpg
トイレも清潔感抜群。個室も広く、ゆとりある設計

ちなみにEXPASA足柄は、同建物内に宿泊施設も併設している。

写真 2019-07-06 8 15 56.jpg
御殿場にあるリゾート施設『時之栖』が運営している『レストイン時之栖』

ビジネスホテルと変わらないくらいの手頃な値段で泊まれるので、足柄付近で宿泊が必要な時はぜひ利用したい。

部屋の名前も「ハイウェイ・シングル」「ハイウェイ・カップル」「ハイウェイ・和室」など、高速道路らしい勢いのある名前だった。

部屋そのものがものすごいスピードで高速道路を走っている絵を想像してしまった。


美しすぎるトイレは営業時間に注意

今回まわった3つのトイレ以外に、伊勢湾岸自動車道 刈谷ハイウェイオアシスのトイレも美しすぎるトイレとして紹介する予定だった。

が、人の少ない深夜の時間帯を狙って訪れたところ、遅すぎて閉店していた。

営業時間のあるトイレに初めて出会った。

後書き.jpg
このトイレのために往復3時間弱…まぁまぁショック!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓