特集 2015年9月18日

豪華絢爛!結婚式場にプロレスを見に行く

!
東京・目黒に「目黒雅叙園」という結婚式場がある。入ったことがある人はわかるだろうが、敷地内は「豪華絢爛」そのものだ。

上京したての学生時代、都内見物として初めて訪れた時「ここが椎名林檎の邸宅か」と思ったことを強く覚えている(もちろん違います)。
1990年沖縄生まれ。営業日のお昼休みに(ほぼ)毎日更新する「今日の休憩」というブログを運営しています。

前の記事:巻物で女性誌を作る

> 個人サイト 今日の休憩

室内に門と橋がある
室内に門と橋がある
庭園もある(本当にびっくりする)
庭園もある(本当にびっくりする)
宴会場なども多くあり、この日は脳神経外科に携わるみなさんの懇親会などが行われていた。近日、市川染五郎のディナーショーもあるらしい。

しかし私が今日、参加するのは結婚式でも懇親会でもない。
参加するイベントのポスター。半裸がまぶしい
参加するイベントのポスター。半裸がまぶしい
プロレス団体「DRAGON GATE(ドラゴンゲート)」の「スペシャルシークレットリング(ディナーショー)」というイベントを見に来たのである。

うん? 目黒雅叙園でプロレス?

チケット料金はなんとS席25,000円 A席22,000円 B席20,000円 C席18,000円と「4人暮らしの光熱費の合算?」と目を疑いたくなるようなお値段だ。もちろん、ディナーショーなのでおいしいフルコース from 目黒雅叙園が提供される。
この扉の奥で行われるっぽい
この扉の奥で行われるっぽい
会場はおもてなしの準備中。綺麗にセットされた円卓が並ぶ。
会場はおもてなしの準備中。綺麗にセットされた円卓が並ぶ。
が、よく見たらやっぱり奥にリングがある。嘘だろ
が、よく見たらやっぱり奥にリングがある。嘘だろ
人生で数えるほどしか見たことがないプロレス。普段縁のないきらびやかな目黒雅叙園。こういう慣れない状況に置かれると、人はどうなってしまうのか? 答えは「情報過多による軽いパニック」でした。

レスラー「目黒雅叙園、はじめて来ました」

止まらない手汗と戦いつつ、準備の合間はプロレスラーの方にインタビューをさせてもらえることになった。喉の渇きが激しい。最終面接以来の緊張が襲う。
ほ、本物だ!!!!!(大きい!!!!!!)<T-Hawk選手>
ほ、本物だ!!!!!(大きい!!!!!!)<T-Hawk選手>
本当にレスラーの方がやってきてしまった。この方はT-Hawk選手という、25歳にしてプロ5年目の選手だ。大きい。小学校時代からプロレスラーになることが夢で、高校卒業後すぐにDRAGON GATEに入門したそうだ。大きい。
目黒雅叙園で選手にインタビューすると、すごく出来るインタビュアー感が出る
目黒雅叙園で選手にインタビューすると、すごく出来るインタビュアー感が出る
私「今日は目黒雅叙園で試合を行うということですが、こういった試合はよくあるんですか?」

T-Hawk選手「はじめてですね。パーティー会場でやったり、という事はあったんですけど……。あと、僕今日初めて目黒雅叙園に来ました。札幌で育ったので」

私「えっ? 初めて? ど、どうでしょうか今のお気持ちは」

T-Hawk選手「会場がすごすぎて、本当に驚いてます。今日どうなるかは、出る方も正直わかりません」

なんてこった。レスラーの皆さんもどうなるかわからないというのだ。そりゃそうだ、なんでリングの前に円卓があるんだ。よかった、私だけじゃなかった。
すごく怖い人がやってきた。もう手汗どころじゃない<堀口元気H.A.Gee.Mee!!選手>
すごく怖い人がやってきた。もう手汗どころじゃない<堀口元気H.A.Gee.Mee!!選手>
次にお聞きしたのは堀口元気H.A.Gee.Mee!!選手。なんと、選手歴18年にもなるベテラン選手である。

私「今日の試合への意気込みを教えてください!」

堀口選手「そうですね、声の調子はバッチリですよ! 今日歌うんです、僕」
「昂が得意なんです」
「昂が得意なんです」
20代にはハードルが高すぎる局面である。私は試合への意気込みを聞いたはずだ。だが堀口選手は声の調子がいいと、今日は昂を歌うんだと嬉しそうに説明してくるのだ。

堀口選手いわく、DRAGON GATEのいいところは「エンターテイメント性に溢れているところ」だという。「目黒雅叙園で歌えるなんて、すごく嬉しい」と言い残し去っていった。私は今日、何を見る事になるのだろう。
よく見ると片方の眉毛が「- - -」こうなってる怖い人きた
よく見ると片方の眉毛が「- - -」こうなってる怖い人きた
このレスラーは9年目のKzy選手だ。目黒雅叙園に入った瞬間「これは場違いだ」とすぐに思ったと話してくれた。

私「今日のみどころを教えてください」

Kzy選手「今日はコスチュームチェンジバトルロイヤルという試合があります。普段着ているコスチュームではないものの着用が義務付けられているんです。僕は好きな選手のコスチュームを着用できることになったので、モノマネをすごい研究しました。絶対似ている自信があります」

歌にモノマネに、すごい角度からの意気込みを浴び続けたインタビューが無事終了した。一体今日、この会場で何の催しが行われるのか。

開場から2時間たっても試合がはじまらない

いよいよ開場の時刻! 会場前はファンで溢れている。そして、ドアが開くとなんと……
選手がずらり
選手がずらり
スーツ姿の選手のみなさんによるお出迎えが。普段はリング上でしか見ない屈強な男性たちが、スーツで、しかもこの至近距離でお迎え。少女漫画でしか読んだことがない状況である。

ちなみにこのスーツ、この日のためにのSADAという会社が製作した「ドラゴンゲートモデル(イタリア製オーダースーツ)」らしい。過去にこれほどまで「イタリア製」という言葉がしっくりくる瞬間があっただろうか。
案の定女性ファンは照れすぎてうつむきながら入場
案の定女性ファンは照れすぎてうつむきながら入場
そりゃそうだ、好きな選手たちがスーツでお迎えしてくれるのだ
そりゃそうだ、好きな選手たちがスーツでお迎えしてくれるのだ
女性ファンにお酒を注ぐT-Hawk選手。みんな! いますぐDRAGON GATEで検索検索!
女性ファンにお酒を注ぐT-Hawk選手。みんな! いますぐDRAGON GATEで検索検索!
お出迎え&選手自ら注ぐウェルカムドリンクと、「もう元が取れてるのでは!?」と思ってしまうサービスの応酬にファンが嬉しい悲鳴を上げ続けている。もちろん女性だけではなく、男性ファンもニッコニコである。
しっかり入場ゲートも用意されている
しっかり入場ゲートも用意されている
スタッフもゲートから出入りする
スタッフもゲートから出入りする
突然照明が真っ赤に
突然照明が真っ赤に
早速イベント開始である! 試合楽しみ!
と、思ったらまだスーツで出てきた。
と、思ったらまだスーツで出てきた。<左から土井選手、YAMATO選手、鷹木選手>
真ん中にいるのはYAMATO選手だ。「ヒィヤアアアアアアアアアアヤマトオオオオオオ」というもう声なのかすらわからないファンの叫びが場内を埋め尽くしている。DRAGON GATEの看板選手である。

YAMATO選手はいわゆるドラゴンゲート内の悪のユニットに所属している選手で、なんと調理師免許を持っており、フードコーディネーターの資格も保有しているという。な、なんだそれは。1品目のスープはYAMATO選手が作ったスープらしい。シェフ自ら料理の紹介をする。
作っている様子が映像で流れる。顔はレスラーの表情である
作っている様子が映像で流れる。顔はレスラーの表情である
これがYAMATO選手が作った「恐怖の味噌汁ポタージュ」。後から聞くと、YAMATO選手は「恐怖の味噌汁」という料理ブログをやっているらしい
これがYAMATO選手が作った「恐怖の味噌汁ポタージュ」。後から聞くと、YAMATO選手は「恐怖の味噌汁」という料理ブログをやっているらしい
会場からは「おいしい!」「まろやか!」などの声が漏れていた。客席も大分マヒしているようである。
続いてはヨースケ♡サンタマリア選手によるマジックショーが
続いてはヨースケ♡サンタマリア選手によるマジックショーが
さていよいよ試合か、と思っていたら、オネエキャラのレスラーによるマジックショーが始まってしまった。スプーンが全然曲がらない。
マジックショーを横目に運ばれてくるエビチリ
マジックショーを横目に運ばれてくるエビチリ
最後は大技(マジックの)を決めて、華々しく去って行った。ちなみに、マリアちゃんのブログ名は「アタシと、キスしなさいよ♥」である。観客もご満悦だ。いつになったら試合が始まるのか。

ソワソワしていると、完全に聞いたことのあるピアノのイントロが。
昂だ。本気だったんだ
昂だ。本気だったんだ
練り歩く堀口選手。私知ってる、この人、今日の為にたくさん昂練習したって言ってた
練り歩く堀口選手。私知ってる、この人、今日の為にたくさん昂練習したって言ってた
会場のわけのわからなさは最高潮に達し、みんな大盛り上がりである。途中、本当のディナーショーかと思うほど堀口選手は歌が上手だった。
そういうことをしている間にもメインのお肉が運ばれてきます
そういうことをしている間にもメインのお肉が運ばれてきます
「この人達は本当にプロレスラーなのだろうか?」懐疑心を隠せない。多才すぎる。

雅叙園に鳴り響くゴング

選手らによる余興の数々で正直もう満足である。いやまて、まだ試合を見ていなかった。コース料理が落ち着いたところで、ようやく試合がはじまった。
シェ……YAMATOシェフじゃないですか!!!!!
シェ……YAMATOシェフじゃないですか!!!!!
すっかり私の中で「シェフ」として認定されていたYAMATO選手がなんとも屈強な体で現れた。そうだ、この人達プロレスラーだ!! あまりの迫力に会場がどよめく。
しかもすっっっごく近い
しかもすっっっごく近い
しかも対戦相手は、さっきまで昂を歌っていた堀口選手だ
しかも対戦相手は、さっきまで昂を歌っていた堀口選手だ
さっきまでポタージュを紹介してた方と、歌がうますぎて歌手だと認識しかけていた方が凄いスピードで戦っている。ロープばいんばいん、床ドスンドスンのもう大迫力である。
はじめてのロープ間際撮影。もう面白くてニコニコなんである。
はじめてのロープ間際撮影。もう面白くてニコニコなんである。
応援していた堀口選手は負けてしまった。「ハゲなめんな!」と言いながら技を繰り出す姿は、昂から想像できないほどのかっこよさだ。
あっこの人は
あっこの人は
さっきまでマジックで魅せていたヨースケ♡サンタマリア選手ももちろん戦う。相手にキスを迫ったり、股間をまさぐったり、ある意味凄く強い。対戦相手は避け続けることが主な戦い方になる。
リング際で撮影すると地獄絵図(ここは目黒雅叙園です)
リング際で撮影すると地獄絵図(ここは目黒雅叙園です)
それでもこんなに面白いモノは見たことが無い
それでもこんなに面白いモノは見たことが無い
至近距離で見るプロレスの迫力は想像を超えていた。観客もひたすら「うそうそ! 近い近い近い!」と連呼している。料理を運ぶスタッフですらたまに見とれてしまっていた。
Kzy選手が言っていたコスチュームチェンジの試合。この人数でぐっちゃぐちゃになりながら戦う個人戦だ
Kzy選手が言っていたコスチュームチェンジの試合。この人数でぐっちゃぐちゃになりながら戦う個人戦だ
正直初めて見たので、コスチュームチェンジのありがたみが受けられない。しかし選手が出てくるたび「凄い! え! マジ!」と客席から声が漏れていた。多分、SMAPが嵐の持ち歌を紅白で歌うぐらい、凄いことが起こっているのだ(予想だ)。
大人数バトルの間、リングコーナーでずっとしゃちほこのポーズをとっているレスラー<しゃちほこBOY選手>
大人数バトルの間、リングコーナーでずっとしゃちほこのポーズをとっているレスラー<しゃちほこBOY選手>
このレスラーは戦うのを辞めて、途中から近くの席を笑わせることに集中しはじめた<ドラゴン・キッド選手>
このレスラーは戦うのを辞めて、途中から近くの席を笑わせることに集中しはじめた<ドラゴン・キッド選手>
よくわからないが金八先生的なレスラーが時折説教をする<斎藤“ジミー”了選手>
よくわからないが金八先生的なレスラーが時折説教をする<斎藤“ジミー”了選手>
しかし真剣な場面は凄い迫力なのである
しかし真剣な場面は凄い迫力なのである
もう正直誰が負けた、勝ったかはどうでもよい。各選手が話術で笑いを取ったり、途中コントかな?と思うほど面白い攻防があったり、と思ったらすごいアクロバティックな場面になったり、ずっと目が釘付けだった。プロレス、面白い!!

目黒雅叙園としてもはじめての試みだったというプロレス興行は、満員御礼の大盛況だった。

戦うみなさんは面白くてかっこいい

企画内容を見た時は何がなんだかさっぱりわからなかったが。もうとにかく面白かった。生で見るプロレスラーは大きく、目黒雅叙園の会場に飲まれることなく、笑いや興奮をぽこぽこ製造していた。すっかりDRAGON GATEファンです!
ラジオ収録も挟んだため、ちゃんとご飯を食べる時間もありました(この日の内容はFMヨコハマで毎週水曜日深夜2時30分OAの「おもいっきりドラゴンゲート」で流れます)
ラジオ収録も挟んだため、ちゃんとご飯を食べる時間もありました(この日の内容はFMヨコハマで毎週水曜日深夜2時30分OAの「おもいっきりドラゴンゲート」で流れます)

終了後、私をスタッフだと思ったファンの方が近寄ってきて「本当に、本当に素晴らしい1日をありがとうございました!」と泣きながら去っていった。思わずこちらも感動でウルウルしたが、関係者に伝えるべきだと思った。

ときめいた女性陣は、下記にオフショットなどが掲載されておりますので一緒に手を合わせながら閲覧しましょう。(Dragongate×Lazaris Facebookページ
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ