特集 2017年6月26日

炊飯器で梅ジュース、梅サワー、梅酒を作る

炊飯器は梅のタイム風呂敷だ!
炊飯器は梅のタイム風呂敷だ!
梅は果物なのに生で食べられない、加工してこその果実である。

どう加工しても食べるには時間が掛かる梅だが、炊飯器を使えば梅ジュースが一晩でできるらしい。

ついでに梅サワーや梅酒もできないかな。

※炊飯器によっては故障する場合があるかもしれません。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。(動画インタビュー)

前の記事:おかゆライスを食べてみる

> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

梅をもらったんですよ

青い梅の実をたくさんもらった。『6月あるある』だ。

売り物の梅ではないので、ちょっと傷はあるしサイズも不揃い。さてどうしようか。
3キロ弱。
3キロ弱。
そこで思い出したのが、てふや食堂さんという飲食系同人誌を作っている友人のツイート(こちら)である。

掲載許可をいただいたので、以下に載せます。
炊飯器で梅ジュースができるのか!
炊飯器で梅ジュースができるのか!
普通に作ると時間が掛かる梅ジュース(シロップ)だが、炊飯器を使えば一晩でできるらしい。

明日にでも飲みたいので、この方法でやってみようか。
ざぶざぶと水洗いして、ヘタを取っておく。
ざぶざぶと水洗いして、ヘタを取っておく。

炊飯器で作る梅ジュース

レシピによると、梅と蜂蜜を同量使うとある。1キロ分の梅で作ろうとするなら、蜂蜜も1キロ必要ということか。すげーな、働き蜂何匹分だよ。

蜂蜜じゃなくてグラニュー糖でもいいのかもしれないが、水分がないと焦げ付くような気もするので、とりあえずはレシピ通りでいってみようか。
1キロの蜂蜜を全部使い切るという、罪悪感に心を痛めるレシピだ。
1キロの蜂蜜を全部使い切るという、罪悪感に心を痛めるレシピだ。
蜂蜜と梅が1対1。甘いんだか、酸っぱいんだか。
蜂蜜と梅が1対1。甘いんだか、酸っぱいんだか。
レシピに沿ってソワソワしながら保温状態で一晩待つと、すっかり梅がシワシワになっていた。

一気に15年くらい経ったような変化である。炊飯器は梅にとってのタイム風呂敷なのだろうか。
一般相対性理論の答えがここにある。
一般相対性理論の答えがここにある。

梅ジュース、うまいね

これを鍋に移して沸騰させて瓶に入れ、冷めてから炭酸で割ってみる。

見た目は完璧。いざ飲んでみると、こりゃ体にいいだろうなという甘酸っぱさで、これから夏を迎えるのにピッタリ。

むはー! なるほど、子供の頃の俺が好きな味だ。
グラニュー糖ではなく蜂蜜を使っているので、コクのある贅沢な甘さが梅のフレッシュな酸味に負けていない。
グラニュー糖ではなく蜂蜜を使っているので、コクのある贅沢な甘さが梅のフレッシュな酸味に負けていない。
梅の実は強烈に酸っぱいジャムになった。
梅の実は強烈に酸っぱいジャムになった。
いったん広告です

炊飯器で作る梅サワー

炊飯器の保温機能を使って、梅ジュースが一晩でできました~。

っていう記事で終わろうかとおもったのだが、梅の実はまだたくさんある。

そこで酢を加えた梅サワーも作ってみることにした。
割っるっなっら梅サワ~。
割っるっなっら梅サワ~。
分量は、梅1キロ、酢600グラム、グラニュー糖600グラム。

これを梅ジュースと同じく、一晩保温してみる。
酢の酸やらなんやらで、炊飯器が壊れないかとちょっと不安。。
酢の酸やらなんやらで、炊飯器が壊れないかとちょっと不安。。

ダブルの酸味が素晴らしい

梅はシワシワにならず、酢を吸ってフワフワとなった。なるほどー。
ツーンとこないタイプの酢を使ったので、そんなに匂わない。
ツーンとこないタイプの酢を使ったので、そんなに匂わない。

今回は果肉をジャムにするのではなく(酸っぱそうだから)、種をとってサワーに混ぜ込んでみるとにした。果肉入り梅サワーである。

これを炭酸と焼酎で割って飲むと、梅と酢のダブルの酸味がガツンときた。うまいなこれ。

梅ジュースに比べると甘さも控えめで、焼酎を入れるなら、梅ジュースよりも断然こっちだ。
ものすごく酒と合う。そして果肉感がすっごい。
ものすごく酒と合う。そして果肉感がすっごい。
いったん広告です

炊飯器で作る梅酒

まだ梅が余っているので、調子に乗って梅酒も作ってみましょうか。

分量は梅が873グラム、グラニュー糖400グラム、ホワイトリカー900ミリリットル。
最近のホワイトリカーはパウチパックもあるんですね。
最近のホワイトリカーはパウチパックもあるんですね。
不安な点は、保温している間にアルコールが全部飛んじゃうのではという点だ。

エタノール(アルコール)の沸点は78.37度らしい。梅サワーを作る時に測ってみたら75.9度だったので、ギリギリ大丈夫のような気もするが、さてどなるか。
普通の梅酒よりも梅の割合が多いけど、残っても困るので全部入れた。
普通の梅酒よりも梅の割合が多いけど、残っても困るので全部入れた。
そして翌日、朝ごはんを作ろうと炊飯器のフタを開けると、白米の香りではなく酒臭いに匂いがプーンと立ち込めた。

そうだ、梅酒を作っていたんだ。
ご飯だと思って梅酒が出てくるとびっくりするよ。
ご飯だと思って梅酒が出てくるとびっくりするよ。
アルコール成分がどれほど飛んだか不安だったが、内釜のメモリを確認すると、量はほとんど減っていないようだ。
グラニュー糖が溶けきらなかった。途中で混ぜればよかったか。
グラニュー糖が溶けきらなかった。途中で混ぜればよかったか。

口当たりがなめらかな梅酒になっている

その濃さを試してやろうとロックで飲んでみると、35度のホワイトリカーで作った一夜漬けの梅酒とは思えないまろやかさに驚く。
梅の味が濃い!
梅の味が濃い!
梅の割合が多いだけあって、しっかりとエキスが出ていて味が濃厚。シロップともサワーともまた違う味だ。

口当たりが柔らかいので、いくらでもスルスルと飲めそうだ。

この飲みやすさ、やっぱりアルコールが飛んでいるんだろうなと油断をしていたら、1杯を飲みきる前に酔ってしまった。意外とアルコールは残っていたようだ。
俺の顔はアルコール判定機。
俺の顔はアルコール判定機。

すぐできるけど、ちょっと香りは弱いかも

最後の梅酒を飲んで気が付いたのだが、普通に作ったものに比べると、梅の味はしっかりと濃いんだけれど、香りはだいぶ薄いように感じた。梅ジュースやサワーも香りが弱いかも。

炊飯器の保温でアルコールは飛ばなくても、それよりも沸点の低い様々な香りの成分が飛んでしまっているようだ。燗冷ましの日本酒みたいだけど、これはこれで飲みやすくて好きです。
いつ作ったのかまったく覚えていない梅酒は、蓋を開けるとムワっとする。この香りが炊飯器版にはないのよ。
いつ作ったのかまったく覚えていない梅酒は、蓋を開けるとムワっとする。この香りが炊飯器版にはないのよ。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓