特集 2023年9月29日

超進化・魚肉ソーセージ!鈴廣の「海鮮ゴロッとシーフランク」を食べる

小田原のかまぼこメーカー、鈴廣。

以前、かまぼこトミカを記事にしたときにホームページを見ていたら、ちょっと高級なシーフランクという商品を見つけた。

それって魚肉ソーセージ……かと思いきや、ちがう。

エビやイカやホタテがゴロっと入った、シーのフランクフルトなのだ。

すごく気になるぞ。

平成元年生まれ。令和から原始まで、古いものと新しいものが好き。

前の記事:チャーハンと渓谷 ~奥多摩・御岳渓谷の大自然と、沁みわたるチャーハン~

> 個人サイト 畳の夢

ワクワクする名づけの妙、シーフランク

伝統的なかまぼことともに、遊び心あふれる商品も開発する鈴廣だ。

その商品名がまたニクいのである。

たとえば、マグロのカマの漬けを「マグロのスペアリブ」と名づけたり、エビのすり身を合わせた甘い卵焼きを「海のすふれ」と名づけたり、ネーミングがうまい。

さすがフィッシュケーキの老舗、鈴廣である。

シーフランクも、魚肉ソーセージのイメージを脱却する、聞くからにジューシーで美味しそうな名だ。

(シーセージというダジャレっぽい姉妹商品もあるが、そこはご愛嬌)

 

そんなことを思っていたら、本当にたまたま親戚が送ってくれて超びっくりした。

CF13F4A9-BD86-4BBE-8FE4-A6589C630D66.jpeg
向こうからやってきてくれたシーフランク。おれに食べられたがってるのか

 

いったん広告です

大理石のようなイカの断面におどろきつつ、パエリアをつくる

4081EF82-39AE-4916-A111-4F97423DBC2C.jpeg
密度の高い断面が壮観だ。期待がたかまる

ということで、さっそく食べていきたい。

写真のとおり3種類あるシーフランクだが、一番インパクトのあるのがイカ味だ。

B45AE919-522B-4600-B200-0B08F14D1328.jpeg
見ての通り、イカとイカスミに染められた魚肉、スパイスがギュギュギュっと詰まっている

調理をせずに生でつまんでみる。

おお、美味い。

イカの弾力と風味が口の中であばれだす。口内がスプラトゥーン状態だ。

そのまま食べたくなるが、パエリアみたいな煮込む料理にも合うんじゃないか。

1C87EA3A-A601-4B39-ABCB-96D6E0CA7FF5.jpeg
ということでイカ味とエビ味を入れてパエリアにしてみた
F571158D-F051-4788-84B2-9C6CD35E94AA.jpeg
できた。海鮮のおいしそうな香りが部屋に充満する
FC9A4A38-959B-49D6-8CA3-7E341C7A61B3.jpeg
煮込まれてやわらかくなったけど、存在感は変わらずだ

いわゆるソーセージらしさというか、加工肉の食感のよさもありつつ、生のシーフードを食べているような満足感もある。

一般的な魚肉ソーセージなら煮込まれてふにゃふにゃになりそうなところ、しっかりと食べ応えがあるのだ。

イカそのものとも、カマボコとも、ポークソーセージとも、魚肉ソーセージとも異なる、あらたな味覚のジャンルであった。

いったん広告です

海老でもあり、肉でもある、チャーハンの具としてのシーフランク

4B0E3E5F-BECC-430E-A9D4-36E8CF9FF544.jpeg
パエリアにもいれたエビ味だけど、チャーハンにしても美味しかった

次はエビ味を紹介したい。

ちなみに、便宜上「味」をつけているけど商品名は「シーフランク エビ」。

フレーバーというよりそのものなのだ。

F0F3BA0F-CE08-49D1-A3F4-F6746FF4DF7B.jpeg
エビそのものが詰まってる!

ちなみにこのシーフランク、鈴廣の姉妹ブランド「SEAtoYOU suzuhiro」から出ているのだが、洋食やワインにも合う商品をつくるというコンセプトでつくられている。

だから、味付けもバジルやスパイスが入っていてちょっとお洒落だ。

でも、ここは我らがチャーハンにしてみたい。

AB806D71-874B-409F-B914-AAD707D25F30.jpeg
チャーハンになった

チャーハンの定番具材といえばチャーシュー、家ならハムやベーコンだろう。小さい頃、実家ではカマボコも入っていた。

それに対してエビの入ったチャーハンというのは、お店で食べるちょっと高級な料理なのだ。

そこでシーフランクだ。

550C4BE3-F538-4E9C-84CC-05340D17EF36.jpeg
エビであり、カマボコっぽさもあり、フランクでもあるシーフランクはチャーハンにおける主役のハイブリッドだ

チャーハンというものが美味しいのは当然として、ぷりぷりした食感の楽しいチャーハンとなった。

 

いったん広告です

ホタテはシンプルにそのまま焼いて食べてみる

5ADF9F17-0F50-439D-9B21-C5081F7E7849.jpeg
ジューと香ばしい匂いがしてくる

最後はシンプルにいきたい。

フランクなのだから、朝食にそのまま焼いて食べるのだ。

51E20390-757F-4879-A7EC-6DC32E268165.jpeg
トーストと目玉焼きとともにいこう

重みのあるフランクを持ち上げ、食べる。

20C9312E-B51F-4FF0-B977-281ACEF70155.jpeg
貝柱や貝ひも、さらにドライトマトが練り込まれており、シンプルながら複雑な旨味がある

シンプルに焼いて食べるのがやっぱり一番の正解かもしれない。

魚のすり身を使っているので魚肉ソーセージっぽさもあるのだが、違うのは天然の羊腸を使った皮を噛んだときに弾けるうまみだ。ギュッとしてプリッとしてジュワッとする。

プリッとした食感の先に、ホロホロっと繊維質のホタテがやわらかくほどけていく。

魚肉ソーセージやかまぼこの美味しさに、強いプラスアルファがあるシーフランクであった。

294DF2F3-A9D7-4D45-81C5-CA123E016E63.jpeg
鈴廣にはオードブルかまぼこ、グランシェフシリーズもあり、こちらもワインに合いそうな洒落た味がします(お酒飲めないけど)

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ