特集 2018年12月31日

誰もやらないことがやりたい~2018年総集編「たいけん」

今年の走馬燈。

 

みんながやっているからおれもやる。

そういう考えでいいのだろうか。よくないよね。

誰かがすでにやっていることはその人に任せておけばいいのだ。僕たちはむしろ誰もやっていないことがやりたい。

やってみた結果、誰もやろうとしなかった理由がわかることもありますが、それもまた学びですから。

 

1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。(動画インタビュー)

前の記事:どう撮っても映える!写真撮り放題のイベントに行ってきた

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

ちょっとした工夫でたのしくなる

誰も行ったことがない場所とか成功したことがないことというのは、行くのが難しかったり高い技術が必要だったりすることが多い。

そういうことをやるのはちょっとつらい。長い休みは取れないし、きつい練習するのも嫌だ。

でもちょっとやり方を変えたり見る方向を変えたりするだけで、新しい体験につながることもあるのだ。

カウントダウンだけで宴会は盛り上がる (林雄司) 

0001.jpg
これはなんの記念でもないカウントダウンです。

・なんでもないタイミングでカウントダウンしてみた

・盛り上がるようクラッカーを配るとよい

・実際やってみたら盛り上がるし、何度やっても盛り上がった。

カウントダウンはなにも年末だけのものではないのだ。好きなタイミングでやってみよう。たとえ誰もついてこなくても10秒くらいの辛抱である。

 

 献血後のビールがうまい「献血ギグ」 (パリッコ)

0002.jpg
献血をたのしもう。

・ライブハウス主催の「献血ギグ」というイベント

・献血して水分を取って休憩したあとライブがはじまる

・しっかり休んだあとに飲むビールのうまさは別格

僕も献血が好きなのでわかるんだけど、血を抜いたあとしっかり休んでから立ち上がる瞬間、生まれ変わった気分になるんですよね。

 

人の作業を背後からのぞくと新しい知識がふえる (與座ひかる(udemerry))

0003.jpg
宣言されて覗かれる、という体験。

・パソコン作業している人を後ろからのぞくと、合意のとでも罪悪感がすごい

・のぞかれる側になると緊張して汗がすごい

・なれると情報をやりとりしながらみんなで作業している感じになる

特にうまい人が写真の加工とかしているのをのぞくのは勉強になるのでおすすめです。

 

大人の職業体験で憧れのパイロットに、おれはなる ~あいち航空ミュージアム最速レポート~ (安藤昌教) 

0004.jpg
手軽にあこがれのパイロット体験を。

・愛知に新しくできた航空ミュージアムではパイロット体験ができる

・展示場には実物の機体がすごい迫力で並ぶ

・遊びながら学べ、隣は飛行場なので飛んでる飛行機の写真も撮れます

ここに行くのに特にパイロットのコスプレは必須ないのだけれど、気分を盛り上げるためには形から入るのも大切なのだ。

 

史上4人目、「サケマイスター」2級ゲット! (伊藤健史)

0005.jpg
北海道以外の在住者では初とのこと。まちがいなく快挙。

・北海道標津町が主体となって作った制度「サケマイスター」

・サケの人工授精体験や解剖実習など、必須項目のハードルが高い

・困難を乗り越え、4人目の認定を受けた

ライター伊藤さんはサケだけでなくハブについても詳しい。ハブ検定があればこちらもおそらく2級は堅いだろう。

 

アマゾンは危険で不便? アマゾンから楽天で買い物をする (地主恵亮)

0006.jpg
ほんとうのアマゾンからはネットに接続できず。

・アマゾンといえばネットショッピングを思い浮かべる人が多いだろう

・実際は南米にある川である

・行ってみたら携帯が圏外で買い物どころではなかった。ただ、自然は最高だった。

アマゾンから楽天で買い物がしたい。それさえできればどんな苦労もいとわないのである。記事中では船が沈みそうになったりしているけれど。

 

福岡では70歳のおじいちゃんが作るハンバーガーを食べるべし~地元の人頼りの旅 in 福岡市~ (小堺丸子)

0007.jpg
ホットドッグのように見えるけどこれが名物「ハンバーガー」。

・いきなり現地に行って地元の人に頼りまくる旅

・福岡ではおじいちゃんが40年続けているハンバーガー屋をすすめられる

・パンがパリッとしていて美味しい

こういうガイドブックに載っていない情報だけを集めていきたい。

 

台湾の「あの宮殿みたいなホテル」に泊まってきた (加藤まさゆき)

0008.jpg
台北に行くととにかく目立つのがこのホテル。

・台湾の台北市内のどこからでも見える宮殿みたいな豪華なホテル

・「圓山大飯店」という中華宮殿様式のホテル

・父をつれて宿泊。実際に宮殿みたいに豪華でした

加藤さんのお父さんの、うれしそうな顔が印象的な記事でした。

 

琵琶湖疏水の船下り試乗会に参加した (木村岳人) 

0009.jpg
水面から見える景色が格別です。

・大津市から京都市を経て鴨川へと至る琵琶湖疎水

・100年以上前に掘られたトンネルを船でくぐりながら進む

・周囲には明治の建築物も残っていて最高

やってみなきゃ、行ってみなきゃわからない体験のオンパレード。まだまだ続きます。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓