特集 2012年7月26日

フランスの田舎を歩いた一ヶ月(サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼 前編)

いわばキリスト教版の遍路、「サンティアゴ巡礼路」を72日かけて歩いてきました
いわばキリスト教版の遍路、「サンティアゴ巡礼路」を72日かけて歩いてきました
去年の春から初夏にかけて、四国遍路1200km(+α)を踏破した(詳しくはこちらをご参照下さい)。それでもう一生分くらいの距離を歩いたような気がしたのだけれど、恐ろしい事に夏くらいには再び徒歩旅行に出たくなっていた。

「じゃぁ、次はどこを歩こうか」と思った私の頭に浮かんだのはサンティアゴ巡礼路であった。スペインの北西部に位置する「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」は、ローマ(バチカン)とエルサレムに並ぶキリスト教三大聖地の一つに数えられている。中世よりヨーロッパ全土から巡礼者を集め、今もなお徒歩でサンティアゴを目指す人は多い。

ちょうど円高でもあるし、今行かなきゃいつ行くのだ。……という事で、今年の4月から7月にかけて、フランスとスペイン計1600kmを歩いてきました。今回はそのうちのフランス編です。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:横浜港の廃線たどって古いモノ巡り

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

たくさんあるサンティアゴへの巡礼路

ヨーロッパの西の果て、サンティアゴへは数多くの巡礼路が存在する。そのうち最もメジャーなのは、フランスとスペインの国境にある「サン・ジャン・ピエント・ポー」という町からスペイン北部の内陸を行く「フランス人の道」だ。

ただ、この「フランス人の道」は約800km。去年の遍路で歩いた距離よりも少ないのである。どうせなら、四国遍路で歩いた距離を超えたいなぁという思いもあり、フランス南東部の「ル・ピュイ・アン・ヴレ」から「サン・ジャン・ピエント・ポー」に至る「ル・ピュイの道」と呼ばれる巡礼路を歩き、それから「フランス人の道」を経てサンティアゴに行くルートを選択した。

より大きな地図で表示
今回の記事で歩いた「ル・ピュイの道」ルート図

How to サンティアゴ巡礼 in フランス

というワケで、「ル・ピュイ・アン・ヴレ」のカテドラル(大聖堂)から出発である。朝8時、カテドラルには既にたくさんの巡礼者がおり、皆続々と出発しだしていた。

ル・ピュイは山間部に位置しているという事もあり、4月の下旬であってもかなり寒い。フリースを着込み、さらにレインウェアを羽織ってちょうど良いくらいだ。
よし、ここからスタートだぜ
よし、ここからスタートだぜ
ザックにホタテ貝を括り付けた巡礼者たち
ザックにホタテ貝を括り付けた巡礼者たち
サンティアゴ巡礼には必須アイテムが二つある。一つは巡礼手帳「クレアンシャル(スペイン語ではクレデンシャル)」。これは巡礼者の身分証みたいなものだ。宿や役場にてスタンプを押してもらう事で、いつどこを通ったのかが分かる仕組みである。

もう一つはホタテ貝。これはサンティアゴ巡礼者を示すシンボルである。なんでも、サンティアゴのあるガリシア地方はホタテが名物で、巡礼を終えた人々が記念に持ち帰った事から、いつしか巡礼者の象徴になったのだとか。
巡礼手帳とホタテ貝
巡礼手帳とホタテ貝
巡礼が進むとこんな感じにスタンプがたまる
巡礼が進むとこんな感じにスタンプがたまる
いずれもル・ピュイのカテドラルで売っているので、私もまたそれらと、あとルートマップを購入した。よし、これで私も巡礼者。いざ、出発だ。

四国遍路では道標がルートを示してくれていたが、それと同様、サンティアゴ巡礼路もまた道標が完備されており、基本的には迷う事無く歩けるようになっている。
赤白マークがフランスにおける巡礼路の証
赤白マークがフランスにおける巡礼路の証
これは「左に曲がれ」という意味
これは「左に曲がれ」という意味
様々な表示があるが、信じて良いのは赤白マークだけだ
様々な表示があるが、信じて良いのは赤白マークだけだ
巡礼路上では赤白マーク以外にもいろんな色のマークを見かけるが、他は別のルートを示すもので正しいのは赤白マークだけだ。私は何度か黄色マークについて行ってしまい、酷い目に遭った。

また赤白マークも手放しで信用するワケにはいかない。フランス国内には長距離を歩く道(GRという)が張り巡らされており、サンティアゴ巡礼路もまたそのうちの一部という位置付けである(ル・ピュイの道はGR65)。この赤白マークはあくまでGRを示すものであって、GR65以外のGRにも用いられているのだ。

赤白マークをたどっていたら、いつの間にかGR6Aという別のコースに入り込んでしまい、かなりの遠回りを強いられた事があった。赤白マークに頼り切るのではなく、標識の確認やこまめな地図のチェックが必要だ。
ル・ピュイの町を出てからは牧場を歩く
ル・ピュイの町を出てからは牧場を歩く
さらに谷に沿って行き――
さらに谷に沿って行き――
山を越え――
山を越え――
初日の宿泊地である「サン・プリヴァ・ダリエ」に到着
初日の宿泊地である「サン・プリヴァ・ダリエ」に到着
「ル・ピュイの道」の一日目は変化に富んだ実に楽しい道である。距離も23.5kmとそれほど長くなく、巡礼のペースを作るに最適だ。まさに初日にふさわしいコースと言えるだろう。

なお、フランスのサンティアゴ巡礼では、宿泊はジット(Gite)と呼ばれる簡易宿を利用する。大部屋にベッドを並べた、まぁユースホステルに近い設備の宿だ。

ジットは自治体が運営する公営(ジット・コミュナル)と私営のものがあり、公営は10~15ユーロくらい、私営は15~20ユーロくらいである(いずれも素泊まりの場合)。たいていはキッチンがあり、自炊が可能なのが嬉しい。
公営宿の場合は、自分の名前を書いてベッドを確保
公営宿の場合は、自分の名前を書いてベッドを確保
寝室はこんな感じで、男女相部屋である
寝室はこんな感じで、男女相部屋である
教会の建物を改装したジットもある
教会の建物を改装したジットもある
元は見張り塔なのか倉庫なのか、左の建物がジット
元は見張り塔なのか倉庫なのか、左の建物がジット
なお、近年はこの「ル・ピュイの道」を歩く人が増えており、ジットのキャパシティが追い付いていないのが実情のようだ。序盤はまだまだ余裕でベッドを確保できたのだが、後半になるにつれジット争奪戦は激しさを増し、宿の事前予約が必須となる。

公営にせよ、私営にせよ、ジットでは英語が通じない場合が多い(フランス人は基本的に英語が苦手なのだ)。電話でフランス語を話すのはなかなか敷居が高いが、避けては通れない道である(とか偉そうな事を言いつつ、幸いにも人との出会いに恵まれた私は、結局一度も自分で予約する事はなかった)。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓