特集 2019年2月16日

柴犬がモチに見えるので「柴モチ」を作ってみた

うちの柴犬を見ていたら、正月に食べたモチに見えて仕方がなくなったので、「柴モチ」を作ってみた。

多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:もし家のあちこちにバンクシーが現れたとしたら

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

今年の正月もたくさんモチを食った俺たち。

001.jpg

そんな正月気分が抜けないゆえか、うちの柴犬ももが、

002.jpg

モチに見えてきた。
白い部分はもちろん、茶色部分は焼き加減&きな粉っぽくて、まさにモチ的彩り。
つまり、柴犬はほぼモチ、と言っても過言ではないだろう。

003.jpg

「過言よ」

それを実証するためにも今回は、モチから「柴モチ」を作ってみたいと思う。 今までも柴犬の

004.jpg

大根おろしとか、

005.jpg

ギョウザとか、いろいろ作ってきたので、モチもなんとかイケるだろう。根拠のない自信。

006.jpg

とりま正月のあまりを大集合。

007.jpg

では10個のモチで作っていこうと思うが、モチって基本、固体。このままではマインクラフト並みの工作感となる。
そういやモチって、

008.jpg

急に市民が

009.jpg

つきだす大会が開かれたりもするが、

010.jpg

普通はキネとウスでペッタンペッタンして、仕上がるものである。
たいてい何でもある実家だが、さすがにキネとウスはない気がする。ていうかない。

011.jpg

そこで、ちょっと煮て、お雑煮でのモチイメージで、

012.jpg

どろどろ~ん、にする。

013.jpg

ただあまりどろどろ過ぎると、巨神兵のように崩れ落ちることになるので、

014.jpg

ほどよい程度で取り出す。

015.jpg

では、ここからレッツ成形! あらためて紙粘土のように、これをいじっていくわけだが、

016.jpg

アツい。すこぶるアツい。

017.jpg

そりゃアツかろう。さっきまで煮てたし。そりゃアツいわ。アツ!! アッツ!!!

018.jpg

でもアツさを乗り越え、おおまかに形作ることができた、が、言ってもモチなので、油断すると巨神兵のように崩れてくる。

それを防ぐために、コレを読んでるキミだけにとっておきの秘技を伝授!

019.jpg

いい感じで固めるためには、片栗粉をペタペタと添付するのがオススメだぞ!

020.jpg

「何やってるの?」

021.jpg

さらに凝固をめざす場合には、保冷材で冷やし固めるのもオススメだぞ! 絵的に謎状態すぎるが、これでブニャブニャのも固まるはず。

あと、柴犬の目となる部分も

022.jpg

ノリの黒さで、具現化しておこう。

023.jpg

モチには磯辺焼きとかもあるしね。うふふ。

ではココに、柴犬っぽく、モチ的な「茶色っぽさ」を施していけば、「柴モチ」が完成するッ!!!

そこでまずは「みたらし」!! みたらしは茶色的には理想だろう。ちなみに、みたらしの作り方としては、

024.jpg

なんとなく醤油と

025.jpg

なんとなく砂糖を。あとこっそり片栗粉も入れてドロドロに。

026.jpg

ついでにミリンも入れとこう。あるし。で

027.jpg

低温で

028.jpg

ぐるぐる煮立てて透明になったら、だいたい完成だ。あ、

029.jpg

スプーン落ちたが、そういや「みたらし」って、本来ダンゴ用のだが、ダンゴもモチも似たようなものなんで、良しとする。

さらに、茶色ファクターとしては、

030.jpg

きな粉! モチといえばきな粉だし。 みたらしに対してソフトな茶色っぽさで、きれいな茶色グラデ―ションがつくれるはずやッ!!

031.jpg

ていうか、ももジャマ。甘さにつられ過ぎ。
そうしてココに改めて

032.jpg

先ほど煮あがった、みたらしをかけたいが

033.jpg

ももジャマ。甘さにつられ過ぎ。

034.jpg

もはや見苦しいほどに。
そんな妨害にも負けず、なんとか茶色化を施し、ついに完成してしまった、衝撃の「柴モチ」がコレだッ!!

035.jpg

!!

おぉ柴犬!!

036.jpg

モチなのに、だいぶ柴犬っぽくなっている!!

037.jpg

まさに「柴モチ」の完成やでッ! (って、もも、なめるな!)
あらためて、ももと比べてみても、

038.jpg

ソックリ!!

039.jpg

「ソックリやぁーッ!!!」 

と、真意を察しにくい形相でももも絶叫。とりあえずビジュアル的には大成功とさせていただこう!

させていただいたので、ではこの柴モチ、一体どんな味なのか、実食してみたいが、

040.jpg

どうせなので余ったみたらしも、全てかけてちゃおう。

041.jpg

う…、かけすぎて、なんだか

042.jpg

「王将」の餡かけ天津飯みたいになった。やべぇ。

043.jpg

でもあらためて、より異形と化したコチラを、パックンチョしてみたところ…

044.jpg

!! あめぇ。このモチ、甘ぇ!! 甘いよコレ!!!

045.jpg

そりゃそうだろう。ずっと甘めの味付けを施していたのだから。自業自得。

046.jpg

と、やや修業の様相も呈していたが、僕、重度の甘党なので、ちゃんと全て堪能することができたのであったッ! ごちそうさまでした!!

というわけで、そんな「柴モチ」、モチがあまりにあまった場合には、甘党の方を中心に、ぜひ作ってみていただけたら幸いです。
ではまたおやすみなさい…。


はい、以上いかがでしたでしょうか、今週の「モチ、マジ卍」。みなさんもモチはほどほどにしましょう。よろしくおねがいいたします。
047.jpg
ていうか10個は多いよね。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓