短い記事 2021年7月9日

ポン・デ・リングを串で食うと野性味が増す

ポン・デ・黒糖の串。

ポン・デ・リングを串で食うと野性味が増す。そういう話をこれからする。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:余った折り紙の黒で切り絵をして余ったものを作る


ドーナツを串で食うというギャップ

ミスタードーナツのポン・デ・リング、あれは不思議な食べ物である。

001.jpg
ポン・デ・リングシリーズのひとつ、ポン・デ・黒糖。

ドーナツの生地を一度球体にしてから、ドーナツ状に成形している。製造工程をわざわざひとつ増やして、ただただかわいい形にしているのだ。

実際は、ポン・デ・リングのタピオカ入りの生地がそのままでは均一に膨らまないから、というすごくちゃんとした理由があるようなのだが、そんなことはどうでもよくなるくらいかわいい形をしている。

002.jpg
ポン・デ・ライオンもすごくかわいい。

あまりにかわいいので、ただ食べるだけでなくあれこれ手を加えたくなるのだ。

003.jpg
例えばバラバラにして、
004.jpg
串で食べるのはどうだろう。

実はこれ、『ポン・デ・リングアレンジ界』では定番のようで、これに黒蜜をかけたりベーコンを巻いた食べ方が知られているが、何もせずこの串のまま食べてもすごくおいしいのだ。

だってこれはポン・デ・リングだから。

005.jpg
006.jpg
もちもちだ。

ドーナツの形で食べるより野性味が強い。糖分が体を走るスピードが早い気がする。バクバク食べたら木の筒に串をカーンと入れて、頭にタオルを巻いて現場に戻る。そんな気持ちになった。

そうじゃなきゃ夏祭りの屋台である。『もちもち串』とかいう名前で売ってるんじゃないかこれは。これを食べながら夜の神社をぶらぶら歩きたい。

食器や皿を変えただけで食べ物の味わいってガラッと変わったりするものだが、ドーナツを串で食べた時の落差がすごくておもしろかった。

007.jpg
串の最後の方は特に野性味が強い。歯で、串から引きずり出すんだから。ポン・デ・リングを。
008.jpg
ドーナツ状のポン・デ・リングに串を二本刺したらうなぎの蒲焼みたいでいいなと思ったが、これはポン・デ・リングに限らずこうなるし、うなぎもこの状態では食べないので、もう全然この話には関係ないねーということになった。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ