とくべつ企画「外でやる」 2018年4月26日

椅子さえあればどこでも酒場「チェアリング」とは!?

!
どうも、ライターのスズキナオとパリッコによる、ただ酒を飲むだけのユニット「酒の穴」と申します。

我々は常日頃から「こんな場所でお酒を飲んだら、こんなシチュエーションでお酒を飲んだら、楽しかったり心地良かったりするのではないか?」という、酒のあらゆる可能性を探求しております。

そして、これまでに行ってきた飲酒活動の中でも、誰にでもおすすめしたいのが「チェアリング」という遊び。

今回はその魅力を、油断すると脱線しがちな対談形式でお伝えできればと思います。

※この記事はとくべつ企画「外でやる」のうちの1本です。
日常的な生活の中にぽっかりと現れる「今ここで乾杯できたらどんなに幸せだろう」と思うような場を探求するユニット。なんでもない空き地とか、川沿いの原っぱとか、公園の売店だとか、そういったところに極上の酒の場があるのではないかと活動中。



「チェアリング」とは?

まずは大前提として、簡潔にご説明しましょう。

「チェアリング」とは、ホームセンターなどで安く手に入るアウトドア用の折りたたみ椅子ひとつを持って外に出て、好きな場所に置き、そこで酒を飲むという行為。

「だったらそのへんのベンチでいいじゃん」と思われるかもしれませんが、自らが選んだ場所、空間を椅子によって切り取り、ひとときパーソナルスペースとする喜びは、やってみるとわかりますが、ベンチに座って酒を飲むのとはぜんぜん違います。

あと、単純に座り心地も段違い!
「チェアリング」
「チェアリング」
以下に、これまでに確立したチェアリングのルールめいたものを箇条書きしておきます。
・チェアリングとは、椅子を持って外へ出て、好きな場所に置いて酒を飲む、もしくは好きなようにすごす行為。
・装備が多すぎるとキャンプ/アウトドアに近づいてしまうので、なるべく手軽に。酒やつまみも現地調達が望ましい。
・なので、コンビニやトイレが近くにあると便利。
・その気軽さゆえ、気分次第で次々場所を変えてゆけるのも魅力。
・騒がない、汚さないはもちろん、街には酒を飲んでいる人間を見るのが嫌な人もいる。「市井の人々に威圧感を与えない」をモットーとした場所選びを。
といったところでしょうか。

なんだか回りくどく書いてしまった気もしますが、要は、もっと積極的に、好きな場所に座ってリラックスしようよ!
というだけのこと。

それでは、対談をどうぞ~。

腰をおろしてお酒を飲んだら、そこはもう酒場

ナオ:「チェアリング」っていうのは我々が勝手に作った言葉なんですけども。
パリ:ナオさんから「ちょっと椅子持って外で飲んでみません?」って誘われて、やってみたら超楽しかった。
ナオ:ポイントは、わざわざ椅子を持って出かけるっていうことですかね。
パリ:椅子によって切り取るというか、どこに置いてもパーソナルな空間が生まれるんですよね
ナオ:ベンチは誰かが用意した「ここいいよ」っていう場所だけど。
パリ:「いや、俺はここがいいんだ!」という場所に座れる。
ナオ:で、腰をおろしてお酒を飲んだら不思議なことに、そこはもう酒場なんですよね。もちろん居酒屋ではないんだけど。
パリ:酒の場としては最上級。よっこらしょっと座った直後から。この感動はちょっとすごいですよね。
ナオ:座った瞬間に風景が劇的に変わるのには毎回驚きます。
パリ:驚く~! 毎回「そんなことないだろう」って半信半疑なんだけど。
ナオ:直立から、座った状態の視点の変化だけなはずなのにあら不思議!
パリ:急に、椅子を持ってうろうろしていた間の少しの後ろめたさとかも消えて。あれ、謎ですよね。
ナオ:思うに人類の歴史で、座るってことはその場所にいるっていうことを決定する重要な行為で、気持ちが切り替わるようになってるのかも。
パリ:そもそも我々、もともと四つん這いだったわけじゃないですか。それが無理して二本足で立ってるので。
ナオ:卒業式で言えば「四つん這いだったあの頃ー!(あの頃ー!)」みたいな。
パリ:「仰げば尊し 椅子の恩」ですよね。
ナオ:そう。結局ね、学校なんてほとんど椅子の思い出でしょう。体育以外はだいたい座ってますから。
パリ:椅子の手触り、鮮明に覚えてる。あの、ちょっと後ろに移動するとガガーってなる感じや。
ナオ:覚えてる。あと、なんであんな硬い椅子なんだよ!
パリ:座布団を持参させるっていうね。まぁ、それが防災頭巾になってるわけで、よくできてる。むしろ、この世のすべての座布団は、中身を防災頭巾にしたほうがいい気がしてきました。

ホームセンターの椅子の素晴らしさ

ナオ:とにかく、椅子というものはすごい。「ついに私は社長の椅子を手に入れた」とか「帰国すると、会社にすでに私の席はないのだった」みたいに、椅子って居場所の象徴みたいな言葉としても使われますよね。
パリ:本当だ!
ナオ:それだけ大事なものなんですよ。
パリ:ホームセンターで1,000円くらいで売ってる椅子、実は座り心地がめちゃくちゃいい。ふかふかのソファーや、それこそ社長の椅子にも匹敵しますよ。
ナオ:そうそう。ホームセンターまで行かなくとも、最近は少し大きめのスーパーでも見かけたりするし。
パリ:で、なんと肘掛けにはドリンクホルダーがついていて。
ナオ:もちろんもっと高価な、さらに軽くてコンパクトなのもあるんですが、安い椅子でもじゅうぶん感動しますね。肩に背負えるようなケースがついていて。
パリ:その後いろいろ試してみて、軽くていいやつの代名詞といえば「Helinox」というブランドのもので、1万円以上したりする。これはカバンにぽんっと入って感動するんですけど、最終的にホームセンター椅子に戻ってくる感じがありますね。
ナオ:若干たたむのに手間がいったり。あとやはり、1,000円という安さは魅力です。急な雨が降ってきたらビニール傘を買うじゃないですか。そのぐらいの感覚で使えるかもしれない。
パリ:急な疲れが、パラっときたら、椅子を買えばいい。漫画喫茶で2時間休んでも1,000円だけど、買った椅子なら一生。
ナオ:そうそう、割と丈夫なつくりでずっと使える。
パリ:壊れない!
雑に使っても期待に応えてくれる。ママチャリにも通じるような。
ナオ:うん。安いやつこそむしろタフなつくりかも。
パリ:とか言ってるんすけど、実は僕の今のメインチェア、ホームセンタータイプなんだけど3段階リクライニングがついてて、少し高級志向なんですけどね。ちなみに、2,000円しました。
ナオ:5億円と10億円ぐらい違うわけだ。
パリ:5億円の差、すごいっすよ。最大まで倒すと、ほとんどベッド。
ナオ:いいんでしょうねかなり。
パリ:5億円分のリクライニングと思ってもたれてみるとね。
ナオ:すごい価値だ。
パリ:それがたった1000円の差で味わえるんですよ!? ……どういう理屈なんだ。

初めてのチェアリングは「お台場」で

ナオ:とにかく、それで最初に行ってみたのがお台場でした。
パリ:そしたらもう、これもんですよ。
すでに
すでに
説明不要!
説明不要!
ナオ:好きな場所に椅子を置いたという、ただそれだけでこうですからね。
パリ:もっとうしろの方にベンチもあるけど、それよりこんなに前に出られる。ふと見れば、
こんな景色
こんな景色
見上げればこう
見上げればこう
パリ:やばいです。
ナオ:これが東京の、あのお台場ですからね。
パリ:あまり興味を持ったことがなかった街なのに、一瞬で大好きになりました。
ナオ:それまでも何度も行ったことがありましたけど、ちょっと自分の場所がないような気がしていて。
パリ:そうそう。どこか居心地が悪かった。
ナオ:きれいな、最先端のお店とかしかないじゃないイメージで。だけど、「そうか、居場所は自分たちで作れば良かったのか!」と思いましたね。
パリ:お台場と友達になれた。もうこれ、親友でしょ。
ついにお台場に
ついにお台場に
なじめたよ!
なじめたよ!
ナオ:チェアリングの大事なポイントとして“楽にやる”がありますよね。
パリ:ですね。装備を増やしすぎてキャンプにならないことが重要。
ナオ:この時も、近くにスーパーがあって、そこでお酒や惣菜を買って。
パリ:参したテーブル、というか、百均で買ったレンジ用のトレイなんですけど、そこに乗せただけで……。
これですから
これですから
ナオ:箸を置いておく場所がなくて、持ち手の方を砂に突き刺しておくと便利だと学びました。
パリ:そういう、生きていく上でぜったいに必要ない知識も増えていきますよね。「もつ煮込み、せっかくレンジでチンしても、海風で一瞬で冷える」とか。
ナオ:はは!
一瞬目を離したすきに煮凝りのようになってましたね。だけど、目の前が海の酒場なんてそうそうないですから。
パリ:チャプチャプと波音が聞こえて、カモメが遊びにきて
ナオ:波が足元までくる酒場。しかもチューハイが130円。
パリ:予約不要。人気はないから。
ちょっと探せば
ちょっと探せば
すぐに貸切の店が見つかる
すぐに貸切の店が見つかる
ナオ:マスターも「帰る時にゴミぜんぶ持って帰ってね」ってそれしか言わない。
パリ:RPGの村人みたいな感じ。必要なことしか喋らない。
ナオ:というかマスター、何もしない。マスターはつまり“自然”。
パリ:オールセルフの店。
ナオ:もうこれはどこでやっても楽しいなと確信しましたよね。「店以外、もらった!」と。
パリ:「店以外の場所、ぜんぶうちらの店~!」
ナオ:ははは。
パリ:で、何度か重ねるうち、最低限のルールも確立されていきました。基本は「常識的な範囲内で楽しむ」ってだけだけど、街にはお酒が嫌いな人もいるんで、そういう方々の目につくところではやらないってのも大事ですね。公園や河原なんかは比較的自由。
ナオ:座るってことは、そこに長くいるわけなので、よく花火見に行った時に「ここには立ち止まらないでください!
通行の妨げになります!」みたいな、例えば橋の上とか、ああいう場所は避けたほうがいい。
パリ:うん。チェアリングの味を覚えると、つい攻めた場所でやりたくなってしまう。でもそれは本来の目的とは違って、あくまで、自分たちも周囲もストレスフリーに楽しめる環境でっていう、それくらいですよね。
ナオ:そこだけ気にしておけばいろいろな場所でやれるんです。
アーバンな風景だって
アーバンな風景だって
夕陽だって独占できる
夕陽だって独占できる

ケンタウロスは「椅子人間

パリ:これまでのチェアリング、なんとなく振り返ってみます?
例えば、前に行った、茨城県の「水海道」という街。
全体的にこういう風景
全体的にこういう風景
パリ:迷惑にならなそうな道ばたもたくさんありました。
ナオ:最高でしたね。夏の終わりぐらいの時期でね。
パリ:この日は、実はもう一つの目的があって、水海道に我々が「天国酒場」と呼んでいるジャンルのお店があって、そこに行くっていう。これは別で機会があればお話ししたいくらいなんですが。
「天国酒場」とは
「天国酒場」とは
要するにこういうお店です
要するにこういうお店です
ナオ:こっちは椅子じゃなくてちゃんとした店。
パリ:でも、もはやあんまり変わらない。っていうか、シチュエーションだけならこっちも負けてない。
「ここ、いいなぁ~」
「ここ、いいなぁ~」
「ここもいいなぁ~」
「ここもいいなぁ~」
パリ:この日、僕の手持ちの中で一番小さい椅子を持っていったんで、写真だと我ながら、空中に浮いてるみたいですね。「我ながら」って、もっと褒めたりする時に使う言葉かもしれませんが。
ナオ:はは、そしてこの影よ。もうこれは、日時計? 時間わかるでしょ!
パリ:人が日時計にもなれる、それがチェアリング。
水海道、風景も名前も
水海道、風景も名前も
「北海道」っぽい
「北海道」っぽい
ナオ:こうきれいな風景の写真が並ぶと「これって結局、キャンプとかアウトドアと同じじゃないの」と思う方がいると思うんです。
パリ:その気持ち、わかりますよ。
ナオ:だけどちょっと違うんですよね。チェアリングは意識が低い。
パリ:そう。だって、それが証拠に、この写真みてくださいよ。
こいつら、酒意外な~んにも持ってない
こいつら、酒意外な~んにも持ってない
ナオ:ほんとだ。
パリ:通りすがりの人「あ、あの人たち、楽しそうにキャンプやって……ないか」って。
ナオ:「この設備では泊まれませんよね? その通り! すぐ帰りますんで!」って。
パリ:実際すぐ帰りますからね。暗くなってくると飲み屋に行きたくなる。
ナオ:「少し肌寒くなってきましたね」っつって。
パリ:折れるのが早い。
ナオ:「風が強くて嫌だな」「前髪が崩れるからなー」。
パリ:気にするような前髪かっつーね。だけど、なにせすぐ撤収できるから。
ナオ:椅子をたたんで「そろそろ店行きますか」って言えばいい。その気軽さがチェアリングの肝でもありますね。
パリ:アウトドア全般、撤収が一仕事ですからね。
ナオ:定住じゃない、ヤドカリというか。いや、それで言えばテントの方がヤドカリっぽいか。もっと気軽に「みつばちがお花の蜜を吸ってるよ」ぐらいの。
パリ:ケンタウロスとかに近いかも。全然違うか。
ナオ:はは! ケンタウロスは「椅子人間」ですね。
パリ:チェアーマン。
ナオ:やばいな!
椅子ってつまり足が4本ある状態なんですね。絶対的に安定している。二足歩行になって不安を抱えている人間が安息を得られるわけだわ。
パリ:もうDNAレベルだから。

人柄は椅子に出る

パリ:水海道でのチェアリングに、共通の友人の誘いで、小説家の澤村伊智さんが参加してくれたじゃないですか。
ナオ:はい。その時が初対面で。
パリ:たぶん、事前の説明が足りていなかったんでしょうね。登場シーン、
これですから
これですから
ナオ:最高! 「事務所の椅子もってきました!」っていう。
パリ:絶対に友達になりたい。
ナオ:“マイファーストチェア”って感じで「大事にしなよ!」って言ってあげたくなります。どこから目線かわからないけど。
パリ:こんなに愛らしい椅子を持って電車に乗ってきた方が悪人なわけはないし、書くものだって絶対におもしろいに決まってる。「人柄は椅子に出る」!
ナオ:出る出る。成金の社長なんかは無駄にでっかい椅子持ってきちゃってね。
パリ:しかも、部下に運ばせて。
ナオ:部下が先に帰っちゃって 「ウーッ重い! パリッコくーん、待ってくれーい!」。チャンチャン!
パリ:そいつ、さっきの社長じゃないっすか。部下にはめられ、社長の椅子を捨てられてる。
ナオ:あぁ、本当だ。でも、考え改めればまた再出発できますから。澤村さんの椅子から出直すんだ!
移動中の風景
移動中の風景
ナオ:いろんな場所でやりましたよね。
パリ:やったな~。例えば「武蔵五日市」って街が気なって、行ってみた。駅前がすぐにきれいな河原で。
釣り人もいる清流
釣り人もいる清流
焼酎の広告にも使えそう
焼酎の広告にも使えそう
ナオ:コロッケはこれ、どこで買いましたっけ。
パリ:駅前に肉屋さんがあって。
ナオ:ああーそうだ。
パリ:こういうのがうまいんすよね。「こだわってるね!」とか、わかりもしないのに。
ナオ:現地で適当に調達するっていうところも楽してるなー。
パリ:近くにスーパーもあって。ここも便利な場所でした。
ナオ:無理はしない。
パリ:新宿から片道800円くらいで行けるんですが、それでこれですよ。
気持ちよすぎて死ぬ
気持ちよすぎて死ぬ
ナオ:いきなりの大自然。水も綺麗でね。あと、座ってると前方をじっくり見るんですよね。
パリ:そうそう。することないから。
ナオ:普段、いくら「きれいな夕焼けだね」って見るにしても、せいぜい1分間ぐらいでしょう?
パリ:1分見たら上等ですよ。
ナオ:椅子だと沈むまでずっと見る。
パリ:この日、移動した先のスポットがまたよくて。
河原に椅子を置いてのんびりしていると
河原に椅子を置いてのんびりしていると
刻一刻と夕焼けが
刻一刻と夕焼けが
目の前には酒とつまみ
目の前には酒とつまみ
ナオ:すごい!
パリ:もはや、上映されている夕日鑑賞会。感動しましたね。
ナオ:世界はこんなにも美しかったのかと。ここの大将も粋だったなー。「何もない店だけどね。もうすぐ日が暮れるからね。つまんないもんだけど、よかったら」って。
パリ:「いやいや、都会でせかせか暮らしてると、こういうのが嬉しいんすよ、大将……」と。これをひとりでしゃべってたら相当な変態ですけどね。
ナオ:心の中でね。こんにゃくをつまみにしたんでしたね。美味しかったなー。
パリ:食べ物の味って、環境に左右されるじゃないですか。これなんかもう、こんにゃくが夕日の旨味をまとってる。
ナオ:夕焼け味!
パリ:新発売!

「いるんですよね、いい場所には先人が」

ナオ:外ってつくづく最高なんですよね。ただ外だっていうだけなのに。
パリ:こんな陳腐なこと言いたかないけど、パソコンのモニターの解像度がいくら上がっても、やはり限度があって、自然の情報量にはかなわない。もちろんパソコンも楽しいけど、ベクトルが違う。
ナオ:そうそう。どの方向を見てもおもしろいですからね。
パリ:笑っちゃう。
ナオ:だいたいこういう時、ほとんど何もしゃべらないですね。
パリ:しゃべらないですねー。5分おきに、「あ、あっちの雲……すごいですよ……」くらい。
ナオ:むりやり愚痴とか言おうとしても続かなそうです。
パリ:愚痴は無理っすね。
ナオ:「でさー、そのむかつく部長がさ……っていうか部長も人間なんだけどさ。人間って、結局さ……」の方向にいくので。
パリ:「部長の実家って……どこだっけ?」って。
ナオ:「部長の故郷もこんな綺麗な場所だったのかもな」なんて。
パリ:「こんな景色の中で育ったのにあんなにひねくれちゃって、きっといろいろ嫌な思いもしたんだろうな」。
ナオ:「そうだ、来週部長を誘ってみよう! チェアリングに」。
パリ:で、実際誘ってみたら「鈴木くん、くだらないこと言ってないで仕事仕事!」って。「クソ部長~!」
ナオ:「は? 椅子を持って外に? バカじゃないか?
そんなことしてるから今月一件も売れてないんだぞ!」
パリ:椅子でぶん殴ってやろうか!
対象物と近すぎて失敗した例
対象物と近すぎて失敗した例
ナオ:最近良いスポットはありましたか?
パリ:えーとですね。ずっと実行したいと思っていて、なかなか時間が作れずにいるという情けない話なんですが、地元から西武池袋線でほんの3駅ほど下ったところに「東久留米」っていう駅があるんですよ。
ナオ:ほう。
パリ:最近、用事ができてたまに行くようになって気づいたんですが、駅からちょっと歩くと、そんなに近場とは思えないほどきれいな川が流れてて、夏とか子供が普通に水遊びしてるんですね。
東久留米から徒歩10分ほど
東久留米から徒歩10分ほど
「黒目川」の風景です
「黒目川」の風景です
河川敷が広い
河川敷が広い
ナオ:すごいっすね。
パリ:けっこうすごいでしょ? 家から30分くらいで着く場所ですよ。で、さすがだなと思ったのが、
もうやってる人がいる
もうやってる人がいる
ナオ:はは! そうそう。いるんですよね、いい場所には先人が。
パリ:偉大な先人がたくさんいますね。この方もきっと、チェアリングなんて名前は知りもしないけど、近所だし好きでよくこうしてすごしてる。
ナオ:たまに天国酒場を探し歩いていても、川沿いにいきなり椅子が置いてあったりするのを見ますもんね。
パリ:ある。遺跡みたいに。
ナオ:ここだ! っていうポイントに、誰かが置いて憩いの場にしてる。
パリ:そもそも、街中のなんでもない場所に椅子を置いて座ってる老人とか、めちゃくちゃいるじゃないですか。
ナオ:自分のお気に入りの場所、やっぱり腰かけたくなるんでしょうね。
パリ:僕がこれまでに見かけた中で一番すごいチェアリストの写真、見ます?
ナオ:お願いいたします。
この方です
この方です
パリ:段差じゃだめだったのかよ!
ナオ:椅子の上に椅子、みたいなことだ。これこそ証拠写真ですよ。
パリ:はは、 「もう言い逃れできないぞ!」と。
ナオ:段差は他人のもの、でも椅子は俺のもの。
パリ:最上段でも芝生でもなく、この中段が一番しっくりくる位置。
ナオ:ここしかないんでしょう。理由なんかないよ。
パリ:「ここしか」。ニューシングルですよね、西野カナの。
ナオ:そう。
パリ:恋愛ソングの女王、西野カナの新境地!
ナオ:長い旅を経て西野カナが見つけた場所「ここしか」。
パリ:「座りたくて 座りたくて 見つけた」。
ナオ:でもそう。椅子置く場所なんてどこでもいいわけだから「なんかここだ」っていう風に決めるしかないんですよね。正解はないし。
パリ:我々はまだ試行錯誤してる段階だけど、階段の老人はもう見つけてる。でも僕たちはまだ、試行錯誤が楽しいですね。

お城を眺めながら「宝焼酎フラペチーノ割り」を

パリ:ナオさんは、最近おすすめのスポットはあります?
ナオ:おすすめというか、大阪城公園という公園が家から割と近いんですよ。東京なら代々木公園ぐらいの「ザ・みんな行く場所」なんです。
パリ:メジャーパークだ。
ナオ:広くて、自転車で15分ぐらいで行ける。ここはもうチェアリングし放題ですね。
パリ:いい距離感だなー。
ナオ:とにかく敷地が広いので、お城の近くとかの特に混雑する場所以外はもうどこにでも隙間があるんです。
パリ:大阪城があるわけですよね?
あります
あります
ナオ:これも通路に椅子を出してるわけではなくて脇の空き地の、みんな思い思いにくつろいでる場所です。
パリ:わはは! この我が物顔が最高に笑えます。
ナオ:秀吉ヅラで。
パリ:「ここ、俺の城!」じゃねえだろっていう。
ナオ:秀吉のはずが門の外っていうね。ダウト!
パリ:ダウトダウト。
ナオ:この辺はいたるところに史跡と空き地があるんですよ。お濠端の石段を見た子どもが「ピラミッドみたいだね」っていうので、そこでも、
君臨してみました
君臨してみました
パリ:殿から王へ!
「ツタンカーメンだぞ~」って感じですね。片手に焼酎持って。
ナオ:「見てるぞー! 民よ! 逆らうなかれよー!」
パリ:誰もこっち見てない、まばらな民たちに向かってね。
ナオ:あと、公園の中に野外音楽堂っていうのがあるんですよ。日比谷公園の野音みたいな。
パリ:いろいろあるなー。
ナオ:そこの脇も結構寝転んでる人とか多くて。要するに音もれを楽しんでいるんです。
音楽×チェアリング
音楽×チェアリング
パリ:はは、さっきから間違い探しみたいになってますね。「これはフェスでしょうか?」
ナオ:ダウト! 理由:よく見ると外にいるから。
パリ:レベル1でしょ。
ナオ:初歩クイズですね。
パリ:しかし、音楽堂からの音もれをBGMにのんびりするというのは、確かに粋ですね。
ナオ:前に自分がこの野外音楽堂でのイベントに入場した際に会場外の脇に座ったり寝てる人がいて「外のほうが良いのでは?」って思っちゃって。
パリ:自由だもんな。
ナオ:この写真を撮りに行った時は、やってたのがデスメタル系のイベントで、中から聴こえてくるのが「ウヴォェェェ!!」みたいなデス声でしたが。
パリ:ははは。
ナオ:落ち着かないの。それでに驚いてる写真ですね。
パリ:ストロング系のチューハイが合いそう。
コンビニ×チェアリング
コンビニ×チェアリング
ナオ:あと、大阪城公園は園内にローソンがあるんですよ。たくさん。
パリ:代々木公園だと売店が少しあるくらいですよね。コンビニがあるのはすごい。
ナオ:そうなんです。ああいう昔ながらの売店の方が味わいはありますが、大阪城公園では民間に任せようという方針で。まあ便利ではあるんですよ。それでコンビニの前が芝生になっていて、みんなシートすら敷かずゴロゴロして飲んでる。怠惰なんです。
パリ:椅子くらい持ってきなさいよ!
ナオ:すぐ近くにスタバもあったりして随分便利な公園なんです。
パリ:宝焼酎フラペチーノ割りができますね。
ナオ:そうなんす。
パリ:信じられないことに、先日「散歩の達人」でチェアリングについての取材を受けたじゃないですか?
ナオ:受けたー!
パリ:「葛西」を舞台に。その日も楽しかった。編集さんが送ってくれた写真があります。
「葛西臨海公園」
「葛西臨海公園」
「西なぎさ」にて
「西なぎさ」にて
ナオ:水鳥かよ!
パリ:「お父さん おっきい鳥がいるよ!」
ナオ:「ほんとだな~、ん? 酒持ってるぞ! ダウト!」
ざんね~ん、人でした~
ざんね~ん、人でした~
ナオ:俺たちでしたー!
パリ:この海岸チェアリングは思い出深いですね。
ナオ:潮が満ち始める時間でね。「あそこに少しだけまだ波の来てない場所がありますよ!」って。
パリ:「せっかくだからいい絵撮りましょう!」って、走ってって。今思うと、何をがんばってるんだっていう。
ナオ:はは、そしてもちろん無傷では帰れなかった。
帰り道
帰り道
パリ:海の上を歩いてる。靴、ずぶ濡れ。
ナオ:はは、危なく泳いで戻るぐらいのスピードでした。でも楽しかった。海面のきらめきが忘れられません。
パリ:いわゆる、走馬灯案件というか。
ナオ:一回一回が偶然性に寄るところが大きいから、「あれよかったね!」っていう記憶が濃いんですよね。
パリ:すぐ実行できるわりに、日常とかけ離れてるし。
何気なく飲んでいると
何気なく飲んでいると
サギが飛んできたり
サギが飛んできたり
なんとなく、つまみも少しで足りてしまう
なんとなく、つまみも少しで足りてしまう
パリ:こういう環境で食べる、スーパーの海苔巻きがうまいうまい。
ナオ:トロタク! うまかった。とんでもない贅沢に感じました。
パリ:トロタクが大好物になる。好きなもの、好きな街が増えますね、きれいなこと言っちゃうと。嫌いな部長も、一瞬だけ許せるし。
ナオ:ですです。一度騙されたと思ってやってみてほしい。
パリ:ってまぁ、そんなことが言いたいんじゃなく、「とにかく楽しいので、勝手にやってますけど、ご興味あれば~」っていう。
ナオ:そう。座ってみ!
パリ:そんなとこに突っ立ってないで! でっかい体して。
ナオ:学校と逆。「罰として座っとれい!」
パリ:ははは! せかせか生きてる罰としてね。
ナオ:「考え直せい!」
パリ:自然が先生であり、大将でもあり、なんだろう、大きく「師」という感じですね。
ナオ:大将の自然の刺身が最高なんだよな。活き造りですから。
パリ:生のね。生の空気。それに夕焼けをぶっかけて食うと。
ナオ:はは、風にちょんと漬けて食うのも粋。……って、ヤバい話ですな。
パリ:案の定、ヤバくなってきちゃったので、このへんにしましょうか。

以上、脱線が多くてきちんと魅力が伝えられたかは疑問ですが、「チェアリングって楽しいよ」っていう対談でした。
この記事を読んで、「は? 何それ?」って思われる方も多いでしょう。
もちろんそれは否定しません。
だけど、ちょっとでも「あ、なんかおもしろそうかも」って感じた方には、ぜひ「そんなに高いもんじゃないし、試しに椅子買って、近所の公園で座ってみて!」とおすすめしたい。
そこには、日常からちょっとだけはみ出たワクワク感と、究極のリラックスタイムが待っています!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓