特集 2019年5月22日

平成最後のハブ、令和最初のハブ ~伊江島&伊平屋島ハブめぐり~

令和最初のハブだよー。(ヒメハブですが)

今年のゴールデンウィークは元号が平成から令和に変わるというトピックスで持ちきりだった。ハブとて例外ではない(言い切った)。

1975年神奈川県生まれ。毒ライター。
普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。
最近バレンチノ収集を始めました。(動画インタビュー)

前の記事:野鳥ぶれぶれ写真館

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

沖縄中北部の離島をめぐる

沖縄や奄美のハブがいる島を巡っているが今回の訪問先は「伊江島」と「伊平屋島」。沖縄本島の北西部に位置し、中部の本部半島から定期的にフェリーが運行している。

002.jpg
まず伊江島に渡り、一度本島に戻ってから伊平屋島へ。

ゴールデンウィークの前半、つまり平成を主に伊江島で、令和を伊平屋島で過ごす事になる。この時代の大きな節目にハブを探す、こんな幸せな事があるだろうか、ありがたや。

003.jpg
かわいくないおっさんにはハブ旅をさせよ。

城山まわりを探せ

伊江島は本部港よりフェリーでわずか30分ほどで行くことができる。美ら海水族館と海を挟んで向かいの島といった感じだ。

004.jpg
フェリーが描かれたバス。陸運と海運のコラボ。
005.jpg
インターネットエクスプローラーではない。伊江だからIE。
006.jpg
コメント付き石敢當はじめて見た。
007.jpg
ちょうど「伊江島ゆり祭り」が開催中。リリーフィールド公園や各地の会場でゆりの皆さんが色とりどりに咲き誇っていた。

島名物の落花生をはじめ、さとうきび、島らっきょうなどの畑が広がる比較的平坦な地形の中央でシンボルのようにそびえるのが標高172mの「城山(ぐすくやま)」である。

008.jpg
中央の山が城山、島の至る所から見える。
009.jpg
この景色を見た展望台が昔の人が考えた世界の構造のようだった。

村民からは信仰の対象とされているだけでなく、地質的にも貴重な山で、オフスクレープ現象によって形作られた世界で唯一の山といわれている。

010.jpg
「オフスクレープ現象」に関しては私の知見では解説不能なので解説板をどうぞ。Off-scrape(こすり落とす)なので剥がれてできた地形という事か。
011.jpg
登山口まではシャトルバスが運行している。

伊江島にハブは分布しているが多くはないと聞いていたのであまり期待はしていなかったのだが、登山口へ向かうシャトルバスや飲食店なんかで現地の人に聞いてみると「これからの時期はけっこう出ますよ」との事だった。

012.jpg
山道は整備されていいて登りやすい。そこ安定大丈夫ですかといいたくなる根。
013.jpg
頂上からの眺め。パッチワークのような畑スケープが美しい。

この季節になると城山周辺の周遊道路などでよく出没するという。なんだよ楽しみだな日没。

014.jpg
創業40年の老舗、「エースバーガー」で腹ごしらえ。バーガーと名乗っているがロースステーキ、ハンバーグから沖縄そばまで多彩なメニューを取り揃える。
015.jpg
日没間もない頃に現れたオキナワヒラタクワガタ
016.jpg
でかいヤシガニが闊歩

気温は低かったが雨降りの後で湿度は高く、路上をハブのエサとなるネズミが頻繁に駆け回っており、遭遇できそうないい雰囲気があるのだが探せど探せどハブはおろか爬虫類が見つからない。

2日間夜な夜な島内を探索したが結局ハブに会うことはできなかった。

017.jpg
ネコは光ってんだけどね。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓