特集 2013年3月17日

中国の彫刻の森に行った

中国のアートはこういうのを期待するけど、それだけではないのだ。
中国のアートはこういうのを期待するけど、それだけではないのだ。
彫刻の森といえば枕に「箱根」と思い浮かびがちだが、実は中国にも彫刻の森はある。

香港のお隣、広東省の広州のちょっと北のほうで路線バスに揺られていたら「彫刻公園」という停留所があった。

公園というと、日本だとそんなにうっそうと木が生い茂る森のようなイメージはないが、中国のその公園は森といっていいほど自然に囲まれていた。だから中国版彫刻の森と言ってしまった。

期待通りの彫りモノがあるのだろうか。
変なモノ好きで、比較文化にこだわる2人組(1号&2号)旅行ライターユニット。中国の面白可笑しいものばかりを集めて本にした「 中国の変-現代中国路上考現学 」(バジリコ刊)が発売中。

前の記事:ケンタでおかゆ

> 個人サイト 旅ライターユニット、ライスマウンテンのページ

人民日報の新聞を彫刻にしてしまうアート

やっぱり彫刻だらけ。公園名に偽りなし
やっぱり彫刻だらけ。公園名に偽りなし
中国の現代芸術と言えば、プロパガンダ系だと思ってるぼくとしては、兵隊さんが腕を突き上げたり、市民が感謝で笑い、涙を滝のように流したり、偉い人が視察するような彫刻だらけのイメージを、この公園に期待していた。

彫刻公園に入ると、その期待に応えてくれるように、苦労人そうな人々の彫刻が待っていた。雨の日だったので、「余計に苦労」補正がついて人々の感動もひとしおなのである。たぶん。
作品名:苦しい歳月。よこぶえが味出してる。
作品名:苦しい歳月。よこぶえが味出してる。
列車を止めようと体を張る兵士。すごいぜ!
列車を止めようと体を張る兵士。すごいぜ!
うれしい知らせに駆けまわるほど喜ぶ女性。
うれしい知らせに駆けまわるほど喜ぶ女性。
小脇に挟むは「人民日報」の胡錦涛氏が軍の偉い人に就任の報。
小脇に挟むは「人民日報」の胡錦涛氏が軍の偉い人に就任の報。
中国版彫刻の森の全てが苦労系彫刻なら、日本海の荒波の世界。彫刻公園を出たときの人々の気持ちたるや、歌い終わって伴奏が流れて遠くを見つめている演歌歌手のような気持ちであろう。

「爺と小僧」系アートがすごい!

ところがどっこい。彫刻公園の苦労人系はツカミであり前菜である。メインディッシュは未来を担う子供の彫刻だった。
北京オリンピックのマスコットキャラクター「福娃(フーワー)」を抱く裸の赤ちゃん。題して「福娃夢」
北京オリンピックのマスコットキャラクター「福娃(フーワー)」を抱く裸の赤ちゃん。題して「福娃夢」
かわいい福娃とは対照的に、赤ちゃんがいまいち可愛くない感じがいい。

行って感じたのは、この彫刻公園の真骨頂は子供の彫刻。いまいち可愛くないどころか、日本ではもはや見ることがないだろう、わんぱく坊主と爺のかけあいの彫刻がこれでもかとあるのだ。カツオと波平も感心しきり。
首がひっかかって痛々しい。
首がひっかかって痛々しい。
爺登場。中国将棋をさす子供。表情がたまらない。
爺登場。中国将棋をさす子供。表情がたまらない。
別の角度からなめ回して見たくなる。
別の角度からなめ回して見たくなる。
爺「わしの作品に墨をつけてはだめじゃあ!」
爺「わしの作品に墨をつけてはだめじゃあ!」
子供だけでもしっかり見たくなる。表情がどう見てもいたずらモード。
子供だけでもしっかり見たくなる。表情がどう見てもいたずらモード。
爺オンリーの作品も。巻き貝料理をテイスティングする爺。
爺オンリーの作品も。巻き貝料理をテイスティングする爺。
巨大ニワトリに乗った爺が小僧に「ラッパを吹いてやるぞい!」「ブォォォーーー!」
巨大ニワトリに乗った爺が小僧に「ラッパを吹いてやるぞい!」「ブォォォーーー!」
全力で吹くラッパが聞こえそうだ。
全力で吹くラッパが聞こえそうだ。
パイプを吸う爺の横で悪だくみする小僧。
パイプを吸う爺の横で悪だくみする小僧。
爆竹をつっついているのか、火をつけようとしてるのか。ピンポンダッシュよりあくどい。
爆竹をつっついているのか、火をつけようとしてるのか。ピンポンダッシュよりあくどい。

フリーダム空間

あまりに爺と子供の馴れ合いのインパクトがすごかったが、他にもいろいろあり、フリーダムな公園だった。
草原に馬の大群(彫刻)が走り
草原に馬の大群(彫刻)が走り
その奥には引っ張る人(彫刻)がいて
その奥には引っ張る人(彫刻)がいて
いろいろあって面白いね、ハッハー♪ってことで。
いろいろあって面白いね、ハッハー♪ってことで。

彫刻は評価されるべき

術オンチのぼくだけど、彫刻公園はいい意味で裏切られてすごく楽しめた。

旅行ガイドを見ても、注目されがちなのは歴史ある絵画がメインになりがちで、現代彫刻はあまり注目もされないし紹介もされない傾向があるけれど、現代彫刻が集まるところこそ海外旅行の旅行先で巡るべきだと思った。

面白かった、ほんと。
触られすぎて金色に輝いてました。
触られすぎて金色に輝いてました。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓