特集 2018年11月16日

専門家と行くダム見学会に参加した

専門家の方々に混じってダム見学してきました

およそ20年前からダムの魅力にはまり、ダムめぐりを続けている。いつもは1人だったり、同好の知り合いとあーだこーだ好き勝手にダムを見てまわっているけれど、本職の専門家はどういうところを見ているのか。

専門家向けの見学会に潜入して調べてきた。

1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。
個人サイト:ダムサイト

前の記事:白い炭酸飲料9種類飲み比べ


入っててよかったダム工学会

今回の見学会を主催したのは、ダムの技術的な研究や開発をしている一般社団法人ダム工学会の九州支部。宮崎県に設置されている九州電力の発電用ダムを5ヶ所見学するという濃密なツアーだ。

001.jpg
「現場見学会」というまったく遊びのないツアータイトル

これまで一般向けの見学会に参加したり引率役をしたことはあるけれど、専門家向けに参加するのは初めてだ。参加者は建設会社や建設コンサルタント会社の方、そして大学の先生などで総勢およそ25名。

ダム工学会会員でなくても参加できるようだけど、見渡す限り単なるダム好き、というような人は僕を除いていなかった。スーツ姿の人も多い。場違い感を出さないように、なるべく存在感を消してバスの席に座った。

しかし、実は僕も数年前からダム工学会の会員になっている(ので見学会のお知らせが送られてきた)。というわけで、ホームなんだかアウェーなんだかよく分からない気持ちのまま、バスは出発した。

002.jpg
車内ではもちろん今日行くダムの解説VTRが流れる

いまの基準だと造れないかも

険しい九州山地の道を2時間ほど走って、宮崎県を流れる耳川の上流部に造られた岩屋戸ダムに到着。ここが今日最初の見学ポイントだ。

耳川には、上流から下流まで多くの発電用ダムが造られ、全国のダム好き垂涎のエリアとなっている。そこを専門家が見学するのだ。いったい彼らはどう見るのか、僕らと同じように垂涎するのか知りたい、というのがこのツアーに参加した理由だ。

003.jpg
現地の職員さんの説明を聞く一行

バスを降り、ダムの職員さんから概要説明があった。耳川の水力発電ダム群は、大正時代に住友財閥が計画を立てたもので、岩屋戸ダムは1942年(昭和17年)に造られた。ダム好きから見たポイントとしては、完成から70年以上経っているが、外観は当時のままほぼ手を加えられていない貴重な存在、というところが萌えポイントである。

004.jpg
時間の都合上この日は下流側から眺められなかったので以前に撮った写真を

ふだんはダムの上を通る道は立入禁止だけど、今回はオフィシャルな見学会なのでもちろん通れる。ふだんは遠くから眺めるしかなかった細かい部分もじっくり見ることができる。

「これ、もしかして完成当時からのものですか?」

最初に質問を投げかけたのは、なんと僕だった(すみません)。ダムの上には水門を開け閉めするためワイヤーを巻き取るモーターやギアなどが設置されている。このダムが完成したのは昭和17年なので、もしかして戦時中の機械がいまも現役!?これは確認せずにいられないだろう。

005.jpg
そうですよ、とのこと。零戦とか大和とかと同じ時代の機械!


 

006.jpg
水門の開度を示す目盛りが時代を感じさせて良い

岩屋戸ダムは完成当時のままほぼ手を加えられていない、と書いたけど、この下流にあるダムのいくつかは新しい水門に付け替えたり、改造して外観が変わったりしている(このあと見に行きます)。岩屋戸ダムの水門も更新に向けて検討中、とのことなので、この歴史的な機械が見られなくなるのも時間の問題かも知れない。

そのままダムの上を渡り反対岸へ。そこで、参加者のひとりがこんなことを言った。

「この法面急だなあ。いまの基準だと造れないかも」

法面(のりめん)とは人工的な斜面のこと。突き当たりの、ダムの堤体が当たっている部分の斜面が急で、この処理だといまの建築基準法では許可が下りないのでは、ということらしい。なるほど、処理方法を法律と照らし合わせているのはいかにも専門家という感じだ。

007.jpg
法面の処理が建築基準法的にどうかなんてふつう考えない

「この処理すごい、こんなのいまできないよ」

との声で振り向くと、数人がダム本体の上流側に見入っていた。

008.jpg
上流側の壁が上に向かって湾曲している

コンクリートは、枠を作ってその中に流し込んで固める、というのはダムでも同じ。つまり直線的な形の方が作りやすい。この湾曲を出すためには型枠もこの形に作らなければならないわけで、そんな手間かけられない、という意味だと思う。

これは構造的にはまったく必要のない処理のはずで、おそらく、見た目の美しさにこだわった結果だと思う。この時代に作られたダムは、こういう細かい部分も抜かりなく仕上げられていることが多いのだ。もちろん最近のダムでもこだわりが感じられるところもあるけれど。

そういえば、

「このへん河川勾配どのくらいですか」
「だいたい300から400分の1です」
「けっこう急ですね」

というやりとりもあった。河川勾配(河床勾配)とは、川が流れ下る傾きを表す用語で、300分の1とは、300m進むと標高が1m下がる、ということ。

…ということは知っていたのだけど、それが「けっこう急」かどうかなんて分からない。さすが専門家である。あと、即答できる職員さんもすごい。

009.jpg
夢中であちこち見たり写真撮ったりして気がつくとみんなが先に進んでるパターンが多かった

最初のダムからかなり濃い内容である。どれだけの読者がついて来られるのだろうかと不安になりながらバスに乗り込み、次のダムへ向かった。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓