特集 2018年5月25日

知っているけど降りたことない駅「米原駅」周辺を観光する

米原駅周辺を観光します!
米原駅周辺を観光します!
知っているけど、という場所がある。知識としてはあるけれど、行ったことがない、食べたことがないというものが存在するのだ。我々は知識だけではダメなのだ。体験として刻んで行かねばならない。

ということで、知っているけど降りたことのない駅「米原駅」を観光したいと思う。米原駅は新幹線も停まるし、乗換駅なので知ってはいるけれど、周辺を知らないのだ。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。

前の記事:雑誌「小学一年生」があるので「中学二年生」を作る

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

米原駅、知ってるけど、、、

滋賀県にある「米原駅」。新幹線も停まれば、大垣から大阪へ行く時の乗換駅だったりと、誰もが知る駅だ。18切符を使う人は結構な頻度で利用する駅なのではないだろうか。ただ駅から出るということは少ない。乗り換えだけに使ってしまうのだ。
米原駅!
米原駅!
乗り換えで使う駅です!
乗り換えで使う駅です!
我々は米原駅を知っているけれど、米原駅周辺については何も知らない。少なからず私はそうだ。知り合いにヒアリングしたら、米原駅を「岐阜の駅だっけ?」と言っていた。新幹線の米原駅の一個前が「岐阜羽島駅」だから、それに引っ張られたのかもしれない。滋賀の駅だ。
ということで、米原駅にやってきました!
ということで、米原駅にやってきました!

米原は遺跡

私も米原駅を知ってはいたし、乗り換えには利用していたけれど、周りを知らなかったので、初米原と言ってもいいかもしれない。全てが新鮮に映る。それはそうだ、初めて降りたから。
空が広く感じる!
空が広く感じる!
駅前から琵琶湖に向かって歩いた。天気がよくのどかで、うららかな時間が流れている。まだ観光地はないけれど、いずれ何かあるだろう。なぜだか、一歩一歩に雄大な歴史を感じるのだ。それは今まで知らなかった土地を知る喜びなのかもしれない。
琵琶湖干拓資料館に、
琵琶湖干拓資料館に、
琵琶湖干拓資料館
滋賀県米原市入江522-3
休館日:土曜日、日曜日、休祝日
来ました!
来ました!
米原駅から30分ほど歩くと「琵琶湖干拓資料館」が燦然と輝いていた。ここでは湖干拓工事で見つかった遺跡などが展示してある。琵琶湖には数多くの遺跡が存在しているそうだ。それを見ることができるのだ。
こういうの好きなんです!
こういうの好きなんです!
そして、気がつく遺跡の多さ!
そして、気がつく遺跡の多さ!
琵琶湖周辺にはいろいろな遺跡があり、米原駅から琵琶湖までの道のりなんて、遺跡天国。さっき歩いていたところも遺跡なのだ。遺跡は縄文時代から平安時代の遺跡のようだ。知らずに歩く遺跡はのどかな風景でしかないけれど、知っていると歴史を感じる。悠久の時を感じるのだ。
遺跡を歩いています!
遺跡を歩いています!
そして、琵琶湖!
そして、琵琶湖!

猫がたくさんいる

琵琶湖に沿って彦根方面に歩く。湖だけど大きすぎて海のようだ。琵琶湖をあまり見たことがなかったので、普通に感動している。米原駅で乗り換えに余裕があれば琵琶湖を見に行ってもいいかもしれない。駅から琵琶湖も歩いて片道30分くらいだ。
飛び出し坊やがある!
飛び出し坊やがある!
事故を防ぐための「飛び出し坊や」が至るところに設置してある。飛び出し坊やは滋賀の会社が作っているので本場なのだ。そして、この飛び出し坊や以外にも米原ならではの看板もあった。
猫の看板!
猫の看板!
多いらしいよ!
多いらしいよ!
猫の飛び出しが多いのだろう。手作りの看板が設置してある。ただ本物の猫を探したのだけれど、見つけることはできなかった。でも、看板があるので米原は猫の街ということで間違いないと思う。
出るらしいよ!
出るらしいよ!

米原いろいろ

米原駅からしばらく歩いて隣の彦根に少し入ったところに「松原水泳場」があった。しばらく歩いてとはだいたい1時間くらい歩いてということだ。ただいいではないか、雄大な琵琶湖を見ながら歩くのだから。
松原水泳場
松原水泳場
綺麗ですね!
綺麗ですね!
ここが、こここそが、「鳥人間コンテスト選手権大会」の会場である。雄大に飛ぶ自作飛行機たちがここから飛び出すのだ。今はその時期ではないので、想いを馳せることしかできないけれど、それでいいのだ。馳せようではないか、想いを。
ここで間違いないので、
ここで間違いないので、
想いを馳せましょう! 見えるよ、鳥人間が!!!
想いを馳せましょう! 見えるよ、鳥人間が!!!
別にここまで遠くに行かなくても、米原駅近くでも十分に楽しめる。いろいろあるのだ。時間があれば歩いてもいいし、時間がなければ駅の近所をうろつけばいい。それが米原の魅力なのだ。
駅から徒歩7分くらいの、
駅から徒歩7分くらいの、
青岸寺
青岸寺
青岸寺
滋賀県米原市米原669
営業時:9:00-17:00
庭園が国の名勝に、
庭園が国の名勝に、
なっています!
なっています!
駅から徒歩7分くらいの場所に庭園が美しいお寺があった。琵琶湖まで30分もかかったけれど、ここならすぐだ。静かでうららかな時間がここにも流れていた。さらに少しあるけば別の見所も現れる。
今井定清が攻め込んで失敗した、
今井定清が攻め込んで失敗した、
深坂道があります!
深坂道があります!
北陸道中山道分岐点道標もありました!
北陸道中山道分岐点道標もありました!
左に行けば北陸道、右に行けば中山道
左に行けば北陸道、右に行けば中山道
正直な話、東京タワーとかスカイツリーみたいなわかりやすい観光地はないけれど、歩いてみれば結構あるのだ。メインディッシュがどーん、ではなくて、ビュッフェ形式というのか、いろいろあるのである。それが米原なのだ。
街並みも好きだった
街並みも好きだった

米原を歩こう!

知っているけど行ったことなかった「米原駅」周辺を歩いた。ネコの看板や、遺跡だらけ、琵琶湖など十分に楽しむことができた。昼から夕方まで延々と歩いて楽しんでしまった。あとこの辺は「赤カブ」が有名だそうです。歩くのが好きで食事をすっかりわすれていた。
いいところでした!
いいところでした!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓