特集 2019年1月23日

「カレーホット」は納豆にかけるとうまみが爆発する

マイ・カレーホットを持ち歩いて生活した

食堂の調味料スペースに置いてある、「見覚えのある」あの調味料、カレーホット。

「カレー」「ホット」という名の通り、味の選択権がない食堂のカレーに辛みを加え、自分好みの辛さに調節するためのオイルである。

ところで、カレーホットがカレーにしか使われないというのは少々さみしくないだろうか。
あんな地味な塩こうじだって、万能調味料としてもてはやされたのだ。カレーホットにも調味料として花を持たせたいところである(個人的にずっと思っていた)。

北海道在住の大学生。演劇サークルに所属していますが、やったことがあるのは音響担当・舞台装置担当・当日宣伝担当で、一度も演技をしたことがありません。好物はパステルのなめらかプリン。

前の記事:僕たちはWANIMAのように写真に写れるか


curry3.jpg
カレーホットはこんな感じで食堂に置かれている

今回、身近にあるカレー以外の食材を8つ用意した。
いろいろな食べ物にカレーホットをかけて、「カレーの辛さ調節」以外の、いち調味料としての道を探ってみた。

まずはカレーに

カレーホットは近くの輸入食品店で手に入った。1本、731円。

curry4.jpg

業務用の調味料なので、スーパーなどではなかなか見つからなかったが、探せばあるといった感じだ。(Amazonや楽天など、通販でも手に入るようだった。)

さっそくかけていこう。
そもそも「どう使うのかよくわからない」という方もいると思う。まずはふつうにカレーにかけて、本職の仕事で働いてもらうことにした。

curry5.jpg
学食のカレー。これは全然辛くない。

カレーホットをルーに適量かけるだけで、辛くないカレーが辛くなる!

カレーホットには香辛料が入っていて、単体でもスパイスが香ってくる。
このオイルをかけるのとかけないのでは、なんというか、味の締まり具合が全然違うのだ。

curry6.jpg
赤いのがカレーホット

しかし、量を間違えると後々後悔する。かける量が多いと辛すぎるカレーになるからだ。
細川たかしも北酒場で「ちょっとかけるだけでいい 加減がじょうずなほうがいい」と歌っている(歌っていない)。

curry7.jpg
意味のない比較画像だと自分でも思います

curry8.jpg

 カレーホットの本職の仕事がこれだ。
このルーティンだけで過ごすのでは、カレーホットもさぞつまらないであろう。
早急にカレー以外のパートナーも見つけたい。

ハッシュドビーフにかけたら脳がバグる

大学の食堂を探してみると、カレーのほかに、ハッシュドビーフが提供されていた。
見た目だけだとカレーに似ているので、もしかしたらカレーホットとのマリアージュが発生してしまうかもしれない。
ためしてみよう。

curry9.jpg

ハッシュドビーフには辛くある必要性はさしてないとは思うのだが、ひとまずかけてみた。

curry10.jpg

一口食べてみると、味はハッシュドビーフそのものだった。
しかし食べていくうちにだんだん辛くなっていく。
 

curry11.jpg

トマトの酸味やデミグラスの香りが完全にハッシュドビーフなのに辛い。脳がバグる音がした。
バグっているのにまずくはない。カレーホットが溶け込んでいる。不思議だ。

ただひとつ分かったのは、ハッシュドビーフには辛くある必要性は特にない。

curry12.jpg

うーむ。カレーホットには、もっと冒険が必要だ。
「ルーとライス」にこだわらず、どんどんかけていこう。
食材は残り7種。(8種と言いたかった。ハッシュだけに)
 

ハウス食品がすすめるパスタ

改めてパッケージを見てみると、こんな説明書きが。

curry13.jpg

 「スパゲッティやピラフに」…美味しそうじゃん!!
 

curry14.jpg
パスタを用意して…
curry15.jpg
かけてみた。
curry16.jpg
カレーホット・ミート・ミートソース

この時点ですごく美味しそうである。
ミートソースとカレーの香りがマッチして、食べなくてもわかる、絶対おいしいものになった。

せっかくだからとサークルの仲間に集まってもらったので、一緒に食べてもらった。
 

curry17.jpg
サークルの同期です
curry18.jpg
どうみても頬張りすぎている

パスタを頬張りすぎているお茶目な同期だが、「おいしい!」とのこと。
パスタにはタバスコをかけて辛みをプラスすることがあると思うが、それとは全くの別物だった。
ミートソースにスパイスが加わることによって、ドライカレーのような味に変化して、食欲をそそる。これはいいぞ!

curry19.jpg
パッケージですすめるだけあって、うまい

残りは6種。

賛否が分かれたカップ焼きそばと、「うまみの相乗効果」

パスタに合うならこんな麺類はどうだろう。
カップやきそばだ。

curry20.jpg
勘のいい方は気付いたかもしれないが、北海道民のソウルフード「やきそば弁当」である
curry21.jpg
またかけていく
curry22.jpg
そしてまた頬張りすぎる同期
curry23.jpg
「うーん…」

同期は首をかしげた。
ソースとカレー。絶対おいしいでしょうに!!

curry24.jpg
僕も頬張りすぎずに食べる
curry25.jpg
「いやこれおいしいでしょ!!」

おいしいカレーやきそばだ。僕はめちゃくちゃおいしいと思った。
僕が通っている大学の近くに「インドやきそば」屋さんがあったのだが、たぶんそういう味になっている。
(インドやきそば屋は気になっていたが、行こうと思う前に無くなってしまった)

首をかしげていた同期いわく、油っこくなるのが気に入らないらしい。
僕は油の受容体がないのだろうか…それでも美味しいと感じた。

この焼きそば、お湯を入れて3分で出来上がりのところを5分以上放っておいた気がするので、多分、のびているせいで「うーん」という感想になったのだと思う。
やきそば自体をちゃんと作れていなかった。

そして、「やきそば弁当」といえば付属のスープだ。
 

curry26.jpg
浮いているのがカレーホット

これはかなり評判が良かった。
スープの旨味とカレーホットが合っているのだ。
これを飲んだ同期から「旨味の相乗効果」というコメントが出てきた。ほんとうだ。
 

curry27.jpg
みなさんは、きっかり3分でのばさず作ってみてください

残りは5種になったところで、「お供」方面に方向を転換しよう。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓