特集 2012年10月25日

勝手にサウンドロゴ

富士そばっぽいサウンドロゴとは
富士そばっぽいサウンドロゴとは
公共広告機構(AC)のCMの最後に、いつも「エーシー」っていう女性の歌声が流れる。こういうのはサウンドロゴというらしい。

「セブンイレブン、いい気分」など妙に耳に残るこれらのサウンドロゴ。そのパターンを分析しつつ、CMを出してない企業や製品にたいして勝手にサウンドロゴを作ったりしてみました。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:大通りの一本裏を歩こう

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

基本は企業や製品名の短いフレーズ

言われてみると確かに聞いたことあるサウンドロゴたち。その基本は短いメロディに企業や製品名を織り込んだもののようだ。

実例を見てみよう。
冒頭にあげた「AC」や「マツモトキヨシ」「ビックカメラ」「リーブ21」など、思いつくのはたいていこのパターンなんじゃないかと思う。

よくできた短いメロディは耳に残る。だから企業名を織り込めば自然に覚えてもらえる。とても合理的だ。
こちらは「弱酸性ビオレ」。

商品名の場合、その特徴を織り込んだメロディになることもよくある。「アブラ汚れにー、ジョイ!」とか「おくちくちゅくちゅモンダミン」とかだ。どんな商品なのかも一緒に覚えてもらっちゃう。合理的!

これらの基本パターンの狙いは、とにかく親しみやすいメロディーで名前や特徴を覚えてもらうということだろう。

2.背景音+読み上げ

企業名をメロディにしないパターンももちろんある。
メディアファクトリーは、無機的で和声感のあまりしない音を背景に、英語で読み上げる。

さっきの親しみやすさとは違って、ちょっとクールだ。

次はNTTドコモの例。
ドコモの場合、「手のひらに、明日をのせて」という企業のビジョンのようなものが添えられているが、これはメーカーに特徴的なパターンだと思う。

たとえば日立の「Inspire the Next」とかソニーの「make.believe」、三菱電機の「Changes for the Better」など、主に英語を添えたがる。
上はパナソニックの例だけど、やはり英語だ。「除菌ができーる、ジョイ」や「新製品が安い、ケーズデンキ」のような分かりやすさはないけれど、洗練された雰囲気を伝えたいということだろう。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓