特集 2020年9月1日

そろそろしぶそばを知っておきたい~東急沿線さんぽ

さよならは突然に。

東急沿線に住む人々や働く人なら一度は見たことはあるだろう、しぶそば。知らない人に向けて説明するとしぶそばである。(東急沿線の駅構内や駅周辺にある立ち食いそば屋)

渋谷を発祥として、すぐにでもそばを食べたいそば好きの人や働く人の胃袋を支えてきた。常にあると思うと気にならないと思うが、一度腰をおろしてちゃんと見よう。おろそうと思ったらイスがない。立ち食いそばだから。

※この記事はデイリーポータルZの運営元であるイッツコムのサービスエリア、東急沿線の魅力を紹介する記事です。

1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。(動画インタビュー)

前の記事:ノープランで行く世田谷線全駅下車の旅~東急沿線さんぽ


エピソード0「しぶそばとの出会い」

突然だが、しぶそばとの出会いを書かせてほしい。

しぶそばを知ったのは、24歳の頃、以前勤めていた会社の出勤前や仕事帰りによく行った中央林間のしぶそばが最初だ。窓の外を見ながら「仕事行きたくないな」と思ったことが昨日のことに思い浮かぶ。

001.jpg
中央林間駅のしぶそばは改札外からも改札内からも行ける。外を眺めながらの席が好きだった。
002.jpg
「あー仕事行きたくないな」と思っていた。なんならその思いはいまも変わらず。

そんな支えになったのが、しぶそばだった。あのときは冷やしたぬきそばを毎回食べていた。期間限定のメニューを食べたりもした。仕事に追われて余裕がなかったあの頃は期間限定メニューが唯一の季節を感じさせる風景だった。

003.jpg
現在の期間限定メニュー、「白身魚天・夏野菜の昆布和え」夏の音が聞こえてくる。
004.jpg
食べる元気。元気をいつももらっていた。

つらいときや苦しいとき、楽しいときもしぶそばがあった時代、通称しぶそばがそばにいるね時代である。

005.jpg
「食べたら行くか」と思いながら、水を何杯も飲んだ。行きたく無さから水を飲むことってないですか?

いつもそばにいたそば。それがしぶそばだった。ご静聴、ありがとうございました。

そんなしぶそばが閉店してしまうと聞いた。え...!

いったん広告です

さよなら、本家しぶそば

たぶん、最初のエピソードでみんな泣いたと思うが、ここからが本題である。

渋谷の地で生まれた立ち食いそば屋のしぶそば。東急グループが運営しており、東急沿線に存在している、東急が好きなおれたちのそば屋である。

本店の渋谷店が再開発の影響により、9/13で閉店をしてしまうそうだ。(他の店舗は営業する)

006.jpg
しぶそばが生まれた土地、渋谷にある「本家しぶそば」は改札から1分もかからないで行くことができる。
007.jpg
みんなさびしいと思うけど泣かないで、サライを歌って送り出してあげようよ。

閉店すると聞いて、こうしちゃいられないぜ!としぶそばに向かった。友が助けを呼んでいるときと、行きたいお店が閉店してしまうときは必ず行かないといけない。

本家しぶそばで特もりそば

さよならを伝える為に編集部の安藤さんと来た。あまり立ち食いそばを食べることがないそうで、「立って食べる意味があまりわからないんですよね」とお店の中で恐れを知らないことを言いだしたので震えた。

008.jpg
閉店を迎えるお店の中で争いが起こるかと思った。

座って食べられるスペースもあるが、立って食べることにした。立ち食いそばのだいごみである。パッと食べて、「ごちそうさん!」と食器を返却し、サッと帰る。これが粋な食べ方である。あと「腹が減っているときに座る時間がもったいないときがあるじゃないですか」と安藤さんに言ったら「あんまりないかな」と言われた。それぞれの価値観でぼくらは生きている。

注文をしよう。「人気はかき揚げそばらしいですよ」と伝えたが、私は特もりそば、安藤さんはもりそばを頼んだ。人気に踊らされない二人だった。

一般的なしぶそばでは食券を買って、店員に渡すのだが、本家しぶそばでは、入口にて先に店員に注文を伝えて会計を行う。注文するともりそばのなら「もーりー」、かきあげそばだと「かーきーあーげー」と独特なイントネーションで厨房へ伝える。こういうのいいですよね。

009.jpg
安藤さんが頼んだもりそば。夏に食べたくなりますね。
010.jpg
そして、こちら特もりそば。頂上に登ってヤッホーと言いたくなるほどの山盛り。

もりそばの3倍あるであろう特もりそば。そばつゆが2つもきた。これが特もりの量の多さを表している。

こういう量が多い料理を紹介するとき、苦労をして食べたみたいな展開があるだろう。

011.jpg
食べるぞ! 全然関係ないが、背中が直角が過ぎる。

よくあるような、ぼそぼそして「お前、いつゆでられた?」とそばに問い詰めたくなるそばがあるが、しっかりとしたコシの強さとそばの風味が感じられる。そばがなんだか甘い。おいしいそばを気軽に食べられるのはいいですね。

012.jpg
かき揚げも食べる。食べたいものを食べたいから。
013.jpg
そして、水を飲んで。
014.jpg
ごちそうさまでした。

食べた。もうそれはもう普通に。周りの人も「あんなスピードで!?」と驚いたと思う。

改めて食べてみると、立ち食いの中でもかなりクオリティーが高い。立ち食いそば好きの間でも人気らしいがその理由もわかる気がする。

015.jpg
おいしかったなー。カレーそばとかもいいな。

お店を出たあと、メニューを再度ながめる。月見そばやコロッケそばも魅力的。うまそうだなー。

016.jpg
なので、もう一度行きました。

おいしかったのと、まだ余裕が胃袋に余裕があったので、お店を出てからすぐにもう一度入った。これがおれにできる別れのあいさつだから。

思い切っていったが、とても恥ずかしい。もし、皆さんの中でこのような機会があったら、気持ちを強く持ったほうがいいです。

2回目のとき、店員に「おいしいのでもう1回来ました」と伝えてたところ、「そうですよね!さっきも見たなと思ってました!!」と言われた。「あまりにもおいしかったので...」と言いながら注文する恥ずかしさがある。それを残り超えた先においしいそばが待っているから。

017.jpg
ただ、安藤さんが巻き込まれて大変だなと思った。

本日、10分ぶり2回目のもりそばを食べる安藤さん。「まさか、2回も行くとは思わなかったから」と食べながらつぶやく。でも、食事ってそのときのノリと勢いだから。

018.jpg
私が頼んだのはカレーそば。ご飯を入れて、今夜は踊りたい。

こちらのカレーそばは「カレーショップC&C」のカレーソースを使用しており、だしとカレーのスパイシーさが合わさって、それはもう素敵な味わいである。そばを食べたあと、ライスを入れたくなる気持ちがあるが、なんとかおさえた。ちなみに「カレーショップC&C」のカレーソースを使ったカレーそばは店舗限定である。

019.jpg
紙エプロンのひもを結ぼうとしたら切れた。それぐらいカレーそばが魅力的だということです。
019_2.jpg
生まれ変わったらカレーそばになりたい。
020.jpg
そばを2枚食べた安藤さん。残ったらもらおうと思っていたが食べられてしまった。
021.jpg
ありがとうございました。
いったん広告です

東急沿線じゃないしぶそばの大磯辺揚げ

しぶそばがあるのは、なにも東急沿線だけではない。なんと池袋にもあるのだ。気合いと向上心を感じるが、他の沿線から「お前、どこ中だよ」と言われないか心配なので見に行くことにした。

022.jpg
見に行ったら東武と書いてあって震えた。
023.jpg
こちらが池袋にあるしぶそば。からまれてなくてよかった。

沿線から外れて頑張っている姿を見て安心したので帰ろうと思ったが、気になる看板がある。

024.jpg
大ちくわ。普通のちくわじゃない。大がつく。
025.jpg
しかもそれが乗った豪華版もある。
026.jpg
こちらが三種のせそば。

磯辺揚げが好き食べ物ランキングの5位に入ってくるぐらい好きなので追加でのせた。磯辺揚げの抱き枕があったら買うかもしれないぐらい好きだ。

027.jpg
横からもみんなで見よう。池袋で頑張っているしぶそばの姿です。泣きそうになりませんか。

ちくわ天はどこのしぶそばでもあるが、磯辺揚げは池袋店限定らしい。自分だけの武器を見つけて戦う姿はプロフェッショナル仕事の流儀で取り上げてもいいと思う。

028.jpg
わさびをつけてそばつゆにつけて食べてもいい。
029.jpg
たぶん、娘を相手に送るとき、泣きながら笑顔を浮かべるとこんな顔になると思う。そんなうれし涙を流しそうになるおいしさ。

あと、おあげがかむとじゅわっと甘いおだしがあふれ出す。きつねそばのおいしさに目覚めた瞬間である。おれは仲良くやっていて安心したよ。

いったん広告です

暑い蒲田のしぶそば

店舗限定は池袋だけではない。蒲田駅にもある。

030.jpg
いい駅の蒲田。
031.jpg
改札内にあるしぶそば。電車の待ち時間に食べられる。

外観はただのしぶそばである。しかし、近づくとその異様さに気づく。

032.jpg
キャラが濃いな。

今年は暑い。8月の前半なんて、家のエアコンを16℃にしても暑くてエアコン業者の人に来てもらったら「エアコンには問題ないのできっと気温が暑すぎるからですね」と言われるぐらい暑かった。

そんな猛暑を蒲田のしぶそばでは、そばで暑さを乗り越えようとしている。ありがたいことですね。

033.jpg
普通の会社員だってDXを頼んだっていい。
034.jpg
ものすごいものを券売機のメニューで見つけたが見なかったことにした。
035.jpg
こちらがDX肉盛り冷やしかき揚げそば。ボリューム感があいさつしてきた。

そばの上にはたっぷりの豚肉、そして大きなからあげにナッツとトウガラシの揚げたものが乗っている。普通のそば屋でも見たことがないダイナミックなそば。

食べてみると、これはいいものだ。豚肉の甘さがそばつゆと合わさって、ばつぐんにおいしい。ナッツの食感とアクセントとなっていて、それもまたよい。

036.jpg
唐辛子のフライが辛いかなと思っていたが、そんなじゃなくて安心した。
037.jpg
そばに負けない気持ちでかき揚げをダイナミックに食べた。
038.jpg
かき揚げってうまいなーと思った。

おいしいものを食べて満足である。いやーでもなー、やり残したことがあるなー。

039.jpg
また蒲田駅に戻ってきた。DXを食べて40分後ぐらいの話である。

食べ終わってからまたすぐに入るのが恥ずかしくて、一度蒲田から五反田に行って、山手線で品川まで行き、また蒲田に戻ってきた。バイトのシフト、変わってろと思った。変わってなかった。

040.jpg
戻ってきたのはお前に会うため。

オールスターである。マンガや野球でもいつもは一緒にならない人が同じチームになったらワクワクするだろう。そのワクワク感をそばで味わえる。プレイボール。

041.jpg
ここまで来るとそばよりも具の方が多いのではと思う。

券売機の上にあるメニュー紹介には「胸やけ注意!」と書いてあったが、その注意書きも納得のボリューム感である。エビにかきあげ、ちくわにかぼちゃの天ぷら、そしておあげ。あついぞ、蒲田。

042.jpg
オールスターを頼むとついてくるこのおつゆ。

何か箸休めに飲む、だしのなにかしらかと思った。そういう気配りがうれしい。そう思って飲んでみたら、これ天つゆだな。

043.jpg
あまりの濃さに驚きを隠せない。

あまりのボリュームにそばつゆにつけられないので、別でもらえる天つゆにつけながら天ぷらを食べていく。そして、そばをすする。軽く食べようと思って、オールスターを頼んだら腰をぬかすと思う。

044.jpg
つゆにつけると甘じょっぱいかぼちゃの天ぷら。かっこよさすら感じる。
045.jpg
お風呂に入っているエビ天みたいでかわいくないですか?
046.jpg
口いっぱいにあげものをほおばる幸せってあるな。
047.jpg
お腹いっぱいになったので帰った。そして、翌日。
048.jpg
こいつ、また来たよ。

3度目の蒲田店。蒲田がおれを離さない。昨日帰るときにまた見つけてしまったのだ。

049.jpg
爆もりのそば。スタミナどころの話じゃない。

火が暴れると書いて爆。5人前って、5人家族分食べるってことだろう。よくわからないけどすごい量なのは確かだ。

050.jpg
渡されるとき「重いので気をつけてください」と言われたが、思っていた以上に重かった。
051.jpg
とくもりそばが2つ乗ってきた。祭りだ。

そばってサッパリとスルスル食べるイメージがあるだろう。これは気合いを入れないと食べられない。負けるか!と思いながら食べる。でも、チャレンジメニューでもないので食べられる範囲で食べてください。私はそばを無限に食べられるタイプなのでスルスルと食べた。

052.jpg
そばつゆが2つに、
053.jpg
さらにごまだれ。

この量を食べると味に飽きることがある。でも、ごまだれがあるので、味を変えながら食べることができるのでみんなペロリと食べられるだろう。でも、まぁ無理をしなさんな。

054.jpg
そばと真剣に向き合う、そんな時間を大切にしたいですね。
055.jpg
お腹いっぱいで眠たくなった。余裕だと思ったのでちくわ天を頼まなければよかった。
056.jpg
でも、おいしいので食べきった。ありがとう、そば。
057.jpg
そして、ありがとう、そば農家の齋藤さん。(期間限定で新そばを食べることができます)
058.jpg
デパートの屋上で昼寝をしてから次の場所行った。日陰が気持ちのいい季節ですね。
いったん広告です

飲み放題のしぶそば

昼寝をしたら夕方になった。もう今日はおしまい、飲んで帰ろう。

059.jpg
もちろんしぶそばで。

綱島駅にやってきた。ここでは飲み放題があるらしい。飲んで、シメでそばを食べる、なんて粋なんだろうか。あこがれの生き方がかなえられる。もちろん、しぶそばならね。

060.jpg
おつまみが2品ついてきて、生ビール、ハイボール、レモンサワーが飲み放題。そんな、いいんですか?
061.jpg
自動券売機のアルコールを押すと見えてくる、絵画にしたいメニューたち。

2品を色々と選べる。もし足りない場合は単品で天ぷらを注文できるので、それはもう最高にベロベロになってしまうだろう。ベロベロになってTwitterに変なことを書いてしまい後悔する日もあるだろうが、今日だけはベロベロになってもいいじゃない。

062.jpg
移動の時間を含めて33分。時間になったらおわりである。

飲み放題の場所は2階のようだ。飲み放題の説明を聞いて、おぼんを持って2階に上がる。そこが夢の世界です。

063.jpg
15時ぐらいから飲み始める人はいないのか、1人でのびのびと飲めた。
064.jpg
自分でそそいで飲める。待たなくていいので自分のスピードのベロベロになろう。
065.jpg
グラスもキンキンに冷えている。
066.jpg
ボタンを押すだけでそそげる。

ビールサーバーからそそぐ体験ってなかなかできないので、これだけで1000円の価値がある。

ハイボールやレモンサワーの氷があったりなど、そんなにしてくれなくて、大丈夫ですよと言いたくなる。飲ませてもらえるだけでありがたいです。

067.jpg
今回、注文したのは地鶏と板わさ。
068.jpg
そんなことをしていたら、もう8分も過ぎている。急いで飲もう。

ビールを注いで急いで席に着く。今夜無礼講だ。

069.jpg
地鶏を食べて、
070.jpg
ビールを飲んだら
071.jpg
あけましておめでとうございます。

「めちゃくちゃおいしい!」というわけではない。なんなら普通である。でも、普段できない体験をしながら飲むのって楽しいじゃないですか。この30分は変わった場所で飲むのを楽しむ体験の時間です。

ここからは普通にボーッとしながら飲んだ記録です。

072.jpg
073.jpg
074.jpg
075.jpg
076.jpg
077.jpg
078.jpg
079.jpg
30分でベロベロになった。

「1000円以上飲まないと!」と思い、かなり飲んでしまった。酔っぱらながらスマホでWikipediaを見たり、YouTubeを見たらすぐに30分になってしまう。いい気分になったので帰ります。


色々なしぶそばがあって楽しい

チェーン店でも色々な違いがあって楽しい。思い入れのあるいつものお店ではなく、遠くにある同じ店に入るとまた違った雰囲気を味わえる。渋谷の本家しぶそばは9/13までなので行きたい人はすぐに行ってください。

080.jpg
今さらですが、東急って元々は東京急行だったんですね。

 

この記事を書いた江ノ島茂道さんのオリジナルTシャツを販売中。

enoshima_s.jpg

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ