ライタープロフィール


顔写真
ライスマウンテン (ライスマウンテン)
変なモノ好きで、比較文化にこだわる2人組(1号&2号)旅行ライターユニット。中国の面白可笑しいものばかりを集めて本にした「 中国の変-現代中国路上考現学 」(バジリコ刊)が発売中。

人気記事
サムネイル

2020/05/20
インドでおもちゃのロボットを買う
世界的な家こもりとなるちょっと前にインドにふらりと行っていた。インドで目的もなくおもちゃ捜しに動いた。

サムネイル

2020/05/03
役所の書類記入サンプルの氏名を調べる
平成の大合併でとても長くなったひらがな市名、あるいはとても短くなったひらがな市名でも、役所の記入例はひらがな市名+太郎になるのだろうか。

サムネイル

2020/04/27
中国のローカル線に乗ったら鉄道員と仲良くなった
中国は今、新幹線のような高速鉄道だらけで、すごく便利になっている。一方普通列車は走っているけどかなりレアだ。そんな中国の普通列車のとりこになっている人たちに話を聞いた。

サムネイル

2020/03/25
奥深き海外旅行読書の世界

サムネイル

2020/03/02
中国ECサイトの日本素材画像巡り
中国ではそのままポスターに使えそうな素材画像が売られている。中国のECサイト「タオバオ(淘宝)」で、日本語素材画像を集めてみた。

サムネイル

2020/02/10
ドイツのガチャガチャはやさぐれている
日本に来た外国人にガチャガチャが人気だが、日本人としては見慣れておりドキドキがない。そんな自分も、外国人の立場での未知のガチャガチャ体験をすることができた。場所はドイツ。

サムネイル

2020/01/10
島国フィリピンの形をフィリピン人に描いてもらう
日本人なら、北海道、本州、四国、九州、沖縄くらいのざっくりした日本地図が描ける。同じく島国だけど、より島が多くて複雑な形のフィリピンの人は、自国の地図をどうやって「ざっくり描く」のだろうか?

サムネイル

2019/12/11
タイ・バンコクにおもしろ寺が増えている理由

サムネイル

2019/11/13
生活臭が詰まった台湾中古ショップ巡り
台湾にはハードオフがある。またハードオフやトレジャーファクトリーのような「跳蚤本舗」という中古のチェーン店もある。そこには生活臭があって、巡ったらとても楽しかった!

サムネイル

2019/10/19
中国製品にありがちな怪しい日本語の達人に学ぶ、そのコツ
中国やタイなどに行くたびに、変な日本語の商品を探してしまう。日本にもそれを生み出す名人がいる。ツイッターの「中國の怪レい日本語bot」というアカウントだ。

これまでの記事

2012/06/30
中国の微妙に怪しい日本語
中国で変な日本語を見る機会が減った気がする。と思ったらあるところにはまだまだあった。

2012/05/30
NY対決!流山VS西淀川
日本にもあるニューヨーク(NY)といえば西淀川と流山だ。ニューヨークぶりを調査した。

2012/04/28
九州新幹線の閑散駅めぐり
九州新幹線にはまだこれから発展しそうな駅がたくさんある。その閑散ぶりを堪能した。

2012/03/17
インド、歌う満員列車
なにしろすごいと噂のインドの電車に乗ってきた。1人が歌うとみんなで歌い出すのだ。

2012/02/18
イラストで日本人韓国人中国人の顔を見比べる
似顔絵に国柄あり。各国で似顔絵のイラストは期待通り違っていた。似顔絵比較をどうぞ。

2012/01/21
漢字をバラして変形して合体させた
中国で見つけたおもちゃは漢字が立体になっていていろいろ変形する。これはかっこいいぞ。

2011/12/17
日中の勢い手書き文字を見比べる
よく目にする「勢い手書き文字」。日本と中国で違いがあるのか見比べてみた。

2011/11/19
韓国の飲食店でみかけた変な日本語
ホハモソ焼に石焼ビビンビ。韓国にもちょっとだけ変な日本語がある。

2011/10/22
中国の注意書きは韻を踏んでいる
中国の公共施設などに掲示されている注意書きは、学校で習った漢詩みたいだ。

2011/09/10
中国で日本っぽいところに迷いこんだ
中国なのにカタカナの看板ばかりある町がある。狐につままれたような感覚で散策します。

2011/08/13
中国で福袋を買った
中国でコンビニで50元の福袋が売っていた。福が来るに違いない、そう思って1袋買った。

2011/07/16
アジアのマネキンを見比べる
同じアジアでも国によってマネキンがけっこう違う。見比べてみよう。