特集 2011年10月12日

戸隠の里のエクストリームそば食いスポーツ

このひと箸から、わたくしの2時間に渡る闘いが始まったのです。
このひと箸から、わたくしの2時間に渡る闘いが始まったのです。
以前そばについて記事を書いたところ「大坪さん、そんなそば好きなら2時間20軒食べ放題のお祭りがあるんですけど」という情報を教えてもらった。しかも場所は日本三大蕎麦どころである長野県は戸隠。前書いたそばの原稿といっても「100円で食べれるそば」というグルメや食通とは無縁な自分ですが、20軒食い放題と聞けば燃えるよ!しかし体験してみると予想以上の戦略と体力、それにもちろん健啖さが必要とされるスポーツだったのです。
1972年佐賀県生まれのオトナ向け仕事多数のフリーライター。世間の埋もれた在野武将的スゴ玉の話を聞くのが大好き。何事もほどほどに浅く広く、がモットー。

前の記事:机も!椅子も!ダンボール製のカフェ

> 個人サイト service&destroy

霧をまとった幽玄なるそばの地へ

友人から情報いただいたのは「戸隠そば祭り」。第42回というからずいぶんな歴史あり。ただ「祭り」といっても、ある一日に神輿かついでワッショイ的なものではなく「新そば献納祭」「半ざる食べ歩き」など、様々なそば関連のイベントがある期間全体を指すようです。
現地でもらったパンフレット。
現地でもらったパンフレット。
注目はこれだ。「大盤振る舞いそば」!
注目はこれだ。「大盤振る舞いそば」!
それは振る舞われたい!と言いたくなるこのタイトル。9月30日の6時半から2時間のあいだ、戸隠にある20軒のそば屋が食べ放題状態になるらしい。必要なのは参加パスとなる「そば猪口」と「マイ箸」を購入しておくこと。

とりあえず情報をくれた友人に猪口&箸をゲットしてもらうようにお願いする。しかし「限定2000個」ってことは、2000人近くがそばと猪口を両手に持って街中をウロウロしてるってことだろうか…。絵に描いたような食いしん坊ストリートだな、そりゃ。

そして当日。現地で友人と合流する約束をして、さっそく長野へ。大宮からだと軽井沢、次いで長野だから早いすな。
どうでもいい情報ですが、長野初上陸。
どうでもいい情報ですが、長野初上陸。
何の考えもなく朝飯はこれ。
何の考えもなく朝飯はこれ。
そうだ、夜に麺いっぱい食うんだよな…。まあ予行練習ということで気にしない。

それにしても、事前に友人からもらった情報を手がかりに戸隠を調べてみたのだけれど、いまいち戸隠周辺の距離感が掴めない。20軒といっても密集しての20軒か、車移動が必要なのか?現実的には2時間でどれくらい店を回れるのか?食えるのか?のんびり味わうつもりはないですよ、こちとら。
とか考えてるうちに到着。
とか考えてるうちに到着。
駅前にもう戸隠の名を冠したそば屋が。
駅前にもう戸隠の名を冠したそば屋が。
目指す戸隠は長野駅から車で一時間弱。もともと山岳信仰が栄えた戸隠は古くから修験者が集まり、その食料としてそばが戸隠でメジャーになったのだとか。(wikipediaより)そば以外にはスキー場で有名です。あと忍者。

駅から降りたロータリーで、今回のイベントを教えてくれたユザワくんと合流。かつて地下イベントで共演していた仲間で、当時は半裸でロケット花火を受け止めたり、卒塔婆でスキーしたりとヤンチャの限りを尽くしてましたが、今は長野で観光関連のお仕事にお勤め中。
今回共にチャレンジするユザワくん。
今回共にチャレンジするユザワくん。
時間あるので善光寺へ。予想以上にデカくてアガる。
時間あるので善光寺へ。予想以上にデカくてアガる。
「これ何かに似てません?」あっ、奈良の…。
「これ何かに似てません?」あっ、奈良の…。
地元も近いユザワくんだが、大盤振る舞いそばは話は聞いたことあっても参加したことはないという。戸隠自体も基本的には観光地というのもあってそれほど地元の人がそばを食いに行く、という場所でもないんだそう。

ま、今回はどちらもビギナーでチャレンジャーというわけだ。善光寺をぶらりとしたあと、車の中であらためて戸隠の地図をチェック。さてどの順で回りますかね…。
今回の参加店ガイドマップ。
今回の参加店ガイドマップ。
分かりやすくしてみました。9~18が集中してる。あとは車移動じゃないとムリ?
分かりやすくしてみました。9~18が集中してる。あとは車移動じゃないとムリ?
ちなみにユザワくんが聞いた話だと、参加した人が回れたそば店の数は「平均5軒、多くて7軒」くらいだとか。「あと量もどんなもんだろうねえ」「食べ放題だからやや少なめじゃないですか」と未知のイベントに向け想像を膨らます男ふたり。そばドリーミン。
とりあえず7軒7枚目指して戸隠へゴーだ。
とりあえず7軒7枚目指して戸隠へゴーだ。
長野市中心部からどんどん山へ。
長野市中心部からどんどん山へ。
進むたびにホラー映画ぽい光景に。
進むたびにホラー映画ぽい光景に。
それなりの都会である駅前から、わずか車で数分走るだけですぐ山際になる長野市。しかも視界は霧でうすぼんやり、さらに沼にペンションと『13日の金曜日』のクリスタルレイク的な感じだなあ…。でも戸隠なんだから忍者だよな、どっちかというと。目つぶし投げてドロンドロンの世界。

そんなファンタジーさを長野に感じつつ車で向かうと、一時間弱で一軒目の大盤振る舞いそば実施店が見えてきた。
ペンション風なそば屋「たんぼ」さん。我々を待ち受ける一の陣。
ペンション風なそば屋「たんぼ」さん。我々を待ち受ける一の陣。
まだイベント開始まで時間もあるので、戸隠一帯を偵察してみますか。しかしこの偵察が大事と思えるほど戦略(というか回る順番)が大事なのがこの大盤振る舞いそばなのに、この時は気づいていなかった…。
ちなみに昼も取材兼ねてとはいえ麺でした。美味いよヤキメン。
ちなみに昼も取材兼ねてとはいえ麺でした。美味いよヤキメン。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓