特集 2014年10月30日

カルデラとしての箱根観光

カルデラといえば阿蘇と思ってませんか?箱根もです!
カルデラといえば阿蘇と思ってませんか?箱根もです!
カルデラっていうのは、周りに山がぐるっと囲んでる地形。でかい火山が大噴火したりしてできる。

阿蘇にあるのが有名だけど、じつは箱根もカルデラなのだ。

芦ノ湖を見ながら「カルデラ湖だなあ」と思いたくて、カルデラとしての箱根を観光してみました。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:案内サインは必死によびかける

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

これが箱根カルデラだ

箱根といえば、大鳥居に杉並木の並ぶ観光地だと思ってないだろうか。
大鳥居に、
大鳥居に、
杉並木
杉並木
違う。箱根は、数十万年から何回も大噴火を起こしてそのたび周辺の生物を死滅させた偉大なるカルデラなのだ。

まずは、その全貌を見ていただきたい。
箱根カルデラの全貌
箱根カルデラの全貌
いいでしょ、この地図。富士製作所の「箱根山」。こういう立体地図は人生を豊かにしますよ。

それはさておき、ほらね、カルデラでしょう。でっかい噴火があって、真ん中がなくなったんだなっていう感じがする。
箱根カルデラ(説明つき)。言葉の説明はおいおい。
箱根カルデラ(説明つき)。言葉の説明はおいおい。
そもそも箱根の「箱」とは、カルデラの形のことなのだ。ただ、芦ノ湖で観光遊覧船に乗っているときに「ああカルデラ湖だなあ」とはふつう思わないし、向こうに見える山々を見ながら「ああ、外輪山だなあ」とは思わない。
ああ、カルデラ湖だなあ。とはふつう思わない。
ああ、カルデラ湖だなあ。とはふつう思わない。
箱根にもともとあった火山が何回も大噴火して、真ん中にぽっかりと穴が残った。そこに今では町ができて、美術館ができたり、大学生が駅伝で走ってきたりしている。
美術館とか神社とか。
美術館とか神社とか。
驚天動地の大事件が起きた、そんな跡地のカルデラとしての箱根を観光して、「ああ、外輪山だなあ」みたいなことを思いたい、というのが今回の主旨です。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓