特集 2019年10月3日

コーヒーを炭酸で割って飲んでます

美味しいのかどうかわからない写真

最近仕事しながらよく飲んでいるコーヒーがある。

希釈用のコーヒーを炭酸で割ったものだ。

ペットボトルの炭酸コーヒーは3年にいちどぐらい現れては消えているが、これはうまい。炭酸コーヒーの正解が出たのかもしれない。人に飲んでもらった。
 

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:田園都市のすきまに行く

> 個人サイト webやぎの目

美味しいと思うのは僕だけじゃないよね

今回、コーヒーを味わってもらうのはこの4名。

編集部安藤:コーヒー好き、元喫茶店主
編集部橋田:そんなにコーヒーは飲まない
ライターべつやく:コーヒー好き、すげえ飲む
テクノ手芸部よしだ:コーヒー好き、ネスプレッソを持っている

001.jpg
「個人の感想です」を言うために集まった4名

まず試したいのが僕が最近飲んでいる組み合わせである。

002.jpg
4倍希釈用のラテベースと炭酸レモンフレーバー
003.jpg
逆光のなか、3倍ぐらいに薄める

実はこれを紹介することに躊躇があった。なぜなら、この組み合わせを教えてくれたのがサントリーのPRを手伝っている人だからなのだ。乗せられたみたいでちょっと恥ずかしい。

しかしすっかり気に入って毎日2杯以上飲んでいる。
夕方会社にいて、これが飲みたいから早く帰りたいとすら思う。

ここまで気に入っているのならば、自分が興奮することを書くというデイリーポータルZの掟に照らしても恥ずかしくないと思い、書くことにした次第である。

言い訳しているあいだに5人分できた。

004.jpg
見た目は黒ビールである

教えてくれた人は黒ビールだと言っていたが味は全然ちがう。

005.jpg
飲んで個人の感想を言ってもらった。
・意外に美味しい
・遠くにカルピスがいる(酸味のこと?)。
・トニックウォーターだ
・甘くないのがいい

僕はこれを飲むと普通のコーヒーよりも頭が冴えるのだ。炭酸のせいでカフェインが細かく身体に入っていくのかもしれない。

という僕の妄想レベルの個人の感想に関しては、

「それはたぶん濃いから」ということで一蹴された。

加糖タイプはいまいちだからと試してもらう→大好評

甘くないのがいいという意見があった。そう、糖分が入っているラテベースを炭酸で割ったのだが、それはおいしくなかった。それも飲んでもらおう。 

006.jpg
「こっちのほうがおいしい」「ほんとだ」
007.jpg
「商品として完成されている」

大絶賛だった。もしかしたら僕の味覚が独自すぎるのかもしれない。この記事の信頼性が薄れる。

ちなみに僕がダメだと思ったのは甘みとレモンがばっちり組み合わさってしまって、コーヒーがないがしろになっているように思ったからである。

008.jpg
橋田だけすごい顔してた(おいしいらしい)
いったん広告です

むちゃくちゃ薄くするとおいしい

よしださんはコーヒー水(自分で名付けたとのこと)というものを飲んでいるという。「コーヒー飲み終わったあとのコップに水を入れて飲むんです」とのこと。蕎麦湯的である。

010.jpg
これぐらい残っているのに水を足します
011.jpg
手元拡大。え、こんなにちょっと?

「洗い物のコップを飲んでいるようなものです」という全く魅力を感じない説明だが、その濃度で炭酸で割ってもらった。
 

012.jpg
甘さひかえめ+炭酸、かなり薄め

これが意外においしかったのだ。コーヒーを炭酸で割るとき、濃さはおいしさと比例しないようだ。

・オリオンビールみたいにさっぱりしてる。
・JTの新商品でありそう。
・ノンアルコールビールよりもうまい。
・これ、店で500円で出したらラテベース1本から50杯ぐらいとれるから、めちゃくちゃ儲かる

美味しいし、あくどい意見も出た。

濃度チャレンジの時間に

最後に、甘さの有無 ✕ 炭酸のフレーバー有無 ✕ 濃さでいろいろ試してみたが、やはり薄めがおおむね評判がよい。

甘さ有り、炭酸フレーバーなし、濃いめ → ものたりない。ウイスキー入れたい
無糖、炭酸フレーバーなし、→  つまんない
無糖、炭酸フレーバーなし、うすめ → さっぱりしておいしい
013.jpg
クラフトビールみたいな色になる濃さがおいしいし、髪の毛の色と同じ

薄いのがいいのかもしれないという方向が見えているなか、編集部橋田が逆行した組み合わせを試していた。

「無糖、炭酸フレーバーなし、ものすごく濃いめ」である。
 

014.jpg
2時間ドラマで衝撃の告白を聞いた人みたいになってた。「あなたがあのときのお地蔵さん…!」

喉の奥に栗の渋皮が貼り付いているぐらいに渋くてエグい、とのこと。

016.jpg
試した安藤は老けた

3倍希釈用のコーヒーを1.5倍ぐらいで飲んでいるので当然である。「薄めて飲むものをそのままのむとおもしろい」という企画の趣旨から外れた結論が出た。困った。


お茶もやろうかな

なぜか定期的に出て大失敗するものといえば炭酸のお茶である。コーヒー炭酸は自作してみたら光明が見えたので、炭酸茶も自作すると正解に近づくかもしれない。

017.jpg
炭酸で薄くわったコーヒーを飲んだ橋田。おいしいらしい。食レポに向いてない
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓