短い記事 2021年9月20日

ダイソーの「電子レンジチップスメーカー」とは一体なんなのか

ポテトチップス=油で揚げた罪深いお菓子 という思い込みがある。ダイソーで売られていた「電子レンジチップスメーカー」で、本当にポテトチップスが作れるのか試してみた。

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの花屋。花を売った金で酒を買っている。

前の記事:「ミラクルフルーツ」でキウイが高級フルーツの味になる

> 個人サイト note

先日、百円ショップのダイソーでこんな商品を発見した。

daisotips_01.JPG
電子レンジチップスメーカー

カラーリングがどう見てもポップコーンのそれだが、まあ「電子レンジで○○がつくれる!」という商品は今どき珍しくもない。

しかし、パッケージをよく見てほしい。

daisotips_02.JPG
芋の色が悪すぎる。

こういう商品って、パッケージで「わ〜!おいしそ〜!」という気持ちにさせて買わせるものではないのか。ショックすぎて思わず買ってきてしまった。

daisotips_03.jpg
念のためカラーピッカーで取得した色を載せておく。これが「ダイソーのポテトチップスいろ」。

そもそもこれはポテトなのだろうか。パッケージのどこにも野菜の名前は書かれていないから、我々が知らない野菜チップスかもしれない。

daisotips_04.JPG
裏面の説明書き。様式美を感じるシンプルさ。

プラスチック製の容器にスライスした野菜を並べ、電子レンジで加熱するとポテトチップス的なものができるそうだ。
ポテトチップス=揚げるもの という固定観念があるが、電子レンジでポテトチップスを作るなんてことが本当にできるのだろうか。

さっそく試してみよう。

daisotips_05.JPG
洗って芽をくり抜いたじゃがいもをスライスして
daisotips_06.JPG
こんな感じで並べます。

実際やってみると当たり前のことだが、スライスの直径が均一でないため、説明書のような美しい放射状にならない。

daisotips_07.JPG
重さを測り、説明書に記載の時間で加熱。
daisotips_08.JPG
できたポテトチップスがこちら。

縮んで脱落したやつがいるが、色はきつね色でおいしそうだ。あのパッケージ本当になんだったんだ。

daisotips_09.JPG
粗塩とブラックペッパーを振って食べてみた。

ポテトチップスというより、野菜チップス(じゃがいも)という感じ。無印良品あたりで「油を使用せず、ヘルシーな野菜チップスに仕上げました」という説明書きで売られていそうだ。健康的なおやつとしてのありがたさ。

daisotips_10.JPG
うすうす感づいていたことだが、オイルや調味料を足して不健康にしていくほどうまい。

ちなみに

daisotips_11.JPG
これを
daisotips_12.JPG
こうして
daisotips_13.JPG
こう!

個人的にはさつまいもチップスの方が食べ飽きない味で好みだった。
「ポテトチップスメーカー」と思い込まず、「野菜チップス実験器」と考えると楽しいかもしれない。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ