特集 2017年4月4日

特撮のロケ現場でババーン!と爆破結婚写真を撮ってきた

僕たち!結婚しましたッ!(ドカーン!)
僕たち!結婚しましたッ!(ドカーン!)
私事ながら、少女漫画家の栗原まもるさんと2015年10月に結婚しました。今さらもう1年半前の話だ。
互いにフリーランスということで、結婚式も何もそれらしいことをせぬままダラダラ仕事をしていたら、あっという間に1年半が経ってしまった。
僕も妻も、モチベーションが上がらない限り、大抵のことは放置して気にしないタイプだ。このままでは何も進まない。
じゃあ、かっこいい結婚写真を撮るって、どうだろう。「爆破結婚写真」とかモチベーション上がりそうじゃないか。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。(動画インタビュー)

前の記事:溶かす!削る!灼熱の肉汁!ケガめし

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

爆破で結婚写真はかっこよさそうだ

戦隊ヒーローものなんかでドカンドカン爆発しているの、かっこいいじゃないか。あれを背景に結婚写真が撮れたら超かっこいいに違いない。
で、そういう爆発をバックにコスプレ写真が撮れるイベントがある…というのを聞いて、イベントを運営している団体『コスナビ』さんに予約をいれてみた。
朝7時前に渋谷駅近くに集合。今から結婚写真撮りに栃木県までバスで移動します。
朝7時前に渋谷駅近くに集合。今から結婚写真撮りに栃木県までバスで移動します。
念のために「コスプレじゃなくて結婚写真でもいいですか?」と問い合わせを入れたところ、「そういうのは初めてだけど、いいですよ」と気楽な回答をいただいた。
まぁ、結婚写真もほぼコスプレみたいなもんだし、大差ないんだろう。
着いたらまずは着替えます。
着いたらまずは着替えます。
さて、渋谷からチャーターバスで1時間半ほどで、到着したのは栃木県岩舟町。まずは町営の健康福祉センターの大きい部屋を借りて、着替えタイム。
基本、コスプレは衣装が大変にボリューミーだったり着る手間がかかったりするので、なにより着替えスペースをちゃんと確保するのがコスプレイベント運営の基本らしい。
着替えたら再びバスで移動。10分ほどで現場入りです。
着替えたら再びバスで移動。10分ほどで現場入りです。
バスから見える岩舟山方面。矢印のあたりは3.11の地震でばっきりV字に山が欠けたらしい。
バスから見える岩舟山方面。矢印のあたりは3.11の地震でばっきりV字に山が欠けたらしい。
で、着替え終わった人からどんどんピストン輸送のバスに乗って、ついに爆破撮影の聖地、岩船山に行くのである。
戦隊ヒーローもので何度も見た、あの岩場の山である。

特撮の聖地、岩船山

江戸時代から採石場として採掘されていた岩船山だが、もう石を掘り終わった中腹部は、首都圏でも数少ない「爆破シーンが撮影できるロケ現場」として使われている。
特に、戦隊ヒーローもののアクションシーンではお馴染み過ぎる場所なのだ。
ほら、見たことあるだろう、この山。この岩肌。
ほら、見たことあるだろう、この山。この岩肌。
あちこちで撮影を始めてるコスプレーヤーの皆さん。非日常すぎてクラクラする。
あちこちで撮影を始めてるコスプレーヤーの皆さん。非日常すぎてクラクラする。
アニメ『甲鉄城のカバネリ』から、カバネ(襲ってくるゾンビ的なやつ)のお二人。クオリティ高すぎないか。
アニメ『甲鉄城のカバネリ』から、カバネ(襲ってくるゾンビ的なやつ)のお二人。クオリティ高すぎないか。
到着すると、もう先のバスで来ていたコスプレーヤーさんたちが早くも撮影を始めている。そして皆さん異様にコスプレ衣装のクオリティが高い。
現在放送中の戦隊ヒーロー『キュウレンジャー』のコスプレーヤーさんたちが並んで写真撮ってて、「えっ、これ本物の撮影じゃないよな」と一瞬ギョッとしたほどだ。
なんか普通に結婚写真で本当にごめん、と謝りたくなる。誰にかはわからないけど。
なんか普通に結婚写真で本当にごめん、と謝りたくなる。誰にかはわからないけど。
対して、我々二人は普通の結婚衣装なのが恥ずかしいぐらいである。
しかも、爆破撮影に使うからレンタルは不可。結局は「ウェディングドレス 激安」みたいな弱々しい検索ワードで探して購入したドレスとタキシードだ。

ちなみにドレス1万2千円、タキシードは3ピース+シャツ揃いで1万5千円。ネットで一番安かったタキシード(揃いで1万円)は「布地が薄すぎて透ける」とコメントしてる人がいたので、もう一段階高いのを買ってみた。
しかしそれでも、水鉄砲で水かけたら溶けるんじゃないか、というぐらいのペラペラぶり。
一番安かった1万円のタキシード、どんなのだったか今さらだが気になるな。

ただ、妻が手にしてるブーケだけはちょっとすごい特注品だ。
「これね、消しゴムメーカーの特注品なんですよ」という自慢に、「へー」と驚くレベルで無反応な編集部安藤さん。
「これね、消しゴムメーカーの特注品なんですよ」という自慢に、「へー」と驚くレベルで無反応な編集部安藤さん。
花の中からのぞくケーキや動物はすべて消しゴム。さらにトップの新郎新婦コアラは、このブーケのためのオリジナル。
花の中からのぞくケーキや動物はすべて消しゴム。さらにトップの新郎新婦コアラは、このブーケのためのオリジナル。
これは、妻の友人が「新郎が文房具ライターである」という情報を元に、キャラクター消しゴムメーカーのイワコーさんへお願いして特別に作ってもらった、世界で一つの消しゴム内蔵ブーケなのである。

とは言え伝わりづらい自慢なのは自覚しているので、ひとまず、消しゴムコレクターの人にとっては垂涎の逸品だぜ?というとこだけ理解して流してもらって大丈夫だ。
いったん広告です

まずはかっこいいところで結婚写真を撮ろう

さて、イベントスケジュールを確認すると、爆破撮影は14時から開始とのこと。
今はまだ11時なので、2時間ある。爆破までの時間は、とにかく岩船山のロケーションを活かしたカタチで結婚写真を撮っておきたい。
コスナビさんから配布された地図とスケジュール。山の中のあちこちに撮影スポットあるっぽい。
コスナビさんから配布された地図とスケジュール。山の中のあちこちに撮影スポットあるっぽい。
岩船山、地図上には「最大危険エリア!2m以上はなれて」といった注意喚起ワードがあちこちに書き込まれている。いくら撮影スポットだからって、つまるところ単に岩場だし。本格的に危ない場所なのだ。

あと、地図上の池に「入水可能」の文字を見つけた安藤さんから、爆破→背中に火が付く→池に飛び込む、という一連のコント的な結婚写真の流れを打診されたが、そもそも結婚写真にコント的要素はいらないので無視した。
じゃあ撮影始めようか、という写真がすでにRPGのオープニングっぽい。岩船山のロケーションかっこよすぎ。
じゃあ撮影始めようか、という写真がすでにRPGのオープニングっぽい。岩船山のロケーションかっこよすぎ。
道は重機で均されてるけど、でもウェディングドレスで登るとこじゃないな。
道は重機で均されてるけど、でもウェディングドレスで登るとこじゃないな。
もともと採石場なので、重機やダンプが通れる道はある。
でも、ドレス姿で歩くことまでは想定できていまい。地図の注意喚起にあるとおり、足元が見えないと本当に崖から落ちるなーという場所がそこかしこに点在しているので、こちらとしてはとにかく注意を払うしかない。

岩船山、どこで何を撮ってもかっこよくなる説

さて、そこまで気を遣い、細心の注意を払ってまで写真撮りにいく価値が岩船山にあるのか?と言われたら、ありまくりだ、と言うしかない。
結婚写真にはあまり例がないだろうが、良い構図だ。
結婚写真にはあまり例がないだろうが、良い構図だ。
断崖結婚写真。
断崖結婚写真。
もう、どこでどう撮っても写真が格好良くなってしまうのだ。
さらに、今回は編集安藤さんとライター地主くんがカメラマンとして同行してくれたのだが、デイリー読者ならご存知の通り、二人ともやたらと写真が上手い。ロケーションとカメラマンが良ければ、何が写ってたってだいたい間違いないだろう。
ちなみに上記写真2点は、こんな感じで撮ってた。言うほどすごい崖じゃないけど、かっこよく写るのだ。
ちなみに上記写真2点は、こんな感じで撮ってた。言うほどすごい崖じゃないけど、かっこよく写るのだ。
特に安藤さんは、沖縄在住時に結婚式のカメラマンをしていたこともあるという、れっきとした結婚写真のプロである。
たかだか2mちょっとの崖でも、アングルを工夫して「落ちたら死ぬ的な断崖絶壁」での結婚写真っぽく撮ってもらえたのが、とても楽しい。
たぶんこの崖を格好良く写す技能、結婚写真には関係ないだろうけど。
断崖結婚写真2。
断崖結婚写真2。
さきほどよりさらに低い。でもかっこいい写真になる不思議。
さきほどよりさらに低い。でもかっこいい写真になる不思議。
ちなみに安藤さんに、今まで結婚式写真で大きい失敗ってありました?と聞いたら、式が終わって親族一同の集合写真を撮る時に、うっかりカメラからフィルムを落として感光させちゃったことがあります、とのことだった。
それは、撮影された親族の皆さんもさぞかし「マジかよ!」と思っただろう。
楽しんでるな、というのは伝わる安藤さん。
楽しんでるな、というのは伝わる安藤さん。
ポーズを決める地主くん。ヒーローとしてはヒラの戦闘員に負けるタイプっぽい。
ポーズを決める地主くん。ヒーローとしてはヒラの戦闘員に負けるタイプっぽい。
あと、僕と妻が写真を撮ってもらった後、崖の上から平地まで回り込んで降りているあいだに、安藤さんと地主くんがキャッキャしながらお互いを撮り合っていたのが、なんか良かった。
かっこいいポーズと、突風になびくベール。(次ページの伏線です)
かっこいいポーズと、突風になびくベール。(次ページの伏線です)
先ほど地図に「最大危険エリア」とされていた場所。実は僕らの背後2m先は切り立ったガチの崖で、すごく怖い。そして遙か向こうにはそれぞれ撮影中の皆さん。
先ほど地図に「最大危険エリア」とされていた場所。実は僕らの背後2m先は切り立ったガチの崖で、すごく怖い。そして遙か向こうにはそれぞれ撮影中の皆さん。
このイベント、実は100人以上のコスプレーヤー+カメラマンが参加しており、空いてる場所探しもなかなか一苦労である。

といっても皆さん非情にマナーが良いので、巨大なライフルを抱えたアニメヒロインと剣を抱えたゲームキャラと新郎新婦が「すいません、ここ大丈夫ですか?写り込まないですか?」「あっ、じゃあこっち、ちょっと避けますねー」など譲り合いながら撮影する、というほのぼのした感じだったが。
いったん広告です

緊急トラブル発生!どうなる爆発

さて、爆発撮影開始時刻の14時になったのだが、いまこんな感じ。
ビュウビュウと吹く風にふるえてます。さむい。
ビュウビュウと吹く風にふるえてます。さむい。
なんと、正午過ぎから突如として激しい風が吹き荒れはじめたため、爆破写真撮影がスタートできないというのである。
そりゃそうだ。さっきは休憩用に設営されたテントが吹き飛びかけたため、スタッフさんとコスプレーヤーの皆さんで慌ててテントのポールにしがみついて押さえてたぐらいだ。
この写真の直前、本当にテントが風で浮いた。
この写真の直前、本当にテントが風で浮いた。
ドレスの裾とベールが風で暴れるのを固定するため、こんなこともあろうかと持ってきていた巨大ダブルクリップを使用する。文房具、便利。
ドレスの裾とベールが風で暴れるのを固定するため、こんなこともあろうかと持ってきていた巨大ダブルクリップを使用する。文房具、便利。
このイベントは昨日と今日の2デイズ開催なのだが、昨日は風も気温も良い感じで、まったくトラブル無しに爆破撮影を行ったらしい。
というか、そもそもこの爆破写真イベントが雨天以外でここまで荒れたのは初めてのことだとか。
スタッフさんからの差し入れの豚汁をいただく。暖かくて超美味い。染みる。
スタッフさんからの差し入れの豚汁をいただく。暖かくて超美味い。染みる。
しかも、問題は突風だけではなかった。
なんと数時間前に岩船山の隣の山で山火事が発生。消防ヘリなどが出動する騒ぎとなっていたのだ。
確かに、撮影の合間に写り込んでいたヘリ。
確かに、撮影の合間に写り込んでいたヘリ。
「隣は山火事、外は突風、これなーんだ」というなぞなぞがあったとしたら、答えは我々である。
困ったことになった。

ナパームはムリだけど、セメントなら!

結局、風が収まるかもという一縷の望みにかけて一時間ほど待機したものの、やはり吹き止む気配はない。
これもしかしたら今日はムリかも…というムードが砂埃に吹き曝しとなったコスプレ集団に漂い始める。

その時、主催者さんから「ちょっと集まってください」と声がかかった。
どうなる、爆破!
どうなる、爆破!
「今から風のタイミングを見て爆破撮影やります!ただし、ナパームではなくセメント爆破です。ご了承ください!」

撮影決行である。
ところで、ナパームとかセメントって言われてもピンとこない人のために説明しておくと、どちらも特撮で使われる爆発のタイプのことだ。
ナパームいうのは巨大な赤い火球がぼわっと出る派手な爆発で、セメントというのが地面から煙がどわっと四方に上がる爆発。今回の撮影はナパームの予定だったのだが、風が強いのと隣山の山火事に懸念して、火が出ないセメントに切り替えますよ、という話である。

ナパーム爆破も撮りたかったが、セメント爆破だってかっこいい。というか、これだけトラブルが重なっていて中止にならなかったってだけで充分だろう。
こんな感じで爆破待機します。
こんな感じで爆破待機します。
さて、ところで今回の爆破写真だが、イベント参加費とは別で「爆破一発/一人につき1500円」を支払うことになっている。
えっ、爆破ってそんな低コストでできるのか?と思っていたのだが、なるほど、状況を見て納得した。
隣にいっぱい並んでる、爆破待機の人たち。
隣にいっぱい並んでる、爆破待機の人たち。
要するに、中央で爆破がどかーんと行くので、その円周上にずらっとコスプレーヤーが並んで撮影するのである。爆破をシェアするかたちでコストを下げているわけだ。
爆破をイイ感じに写そうと思ったら望遠レンズを使うことになるので、よっぽど近付かない限り、隣り合っている人が写り込むこともあまりない。
これが中央に配置された爆薬。セメントで固めてあり、爆発すると勢いよく粉塵があがる。
これが中央に配置された爆薬。セメントで固めてあり、爆発すると勢いよく粉塵があがる。
セッティングも完了し、あとは風が収まるのを待つばかりである。

いよいよ爆破!

とはいえ、我々、紙みたいに薄いタキシードと肩出しドレスという二人組だ。
爆破の待機中も、風が激しくなるたびにギャッと悲鳴が出る始末である。
(近くにビキニみたいなコスプレ衣装の女性もいたが、平気な顔でずっとポーズチェックやってた。覚悟が違う)
西部劇か!みたいな砂埃と突風が新郎新婦を襲う。つらい。
西部劇か!みたいな砂埃と突風が新郎新婦を襲う。つらい。
待つことおよそ5分。いい加減、砂埃で口の中がジャリジャリしてきたなー、と思い始めたころ、スッと風が止まった。
よっしゃ、爆破いくぞ!カウントダウン!
セメント爆破、粉塵きた!
破片らしきものが飛んでるのが分かる結婚写真。
破片らしきものが飛んでるのが分かる結婚写真。
爆発した瞬間の、いい粉塵をバックに。シビれるかっこよさである。
爆発した瞬間の、いい粉塵をバックに。シビれるかっこよさである。
動画でも分かるとおり、音はそんなに大きくない。思っていたより軽めの音だ。
しかし、音と同時に背中から揺さぶられたようなドムン!という衝撃が来る。音よりはどちらかというとこの衝撃の方が怖い。
あと、パラパラとセメントの破片だか砂利だかわからないものがパラパラと落ちてくるのも意外と怖い。「わー、爆発したんだ」という実感につながるからだ。
爆破にもう一回チャレンジ。直後、完全に粉塵に包まれて全身ジャリジャリだ。あと、隣の人の手足も写り込んでた。
爆破にもう一回チャレンジ。直後、完全に粉塵に包まれて全身ジャリジャリだ。あと、隣の人の手足も写り込んでた。
ともあれ、爆破結婚写真は大満足の出来となった。
ビビって目をつぶってしまった安藤さん。あとで「音ヤバい。音ヤバい」と何遍も繰り返していた。
ビビって目をつぶってしまった安藤さん。あとで「音ヤバい。音ヤバい」と何遍も繰り返していた。
あまりのかっこよさに「自分たちも爆破写真撮りたい」と言い出した安藤さんと地主くん。
なんで直立不動で撮ってんのか良く分からないけど、それでもなんとなくかっこいい写真になってるから面白い。

今後結婚式を挙げるカップルの人たちは、自動的にかっこよくなる爆破結婚写真、オススメである。

今回取材させていただいたコスナビさんでは、爆破以外にも廃墟や炭鉱跡などイイ感じで撮れる撮影イベントを定期的に開催している。もちろん爆破も年に数回ペースでやっているそうなので、興味のある方はサイトをぜひチェックしてみてください。(イベントは全て完全予約制)
6月にも爆破イベントがあるそうなのだが、こちらはすでに予約で定員に達したそう。実は僕らも再度ナパーム爆破にチャレンジするため、予約してるのだ。
取材協力:コスナビ
爆破スタッフさんの職人っぽさが、ちょっとシブすぎないか。
爆破スタッフさんの職人っぽさが、ちょっとシブすぎないか。
▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

サムネイル

大阪市此花区のポストは17色ある 大阪府此花区内の郵便のポストがいつの間にかカラフルに塗り分けられていました。せっかくなのですべての色をコンプリートしてみたいと思います。 (パスカ) [2023/06/02]

サムネイル

わたあめの袋のキャラになりたい 屋台で売っているわたあめは人気キャラクターの袋に入っている。自分もわたあめ屋さんをやることになったのでオリジナルの袋をつくってみた。 (とりもちうずら) [2023/06/02]

サムネイル

旅先でバイクを借りて乗り回すとおもしろい・バイクで行くタイ 前編 昨年の夏、タイのバンコクに行った。そのさい、現地のレンタルバイクを借りたのだけど、これがことのほか良かったので、皆さんにお知らせしたい。 (西村まさゆき) [2023/06/02]

サムネイル

2023.06.02の見どころ)綿あめを売る化けわらじ、17色のポスト、タイでバイクに乗る ほか 今日のみどころは綿あめを売る化けわらじ、17色のポスト、タイでバイクに乗る など (安藤昌教) [2023/06/02]

サムネイル

都市登山(デジタルリマスター) 東京は坂だらけ、といわれる。「東京は山だらけ」であると言いたい。山といっても高尾山とか奥多摩とかのことじゃない。都内のなんでもない駅前とかが、すでに山なのだ。 (三土たつお) [2023/06/01]

サムネイル

人は鎖骨にどれくらい水を貯められるのか対決 人はどれくらい水を貯められるのか、鎖骨編と口編です。字幕つけるのはかなりめんどくさいんですよ (大北栄人) [2023/06/01]

サムネイル

「ブルーハワイ味」って何味なんだろう?~今週の検索ワード 今週人気だった検索ワードや、いつも検索されている検索ワード、気になった検索ワードから記事を紹介するコーナーです。 (デイリーポータルZ) [2023/06/01]

サムネイル

自動車が一台もない「出羽島」の“手押し車文化”を見よ! 自動車が一台も走っていない、昔ながらの町並みが残る漁村だと聞いて訪れたのだが、そこには自動車の代わりに独自の手押し車文化が華開いていたのである。 (木村岳人) [2023/06/01]

サムネイル

手書きのタイトルっぽく書きたい ここ数年、右上がりの手書き風の文字で書かれたまんがや映画のタイトルをよく見かける。あの文字で書いたら、なんでも今どきのちょっとおしゃれなタイトルになるのではないだろうか。 (べつやく れい) [2023/06/01]

サムネイル

僕らのAIクローン音声が完成しました AI音声合成サービスで、二人の声のクローンができました。しかし声を似せる副作用として、日本語が片言に……。 (旅のラジオ) [2023/06/01]

サムネイル

手ぶらで旅行して分かったこと 旅行の荷造りがめんどくさいからやめたい。そもそも大体のものは旅先で揃うし、実は荷物とかバッグって必要ないんじゃないか。 (窪田鳳花) [2023/06/01]

サムネイル

一本の食パンを丸ごとフルーツサンドにしてみたい フルーツサンドを、イヤになるくらい食べまくりたい。あともう一切れで終わっちゃうという悲しみに向き合いたくない。特大の食パン一本をまるごとフルーツサンドにしてみた。 (山田窓) [2023/06/01]

サムネイル

2023.06.01の見どころ)全力フルーツサンド、手ぶら旅、港まちのねこぐるま、映画タイトルのあの手書き文字 デイリーポータルZが6月1日に公開する記事の見どころを編集部よりお伝えします。 (デイリーポータルZ) [2023/06/01]

サムネイル

コネタ募集と詳しい説明 コネタ募集しております。記事にするにはシンプルすぎる、でもTwitterで流れていってしまうには惜しい、そんな気づきを載せるコーナーです。 (林雄司) [2023/06/01]

サムネイル

張ろうぜ!クモの巣(デジタルリマスター) クモの巣はよく見るととてもきれいに張られている。ひとつの作品と言えるくらいだ。クモにできるんだったらヒトにだって張ることができるんじゃないのか、巣。努力したら勝てるんじゃないのか、おれも。 (安藤昌教) [2023/05/31]

サムネイル

自分で作ってみておいしかった世界の料理 ベスト3(選者:高瀬雄一郎) 奥様が世界一周旅行中で、行った国の料理を日本でつくって追いかけているという高瀬さん。今まで作っておいしかった料理を聞きました。 (デイリーポータルZ) [2023/05/31]

サムネイル

コーヒーのかわりに花を摂取する コーヒーの飲み過ぎが気になっている。代わりに花を愛でることで解決できないか。 (藤原浩一) [2023/05/31]

サムネイル

大好きな「はま寿司」で、まだ食べたことないメニューばかり頼んでみる 家の最寄りのはま寿司にふたりそれぞれ同時に訪れ、チャットで会話をしつつ、ふたりのどちらも頼んだことのないメニューだけを食べてみようということになった。 (酒の穴(パリッコ・スズキナオ)) [2023/05/31]

サムネイル

経費となかったことになっている写真~アナザーサイドオブ・ホルンの形に巻けない僕たち トルー作「ホルンの形に巻けない僕たち」の記事について、編集側の視点で書いてみた。 あの記事には載っていない事情と使われてない写真があった。 (林雄司) [2023/05/31]

サムネイル

ごはんの記憶が残らない島 鹿児島県南種子町(行ってかよかった市区町村) はげます会会員向けメルマガに掲載した、きだてたくさんのコラムを紹介します。 (デイリーポータルZ) [2023/05/31]

サムネイル

郵便局併設ATM、その営業時間を味わう ~土曜、12:30までですか!? ある土曜日、ゆうちょのATMでお金を引き出すべく郵便局に行ったら、目の前でATMが営業を終了した。昼の12:30のことだった。 (古賀及子) [2023/05/31]

サムネイル

生茶を手作りする キリンの生茶は、わざわざ生茶と名乗るくらいだから、生のお茶の葉で作っているのだろう。毎年お茶の葉を摘んで蒸したり揉んだり煎じたりしていたのだが、今年は生茶作りに挑戦してみようか。 (玉置標本) [2023/05/31]

サムネイル

2023.05.31のみどころ)手作り生茶、郵便局併設ATM、記事のアナザーサイド、はま寿司で食べたことないもの、コーヒーのかわりに花を、ほか (藤原浩一) [2023/05/31]

サムネイル

真夜中の重機たち(デジタルリマスター) 夜中に見る重機が好きだ。多くの人が寝静まり、町から賑やかさが消える、そんな時間帯。道路にぽつんとたたずむ重機には、昼間にはない独特の表情があると私は思う。今回は、そんな真夜中の重機たちを見ていきたい。 (木村岳人) [2023/05/30]

サムネイル

パンはパンでも食べられないパンはな~んだ?のドレミの歌を作る! ドレミの歌の替え歌が流行ってる(かブームが終わりつつある)らしいので急いで新しいのを考えてみました! (藤原浩一) [2023/05/30]

サムネイル

ホルンの形に巻けない僕たち ホルンの巻き方がかっこいい。身近なケーブルも、そのように巻いてみたいと思った。 (トルー) [2023/05/30]

サムネイル

大事なお知らせ:タマ&フレンズの世田谷線ラッピング電車がかわいいです 「うちのタマ知りませんか?」こと「タマ&フレンズ」が、いま世田谷線とのコラボでラッピング電車が走ってるんです。これが……かわいいんです……。 (古賀及子) [2023/05/30]

サムネイル

おいしい水でねるねるねるねを作ったらおいしいのか? ねるねるねるねは水を使うのだが、水がおいしければよりおいしくなるのだろうか。きっとなる。そう信じて岐阜に行った。 (江ノ島茂道) [2023/05/30]

サムネイル

本の厚さがうどん級!伊勢うどんで本を出した玉置さんに聞きました 伊勢うどんについてゴリゴリに取材して1冊の本にまとめた、玉置標本さんに話を聞きました。 (安藤昌教) [2023/05/30]

サムネイル

ブレーメン出身者がモトスミ・ブレーメン通りに行ったら、ブレーメン愛に感動した 夫がドイツのブレーメン出身者だ。本場のブレーメンっこがモトスミ・ブレーメン通りに行ったらどう思うんだろう。 (ほりべのぞみ) [2023/05/30]

サムネイル

2023.05.30 みどころ)養老の滝でねるねるねるね、ブレーメン人が行くブレーメン通り、タマのラッピング電車、ケーブルのホルン巻き ほか おいしい水でねるねるねるねを作るために岐阜へ行き、神奈川のブレーメン商店街にブレーメン出身者を連れていきます。今日もしなくていいこと盛りだくさんのデイリーポータルZです。 (石川大樹) [2023/05/30]

サムネイル

急な雨。傘がない。いったいどうしたら(デジタルリマスター) 雨の時、少しでも濡れないためには何を差すべきか考えてみたい。都市生活におけるサバイバル術だ。 (石川大樹) [2023/05/29]

サムネイル

美白たろう 紫外線が気になる季節になってきましたね! ももたろうの世界にも美白を取り入れてみました。 (べつやく れい) [2023/05/29]

サムネイル

カスタードケーキ「いのち」が命の味 疲れてコンビニに寄ったら「いのち」という名のカスタードケーキが売られていた。食べてみたらなるほどいのちだな、という味だったのです。 (安藤昌教) [2023/05/29]

サムネイル

言いづらいことを腹話術で言う ~編集長日記・営業担当日記より 「デイリーポータルZをはげます会」の会員限定コミュニティ「はげましひろば」から、編集長林と営業担当安藤の日記の一部をお送りします。 (デイリーポータルZ) [2023/05/29]

サムネイル

自転車用ナビで知らない町へ おそろしいほどに方向音痴である。特に自転車は目的地にたどり着けるか不安でしかない。ところが今回、自転車用のナビを試すことになった。これで知らない町まで迷わずに行けるだろうか。 (爲房新太朗) [2023/05/29]

サムネイル

Googleストリートビューに犬が写り込んでいた種子島の砂坂漁港に行く 2018年にGoogleストリートビューに写り込んだ犬がインターネットで話題になった。場所は鹿児島県の種子島にある砂坂漁港付近。ずっと行ってみたかったので、行ってきた。 (ネッシーあやこ) [2023/05/29]

サムネイル

道路が開通した日のこと あそこの道路、とうとう来月開通するらしいですよ。職場のひとが話していた。道路が開通するその瞬間、そこでは何が起こるのか。一部始終を見届けてきました。 (3yk(みゆき)) [2023/05/29]

サムネイル

マックのピクルスをマシマシにする方法 マクドナルドのピクルスが好きすぎるので毎回ピクルス多めと注文する。その夢をかなえる代用品を見つけた。 (つりばんど岡村) [2023/05/29]

サムネイル

家庭用製麵機で粉から麺を作ってラーメンを食べるワークショップを6/24に開催します! はげます会会員先行予約スタートしました!6/24(土)、玉置標本さんが教えてくれる、粉から麺を作ってラーメンを食べるワークショップを開催します。 (デイリーポータルZ) [2023/05/29]

サムネイル

2023.5.29 みどころ)マックのピクルス、つくばの道路開通、Googleストリートビュー写り込んでいた犬を探しに、自転車用ナビ など マクドナルドのピクルスの味に似たものをAmazonでみつけました。マシマシし放題です。 (橋田玲子) [2023/05/29]

サムネイル

親戚パブリックビューイング、学びはエンタメ、鬱陶しいナイト ほか(デイリーポータルZと東京カルチャーカルチャーのラジオ) デイリーポータルZと東京カルチャーカルチャーの最新情報を紹介するラジオです。 (安藤昌教) [2023/05/28]

サムネイル

【暗い旅ポータル】近くに女子が来た旅(プTV) (ヨーロッパ企画・中田) [2023/05/28]

サムネイル

崖の上のボク(デジタルリマスター) 林さんから「高い所で熱いニンジンを食べるのはどうでしょう?」と提案があった。「苦手な物をいっぺんに克服するチャンスです!」そんな甘い誘いにのって、林さんと2人で福井県の東尋坊に向かった。 (住正徳) [2023/05/28]

サムネイル

地元の人だけが知っている「郷土の偉人」教えてください ノーベル賞に何度も推薦されていたのに、あまり知られていない。「酸素」や「温度」という日本語を作った人なのに、あまり知られていない……。地元には、地元の人だけが知っている偉人がまだまだいるはず……。 (西村まさゆき) [2023/05/28]

サムネイル

シャボン玉って流行ってます? / うっかりデイリー 2023年5月27日号 デイリーポータルZが配信しているメルマガ「うっかりデイリー」5/27配信号です。 (デイリーポータルZ) [2023/05/28]

サムネイル

5分で終わるお手軽アクションRPG「オギダの伝説」公開!(無料ゲーム) なにかと忙しい現代人に送る、5分で終わる本格アクションRPG、それが「オギダの伝説」だ!!! (荻原 貴明) [2023/05/28]

サムネイル

書き出し小説大賞 261回秀作発表 書き出しだけで成立するミニマムな小説。自由部門と規定部門『親切』あわせて40作品の発表です。 (天久聖一) [2023/05/28]

サムネイル

2023.5.28の見どころ)無料ゲーム、書き出し、郷土限定偉人 今日のゲームに(無料ゲーム)ってついているのが魅力的です。でもよく考えたらサイト全部が無料でした。20年間ずっと無料。なんでやってんだろう? (林雄司) [2023/05/28]

サムネイル

トイレットペーパーが遠い、ピクルス味のビール、大阪城公園のキツツキ~ 今週のコネタ ささいな発見を人に伝えるコネタ、今週は8本です。超短い記事は「今週のコネタ」に名前を変えました。 (デイリーポータルZ) [2023/05/27]

サムネイル

福井ライムツアー(デジタルリマスター) 感動をライムで伝えたい。ライム、韻を踏む楽しさは旅の浮かれた気持ちを伝えるには最適だろうと思ったのだ。 (林雄司) [2023/05/27]

サムネイル

2種のチリトマトヌードルと真剣に向き合う(なぜなら、チリトマトヌードルが好きだから) 高タンパク&低糖質をうたうカップヌードル PROのチリトマトヌードル。単体で食べると「普通のと変わらんな」と感じるが、じっくり食べ比べたら、実際どのくらい違うのだろうか。 (JUNERAY) [2023/05/27]

サムネイル

「プチプチ」を作った会社に「そもそもこれはなにか」を聞きにいったら最終的に宇宙にたどりついた 誰もが一度はつぶしたことがあるだろう、梱包材のプチプチ。アレの商品名が、そのまんま「プチプチ」なのをご存じだろうか。あれってどうやって作っているか、そもそも誰が作り始めたのか、プチプチはどこから来てどこへ行くのか……。 (井上マサキ) [2023/05/27]

サムネイル

漫画喫茶で漫画よりもソフトクリームに溺れる 大好きな漫画喫茶があるのだが、そこでは、もちろん漫画が読める一方、なんとソフトクリームが食べ放題になっている。で、しかも、そのソフトクリームが、すこぶる美味しいのであった! (ヨシダプロ) [2023/05/27]

サムネイル

2023.5.27の見どころ) プチプチ、ソフトクリーム、チリトマトヌードル 今日のテーマはプロです。仕事インタビューにヨシダプロとカップヌードルPROです。 (林雄司) [2023/05/27]

サムネイル

濃いジュースをタレとしてあがめる(デジタルリマスター) とにかく濃いジュース。あれ、もはやジュースじゃないと思う。あれほどまでの濃厚な味わい、飲むというより何かにかけて食べるのが正解なような気がするのだ。 (古賀及子) [2023/05/26]

サムネイル

むかない安藤「携帯おにぎり魚むすび」(10秒動画) むかずにそのまま食う男、むかない安藤今日はウルトラマラソン中に行動食として食べた魚むすびをむきません (安藤昌教) [2023/05/26]

サムネイル

副都心線のベンチをデザインする~自由ポータルZ ライターへの登竜門。皆様の記事投稿をご紹介する自由ポータルZです! 投稿も募集中です。 (デイリーポータルZ) [2023/05/26]

サムネイル

量り売りの沖縄そば屋が最高だった セルフ式で量り売りの沖縄そば…いったいどういう事なのか。お店の様子をレポートしたい。 (DEEokinawa) [2023/05/26]

サムネイル

人は自ら作ったハードルを飛び越えることで成長する 人が成長するのはハードルを飛び越えるときである。ならば自作して飛び越えようと思う。 (地主恵亮) [2023/05/26]

サムネイル

超絶技巧!豆腐の千切りスープ「文思豆腐」に私も挑む 「文思豆腐」はプルプルやわやわの豆腐をなんと千切りにした中華料理。巧みな包丁さばきを会得した料理人がたどり着く境地です。素人の私が作ってみます。 (唐沢むぎこ) [2023/05/26]

サムネイル

網走で本物のカヤックを見学する~しらべ旅 カヤックはもともとイヌイトなど、寒冷な地域の人々の舟だ。そのオリジナルのカヤックが見られる貴重な場所が、網走にある。 (拙攻) [2023/05/26]

サムネイル

2023.05.26 今日の見どころ)ハードルを越えて成長する、本物カヤック、量り売り沖縄そば、豆腐の千切り ほか 今日のみどころはハードルを越えて成長する、本物カヤック、量り売り沖縄そば、豆腐の千切り など (安藤昌教) [2023/05/26]

サムネイル

ドイツの犬が怖い 2008(デジタルリマスター) 今一番言いたいのは「ドイツの飼い犬が怖い」ということです。イッヒ怖い、怖いよー。というわけで、以下ざーっとご紹介したいと思います。 (乙幡啓子) [2023/05/25]

サムネイル

旗振り通信でどこまでメッセージは伝わるか? ~今週の検索ワード 今週人気だった検索ワードや、いつも検索されている検索ワード、気になった検索ワードから記事を紹介するコーナーです。 (デイリーポータルZ) [2023/05/25]

サムネイル

デイリーポータルZではあなたの原稿を募集しております デイリーポータルZの記事は40人ほどのレギュラーライターが執筆していますが、記事の投稿も常時受け付けております。ぜひあなたの力作をお送りください…! (石川大樹) [2023/05/25]

サムネイル

ヤクルトの選手の古い映像が見たくて福岡へ 王貞治が756号のホームランを打ったのはヤクルトの鈴木康二郎投手。打たれた側の選手を見るために王貞治ミュージアムに行きました。 (べつやく れい) [2023/05/25]

サムネイル

ちょい飲み系メニューが他店よりも充実した「富士そば」へ飲みに行く 関東地方を中心に展開する人気の立ち食いそばチェーン「富士そば」。そのなかに、現在3店舗のみ、ちょい飲み系メニューが充実した店舗があることを知り、飲みに行ってみました。 (パリッコ) [2023/05/25]

サムネイル

路面電車のある街は、それだけでちょっと好きになる ワルシャワ、グダニスク、松山。路面電車のゆっくりした走りが街を魅力的に見せます。子供といい旅をする秘訣の話も。 (旅のラジオ) [2023/05/25]

サムネイル

あなたのいらないものは誰かの宝かも! いらないもの物流センターを 6.2(金)ナレッジキャピタルで開催 関西に住む皆さん!6月2日(金)はあけておいてください。再びいらないもの交換イベントが開催されます。今回は「いらないもの物流センター」です。 (林雄司) [2023/05/25]

サムネイル

真剣一本!友達のランドセルのふた開け対決! いたずらで気づかないうちにランドセルを開けられ、おろすときに荷物をぶちまけてしまうことがよくあった。あの熱い戦いを、いまこそもう一度やってみることにした。 (まいしろ) [2023/05/25]

サムネイル

2023.05.25の見どころ)ランドセルのふた、いらないもの物流センター、富士そば飲み、ヤクルトの選手の映像を観に福岡へ デイリーポータルZが5月25日に公開する記事の見どころを編集部よりお伝えします。 (デイリーポータルZ) [2023/05/25]

サムネイル

どぅまんぎるとマブイが落ちる(デジタルリマスター) 「どぅまんぎるとマブイが落ちる」は沖縄ではごく一般的な話。落ちたマブイを再び体に入れるには、「ユタ」と呼ばれる神職のエキスパートにお願いするしかない。落ちたマブイをユタに拾ってもらっていてはきりがないので、人々は自分で拾うようになったのだ。 (安藤昌教) [2023/05/24]

サムネイル

似たようなレンズばかりを持ち寄る会 「標準レンズ」と呼ばれるレンズがある。その名のとおり、標準的な画角の写真が撮れるレンズである。この標準レンズは放っておくと数が増えていくのだ。 (安藤昌教) [2023/05/24]

サムネイル

1日スマホとパソコンを本気で断つ 1日スマホ(PC)を断つと自分がどうなるか興味が沸いた。実践してみました。 (與座ひかる) [2023/05/24]

サムネイル

用水路に落ちて地元の人に助けてもらった話 山形県鶴岡市(行ってかよかった市区町村) はげます会会員向けメルマガに掲載した、三土たつおさんのコラムを紹介します。 (デイリーポータルZ) [2023/05/24]

サムネイル

横浜の街でセグウェイに乗った!! このたび、子供の頃から夢見てきたセグウェイに乗って、横浜の街を観光することができた。めちゃくちゃ楽しかったです。 (ほり) [2023/05/24]

サムネイル

昭和の駄菓子屋はほぼカジノだった!? 昭和の駄菓子屋やお祭りなどで行われ、子どもたちのなけなしのおこづかいをチューチュー吸い上げていたハードなギャンブルを振り返りたいと思います。 (北村ヂン) [2023/05/24]

サムネイル

2023.05.24のみどころ)セグウェイに乗った!、昭和の駄菓子屋のはなし、1日スマホ断ち、標準レンズだけ持ち寄る会 (藤原浩一) [2023/05/24]

サムネイル

素晴らしきジプニーアートの世界(デジタルリマスター) ジプニーの車体に描かれたペイント、すなわちジプニーアートを観察してみようと思う。 (木村岳人) [2023/05/23]

サムネイル

自作コンビニバーガーの満足度が高い おやつなどにふと食べたくなったとき便利な、コンビニのハンバーガー商品。だけどそれとは別に、“自ら作る”という選択肢もあって、なかなかいいんです! (パリッコ) [2023/05/23]

サムネイル

本の帯を本以外にも 本には帯が付いている。帯は大事だ。帯が良くてとてつもなく売れたりもするらしい。ならば「本の帯」を本以外にも 広げていきたいじゃないか。魅力的に見えるかもしれないぞ。 (トルー) [2023/05/23]

サムネイル

サービスエリアは豚汁が1番いいから サービスエリアにはその土地の名物から屋台の肉串までさまざまな食べ物があるが、真に食べるべきは豚汁。今日はそんな話をさせてください。 (りばすと) [2023/05/23]

サムネイル

「何も知らないけど初心者向けセットを買いました」からはじめる電子工作 電子工作のこと、なんでずっと「よくわからない」ままなんだ。それは、自分がやったことがないからではないか。 (デイリーポータルZ) [2023/05/23]

サムネイル

琵琶湖に浮かぶ聖地、竹生島に行く 滋賀県にある日本最大の湖、琵琶湖。琵琶湖には4つ島があるという。その中でも今回は「神が棲む島」とも呼ばれている竹生島に行った。 (井口エリ) [2023/05/23]

サムネイル

2023.05.23 みどころ)サービスエリアでは豚汁、琵琶湖の聖地・竹生島、電子工作入門、本以外にも帯、コンビニ自作バーガー サービスエリアの唯一解がまさか豚汁とは。そして琵琶湖に浮かぶ島であり聖地を探訪。旅する記事2本と身近な記事3本のフルハウス構成でお届けします。 (石川大樹) [2023/05/23]

サムネイル

ゴミ収集車にはどのくらいゴミが入るのか(デジタルリマスター) (石川大樹) [2023/05/22]

サムネイル

なぜかハマる!今井翼の旅番組 『今井翼 タイ縦断鉄道の旅』 『今井翼 タイ縦断鉄道の旅』(BS日テレ) 毎週日曜 21:00~21:54放送 (ヒロエトオル) [2023/05/22]

サムネイル

AIがいつかどうにかしてくれる ~編集長日記・営業担当日記より 「デイリーポータルZをはげます会」の会員限定コミュニティ「はげましひろば」から、編集長林と営業担当安藤の日記の一部をお送りします。 (デイリーポータルZ) [2023/05/22]

サムネイル

シュクメルリ、アチャルリハチャプリ……ジョージア料理をはじめて味わった 友人がジョージア料理のイベントを開催するという。片道約20時間の国の、未知なる味わいを堪能してきた。 (山本千尋) [2023/05/22]

サムネイル

新潟の激渋ホテル、公楽園に泊まる 「新潟には公楽園という、激渋で激安なホテルがあるんですよ」と当サイトの会議のなかの雑談として話した。すると編集長の林さんから「岡村さん、そこ泊って来てくださいよ」と言われてしまった。 (つりばんど岡村) [2023/05/22]

サムネイル

ニヤニヤとニコニコの違いをいま一度しっかり考えてみる 「ニヤニヤするな、ニコニコしろ!」。初めてのアルバイト先の店長に、そう注意されたことがある。多感だった当時は、その違いがわからず少し落ち込んだ。いったいなにが違うのか、もう一度考えて整理してみたい。 (小堺丸子) [2023/05/22]

サムネイル

2023.5.22 みどころ)新潟の激渋ホテル 公楽園、 ニヤニヤとニコニコの違い、シュクメルリ ジョージア料理 など 「ニヤニヤするな、ニコニコしろ!」とバイト先の人に言われたことがあるそうで、いったい何が違うのか考察してみました。 (橋田玲子) [2023/05/22]

サムネイル

小食ビュッフェ、バント職人ナイト、カオスで正当化 ほか(デイリーポータルZと東京カルチャーカルチャーのラジオ) デイリーポータルZと東京カルチャーカルチャーの最新情報を紹介するラジオです。 (安藤昌教) [2023/05/21]

サムネイル

一日で股割りは出来るのか!? 誰かが出来ることは編集部安藤にも出来るはず!だって同じ人間だから。今回は「一年で股割り」が出来るようになるというトレーニングチューブを使います。一年で出来ることは一日で出来るはずだ! (安藤昌教・西垣匡基) [2023/05/21]

サムネイル

絶景だらけ! 福岡の北から南まで公共交通で移動する 北は離島、南は山村。公共交通を使って行ける範囲で、福岡市内を端から端まで移動してみたらダイナミックすぎて感動した。 (ライスマウンテン) [2023/05/21]

サムネイル

ナチュラルにノリツッコミ / うっかりデイリー 2023年5月20日号 デイリーポータルZが配信しているメルマガ「うっかりデイリー」5/20配信号です。 (デイリーポータルZ) [2023/05/21]

サムネイル

ひさしぶりの「さくら水産」がいい店だった 2000年代、東京都心でお金がないときに行く居酒屋はどこだったか。それは「さくら水産」ではなかったですか。もう何年も行ってない。どうなっているだろう。 (古賀及子) [2023/05/21]

サムネイル

エスカレーター清掃の技をプロに聞く どんな職業にもプロフェッショナルがいるように、エスカレーターの清掃にもプロがいるはずだ。きっと私たちが想像できないような、効率的で楽ちんな清掃の技を知っているに違いない...! (ほしあさひ) [2023/05/21]

サムネイル

2023.5.21の見どころ)エスカレーター清掃、さくら水産、福岡市の絶景 本日はエスカレーター清掃とさくら水産、知ってるようで知らない世界をお見せします。どちらもまさにデイリーの面目躍如。 (林雄司) [2023/05/21]

サムネイル

水が甘くなるたくあんを求めて(デジタルリマスター) 子供の頃、たくあんを食べてから水を飲むと甘く感じた。最近思い出してやってみたら、なんと甘く感じなかったのだ。全力で水が甘くなるたくあんとその原因を追いました。 (古賀及子) [2023/05/20]

サムネイル

セリア(本社:岐阜県)にある食器もちかえり用の新聞紙は岐阜新聞 東京のセリアで食器を買い、袋詰め台で新聞紙で包もうとしたところ、置かれているのが岐阜新聞だったのである。わざわざ岐阜から古新聞を運んできたのか…!? (石川大樹) [2023/05/20]

サムネイル

商品を持った手をビタッと止めたかった 皆さんは近年、CM界に起きたある変化にお気づきだろうか?商品をこちらに向かって突き出すタレントの腕と手が、微動だにせずビタっと止まっているのだ。めちゃくちゃ気になる! (石井公二) [2023/05/20]

サムネイル

ほめてるつもりの「期待をこめて★4」は逆効果なんです! ~個人アプリ開発者というおしごと ライターの松本圭司さんは個人アプリ開発者でもあり、GPSアプリ「ジオグラフィカ」を作っています。アプリのレビューってどうなの?AIに手伝ってもらってるって本当?などいろいろ聞きました。 (デイリーポータルZ) [2023/05/20]

サムネイル

2023.05.20の見どころ)手だけビシッと止めたCM、アプリ開発者の苦悩、100均岐阜新聞問題 ほか 今日のみどころは手だけビシッと止めたCM、アプリ開発者の苦悩、100均岐阜新聞問題 など (安藤昌教) [2023/05/20]

サムネイル

不安の分だけ貯金する(デジタルリマスター) たまっていくのが不安じゃなくて、お金だったらいいのになあ、なんてばかげたことを思いついた。不安をお金に変換すれば、今のぼくならばすぐにお金持ちになれそうだ。 (藤原浩一) [2023/05/19]

サムネイル

むかない安藤「旨爆辛チョリソー」(10秒動画) むかずにそのまま食う男、むかない安藤今日はとても辛そうなソーセージをむきません (安藤昌教) [2023/05/19]

サムネイル

18万円のティラノサウルスを買った話~自由ポータルZ ライターへの登竜門。皆様の記事投稿をご紹介する自由ポータルZです! 投稿も募集中です。 (デイリーポータルZ) [2023/05/19]

サムネイル

むしろエスカレーター?なミュンヘンの古いエレベーター「パタノスタ」は、少し怖いがかっこいい 原理はほぼベルトコンベアーそのもので、上りのエレベーターは最上階の機械室で折り返して、そのまま下りに接続している。今ではほぼ使われなくなった古いスタイルのエレベーターだ。 (こーだい) [2023/05/19]

サムネイル

ダイエット前に食べておきたい巨大サンド「フランセジーニャ」 ダイエットを始める前になにを食べておきたいか。あれこれ考えて辿り着いたのが、ポルトガルのド級サンドイッチ「フランセジーニャ」でした。 (きだてたく) [2023/05/19]

サムネイル

食材持ち込み可のいちご狩りで120%いちごを楽しむ 春だしいちご狩りでもするか、と調べていたら近所にいちご農園があることを知った。しかも好きなソースや食材が持ち込みが可能らしい。気になるので行ってみました。 (月餅) [2023/05/19]

サムネイル

2023.05.19の見どころ)ポルトガルの巨大サンドイッチ、持ち込みオッケーいちご狩り、エレベーターなの? ほか 今日のみどころはポルトガルの巨大サンドイッチ、持ち込みオッケーいちご狩り、エレベーターなの? など (安藤昌教) [2023/05/19]

サムネイル

高崎のスパゲッティは量が多い(デジタルリマスター) 群馬出身のひとが東京に来ていちばん驚いたことはスパゲッティの量が少ないことだと言っていた。地元はもっと量が多かったと言う。高崎へ行き、なかでも量が多いと評判のお店を何軒か回ってみた。 (林雄司) [2023/05/18]

サムネイル

ビュッフェサイコパス盛り付け対決 やべえやつだと一発かましたいとき、ビュッフェでやばい盛り付けを学んでおきましょう。むちゃくちゃですが字幕つけときました (大北栄人) [2023/05/18]

サムネイル

メロンの形のアイス、知っていますか?~今週の検索ワード 今週人気だった検索ワードや、いつも検索されている検索ワード、気になった検索ワードから記事を紹介するコーナーです。 (デイリーポータルZ) [2023/05/18]

サムネイル

六本木地味さんぽ~しらべ旅 六本木は派手な繁華街だ。そんなイメージの六本木だが、調べると地味な見どころあった。いくつか巡ってみたい。 (べつやく れい) [2023/05/18]

サムネイル

【人生相談】 マレーシアよりも無政府を感じたい私は、どこに行けば良いですか 飛行機を降りて湿気がムワッと来るあの感じがアジアの旅情かも。ところで最もアナーキーを感じる旅先といえば、コートジボワールと…? (旅のラジオ) [2023/05/18]

サムネイル

北海道の焼き鳥チェーン、串鳥は深く深く愛されている お通しのスープがおかわりし放題、つくねの圧倒的バリエーション、夜8時までというハッピーアワー設定。北海道でこよなく愛されている焼き鳥チェーンの「串鳥」をしょうかいします。 (拙攻) [2023/05/18]

サムネイル

仕事着のままでランニングすると効率がいいうえにドラマチック 私たちは心の底から痩せたいと思っているのにランニングをしない。もういっそ、仕事が終わったら間髪を入れずに仕事着のまま走ってしまうのはどうだろうか。 (窪田鳳花) [2023/05/18]

サムネイル

2023.05.18の見どころ)北海道の「串鳥」、仕事着(作務衣)ランニング、みっちり予習してから行く六本木 デイリーポータルZが5月18日に公開する記事の見どころを編集部よりお伝えします。 (デイリーポータルZ) [2023/05/18]

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ