特集 2021年2月22日

野外フェスのにおいがする香水を作る

野外フェスにいけなくなって約1年。毎年かならず野外フェスに参加していた身としては、そろそろあの空気を味わいたくてしょうがない。

いろいろ考えてみた結果「空気を味わいたいなら『におい』を作るのが一番なのでは?」という結論にたどりついた。

おうちで野外フェスを味わうために、野外フェスの香水を作ってみよう!

どうでもいいことを真剣に分析してみる記事をたくさん書いているエンタメライター。音楽や映画が特に好き!

前の記事:見慣れたロゴで神経衰弱をしてみる

> 個人サイト note

とりあえず草を煮込めばいけると思ったが全然そんなことはなかった

今までいろんな野外フェスに参加したが、野外フェスはどのフェスにもだいたいたくさんの草がある。

DPZフェス香水-1(2).jpg

草っぽい野外フェスたちの写真。実際はこれよりもっと草っぽい。

つまり、野外フェスのにおいをグラフにするとこんな感じ。

DPZフェス香水-1.jpg
要は草。

一言でいおう、野外フェスとは草である。つまり、草のにおいをかげばすべてが解決するはずだ。

というわけで、まずはそのへんから草をかき集めてみよう。

DPZフェス香水-02.jpg
さっそく草を取りに行こう!!
DPZフェス香水-03.jpg
フェスのにおいがしそうな草を選りすぐってナベに入れる。
DPZフェス香水-04.jpg
フェスっぽい草がたくさんとれた。
DPZフェス香水-05.jpg
草をガツガツ煮込んでいく。
DPZフェス香水-06.jpg
なんか茶色の汁が出てきた。
DPZフェス香水-07.jpg
茶色の汁が大量にとれた。

あきらかに不穏な液体ができた。見た目がちょっとお茶っぽいのも逆に怖い。

正直、ナベで煮込んでいるときからめちゃくちゃ苦いにおいがしていて怖かった。煮込んでいるだけで口の中が苦くなったし、私が求めていた野外フェスはこんなんじゃない。

DPZフェス香水-08.jpg
怖すぎて玄関で2週間放置した。

完成したものが思ってたのと違いすぎて、しばらく見なかったことにした

が、ほっておくとさらに進化しそうだったので、意を決してにおいをかいでみることに。

DPZフェス香水-09.jpg
ナベに入れて恐る恐るにおいをかぐと...
DPZフェス香水-10.jpg
これは...?
DPZフェス香水-11.jpg
完全にダメなにおいがした。

かいでみると、3年間山奥で煮込みつづけた伝説のお茶みたいなにおいがした。普通の人間がかいで無事でいられるにおいではなく、鍛錬を積んだ勇者にしか許されないタイプのにおいである。道端の草を煮込むのは本当に危険だと思う。

DPZフェス香水-12.jpg

いったん広告です

それっぽいアロマオイルを混ぜてみる

最初のプランが撃沈したので、いちから考え直すことにした。

前回の問題点はそのへんの草を適当に煮込んだことだった。つまり、きちんと野外フェスに生えている草を煮込めば大丈夫ではないだろうか?

いちからやり直すため、フェス会場として有名な新潟・苗場の植生をググってみる。

DPZフェス香水-13.jpg

わからなかった。毎年あんなにたくさんの人がフェスを楽しみに来ているのに、フェス参加者はだれも草の話をしていなかった。なぜ我々はいままで野外フェスの草について語ろうとしなかったのだろう。すべては後のフェスティバルである。

しかたがないので、フェス参加者ではなく「登山者」むけのサイトを見てみた。こちらはめちゃくちゃ草と木の話をしており、おかげでいくつか苗場に生えている草がわかった。

DPZフェス香水-14.jpg

全部知らない草だった。「ミネカエデはたぶんカエデみたいな草だろう」ぐらいしかわからない。野外フェス、思った以上に自然豊かなところでやっていたらしい。

DPZフェス香水-14(2).jpg

よく考えたらこういう自然たっぷりの道も多かった。

野外フェスの草がニッチなものだらけで簡単に入手できなさそうだったので、かわりにこの草たちがアロマオイルに加工されて売られているかを調べてみる。

あまり知られていないことだが、無水エタノールに好きなにおいのアロマオイルを足すと、誰でも簡単に香水ができる。

DPZフェス香水-15.jpg

つまり、苗場でよく見かける草から作ったアロマオイルさえ手に入れられればこっちのものだ!この手でいこう!

DPZフェス香水-16.jpg

そんな都合のいいアロマオイルはどこにもなかった。すべての野外フェスはアロマオイルにされてる草にかこまれてやって欲しいと心底思った。いま音楽ファンが真に求めているものは、ミントまみれの客席とか、ローズマリーだらけの野外ステージで間違いない。

やむをえないので、似ているアロマオイルを探してみる。苗場に生えているベニサラサドウダンと植物的に近いウィンターグリーンというアロマオイルが売られていたので、この際これで良しとする。

DPZフェス香水-17.jpg
ベニサラサドウダンとウィンターグリーンは人間の親戚でたとえると「はとこ」ぐらいの近さ(たぶん)。近いというほど近くないけどやむを得ない。

それから、香水はいくつかオイルを混ぜた方がいいらしいので、森によくあるスギの木と、干し草のにおいがするアロマオイルも、なんとなくフェスっぽいのでつっこんでみた。

DPZフェス香水-18.jpg
3種のアロマオイルを無水エタノールに混ぜていく。
DPZフェス香水-19.jpg
形から入ろうと思って今回はビーカーも用意した。

いざ、これでにおいをかいでみよう!

DPZフェス香水-20.jpg
においをかぐと...
DPZフェス香水-21.jpg
えっ、これは......?!

DPZフェス香水-22.jpg

完全に湿布のにおいだった。正確にいうと「ひさびさのフェスにはしゃいで暴れたら想像以上に腰にダメージがきてしまい、やむなく湿布をはって芝生で休憩するハメになったとき」みたいなにおいに仕上がっていた。それはそれで野外フェスっぽくはあるが、まったく思い出したいシーンではない。

なぜ急に湿布のにおいが爆誕したのか調べてみると、よかれと思ってつっこんだウィンターグリーンというアロマオイルは、湿布のにおいで有名なアロマオイルだったらしい。そんなオイルが売られているのか。アロマオイルの世界は広い。

DPZフェス香水-23.jpg

いったん広告です

変なものを混ぜずに作ると普通にいいにおいができる

失敗続きでかなり心が折れていたが、スギと干し草のにおいだけならけっこういいにおいだった。問題は湿布のにおいだけだ。

始めから香水を作り直し、湿布のにおいを外してみる。

DPZフェス香水-24.jpg
特にいいにおいだった干し草のにおいをたっぷり入れる。
DPZフェス香水-25.jpg
もっと形から入ろうと思い、香水瓶まで用意した。

DPZフェス香水-26.jpg

これが三度目の正直である。いざ、においを嗅いでみよう!

DPZフェス香水-27.jpg
においをかぐと...
DPZフェス香水-28.jpg
これは....

DPZフェス香水-29.jpg

めちゃくちゃ上品な野外フェスのにおいになった。フェスというには少しほこり臭さや土っぽさが足りないが、今までのことを考えるとかなりのクオリティである。

やっと香水が完成した。これをつけて音楽を爆音で聞いてみる。

DPZフェス香水-30.jpg
おうちで野外フェスを楽しむための4点セット。

家中からフェスっぽいものもかき集めた。いざ!野外フェスに出かけよう!!

DPZフェス香水-31.jpg

DPZフェス香水-32.jpg

DPZフェス香水-33.jpg

DPZフェス香水-34.jpg

DPZフェス香水-35.jpg

香水をつけたまま音楽を聞いてみると、自分からめちゃくちゃ草のにおいがした。作ったときは気づかなかったが、あらためて嗅いでみると私が作っていたのは完全に草のにおいだった。

ただ、目を閉じて集中すると野外フェスで音楽を聴いているような気がしないでもなかったし、少なくとも自然の中にいる気分にはなれた。

絶対に目を開かない努力さえできるなら、なかなかの再現度で野外フェスを楽しめるのではないかと思う。


試行錯誤の末、ようやく野外フェスらしきにおいを手に入れた。が、ふり返ってみるとお店で「自然のにおいがするアロマオイルをください」と言えば瞬殺で作れたような気がしないでもない。

しかし、事前の準備のめんどくささも野外フェスの楽しみのひとつだ。その意味では、こんな風にちょっと遠回りして準備するのも野外フェスらしくてよかったのではないかと思う。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ