特集 2018年1月19日

アマゾンは危険で不便? アマゾンから楽天で買い物をする

アマゾンなのに楽天で買い物をします!!!
アマゾンなのに楽天で買い物をします!!!
アマゾンというものがある。おそらくいま多くの人がネットショッピングの「アマゾン」を思い浮かべたのではないだろうか。本もゲームも日用品も食品もなんでも売っている大変便利なサービスだ。

ただ南アメリカにも「アマゾン」はある。有名なのは「アマゾン川」だろう。ペルーを源流として、ボリビアやエクアドル、コロンビアを流れブラジルへと続く。そんなアマゾンから楽天で買い物をしようと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。(動画インタビュー)

前の記事:競走馬と観客が近すぎる!南米チリの競馬事情

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

アマゾンは便利?

ネットショッピングのアマゾンには何でも売っている。ないものを探す方が大変なほどなんでもある。早いものは買った1時間後には自宅に届くという、もはやないと生活できないレベルだ。アマゾンのない人生が考えられない。
アマゾンって便利だよね!
アマゾンって便利だよね!
では、本当のアマゾンはどうなのだろう。アマゾン川やアマゾン熱帯雨林のアマゾンである。川とジャングルということだ。ネットのアマゾンがあんなに便利なのだから、リアルのアマゾンも便利なのではないだろうか、きっと。
ということで、
ということで、
飛行機に乗って、
飛行機に乗って、
さらに乗って、
さらに乗って、
また乗って、
また乗って、
ペルー・イキトスの、
ペルー・イキトスの、
アマゾンに来ました!
アマゾンに来ました!

アマゾンにあるもの

30時間以上をかけてペルーの「イキトス」という街にやってきた。アマゾン川の源流域の街だ。1890年からしばらく天然ゴムブームで栄えた街だけれど、ここに行くには飛行機か船しか選択肢がない不便とも言える場所だ。
街は活気があります!
街は活気があります!
アマゾン熱帯雨林の真ん中にある街だけれど、一度は栄えたためかジャングル的な感じはない。美しい教会があり、高床式のバラックが軒を連ね、スーパーもあるし、薬局もあり、市場も賑わいを見せている。
高床式のバラック
高床式のバラック
市場も活気が、
市場も活気が、
すごい!
すごい!
市場には鶏がその場で捌かれ並んでいるし、よくわからない薬も売っていた。電池もあれば、蚊取り線香もある。なんでも売っている、という感じだ。リアルなアマゾンもなんでも売っているのだ。
なんでも、
なんでも、
あるんですよ!
あるんですよ!
買い物もしました!
買い物もしました!
アマゾンで買い物もした。カムカムというアマゾン川流域の熱帯雨林で育つ果実だ。非常に栄養価が高く、ジュースになったり、アイスになったり、健康食品として日本でも売られている。そんな果実をアマゾンで買った。リアルなアマゾンでの初めての買い物だ。
カムカムを買いました
カムカムを買いました
すっぱい!!!
すっぱい!!!
ただ我々が想像する「アマゾン」はこうではない。もっとこう「密林」という感じのはずだ。ネットの「アマゾン」のことを「密林」と呼ぶ人もいる。もっとアマゾン熱帯雨林でないとダメなのだ。そこにあるものこそがアマゾンなのだ。そんなアマゾンで買い物をしたいのだ。
ということで、
ということで、
船に乗り込み、
船に乗り込み、
アマゾンの密林を目指します!!!
アマゾンの密林を目指します!!!
最近DIYを始めました、みたいな船に乗ってアマゾン川を2時間も進み、アマゾンのジャングルを目指した。ここにこそ我々が望むアマゾンがあるのだ。そして、先に書いておこう。アマゾン、地獄である。マジで地獄。甘く考えていた。
アマゾンでこうなります!
アマゾンでこうなります!
いったん広告です

アマゾンは危険

ちなみに先ほど私が買い物をしていた市場も、決して治安はよくなく、スリ等が多く、カメラは絶対に隠せ、と現地の人がすれ違いざまに言っていた。あとイキトスまでの飛行機がめちゃくちゃ揺れていたので心配だったが、現地の人は「ここ5年落ちた覚えはない」と言っていた。ここ5年って、と言葉を失った。
我々が想像するアマゾンにやってきました!
我々が想像するアマゾンにやってきました!
船は他の船の引き波にこれアトラクションだよね、と思うほど揺られたけれど、順調に我々が求める密林地帯に連れて来てくれた。想像以上にアマゾンだった。東京・奥多摩あたりでは、と言われるとそう見えるけれど、アマゾンなのだ。
めちゃくちゃ蚊がいる
めちゃくちゃ蚊がいる
わかりにくけど蚊にさされまくり
わかりにくけど蚊にさされまくり
蚊がすごい。日本の蚊と違い2週間ほどかゆい。ブヨに近いかもしれない。しかもその数も凄まじくオーラに見えるほどいると言ってもいいかもしれない。だって、全指刺されたからね。肌が露出すると蚊が夏休みに突入する小学生のようなテンションでやってくるのだ。
夜になると、
夜になると、
タランチュラとか、
タランチュラとか、
よくわからない虫も出現!
よくわからない虫も出現!
アマゾンは危険でいっぱいだ。夜になるとタランチュラが現れた。今までアマゾンはなんでもあって便利と思っていたけれど、めちゃくちゃ危険だ。確かになんでもあるけど、ありすぎて危険。蚊ならまだしも、タランチュラも現れるのだ。
ずっとこういう顔ですよ!
ずっとこういう顔ですよ!

アマゾンは不便

アマゾンではよく言えばコテージのようなものに泊まった。窓はあるけど、窓ガラスはない。シャワーはあるけどお湯は出ない。ハンドルも水しかなくて、なんともいさぎがよい。お湯が出ない、という悩みはないのだ。だって水のハンドルしかないのだもの。
コテージのシャワーとトイレ
コテージのシャワーとトイレ
水のハンドルしかない!
水のハンドルしかない!
あと電気がない。あるのだけれど通ってない。暗いのだ。アマゾン不便なのだ。撮影用の照明を消すと真っ暗でそこで水のシャワーを浴びることになる。アマゾンは暗くて怖くて冷たくもあるのだ。
真っ暗でシャワーを浴びています!
真っ暗でシャワーを浴びています!
アマゾンなら暑いから水でもいいんじゃないか、と思うかもしれない。違うのだ。冷たいものは冷たい。水は冷たいのだ。初日の夜、シャワーを浴びながら言ってしまった。「帰りたい」と。それはベッドに横になっても続いた。
帰りたい!
帰りたい!
外からは鳴き声なのか叫び声なのかよくわからない音が聞こえる。ベッドには蟻が我が物顔で歩いている。そして気温は35度だけどクーラーも扇風機もない。アマゾンを甘く見ていた。アマゾンは地獄なのだ。
翌日5時には目が覚めていた
翌日5時には目が覚めていた

アマゾンは圏外

正直に話そう。この企画、「アマゾンは危険で不便だから楽天で買い物しよう」というものだった。アマゾンなのに楽天というだけの企画。それをするためだけに自腹でここまで来たのだ。ただね、なのだ。確かにアマゾンは危険で不便だったけれど、それでは終わらないのだ。
圏外なんだよね
圏外なんだよね
アマゾンの密林地帯に来てから、スマホがずっと圏外なのだ。ネットのアマゾンで買い物をすることも、楽天で買い物をすることもできない。だって圏外だから。アマゾンの囲い込みかもしれない。あと充電もできない。だって電気通ってないからね。
コンセントはあるけど電気が通ってない!
コンセントはあるけど電気が通ってない!
アマゾンの現実がだんだんと見えてきた。アマゾンを甘く見てはダメなのだ。危険で不便で圏外なのだ。ただアマゾンの洗礼はまだまだ続く。我々の知らないリアルなアマゾンが牙をむくのだ。
船には水が侵入します!
船には水が侵入します!
いったん広告です

アマゾンは宝庫

アマゾンには動物もいる。川も熱帯雨林もあるので、生き物の宝庫なのだ。だからと言って、都心部の電車にように行けば乗れる、みたいな気軽さはない。アマゾンは広いのだ。探さねば動物には出会えない。
動物を探していたら、
動物を探していたら、
猿はいました!
猿はいました!
猿がいた。名前がわからない猿がいた。でも現代は便利。スマホで調べれば名前がわかる。あ、ダメだ、スマホ圏外だ。アマゾンの厳しさを再認識した。アマゾンで動物図鑑を買ってアマゾンに来なければなのだ。
アマゾン川で釣りをすると、
アマゾン川で釣りをすると、
ピラニアが釣れる!
ピラニアが釣れる!
歯がすごい!
歯がすごい!
釣り針に鶏皮をつけてアマゾン川に投入すると「ピラニア」が釣れた。もっと大きいと思っていたのでサイズ的にはかわいい。ただその歯は間違いなく投げ込んだ牛を骨だけにする力がありそうな気がする。アマゾンはやはり危険だ。
ただ泳いでも大丈夫
ただ泳いでも大丈夫
ただ優しさも持ち合わせている。意外と泳いでもピラニアはやってこない。ただ泳いでいる場所で深さは10メートルくらいで、底に足がつくはずはないのに、何かが足に触れることはある。濁りが激しくなにも見えないのが余計に怖い。
深いんです!!
深いんです!!
そして、日中は深場にワニがいる。夜になると陸地に上がってくる。つまり夜にアマゾン川に行くとワニがいるのだ。アマゾンは危険だ。ただ野生のワニは見てみたい。ドキドキとヒヤヒヤがあるのがアマゾンなのかもしれない。
オールを持って、
オールを持って、
船に乗ってワニ探し!
船に乗ってワニ探し!
いない!
いない!
地元の人に聞いたら、ほぼ確実にいるとのことだった。日本で野生のワニに出会うことはないので、やはりアマゾンは危険だ。しかし、この日は見つけることができなかった。ある意味、アマゾンの厳しさかもしれない。見たかったのに。
こういうのがいるはずでした!
こういうのがいるはずでした!
あとこういうのも!
あとこういうのも!

アマゾンの水

アマゾンには動物がたくさん取り揃えられているのは間違いない。ただリアルのアマゾンは検索機能がないので、こっちのタイミングで見ることはできない。再配達などもないのだ。アマゾンは厳しい。
さらに船には水が!
さらに船には水が!
アマゾン川を行き来するときは、船に乗るのだけれど、高確率で船に水が入り出す。移動が時間との勝負みたいになっている。上記の写真はワニを探している時で、ワニよりも怖かった。真っ暗なアマゾンで沈むのは怖いのだ。
別の船では水をすくい、
別の船では水をすくい、
外に出します!
外に出します!
アマゾンの老朽化がすごい。気をぬくとアマゾンが船の中にも侵入してくるので、すくって外に出さなければならない。沈むから。いつもはアマゾンのある生活にどっぷり浸かっているけれど、リアルなアマゾンにどっぷり浸かるのは嫌なのだ。必死にかき出した。
料理にはアマゾンの水
料理にはアマゾンの水
料理に使う水はアマゾン川の水を濾過したものだ。飲み水はコテージ近くでもらうのだけれど、アマゾン川の水ではない、と言っていた。ただ水が茶色い。最初こそ、これ茶色いぞ! となっていたけれど、やがて気にならなくなるのが不思議だ。
わかりにくいけど、濁っています!
わかりにくいけど、濁っています!

アマゾンで買い物をする

熱帯雨林のなかだけれど、アマゾンの部族の方が住んでいるので、お菓子とか水は買うことができる。選ぶほどないのだけれど、売ってはいる。またアマゾンはペットも豊富だ。買うという概念ではないのだけれど、豊富だ。
お店があるといえばある
お店があるといえばある
ペットも、
ペットも、
豊富です!
豊富です!
アルマジロやカピバラなどをこちらの人はペットとして飼っている。話を聞くと、その辺にいるから、勝手に連れてくるらしい。あるいは餌付けすると勝手に居つくとのこと。日本のペット事情とは大きくことなる。ネットのアマゾンも動物に関してはここまで豊富ではないと思う。
そして、そんな村で、
そして、そんな村で、
ネットのアマゾンでは売っていない、
ネットのアマゾンでは売っていない、
なんかを買いました!
なんかを買いました!
よくわからない人形を買った。リアルのアマゾンでの買い物。おそらくネットのアマゾンでは売っていない。ピラルクーの鱗などで作った人形だ。日本円で700円弱だったのだけれど、高いのか安いのかもわからない。ただかわいいからいい。アマゾン、すごい。
しばらく抱いていました!
しばらく抱いていました!
いったん広告です

アマゾンで欲しいものリスト

熱帯雨林のアマゾンで2泊ほどした。「帰りたいな」と到着して2時間後に言ってしまったけれど、だんだんとアマゾンすごいな、となった。問題は蚊なのだ。5年分くらいを1時間で刺してくる。それがアマゾンだ。
アマゾンでアマゾンで欲しいものリストを作った
アマゾンでアマゾンで欲しいものリストを作った
蚊が多いので「蚊取り線香」は絶対に必要だし、暗いので「懐中電灯」もないと困る。スマホを充電する「モバイルバッテリー」も必要だろう。もっともスマホはずっと圏外だけれど。
ずっと圏外!
ずっと圏外!
そんな発見のあった2日間を過ごし、また最近DIYを始めまして、のような船に乗り、イキトスへと戻った。あんなに「帰りたい」、「温かいシャワーを浴びたい」、「アマゾンは地獄だ」と言っていたのに、少し名残惜しく感じるのがアマゾンの魅力なのだろう。
船で帰ります!
船で帰ります!
風が心地よかったです!
風が心地よかったです!
イキトスに戻ってきました!
イキトスに戻ってきました!

楽天で買い物をする

イキトスに戻ってくるとスマホは電波を拾った。これでいつも通りのスマホライフを送ることができる。買い物をしようではないか。アマゾンに売っていなかったものを買うのだ。とはいえ、多くのものは売っている。アマゾンにないものとはなんだろうか。
楽天で買います!!!
楽天で買います!!!
アマゾンにいるけれど、アマゾンはたぶん一生分くらい堪能したので、「楽天」で買い物をすることにした。アマゾン(リアル)にないものが、楽天には売っているのだ。それはなにかと言うと、「本」だ。
ひとりぼっちを全力で楽しむ—リア充に負けない22の人生戦略
ひとりぼっちを全力で楽しむ リア充に負けない22の人生戦略
本屋がなかったので、「ひとりぼっちを全力で楽しむ リア充に負けない22の人生戦略」という、めちゃくちゃ面白い本を楽天で買うとにした。もっとも本屋があったところで、この本は売ってないけれど。だって、これは日本の本で、しかも私が書いた本だからだ。アマゾンから楽天で買うのだ。
買いました!!!!
買いました!!!!
背徳感のようなものがあった。アマゾンなのに楽天なのだ。好きだけど別れるみたいな月9ドラマのようだ。いま私はヒロインの気分。もっとも頼んだところで、ここには本は届かないけれど。
アマゾンからアマゾンでも買いました!
アマゾンからアマゾンでも買いました!
アマゾンでもやっぱり「ひとりぼっちを全力で楽しむ リア充に負けない22の人生戦略」を買った。アマゾンにはなんでもあるのだ。ただアマゾンにというかペルーにはネットショッピングのアマゾンはない。そのためペルーの人がアマゾンで買い物することはかなり稀だ。
かなり満足です!
かなり満足です!
アマゾンで楽天とアマゾンで買い物をして、私は日本へと戻った。するとキチンと届いていた。アマゾンでは買うことができず、アマゾンと楽天で買った本が。アマゾンがどちらのアマゾンかは前後から察してください。
日本に戻ると、
日本に戻ると、
届いていました!
届いていました!
アマゾンから買った本はいつもよりいい本な気がした。苦労して手に入れた感じがするのだ。ただ安心して欲しい。今回買った本は日本ではアマゾンでも楽天でも本屋でも手に入るから。そして、面白いから。
Kindleがあればどこでも読めます!
Kindleがあればどこでも読めます!
アマゾン便利!!!
アマゾン便利!!!

アマゾンはいい!!!

アマゾンから楽天で買い物をする、ためだけに訪れたアマゾンだったけれど、キチンとした装備で行かないと大変ということがわかった。アマゾンを甘く見てはダメなのだ。ただ今となってはアマゾンに行ってよかった、と思う。アマゾンの魅力はなくなってから気がつくのだ。
すごい自然の中にいたな、と
すごい自然の中にいたな、と

協力
多摩川源流大学
http://genryudaigaku.com/

ホットホリデー
https://www.hotholiday.jp/
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ