特集 2014年10月2日

案内サインは必死によびかける

必死にぼくらを案内する
必死にぼくらを案内する
右に行くとトイレで、まっすぐ行くとエスカレーター。 ビルとか駅とかで見かける行先案内を、案内サインというらしい。

よく見ると実は必死にぼくらに呼びかけていたんだってことに気がついた。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:自転車で気持ちいい道

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

案内サインってこういうの

まず、よくある案内サインの例を見てほしい。
よく見るでしょ
よく見るでしょ
これは、区役所の中にあるサイン。あー、こういうのあるよねと思ってもらえるだろうか。左奥に行くとトイレがあるんだなとかが分かる。

次は、サインのデザインに関する賞も取ったという京王線調布駅の案内サイン。
でっかくエレベーターのサイン
でっかくエレベーターのサイン
階段の壁にでっかくサインが書いてある。遠くからでも向こうがエレベーターだとすぐ分かるし、確かに洗練されていると思う。

必死な案内サインの例

いっぽうこちらは、何の賞も(たぶん)取ってないけど、個人的に好きな案内サイン。
ヒカリエはこちら
ヒカリエはこちら
渋谷ヒカリエの案内が、見えてるだけで3つある。ヒカリエは乗り換えの場所だから重要だし、JR渋谷駅の駅員さん、何度も何度もヒカリエの行き方を聞かれるんだろうなあということが想像できる。
これも投げやりなヒカリエがすごくいい。
これも投げやりなヒカリエがすごくいい。
これは都営三田線、巣鴨。
これは都営三田線、巣鴨。
この案内で、右下の「とげぬき地蔵」だけ矢印もふくめて全部手作りなのに気づくだろうか。とげ抜き地蔵は、巣鴨にきたおばあちゃんの99%が行くところである。

これを見て、そうか、案内サインて必死なんだということに気づいた。場合によっては手書きでもなんでもいい。とにかく分かりやすく案内して、毎日の問合せを少しでも減らしたい。そんな感じが伝わってくるのだ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓