特集 2019年2月2日

もし家のあちこちにバンクシーが現れたとしたら

昨年、オークションでのドッキリも話題になった世界的覆面アーティスト・バンクシー。

世界各地に(先日は東京にも?)神出鬼没で現れ、社会問題を提起するアートを描く、だいぶカッコイイやつである。

ところで、そんなバンクシーが、もし僕らの家の中に現れたとしたら一体どんなことになるのだろうか。

誰しも気になると思うので、実際にアートしてみて、調べてみたいと思う。

多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:「ボヘミアン・ラプソディ」っぽく自伝を撮ってみた

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

先日も、大気汚染で悪名高い町の一角に、

001.jpg

焼却炉からの灰が雪のように少年に降り注ぐさまを描き、環境問題を訴えるアートとして世界的に話題になった。

そんな社会に警鐘を鳴らすバンクシーが、

002.jpg

もし僕らの家の中に現れたとしたら一体どんなことになるのか、

003.jpg

さっそく見ていこう。

004.jpg

●出没ポイント(1)「CDラジカセ」

まず最初は、家になんとなくありがちなこのアイテム

005.jpg

CDラジカセにて。いきなりの昭和的なフォルム感、グッとくる。あらゆる音源がデータ化される昨今、実家においてはまだ現役だったりするのが胸アツだが、

006.jpg

しかもヤバイのが、カセット部分。懐かしすぎる。とりあえず、昭和的な形状のボタンを、

007.jpg

昭和的な質感でガッと押すと、昭和的な開閉音でガチャッと開く。

008.jpg

と、懐かしの感覚に、昭和の思い出が駆け巡りそうになったそのとき、カセットデッキの中から、

009.jpg

このたび、登場してしまったのが、コチラである。

010.jpg

あらまぁ。シャーラップとのことでね。

つまりはこれ、ラジカセによる騒音問題に対してその撲滅を訴える、アートなのであった! …まぁ今まったく聴いていないのだけれどね。でも一応気をつけましょう。

011.jpg

…ちなみに、今さっきココから取り出したカセットなのだが、よりによってこれ

012.jpg

「パラダイス銀河」ということでね。

子供時代に書いた直筆ラベルも震えるけど、あの光GEなにがしのチョー名曲である。すっかり大人になった僕らだが、実は誰もがシャカリキコロンブス。ときにはパラダイスで、遊ぼうじゃないか…。

004.jpg

●出没ポイント(2)「片隅」

そして続いては、家のチョー片隅であるが、

013.jpg

そんな場所に積まれがちなのが、そう

014.jpg

ジャンプ。

買われ続けてきた積年のジャンプが、捨てられなくてなんとなく放置されているものだろう。全員ジャンプっ子前提で話を進めてしまうのは、ジャンプっ子の悪い癖だが、

そんなジャンプを

015.jpg

久方ぶりに

016.jpg

ちょっと片づけてみようとしたところ、

017.jpg

いわばゴミ問題とも言えるこの状況に警鐘を鳴らすべく、登場してしまったのが、コチラである。

018.jpg

あらまあ。この大量のジャンプの下敷きになって、ずっとぶっ倒れていた方が。つまりはこれ、無造作にジャンプを置き続けないでくれ、という非業のアートなのであった。

ここまでの大ダメージ。さぞ重かったことでしょう。しかし、ぶっ倒れているこの彼、よく見たら、ジャンプ的には、ぶっ倒れレジェンドと称される、あの

019.jpg

ヤムなにがし? っぽく見えるのは、偶然なのだろうか。

栽培マンという明らかなザコ敵に対し、「オレにやらせてくれ」と強者感出し余裕たっぷりで挑むも、あっけなくぶっ倒された名シーンが確かによぎるが

020.jpg

きっと偶然であろう。とりあえず、ゴミはためすぎないでくれよなッ!

ではこんな調子で、まだまだ家の中を見ていこう。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓