特集 2019年6月19日

都内のプールに8,000匹! 「ヤゴ救出大作戦」に参加した

プールの泥にはロマンが!

東京は杉並区の閑静な住宅街にある小学校のプールには8,000匹を超えるヤゴがひそんでいた。子供も大人も大狂乱、初夏のヤゴフェスに参加した。

1975年神奈川県生まれ。毒ライター。
普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。
最近バレンチノ収集を始めました。(動画インタビュー)

前の記事:平成最後のハブ、令和最初のハブ ~伊江島&伊平屋島ハブめぐり~

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

ヘボコンからのヤゴ
6月はじめ、編集部の石川さんに「小学校のプールで繁殖したヤゴを捕獲する授業に参加しませんか」と誘われ、東京都杉並区立和田小学校へと向かった。

002.jpg
道路を渡り廊下がまたいでいる。これがTOKYO CITYか!

石川さんは今やグローバルに広がるローテク賛歌工作イベント「ヘボコン」の産みの親として有名だが、そのヘボコンを授業に取り入れた校長先生のお誘いで「ヤゴ救出大作戦」に参加できることとなったのだ。
 

003.jpg
「なんか8,000匹くらい捕れるらしいですよ。あ、言いすぎたかな、800匹の記憶違いかもしれないです」一瞬で7,200匹が抹殺された。
004.jpg
山岸校長とヤゴを救う気まんまんの私。

学校に着くとプールはすでにある程度水が抜かれ、底にはオフシーズンの間にたまった泥が見える。3年生の生徒たちがプールサイドで待機し、いまかいまかと開始を待っていた。
 

005.jpg
ヤゴの根城を包囲!

ところでヤゴとは
この時期になるとプール開きを前に各地の小学校でプールに住み着いたヤゴを救出する「ヤゴ救出大作戦」が報じられるがそもそもヤゴとはなんなのか。

ヤゴとはトンボの幼虫の事で、オスとメスのアバンチュールを経て水辺に産み落とされた卵からふ化すると、水中で脱皮を繰り返して成長し、陸に上がってトンボになる(羽化)のだ。
 

006.jpg
以前見つけたヤンマのヤゴ。ゲンゴロウにレストスペースにされている。
007.jpg
沖縄でハブ探し中に見つけた羽化シーン。蝶やセミもそうだが飛べなかったのが飛べるようになるってすごくないですか、この1人ライト兄弟め。

夏が終わって使われなくなったプールにトンボが卵を産み、その中で育った大量のヤゴ達をプール清掃の前にみんなで救いだそう、というわけだ。

瞬く間にヤゴまみれ
杉並区では学校支援本部という、各小学校の教育活動をサポートするボランティア組織が設置されており、今回のヤゴ救出作戦は学校支援本部の主催で行われる。

008.jpg
オレンジのシャツでマイク片手にヤゴ救出のオペレーションを説明するのが本部長の長澤さん。

合図とともにまず大人がプールに入り安全を確保、続いて生徒達がプールに入り、網を使って泥を一心不乱にすくいあげる。

009.jpg
我先にと泥に網を突っ込む。
010.jpg
プールサイドでヤゴチェック。
011.jpg
いた!
012.jpg
ヤゴの渋谷。
013.jpg
顔のアップはこわい、エイリアンにしか見えない。顔の下半分を覆っている大きな下あごを伸ばして餌を捕らえて食らう。

立ち会った父兄の方も「私もヤゴってはじめて見たんですけどこれがトンボになるんですねえ……」とイメージとのギャップに驚いていた。

014.jpg
ヤゴを10匹皿に入れ、バケツに移しながら数をカウントする。さっそく入れすぎている皿があった。
いったん広告です

何トンボか見分けよう
プールのそこここでヤゴががんがん水揚げされている。こうしてはいられないとベーリング海で一攫千金を狙う漁師のように私もプールへ降り立った。

015.jpg
ヤゴよ!あわよくばでかいカニよ!
016.jpg
おーとれたとれた。
017.jpg
ガサガサ動き出す。こうなればもはや陸に上がったヤゴ。
018.jpg
持参した観察用のプラケースに入れる。
019.jpg
お〜かっこいい!

トンボはなんかもう地球上でベストオブ飛行体なんじゃないのってくらいに巧みに空を飛び回るが、幼虫のヤゴもかなり機動力が高い。尻から水をジェット噴射のように吹き出して高速で水中を移動できる。

 

すごく撮り方がへただがハイスピード動画でどうぞ。 

今回はさらに強力なヤゴ観察アイテムを持ってきた。

021.jpg
文一総合出版のヤゴハンドブック!

ヤゴは見ての通り地味で、姿形も似通っているものが多く私のような素人の知見では種の同定は困難を極める。

これさえあればこのヤゴが何トンボなのかたちまち特定して子供達から「おじさん、知識人だね、教養人だね」「きっと高額納税者なんだね」などと尊敬を一身に集めることができるのだ。
 

022.jpg
「プールで見られるヤゴ」という特集まである親切構成。ベリーナイス!
023.jpg
えーと、このヤゴは……。

はりきってはみたものの種レベルの見分けとなると「腹部の後半にあるトゲの長さ」とか寝ぐせレベルの微妙なポイントを判定しなければならない。しかし現場では授業の取材をしながら拡大した写真でじっくり見きわめることはできない。
 

024.jpg
体長2cm程のヤゴのここの長さとかを見なければならない。マナカナも見分けられないおっさんには無理難題。

「わからんな、これは……」
途方に暮れていると一人の生徒がヤゴを持ってきた。

「これ何トンボのヤゴかわかる?」
 

025.jpg
尊敬をゲットせねば。

「そ、そうだねこれは…ヤンマやイトトンボ以外の、いわゆるトンボ(なにが)だね……ウスバキトンボか、コノシメトンボか…それ以外かもしれない」

結局トンボとしか言ってないがおっさんの博識は伝わっただろうか。彼はこの後もヤゴを持ってきてくれたがそのたびに様々な表現で遠回しになんらかのトンボと言い続けた。
 

026.jpg
後で調べたがたぶんコノシメトンボじゃないかなーと。
027.jpg
羽の先が茶色いトンボ。撮影した写真が見つからなかったので近似種のノシメトンボで。

ヤゴ以外もいる
私が尊敬を得ることができずにいる一方で、石川さんは「ヒカキンに似てる!」とまじリスペクトされていた。なんだよそれ、トンボ関係ねえじゃん。

028.jpg
カリスマユーチューバーに擬態しおって。

そんな石川さんが「こんなの見つけたんですけどなんですかね」とヤゴとは違う虫を持って来た。
 

029.jpg
ヤゴよりもさらに小さい虫が手のひらでピンピンもがいていた。
030.jpg
ひっくり返った、かわいい。

これはミズムシ(たぶんコミズムシ)といってタガメやマツモムシなどと同じ水生カメムシの仲間である。小魚やカエルを捕らえて食べる他の水生カメムシと違い、藻などを食べるおとなしい虫だ。

「おお、ミズムシもいましたか。せっかくだからケースに入れてみましょう、泳ぎ方もかわいいですよ」

「まじですか、見たい見たい」
と無邪気にケースに投入した瞬間……

031.jpg
くわれた!

一匹のヤゴが飛びかかり、ミズムシをあの大きなアゴでがっちり捕らえてしまった。
 

むしゃむしゃしてる動画もどうぞ

ミズムシには悪い事をした。こんなになってから言うのも何だがこの虫はあのじゅくじゅくして嫌な水虫とは無関係だ。

それにしてもヤゴの身体能力の高さよ、いちいちトンボになる必要があるのだろうか。モスラだって幼虫の時にゴジラに勝ってたぞ。

033.jpg
他にはアメンボや……
034.jpg
やきいも!
035.jpg
「あっちで見たよ」なんかアメンボを捕まえたくなって目撃情報を集める。
いったん広告です

いったい何匹救ったのか
こうして生徒達に救出されまくったヤゴの数が集計され、発表された。

036.jpg
冒頭と同じく長澤さんによる発表。

「今日救出されたヤゴの数はなんと、8,880匹でした!」

037.jpg
うおーやっぱり8,000匹オーバー!

沸き上がる歓声、拍手
「学校やお家で、このヤゴ達をきちんと育ててトンボにすればまた秋になってこのプールに卵を産んでくれるかもしれません、大事に飼ってあげてください」という長澤さんの言葉で授業は終了。この後、ヤゴの配布会が行われ、ヤゴは生徒達にもらわれていった。

038.jpg
タピオカミルクティーも顔負けの人気。

ヤゴ救出をシンゴジラのヤシオリ作戦のごとく巧みに陣頭指揮していた長澤さんにすこし話を聞いた。

「ヤゴ救出大作戦は杉並区では20校ほどが実施していて、毎年ヤゴ数の統計を環境ネットワークのサイトで発表しています。もう20年近くやっていますね」

--最近の取り組みかと思ってましたがそんなに長くやっているんですね。学校によって捕れるヤゴの数は違うんですか?

「数だけではなく種類も違います。この和田小はほぼアカトンボやアカネでしたが、ヤンマが多いところもある。ヤンマは卵を水面ではなく水草の葉っぱや茎に産むのでプールに水草を入れてそういう環境を作ったりもしています」

039.jpg
ヤゴといっしょにプールの落ち葉や泥も配る。
040.jpg
この中にヤゴの餌となるアカムシ(ユスリカの幼虫)が潜んでいるのだ。

--今日は8,880匹のヤゴが確認されましたがヤゴはこの後どうなるんですか?

「学校の教室でトンボになるまで飼育したり、希望する生徒に配って家で飼ってもらいます。残りはビオトープに入れたりあとは学校で育てているバケツ稲に入れると茎を登って羽化したりするんでそういうところに配布したりします」

この夏も泥から拾ってきたエイリアンがぱっくり割れて優雅なトンボが出て来る様を目撃してたくさんの親子が目を丸くするのだろう。

041.jpg
長澤さんがはずしている間、ヤゴおじさんになった。

授業に招待してくれた山岸校長は言う。
「このヤゴ救出作戦はカリキュラム的には理科になるんですけれども、泥に網を突っ込んでお宝を探すっていうのはもうなんていうか、ロマンですよね。子供だろうが大人だろうがね」

その言葉に赤べこのようにうなずいた。この日、プールに降りた子供も、大人も、心の中にそれぞれのベーリング海が広がっていたに違いない。


プールにいたマツモムシ(コマツモムシ)をハイスピード撮影したら動きが一発ギャグみたいでよかった。

042.gif
足がカイカイカイカイーーカスピ海!

■ 取材協力:杉並区立 和田小学校

ヤゴハンドブック (水生昆虫3)
尾園 暁 川島 逸郎 二橋 亮
文一総合出版
売り上げランキング: 10,377
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓