とくべつ企画「激辛」 2018年2月28日

激辛カレーの10辛、70辛、100番を食べ歩いてみた

カレーはムリに辛くしなくてもいいじゃないかと思っている派だったんですが
カレーはムリに辛くしなくてもいいじゃないかと思っている派だったんですが
この世界には、カレーの辛さに段階を設けているお店がたくさんある。ずっと気になっていたが、いちばん数値の高いやつを試したことはなかった。こわかったのだ。

大好きなカレーのことを大好きなままでいたいので、あんまり辛(つら)い気持ちにはなりたくない。でも食べてみたい。そんな気持ちの狭間で、3つのカレーを食べ歩いてみた。
1981年群馬県生まれ。ライター兼イラストレーター。飲食物全般がだいたい好きだという、ざっくりとした見解で生きています。とくに好きなのはカレー。(動画インタビュー)

前の記事:冷やしカレーがハンバーガーチェーン・サンテオレにあった

> 個人サイト たぶん日記

「辛いカレー」と「カレー」は似て異なるもの

かつて勤めていた職場の食堂のカレーがある日突然、真っ赤に染まったことがある。気になる気持ちを抗えず注文してみたところ、味が味だと察知できないくらいに辛さが険しく、どうにか食べきって空の皿を下げに向かったら「完食した人ははじめてだよ」と褒められてしまった。
当時の写真が残っていないため、これは本文とは関係のない、別の日に食べたカレー(辛くない)です
当時の写真が残っていないため、これは本文とは関係のない、別の日に食べたカレー(辛くない)です
どうやら自分は、辛さに耐性があるらしい。だが一方で、カレーに辛さを求める気持ちには躊躇がある。カレーはカレーなだけで十分に美味しいのだ。辛(から)くし過ぎて、もしも辛(つら)くなってしまったら悲しいじゃないか。そんな思いから、オプションで辛さを追加することには長らく躊躇していた。

なお、辛(から)いと辛(つら)いが、読みがなふらないとちょっとわかりづらいので、辛(つら)い時だけ、読みがな付きで書いていきたいと思います。

噂にだけ聞いていた70辛

はじめて挑戦する日は、ひとりだと心細いので編集部の安藤さんにもきてもらった。向かったのは「70辛」のあるカレーの名店「エチオピア」だ。
駅からの道をスマホに聞いたら、国家を案内された。気持ちはわかる
駅からの道をスマホに聞いたら、国家を案内された。気持ちはわかる
辛さに不安はつのる一方、お腹がすいているので早く食べたい
辛さに不安はつのる一方、お腹がすいているので早く食べたい
5倍からいきなり70倍にさらっと飛ぶかんじ、清々しい
5倍からいきなり70倍にさらっと飛ぶかんじ、清々しい
注文時、なるべく涼しい顔で「70倍」と伝えた(つもり)だったが、この数値、さらっと口にするのはあまりに照れくさい。「70辛を食べる人」として、店や周囲に認識されることに異様に自意識が過剰に腫れ上がってしまった。食べる前から刺激がつよい。
先にじゃがいもが届いた
先にじゃがいもが届いた
むかないで食べる安藤さんを見て「やっぱむかないんだ」と思ったけど、このじゃがいもに関しては、わたしもむかないで大丈夫だった
むかないで食べる安藤さんを見て「やっぱむかないんだ」と思ったけど、このじゃがいもに関しては、わたしもむかないで大丈夫だった
つづいて安藤さんのカレーが届いた。美味しそうである
つづいて安藤さんのカレーが届いた。美味しそうである
一口食べさせてもらったら、なんと美味い
一口食べさせてもらったら、なんと美味い
ちなみに安藤さん、辛いカレーがあまり得意じゃないので「0辛」を頼んでいる。でも、0でもすでにスパイスの効力はしっかりとしたもので、野菜や肉の旨味の奥にうっすら辛みも感じる。
そして自分のがきた。心なしか赤い。いやどう見ても赤い。ちなみにチキンカレーです
そして自分のがきた。心なしか赤い。いやどう見ても赤い。ちなみにチキンカレーです
後日写真見たら、食べる前に腕組んで見つめていた
後日写真見たら、食べる前に腕組んで見つめていた
口にしたところ、やはりというかなんというか辛い。おいしいけど。でもすごい辛い。おいしいんだけど、ものすごい辛い……!  

カレーの持つ旨味は健在だが、辛みの鮮烈さにくらくらする。
思わず笑う
思わず笑う
辛さは、ある水準から「痛い」境地に突入しがちだが、これはまさに、痛みを伴う辛さだ。そんでもって、痛みと辛さが口内にどんどん蓄積されていく。

安藤さんにも食べてもらったところ、口に入れる前に辛(つら)そうな顔をしはじめた。匂いがすでにもう辛いし、痛いとすら思うらしい。
顔全体が「とても辛い」を体現していた
顔全体が「とても辛い」を体現していた
自分のカレーのほうが美味いという主張
自分のカレーのほうが美味いという主張
味よりもさらに困惑したのは鼻だった。辛さに刺激を受けた鼻から「鼻水だそうぜ」という司令が秒単位で送られてくる。鼻水を制御したい思いが芽生え、顔面が忙しくなってきてしまった。
思わず「このカレー、食べたくない訳じゃないんですが、自宅で食べたいです」と言い始めた
思わず「このカレー、食べたくない訳じゃないんですが、自宅で食べたいです」と言い始めた
今まで食べ物のことを、毛布とか羽毛ぶとんのような、そっと包み込んでくれる存在と思っていた。味方であると感じていたのだ。だが、このカレーは延々と攻撃をしかけてくる。戦いだ。

辛(から)いと辛(つら)い、さすが同じ漢字なだけのことはあるなぁと
食べてる途中にぼんやり思ってしまうのは激辛あるあるなのだろうか。
水うめー
水うめー
ちなみに、水を口にした時にも驚きがあった。水は辛さを肥大させる気がして控えていたのだが、不意に飲んでみたところ、熱くなっている口内が一気に鎮静した。ひんやり加減が絶妙だったのだろう。感動をありがとうと言いたいくらいありがたかった。水、やっぱ最高だ。
このフォントは何のフォントだろう? と思う余裕はどうにか残っていた
このフォントは何のフォントだろう? と思う余裕はどうにか残っていた
食べ終わった時の、成し終えた感が半端ない
食べ終わった時の、成し終えた感が半端ない
そして、胃のあたりがぽかぽかしてとても気分がいい。この日の東京は久しぶりに肌寒く、時折雨もちらついていたが、帰り道にはあまり気にならなかった。テンションがあがっている。

元々テンションは低くないが、その比じゃなく、気分が最高にいいのだ。胃があたたかいだけで、人はこんなにうれしい気持ちになれるものなのか。
あと、テンションが高くなると手を広げたくなる傾向もある
あと、テンションが高くなると手を広げたくなる傾向もある
これ、だらだら1日をすごしてしまった日の締めにいいかもしれない。このカレーを食べたら、それだけで達成感が湧き上がる可能性があるからだ。だらだら過ごした土日とかに試したい。(でも、人にはあんまりおすすめしない)
辛さ       ★★★★★★★★★★
テンションの高まり★★★★★★★★★★
戦いっぽさ    ★★★★★★★★★★
(ちなみにこの★印は10段階評価です)
いったん広告です

スープカレー「心」の100番は真っ赤だけど美味い

次に向かったのは、下北沢である。
久しぶりの下北沢、工事現場が多い
久しぶりの下北沢、工事現場が多い
スープカレーのお店に来た
スープカレーのお店に来た
カレー好きの知人と連れ立ってきたのだが、ここで衝撃の一言を聞くことになる。知人、エチオピアの100辛を体験したことがあるのだという。どういうことだ。
「ここの100番はそこまで辛くないし、ふつうにおいしいと思うよ」とのことなんだが、「鬼辛」というおそろしい言語が書いてある
「ここの100番はそこまで辛くないし、ふつうにおいしいと思うよ」とのことなんだが、「鬼辛」というおそろしい言語が書いてある
さらに、この店でいちばん辛いのはこのメニューなんだそうだ。鬼辛の100番よりもさらに辛いってどういうことなんだ
さらに、この店でいちばん辛いのはこのメニューなんだそうだ。鬼辛の100番よりもさらに辛いってどういうことなんだ
おそれおののいて最強のハバネロチキンスープカレーは見なかったことにして、オクラと納豆のスープカレーを100番で頼むことにした。ネバネバはきっと辛さからわたしを守ってくれる。辛さにたいして弱気で恐縮だが、なるべく美味しいと感じながら食べたいのだ。
届きました
届きました
赤い海のようで、見た目がすでに辛い
赤い海のようで、見た目がすでに辛い
しかし、食べてみたら、辛いなぁとは感じるものの、エチオピアで感じたような「戦い」の境地はまるでない。あくまでも、楽しい食事の範疇だ。
ごはんと合わせるのも良い
ごはんと合わせるのも良い
昇天
昇天
ただただうまいので、ついスープばかりを先に口に入れてしまい、カレーライスとしてのバランスを欠いた。完全に好物である。書きながら、すでにまた食べたいくらいなのだ。襟足からじわじわと出てくる汗を気持ちよいとも思った。


ただ辛いの苦手な人にとってはこのカレー、十二分に辛い可能性は多々ある。個体差はあるものだろう。
おそめの昼ごはんであり、それ以上でもそれ以下でもなかった。
おそめの昼ごはんであり、それ以上でもそれ以下でもなかった。
アクセスさえよければ明日も行きたい。
食後に食べるバニラアイスがたまらんかった
食後に食べるバニラアイスがたまらんかった
辛さ        ★★★★★
食後のアイスの美味さ★★★★★★★★★★
戦いっぽさ     ★
いったん広告です

CoCo壱番屋は辛さの計算方法が単純じゃなかった

最後に向かうのは、大手チェーン・カレーハウスCoCo壱番屋だ。
ちなみにCoCo壱番屋で頼んだ過去最大の辛さはたぶん1辛
ちなみにCoCo壱番屋で頼んだ過去最大の辛さはたぶん1辛
メニューをよく見てみたところ、「5辛は1辛の約12倍」「10辛は1辛の約24倍」と書いてあって、この世界ではどうやら1と1を足しても2にはならないらしく早速脳が震え上がる。こわい。
10辛に挑戦するにはまず5辛を挑戦するよう指示されていたので、まずは5辛を頼むことに。階段はちゃんと昇る
10辛に挑戦するにはまず5辛を挑戦するよう指示されていたので、まずは5辛を頼むことに。階段はちゃんと昇る
ちなみに隣の席の人は、3辛を頼もうとして、店員さんに「1辛でもけっこう辛いですよ」と止められていた。わたしはなぜ止められなかったんだろう。
辛さの度合いが不安だったため最大限の防波堤を立ててしまった。ここでいう防波堤とは、半熟玉子(やさしい)、チーズ(やさしい)、納豆(やさしい)だ 。だけど辛さは強い。10辛はこの倍の辛さだというから震える
辛さの度合いが不安だったため最大限の防波堤を立ててしまった。ここでいう防波堤とは、半熟玉子(やさしい)、チーズ(やさしい)、納豆(やさしい)だ 。だけど辛さは強い。10辛はこの倍の辛さだというから震える
後日、10辛は持ち帰って食べることにした。さっきから弱気な姿勢が全開なのだが、とにかくどんなことがあっても完食したいのである。持ち帰りならば、万が一のことがあっても、甘口カレーを足すなどをすれば、尊いカレーの命を無駄にせずにすむだろう。
チーズを入れてもらった。ラー油っぽい赤みを帯びている10辛
チーズを入れてもらった。ラー油っぽい赤みを帯びている10辛
あ、うまい!
あ、うまい!
味は、辛いには辛いんだが、冒頭のエチオピアで「これは戦いだ」と感じた時にくらべるとだいぶ「食事」の範疇だ。

汗がカレーをかっこむたびに襟足から汗がだくだく出てきて、新陳代謝が行なわれていることをじわじわと感じながら完食した。

それにしても、家で食べるのは安心感がある。辛いカレーは家で食べるのがベストかもしれない。
辛さ            ★★★★★★★
汗がよく出る        ★★★★★★★★★★
家で食べてよかったという思い★★★★★★★★★★

激辛カレーは家で食べたい

よくよく各店を確認したら、どの店も皆テイクアウトがOKだった。まじか、そうなのか。今後、ものすごく辛いカレーに挑戦するときは家でそっと食べたい気もする。でも、ひとりでそっとだと心細いような気もする。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓