特集 2015年11月12日

オオカミウオを釣って食べたら色々大変だった

この写真が騒動の発端。
この写真が騒動の発端。
北の海に「オオカミウオ」というものすごくカッコいい魚がいる。
どうしてもこの魚の生きている姿を自然下で拝んでみたかったので、この夏に知床で釣り上げた。そして食べた。
しかも、それがきっかけでちょっとした騒ぎが起きてしまったのだ。
この場を借りて顛末をお話させていただく。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。(動画インタビュー)

前の記事:「鍋こわし」という魚がいる

> 個人サイト 平坂寛のフィールドノート

フィールドは知床、オホーツクの海

その存在を知ったのは小学校低学年の頃だった。子供向けの魚類図鑑を眺めていると、恐ろしい顔をした魚が目に飛び込んできた。でこぼこでしわしわの顔に大きな口と厳つい歯。まるで特撮怪獣。で、名前はオオカミウオ。見た目も名前も強そう。そして怖い。
水族館ではもはや定番の存在になりつつあるようで、飼育・展示している施設も珍しくない。この子はしながわ水族館にいた個体。
水族館ではもはや定番の存在になりつつあるようで、飼育・展示している施設も珍しくない。この子はしながわ水族館にいた個体。
だが写真に添えられた解説には「サザエも強力な顎と歯で殻ごと噛み砕いて食べる。でもおとなしい魚だよ。」とある。
えぇ…。怖…。気は優しくて力持ちということなのだろうが、「サザエを砕く」というフレーズのインパクトが強すぎる。「根は優しいけどヤクザ」みたいなもんだろ、それ。やっぱり怖いよ。

だが男子たるもの怖くてかっこいいものを好いてしまうのは避けようのないことである。そのおっかなさすら魅力的なのだ。
オオカミウオの潜むオホーツク海から知床半島を望む。今年はこの景色を何度も見た。
オオカミウオの潜むオホーツク海から知床半島を望む。今年はこの景色を何度も見た。
数年前、ついに僕はオオカミウオを釣り上げるための計画を立て始めた。インターネットで検索してみると北海道・道東方面ではしばしば他の魚に混じって釣られているようだ。さらに、季節によってはダイバーが浅場で遭遇することも珍しくないという。

これは長期休暇を全てつぎ込み、磯や漁港でキャンプ生活をしながら1週間も粘れば、ひょっとすると顔くらい見られるかもしれない。おお、燃えてきた。
道東の道の駅ではいろいろと魅力的な食べ物が売られている。熊肉バーガーがあるかと思えばコケモモやハスカップのアイスクリームなんかも。ドライブと食べ歩きだけでも退屈しない。
道東の道の駅ではいろいろと魅力的な食べ物が売られている。熊肉バーガーがあるかと思えばコケモモやハスカップのアイスクリームなんかも。ドライブと食べ歩きだけでも退屈しない。
が、間もなくして心の炎は鎮火することとなる。
計画というか妄想を始めて数か月後、タイミングよく「オオカミウオは船で沖へ出れば、そこそこ簡単に釣れる」という情報が飛び込んできたのだ。

あっ、そうなんだ。へー。
 特に気に入ったカスベ(ガンギエイの類)の唐揚げ。揚げたては抜群に美味い。
特に気に入ったカスベ(ガンギエイの類)の唐揚げ。揚げたては抜群に美味い。
オオカミウオへの道が一気に開けたのだからこれは喜ばしい情報である。だが、これから苦労と工夫を重ねて一歩ずつ目標へ近づいていくドラマが頭の中で展開しつつあったため、なんだか拍子抜けしてしまった。別に海辺でキャンプとか、そういうプロセスいらないんだね。
でもやっぱり、最初はゼロから自力で探してみるよね。
でもやっぱり、最初はゼロから自力で探してみるよね。
だが、船(というか漁場を知ってる船頭さん)の力を借りる前に、自分の脚で居場所を探して釣り上げることが出来たら、それは最高だ。

2015年の6月、3日間だけ磯からオオカミウオを狙ってみることに。
エサはイカを丸ごと。たぶん、魚が居さえすればゲソのみでも問題なく釣れると思う。
エサはイカを丸ごと。たぶん、魚が居さえすればゲソのみでも問題なく釣れると思う。
結果から言うと、この3日間でオオカミウオは釣れなかった。

魚の反応はあるのだが、いずれもオオカミウオの姿からイメージされるような豪快なものではなかった。残念。
一度、大きなアタリがあったものの針には掛からず。まあ、アイナメか何かだったんだろう。
一度、大きなアタリがあったものの針には掛からず。まあ、アイナメか何かだったんだろう。
だが一応、自力ではどうしようもないことを確認し、納得することができた。
これで悔いなく船に助けを求めることができる。僕にとってこの3日間は、憧れのオオカミウオに顔を合わせるための禊というか、ケジメというか、そんなものだったのだ。誰に宛てるわけでもない言い訳である。

積み重ねていた憧れが分厚すぎて、なんかこうポロッと簡単に出会ってしまってはいけないような気がしたのだ。読者の方にはよくわからないかもしれないが、そういうもんなの。
大半の時間は磯にいる昆虫を撮影したりして楽しんでいた。
大半の時間は磯にいる昆虫を撮影したりして楽しんでいた。
さて、気持ちを切り替えて船の手配だ。
北海道の魚に詳しい友人Kくんから、オオカミウオを狙って釣らせてくれる釣り船を教えてもらい、電話をかける。

「すみません、オオカミウオ釣りたいんですけど…。」
ついにオオカミウオに会える日が来た!かもしれない!
ついにオオカミウオに会える日が来た!かもしれない!
「ああオオカミ?釣れるけんど、まだ6月じゃ早いかもしんねえぞ?今まで7,8月にしか試したことないから、この時季に釣れるかどうかはわかんねえな。」

あらら、これは。嫌な選択を迫られてしまった。だが、ここで尻尾を巻いて一月後に出直すというのはさすがにちょっと。会いたい気持ちも抑えられないし、ハイシーズンは航空券も高い。じゃあ思い切って賭けてみるぜ。
釣りを開始してすぐに何か大物が!オオカミウオか!?
釣りを開始してすぐに何か大物が!オオカミウオか!?
Kくん(オオカミウオを釣らせてくれる船を見つけ出したパイオニア。もちろん過去に何匹も釣っている)のほかに、オオカミウオを見てみたいという友人らと船をチャーターし、知床沖へ向かう。道中、船から見える知床半島の景色には圧倒されっぱなしだった。

船を停め、餌のイカを水深100メートル前後の岩礁地帯へ沈めると、すぐに魚が掛かった。オオカミウオかこれ?オオカミウオだろこれ!
タラ(マダラ)でした!最初の一匹は嬉しかったけど、この後も延々釣れ続けて船上がタラ漁船のように。
タラ(マダラ)でした!最初の一匹は嬉しかったけど、この後も延々釣れ続けて船上がタラ漁船のように。
やはり、というか浮いてきたのはおいしそうなマダラだった。
その後もタラ、タラ、ひたすらタラ!

タラを釣っては元気な個体を逃がし、水圧差で弱った個体は血と内臓を抜いてクーラーに収めるというルーチンワークに陥る僕ら。たまーに釣れるソイやアイナメの顔を見る時間だけが癒やし。タラをいじめる作業に心も身体も削られていく。

時間をたっぷり残しながらも全員が悟った。「敗けた…。」

一月半後に即リベンジ!

やはりタイミングが早すぎたようで、船長曰く「あんなにタラが出るってことはまだ海ん中が冬のままなんだな。水温上がる夏にまた来たら釣れるよ」とのことだった。

…気がつけば航空券の手配が済んでいた。はい、秋まで金欠確定。
ちなみに前回の挑戦が、我が人生初の北海道旅行である。二度目が一月半後で、しかもまた知床行きだとは自分でも予想できなかった。
絶景なのだが、個人的にはタラ地獄がフラッシュバックする…
絶景なのだが、個人的にはタラ地獄がフラッシュバックする…
8月末。前回から引き続いての参加者は僕とKくんのみ。初参加のメンバーは皆、期待に満ちた顔をしている。ああ、この間は俺もそんな顔してたっけなあ…。
開始早々、Nさんが何やら大物を掛けた!
開始早々、Nさんが何やら大物を掛けた!
8月だというのに少し肌寒いのはさすが北海道と言ったところか。凍ったままなかなか解けないエサのイカに海水をぶっかける。…水が温かくなっている。明らかに状況は変わっているということだ。これはイケるかもしれない!タラの代わりにオオカミウオが入ってきているに違いない!
でかいタラ!Nさん、この一匹で魚運を使いすぎてしまったか。
でかいタラ!Nさん、この一匹で魚運を使いすぎてしまったか。
そうほくそ笑んでいる僕を尻目に、Nさんがドでかいタラを釣り上げた。

「あれ?まだタラいるの…?」「ヤバいかもしんないですね…。」K君と小声でやりとりする。その時だった。
Kくん「んっ⁉︎これ、たぶん、ぽいですよ!」おお!たぶん、ぽいですか!
Kくん「んっ⁉︎これ、たぶん、ぽいですよ!」おお!たぶん、ぽいですか!
K君の持っていた竿が勢いよく曲がる。またタラか?と思っているとKくんが「タラじゃないかも…。」とつぶやく。船長も「おお、それ、そうじゃねえか?」と操舵室から身を乗り出す。え、ホントに?
落ち着いた様子でリールを巻くKくん。
やがて海面に魚影が浮かぶ。茶色い。そして長い。これは…
「オオカミだぁーーッ!!」
オオカミウオだーーーー!!
オオカミウオだーーーー!!
タモ網に収まり、船上へ引き上げられたのは紛れもなくあのオオカミウオ!

ついに図鑑や水族館のガラス越しでしか見たことの無かったあの魚が眼前に!
タモ網に収まり、船上へ引き上げられたのは紛れもなくあのオオカミウオ! ついに図鑑や水族館のガラス越しでしか見たことの無かったあの魚が眼前に!
タモ網に収まり、船上へ引き上げられたのは紛れもなくあのオオカミウオ! ついに図鑑や水族館のガラス越しでしか見たことの無かったあの魚が眼前に!

オオカミウオ、めちゃくちゃ釣れる!

憧れの魚を前にしてみんなの興奮はピークに!…と思いきや、ここからがすごかった!
すぐさま地元の釣り師Sさんにドでかいのが!
すぐさま地元の釣り師Sさんにドでかいのが!
堰を切ったようにオオカミウオが釣れ始めたのだ。オオカミ・ラッシュである。僕にとって夢の魚だったのだがこんなに釣れちゃっていいのか。夢の魚が夢みたいに釣れまくる。夢のようなひととき。
間髪を入れず、Kさんと
間髪を入れず、Kさんと
僕とに同時にヒット!感激のあまり手足が震える。しかし、知床沖にはものすごい数のオオカミウオが潜んでいるようだ。
僕とに同時にヒット!感激のあまり手足が震える。しかし、知床沖にはものすごい数のオオカミウオが潜んでいるようだ。
船長が語るところによれば、オオカミウオは一つの根(岩礁地帯)に相当な数がいるらしい。そして時合になると一斉に餌を採りはじめるので、こうしてバンバン釣れるのだそうだ。一日に20匹以上が釣れたこともあるという。
後日、ワケあって乗った別の船でも特大サイズが!こうして複数の個体を並べると、オオカミウオには褐色のものと黒っぽいものとがあることに気づく。雌雄の差だろうか。
後日、ワケあって乗った別の船でも特大サイズが!こうして複数の個体を並べると、オオカミウオには褐色のものと黒っぽいものとがあることに気づく。雌雄の差だろうか。
しかし、その時合が読めない。いつ始まって、いつまで続くかが分からないのだ。

5名の乗船者中、Nさんを除く4名が1匹ずつオオカミウオを釣り上げた。皆、それで満足しきって竿を置き、Nさんを見守る。これでNさんが一匹釣れれば万々歳だ。

…が、ここで状況が直滑降。オオカミウオはおろか、タラやソイなど他の魚もほとんど釣れなくなってしまったのだ。先ほどまでの盛況が嘘のよう。まるで海が眠ってしまったみたいだ。

帰港後、自然の気まぐれにもめげず「また来年、北海道に来る理由が出来たからいいんですよ」と笑うNさんは格好良かった。
いったん広告です

「神の魚」は貝をも砕く

話をラッシュ時に巻き戻す。

ついに釣れたオオカミウオだ、リリースする前に、あるいは締める前にその姿を目に焼き付けておかなければ。
でっかい口!厚い顎!そしてこの異様な歯!!
でっかい口!厚い顎!そしてこの異様な歯!!
大きなものは全長130センチ近く、体重は15キロもある。
ニョロニョロした魚だが、太さがあって丸太のようなボリューム感。慣れるまでは迫力に圧されて触れるのをためらってしまう。
「噛まれたら手ェ持ってかれっから気ィつけろよ」と船長。
当初の予定では記念にひと噛みされてみるつもりだったが、やっぱりやめておくことにした。ヤバいのは歯だけではない。異様に膨らんだ頬肉、すなわち咬合のための筋肉を見た瞬間、本能が「こいつにだけは噛まれたらイカン」とバンバン警報を鳴らしまくる。これ、絶対骨に影響出るやつだわ。
でも瞳はつぶら。
でも瞳はつぶら。
意を決して手を伸ばすと、突然首を振って暴れるので油断ならない。

顔をのぞき込むと、小さな黒い眼がキョロキョロとせわしなく八方を見回している。陸上でこういう眼の挙動を見せる魚は珍しい。もしかすると、ウツボのようにこちらの姿を見てから狙いすまして噛みついてきているのかも。

そういえば網走のある漁師さんは「あれは魚のくせにまばたきするからおっかないんだよなあ」と話していた。まばたき?魚なのにまぶたがあるのか?と不思議に思っていたが、どうやらこの眼の動きをまばたきと称していたらしい。たしかに眼を大きく動かしすぎると、瞳が皮膜の裏側に隠れてまばたきのように見えることもあるかもしれない。
口を閉じても良い貌してる。水上に上げて肉が垂れているため、余計異様に見えるのかもしれない。
口を閉じても良い貌してる。水上に上げて肉が垂れているため、余計異様に見えるのかもしれない。
それにしても凄い顔をしている。「かっこいい」でも「恐い」でもない。この魚の顔つきを形容するには「凄い」が一番的確なんじゃあなかろうか。

とにかく一見して普通の魚ではない。なんだか知らんが、とにかくとってもスペシャルな生物という印象である。

…それは先住の民であるアイヌの人々にとっても同じだったようで、この魚はアイヌ語で「チップカムイ」、神の魚という名で呼ばれていたのだそうだ。アイヌの漁師はこの魚が獲れると、供物として酒を飲ませて海へ返していたそうだ。

なお、余談だが魚はアルコールにとても弱いため、酒を飲ませると高確率で死ぬ。不粋なことを言わせてもらうと、この習慣はあんまり真似しない方がいいと思う。
キープした個体の胃からはホタテの貝殻が大量に出てきた。貝を噛み砕いて食うというのは事実だった。つーか良いもん食ってんな。さすが神様。
キープした個体の胃からはホタテの貝殻が大量に出てきた。貝を噛み砕いて食うというのは事実だった。つーか良いもん食ってんな。さすが神様。
では、現代においてはどういう扱いなのだろうか。釣り船の船長や漁師さんに話を聞くと、やはり獲れたオオカミウオのほとんどは海に返されているという。たまに水揚げされて市場に並んだりイベントで振舞われることはあるらしいが、あまり一般的には利用されないようだ。

ちなみにその理由は「ろくに値がつかないから」という現実的なものであった。ただ、話を伺った方全員がチップカムイの名と伝承を知っていたので、あのアイヌの伝承の影響も多少なりともオオカミウオの扱いに影響を与えているのではと思う。

なお、「噛まれると大変だから、釣り針に掛かったら棒で一発ぶん殴って気を失わせてから針外して海に返す」という漁師さんもいた。おお、カムイの名も今は昔であるなあ。

この逃がし方もできればあんまり真似しない方がいいと思うな!
まったくどうでもいい話だが、帰港後に港で記念写真を撮ってもらったところ、モロ逆光で誰が誰だか判別不能に。…逆にかっこいいのでこれはこれでアリ。
まったくどうでもいい話だが、帰港後に港で記念写真を撮ってもらったところ、モロ逆光で誰が誰だか判別不能に。…逆にかっこいいのでこれはこれでアリ。

オオカミイクラはちょっとエグい

生きている姿を拝んだら、やはり味も知りたいところ。

小さな個体を味見用に持ち帰り、港で解体していく。
これもまた夢見たひととき。
これもまた夢見たひととき。
今回の経験から、オオカミウオを調理する上での大きな注意点を二つ見出した。

まず、とても鮮度が落ちやすいので処理を手早く行い、保管する場合はすぐに冷凍してやること。
体表のぬめりは薄いオレンジ色。これが独特な臭みの原因となる。しっかり、これでもかと落とすべし。
体表のぬめりは薄いオレンジ色。これが独特な臭みの原因となる。しっかり、これでもかと落とすべし。
そして、体表を覆うぬめりを徹底的に落とすこと。このぬめりが曲者で、少しでも残っていると、時間の経過とともに妙に鉄っぽい生臭さを放つようになる。よく「オオカミウオは臭くて食えたもんじゃない」という話を聞くが、おそらくそれはこのぬめりの処理が不十分なまま調理を進めたためではないかと思われる。

…と、すごく偉そうに語ってるけど、小さいの一匹捌いただけなんで色々間違ってるのかも。
その時はまあ、許してください。
やや白濁した白身。見た目は美味そう。
やや白濁した白身。見た目は美味そう。
オオカミウオはギンポ科に属する魚。

そう、あのてんぷらのタネとして有名なギンポの親戚なのだ。
よって体の構造もほぼ同じ。単にデカいギンポだと考えれば、解体もそんなに難しくはない。
頭ももちろん捨てない。むしろ、今回の主役がこれだ。
頭ももちろん捨てない。むしろ、今回の主役がこれだ。
肝も大きく、食べ応えがありそう。しかし、よく見ると何かくっついてる…
肝も大きく、食べ応えがありそう。しかし、よく見ると何かくっついてる…
そういえば、このオオカミウオの肝にはアニサキスが寄生していた。

オオカミウオを生食する場合は、安全のためしっかりと冷凍処理をしなければならないということだ。
肝の表面にとぐろを巻いていたのはなんとアニサキス! お前オオカミウオにもつくのか。
肝の表面にとぐろを巻いていたのはなんとアニサキス! お前オオカミウオにもつくのか。
そして、お腹の中にはもう一つのサプライズが。
たまご!
たまご!
卵巣である。産卵直前の雌だったのか、大きく発達した卵がパンパンに詰まっている。申し訳ないことをした…。

だがせっかくの機会なので観察を。
卵は黄色みがかったクリーム色で、粒の大きさはシロザケのイクラと同じくらい。海水魚の卵でここまで大粒なものは初めて見た。
親はこの卵を自身の体に巻きつけて保護するとも聞いたことがある。
金網に押し当てて卵をほぐしていく。
金網に押し当てて卵をほぐしていく。
せっかくなので、この卵巣をほぐして醤油漬けを作ることにした。
オオカミウオのイクラを食べるなんて、一生に一度の経験だろう。
粒はちょうど鮭のイクラ大。
粒はちょうど鮭のイクラ大。
ほぐしたオオカミイクラをそのまま数粒食べてみる。
…ん?なんかすっぱい…。

なんだこの酸味。ちょっとエグミもあるような。美味しいとは言い難い。不安になってきた。そもそもこれ食べても問題無いのか。健康面で。
ネバネバの卵を海水に放り込むと…
ネバネバの卵を海水に放り込むと…
しかも、卵の一粒一粒にネトネトした粘液がまとわりついていて気持ちが悪い。

どうしようと途方に暮れていると、解体を手伝ってくれていたKくんが打開策を見出した。

「海水につけると卵と粘液が分離しますよ!」
粘液だけが浮いてくる!
粘液だけが浮いてくる!
発泡スチロール箱に海水を張って卵を放り込むと、たしかに粘液が除かれてサラサラになっていく。

粘液の抜けた卵を食べてみると、多少酸味もエグミも抜けている。まだそのまま食べるにはイマイチな味だが、醤油に漬けてどうにかなるものだろうか。
黄色い卵をダシ醤油に
黄色い卵をダシ醤油に
一晩漬け込む!鮭のイクラと同じように。
一晩漬け込む!鮭のイクラと同じように。
完成したオオカミイクラの醤油漬け。淡いオレンジ色が綺麗。
完成したオオカミイクラの醤油漬け。淡いオレンジ色が綺麗。
一晩漬け込んだオオカミイクラは柔らかいオレンジ色に輝いていた。
…初めて見る食べ物だ。

恐る恐る口に運ぶと…あれ?すっぱくない。エグミも多少はのこっているものの、おおよそ抜けている。サケのイクラにはかなわないものの、これならまあ、普通に食べられそうだ。

計らずも産み落とす前に奪ってしまった卵、なんとか無駄にせずに済み一安心である。
案外いける!
案外いける!
まあ、本物のイクラの味とは比べものにならないんだけども…。
まあ、本物のイクラの味とは比べものにならないんだけども…。
いったん広告です

刺身とてんぷら、そして兜煮

さて、いよいよ身を料理していこう。
まずはやはり刺身から。
オオカミウオの刺身
オオカミウオの刺身
おー、普通に美味い。
おー、普通に美味い。
刺身はやや繊維質だが水分をとても多く含んでいて柔らかい。長く放置していると皿に水分が染み出してしまうほど。食べる際は水が出てくる前に急いで食べてしまいたい。

味はというと、とてもさっぱりした味わいで、個性は薄いが素直なおいしさと言える。脂の乗りはあまり感じられず、同席した友人は「沖縄の魚みたい」という感想をくれた。なるほど、その通りかもしれない。
水気がかなり多い。
水気がかなり多い。
オオカミウオのてんぷら
オオカミウオのてんぷら
巨大ギンポということでてんぷらにも仕立ててみた。
フワリと柔らかく、やはり「フツーにおいしい」。
オオカミウオ、外見のインパクトからは想像できないようなおとなしい味わいだ。

だが、問題はあの部位にあった。
こいつをどうするか。
こいつをどうするか。
こいつをどうするか頭である。
この(いろんな意味で)最高の素材をどう料理すべきか。
皮はプニプニでクニュクニュ。煮込んだらおいしそうだ。
皮はプニプニでクニュクニュ。煮込んだらおいしそうだ。
料理ついでに飴色の歯をじっくり観察。最前列の数本だけは先の鈍い犬歯のような形。
料理ついでに飴色の歯をじっくり観察。最前列の数本だけは先の鈍い犬歯のような形。
上顎の天井には臼歯状の歯が敷き詰められている。
上顎の天井には臼歯状の歯が敷き詰められている。
下顎にも臼歯。噛み切る、ホールドするといった機能は捨て、ほぼ噛み砕く、すり潰すという方向に特化している。この歯でホタテやケガニやバフンウニをバリバリ食べているのだろう。いいなあ。
下顎にも臼歯。噛み切る、ホールドするといった機能は捨て、ほぼ噛み砕く、すり潰すという方向に特化している。この歯でホタテやケガニやバフンウニをバリバリ食べているのだろう。いいなあ。
結局、見た目がこんなに立派なのだからと丸ごと兜煮にしてしまおう。
やっぱり兜煮だよね。
やっぱり兜煮だよね。
オオカミウオの兜煮。
オオカミウオの兜煮。
当然のように大迫力の一皿が出来た。だが、予想していたよりはちょっとおとなしめなビジュアル。
原因は煮て皮が引き締まり、あの特徴的なシワが消えてしまったことと、加熱によって歯のジョイントが緩み、犬歯の一部が抜け落ちてしまったことだろう。

しかし、箸を突き立てると新たな衝撃が!
いったん広告です

頬肉食べ放題

トロトロに煮えた皮を隔てて、尋常でない量の頬肉が待ち構えていたのだ。

食べ終わってみると、ひたすら頬肉のボリュームと歯ごたえに圧倒されたこと以外はほとんど記憶に残っていない。
生前よりオオカミ感出てる気がする。
生前よりオオカミ感出てる気がする。
この異常な量の頬肉!
この異常な量の頬肉!
むしってもむしっても終わらない頬肉の金脈。
むしってもむしっても終わらない頬肉の金脈。
こんなに大きな魚の頬肉見たことある? 恐るべきはこれでほんの一欠片だということ。
こんなに大きな魚の頬肉見たことある? 恐るべきはこれでほんの一欠片だということ。
ほぐれ方は鶏の胸肉のよう。
ほぐれ方は鶏の胸肉のよう。
歯ごたえも凄い。鶏肉か貝柱かといった感じ。
歯ごたえも凄い。鶏肉か貝柱かといった感じ。
友人らもあまりにスケールのでかい頬肉に驚きつつも「美味い!」と堪能。
友人らもあまりにスケールのでかい頬肉に驚きつつも「美味い!」と堪能。
使用したのは1メートル程度と比較的小型の個体であったが、両頬には体積にして握りこぶし大の頬肉がみっしりとついていた。味はやはり淡白ながらも、ギュギュッと締まった食感と相まって、魚肉というより鶏肉や貝柱を思わせる。これまた珍味。
毎日カニや貝を噛み砕いて筋トレしていると、こんなことになってしまうのだなあ。

また、忘れかけていたが胸ビレの付け根にある肉は皮を除いた鶏モモによく似ていた。
食べるついでに)顎の骨も分解してみる。
食べるついでに)顎の骨も分解してみる。
歯列の周辺には小さな孔がたくさん空いている。覗き込むと小さな歯が育ちつつあったのがわかる。こうやって次々に生え変わっているのか。
歯列の周辺には小さな孔がたくさん空いている。覗き込むと小さな歯が育ちつつあったのがわかる。こうやって次々に生え変わっているのか。
オオカミウオのフライド頬肉。
オオカミウオのフライド頬肉。
繊維質ではあるが、想像していたよりはずっと柔らかく仕上がった。塩鱈を揚げたらこういう食感になるかも?
繊維質ではあるが、想像していたよりはずっと柔らかく仕上がった。塩鱈を揚げたらこういう食感になるかも?
ちなみに、兜煮の皮は食感こそプルプルして面白かったが、わずかにぬめりが残っていたのだろうか、部位によって少々臭みと苦味が感じられる。しかも、煮汁が濃く染みすぎていやに塩辛く、とりたてて箸が進むわけでもなかった。

これはちょっと残念。

また食べる機会が!

生きたオオカミウオをたくさん見られた上に、イクラ?から刺身、頭まで余すところなく味わうことができた。最高の時間だった。
オオカミウオを食べるなんて、きっと人生でただ一度の経験だろう。
生きたオオカミウオをたくさん見られた上に、イクラ?から刺身、頭まで余すところなく味わうことができた。最高の時間だった。 オオカミウオを食べるなんて、きっと人生でただ一度の経験だろう。
生きたオオカミウオをたくさん見られた上に、イクラ?から刺身、頭まで余すところなく味わうことができた。最高の時間だった。 オオカミウオを食べるなんて、きっと人生でただ一度の経験だろう。
と思っていたら2ヶ月後の10月下旬、思いがけず再び煮込まれたオオカミウオと対峙することとなった。人生わからないものだ。

仕事で訪れた網走で、漁師さんにオオカミウオのあら汁を振舞っていただいたのだ。道外から来た客人を喜ばせようという粋な計らいだろう。
熱く、ダシの効いた汁は冷えた体に沁みて、とてもおいしかった。

ダシといえば、オオカミウオのアラで取ったダシはほんのりと貝のような風味がある気がする。貝を常食しているせいで蓄えている成分も共有しちゃってるのだろうか。
煮込まれたオオカミウオの肝。肝にしてはさっぱりしていて、柔らかい鶏レバーのよう。
煮込まれたオオカミウオの肝。肝にしてはさっぱりしていて、柔らかい鶏レバーのよう。
オオカミウオの胃袋。相当長時間煮込まれたのか、もっちりと柔らかい。当然美味い。
オオカミウオの胃袋。相当長時間煮込まれたのか、もっちりと柔らかい。当然美味い。
未成熟な卵巣も柔らかく煮込まれている。イクラの醤油漬けで気になったエグみや酸味は一切感じられない。
未成熟な卵巣も柔らかく煮込まれている。イクラの醤油漬けで気になったエグみや酸味は一切感じられない。
こちらが調理前の卵巣。時季は10月下旬。これが10ヶ月もすればあの立派なオオカミ筋子に育つのだな。
こちらが調理前の卵巣。時季は10月下旬。これが10ヶ月もすればあの立派なオオカミ筋子に育つのだな。
この料理で特に気になったのは卵巣(あちらでは「こっこ」と呼ぶらしい)だ。
僕らが釣り上げてイクラを採ったのは8月末。もう今にも産まれんばかりに卵は大きく育っていた。そして、10月下旬はまったくの未成熟。これは道東エリアの海域におけるオオカミウオの産卵期が晩夏~秋にあたることを示唆している。

モノの本では「オオカミウオの産卵期は冬」と読んだ気がするのだが、真相やいかに。まあ、その辺は研究者さんたちに丸投げだ。
粒の大きさはタラコに毛が生えた程度。
粒の大きさはタラコに毛が生えた程度。
何にせよ、実際に釣り上げて、触って、食べることで、オオカミウオのことをより深く知れたことは間違いない。

そして、知れば知るほどオオカミウオのことをもっと好きになれた。
もう自分から積極的に食べることはしないと思うけれど、たぶん僕はまたオオカミウオに会いに行く気がする。
!

余談:大騒ぎになりました

ところで、Twitterに釣り上げたオオカミウオの画像をアップしたところ、予想外の騒動に発展した。

なぜか海外で「福島近海で獲れた異様な魚。原発事故の影響で誕生したゴジラフィッシュ」などとセンセーショナルに拡散、報道されてしまったのだ(ゴジラフィッシュというネーミングはある意味アリだなと思ったけど)。

いやいや、知床だし。オホーツク海に昔からいるごく普通のオオカミウオだし。と言っても、多くの国の人にとってオオカミウオなんて馴染みのない魚。そして有無を言わさぬあの容貌。無垢な人なら信じてしまうのかもしれない。
一時期こういう記事が濫造されていた。(NATURE WORLD NEWSよりキャプチャ)
一時期こういう記事が濫造されていた。(NATURE WORLD NEWSよりキャプチャ)
騒動はあっという間に、僕一人では止めようの無い規模になってしまった。あらぬ風評にさらされたオオカミウオに申し訳ない思いで胸が痛む日々がしばらく続いた。

だが、やがてフランスの「LE MONDO」紙やイギリスの「vice motherboard」が事の真相を詳しく報道してくれたおかげで、騒ぎはおよそ収束。オオカミウオの面目は保たれた(と思う)。
まあ、まだネット上には適当なこと書きまくった記事が大量に残っているようだが。

以上、オオカミウオの顔よりネットやSNSの方が怖いね☆という話でした。

オオカミウオに便乗して告知

最後にひとつだけお知らせです。この度、僕がデイリーポータルZに寄稿した深海魚の捕獲・試食記事をまとめた本が発売されました。書下ろしや加筆も結構あります。

今回の記事をご覧になって、「こういうの嫌いじゃないよ」と思われた方は是非お手に取られてみてください。

でもオオカミウオは別に深海魚じゃないのに、なぜこのタイミングで告知を?
…あの騒ぎを見るに、なんか閲覧数が伸びそうだと思ったからです。
好き放題に騒がれて大変だったのだから、最後くらいちょっとくらい、便乗しても罰はあたらないよね?
自分の名前をローマ字で画像検索するとオオカミウオが並ぶように。オオカミウオに本体を乗っ取られた気分だ。
自分の名前をローマ字で画像検索するとオオカミウオが並ぶように。オオカミウオに本体を乗っ取られた気分だ。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓