特集 2018年2月5日

戦え!みかん糖度バトラー

俺のターン!みかんでアタック!
俺のターン!みかんでアタック!
この冬、改めてみかんの面白さに驚いている。

まず、全体的に平均値を取るとかなり美味しい食べ物なのに、それぞれ食べてみると甘くて超うまいのから、酸っぱくてキツいやつ、さらには甘くも酸っぱくもないなんかスカスカしたやつまで、個体差が異常にデカい。

そして、その個体差を食べる前から確認するのがとても難しい。それだけに、甘くてうまいのを引き当てた時の喜びは大きいし、逆に他人が甘いのを食べてるとやたら悔しい。

これ、もしかしたら対戦型ホビーになるのではないだろうか。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。

前の記事:フロアモップを恥ずかしげもなく格好良くする

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

数値化して戦え、俺のみかん!

みかんのホビー化に関して必要なことは、数値化だ。

単に美味しいみかんを引き当てたとしても、対戦させるのに「俺の方が甘い」「いや俺の方が」と言い争うだけでは勝負にならない。

誰の目から見ても公平な戦いにするためには、みかんの美味しさを数値化する必要がある。
今食べているみかん、戦闘力はどれぐらいだろうか。
今食べているみかん、戦闘力はどれぐらいだろうか。
そこでひとまず、糖度計を作っている(株)アタゴというメーカーさんに事情(みかんでバトルをやりたい)と説明したところ「ちょうど良い機械があるので、これを使ってみませんか?」とデモ機をお借りすることができた。
なんでも素直に言ってみるものである。

で、送られてきたのが、柑橘専用ポケット糖酸度計、というもの。
試しに測ってみると、糖度8.8の酸度0.74。これはかなり甘くなく、かつ酸っぱい数値。
試しに測ってみると、糖度8.8の酸度0.74。これはかなり甘くなく、かつ酸っぱい数値。
普通の糖度計は果実などの甘さを糖度(Brix %)という数値として測るものだが、この糖酸度計はみかんなど柑橘類専用にチューニングされており、糖度に加えて酸度…つまり酸っぱさまで数値化できるのだという。へー。
で、測定した糖度と酸度から弾き出した「糖酸比」という数値(糖度÷酸度)によって、美味しいみかんが分かるのだという。
糖度と酸度から割り出したこのみかんの戦闘力(糖酸比)は11.9。やはり低い。
糖度と酸度から割り出したこのみかんの戦闘力(糖酸比)は11.9。やはり低い。
糖度が高く、かつ酸度が低いと、この糖酸比の数値は高くなる。
本来であれば糖酸比にはバランスの良い数値(甘さの中に絶妙な酸っぱさ、的な)があるらしいのだが、今回は純粋にこの糖酸比の高さをみかんの戦闘力として競ってみようと思う。

名付けて「みかん糖度・バトラー」。みかん、の部分をなるべく早口で読んで、「バーコード・バトラー」的な発音をしてもらえるとありがたい。

デイリーライターによるみかん糖度・バトラー、戦闘開始!

折良く、編集石川さんが担当するデイリーポータルライターの企画会議が行われるとのこと。

ならばそこで、みかんに一家言を持つ(持っているに違いない)ライター勢に甘くて美味しいみかんで戦ってもらおうではないか。
企画会議兼みかん糖度バトルは、ライター松本さんが運営する会社にて行われた。みな、一様にみかんを見る目が鋭い。特に乙幡さん。
企画会議兼みかん糖度バトルは、ライター松本さんが運営する会社にて行われた。みな、一様にみかんを見る目が鋭い。特に乙幡さん。
今回、バトルフィールドにはあらかじめ20個のみかんを用意した。
まずはこの中から各自で自分の最強デッキ(みかん)を選び出し、糖酸度計で計測。その戦闘力の高さで勝敗を決するのだ。
例えば、みかんのヘタも甘さを見極めるポイント。ヘタの切り口が細い方が甘い。枝の細いところ(木の外側)になっていたため、より日光を浴びているから。
例えば、みかんのヘタも甘さを見極めるポイント。ヘタの切り口が細い方が甘い。枝の細いところ(木の外側)になっていたため、より日光を浴びているから。
ちなみに、今回のみかん20個は産地・銘柄などバラエティ豊かにあれこれ取りそろえてみた。

同じ袋に入っていたみかんでも、より皮の薄いものや、おしり側がデコボコしているものが甘いという話もある。
果たしてバトラーたちは、この中から最強のみかんを探し出せるだろうか。
皮の張りだとか、サイズだとか、独自のノウハウを駆使してデッキ構築するバトラーたち。
皮の張りだとか、サイズだとか、独自のノウハウを駆使してデッキ構築するバトラーたち。
価格も一袋300円以下の激安みかんから、千疋屋で購入した一つ300円越えの高級品、さらには「幻の柑橘」「柑橘の大トロ」と呼ばれるものまで様々。
「超高級なみかんも入れときました」と言った途端、バトラーたちのみかんを選り分ける手付きが一気に激しくなった。

バトルスタート!

勝負は形式上、1対1で行うこととした。
まず初戦は、ライター三土さん VS 今回ゲストとしてライター会議に来てくださった某E社の石川さん。事情により詳細はぼかすが、とある有名子ども向け番組で、いろんな小物を使ったコースをボールがゴラーッと転がってスイッとゴールしたらピタッと旗が立つ、みたいな例の装置を作っている人である。
そんなすごい人にいきなり「みかんで戦ってください」って言って良かったんだろうか。
「俺のみかん、ドロー!戦闘力19.6でアタック!」
「俺のみかん、ドロー!戦闘力19.6でアタック!」
「なんか遊戯王カードみたいな感じでかっこよくキメてください」とお願いしたところ、見事にバトル感の高いポーズをくれた三土さん。
糖酸比も19.6となかなかのものだ。これは悪くないみかんだぞ!
50倍に希釈したみかん果汁(酸度は希釈液で測定する)を測定する石川さん。楽しそうにやってくださったのでちょっとホッとしてる。
50倍に希釈したみかん果汁(酸度は希釈液で測定する)を測定する石川さん。楽しそうにやってくださったのでちょっとホッとしてる。
対して、E社石川さんの糖酸比はなんと25.3!高い!
実は事前に、我が家でいつも食べているみかんでもいくつか計測していたのだが、そもそも20越えが無かったのだ。

それもそのはずで、いきなり飛び出したこの超強みかんこそ「幻の柑橘」「柑橘の大トロ」との呼び名も高い「せとか」という品種である。
15個入り1箱で約6,000円という、お値段も超強っぷり。1個400円!
15個入り1箱で約6,000円という、お値段も超強っぷり。1個400円!
オレンジとみかんを掛け合わせ、さらに別種のオレンジを掛けたという新品種で、要するにみかんとオレンジのハイブリッド。
剥くとオレンジっぽいスーッと爽やかな香りがして、味はみかん寄りの甘さがある。
香りの良さに加えて酸味と甘さのバランスがやたら良くて、いくらでも食べられそうな気がする。程よい酸味のおかげで甘さがさらに引き立つ、という感じだろうか。
「おおう…これは……」と、せとかの美味さに絶句する三土さんとE社石川さん。数値以前に勝負が明らかだった。
「おおう…これは……」と、せとかの美味さに絶句する三土さんとE社石川さん。数値以前に勝負が明らかだった。
「いやー、そうはいっても僕のみかんも悪くないですよ」と言い張っていた三土さんだが、せとかを石川さんから分けてもらって食べた瞬間、完全に絶句していた。
さすが、柑橘の大トロの異称はダテではなかった。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓