特集 2018年4月18日

「氷上のチェス」カーリングもやっぱり運動神経&体力が必要だった

何回か前の冬季オリンピックで見て以来、ずっとやりたかったカーリング!
何回か前の冬季オリンピックで見て以来、ずっとやりたかったカーリング!
相変わらずカーリング熱が上がりっぱなしです。

女子日本代表のみなさんがカワイイ……という理由もありますが、それ以上に、体力&運動神経メインの他のスポーツと違って、カーリングだったら運動音痴なボクでも戦えるんじゃな~い? ……という気持ちもあるのです。

カーリングは「氷上のチェス」と呼ばれるように、頭脳的な戦略が重視されるスポーツですからね。

……というわけで、遂に本物のカーリング体験に行ってきました!
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:貴乃花や羽生くん……現代の浮世も浮世絵風に描こう

> 個人サイト Web人生

いったん広告です

やっぱりカーリングもスポーツなんだね

「そだねー」とか「もぐもぐタイム」とか「にっこにっこにー」とか、カワイイ女の子たちが楽しそうにやっているように見えたカーリングも、実際やってみるとすさまじい全身運動! 次の日、体中バッキバキになってましたよ。

平昌オリンピック中継で興奮させられた、あの高度な頭脳戦も、そもそも正確にストーンを投げられるような運動神経&体力があってからの話でしたね……。

しかし、そんな難しいところも含めて、ますますカーリングに興味を持ってしまいました。色んなハードルを乗り越えて、思い通りの場所にストーンを投げられるようになったらメチャクチャ気持ちイイだろうなぁー。

ただ、残念なのはやはり都内にカーリング場がないということ。もうちょっと気軽にやれる場所があれば……。

今のカーリングブームに乗じて東京都で作ってくださいよ!

取材協力:東京カーリングクラブ
初回の体験では本来やらない、例の「ブラシでゴシゴシ」も軽く教えてもらったのですが、全体重をブラシに乗せてこすりまくるという、「ちょっとした便所掃除」どころの話じゃない重労働でした
初回の体験では本来やらない、例の「ブラシでゴシゴシ」も軽く教えてもらったのですが、全体重をブラシに乗せてこすりまくるという、「ちょっとした便所掃除」どころの話じゃない重労働でした
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ