特集 2021年4月26日

日常に活かせる! サッカーのシミュレーション6選

日常に活かそう!

サッカーにおいて、相手がファウルしたことを装い、過剰に怪我のアピールする反則「シミュレーション」。

厳しい勝負の世界で絶対勝ちたいプロがおこなってしまうそれは、ときとして恥ずかしい芝居として滑稽にも映るのだが、ぼくの目には興味深く輝いて見えるのである。

そういったシミュレーションを、今日は練習しながら日常に活かしてみよう。
 

1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。(動画インタビュー)

前の記事:パースがついた剣を持つとかっこいい

> 個人サイト Twitter

サッカーにおけるシミュレーションとは

まずはサッカーのシミュレーションがどういうものか見てみよう。相手は木だ。木が反則行為をするはずがないので、なにか痛い思いをしてもそれは自分のせいである。

001.jpg
木と競り合う藤原選手

ボールもないのに何をやっているのか。でも、あれ……?

002.jpg
あっ

よく見てない隙に木に足元をすくわれた? バランスを崩してしまったぞ!

003.jpg
ぎゃー

ころんだ! 大丈夫!?

004.jpg
どうしたの!? 膝が痛いの!?

mov01.gif

木と競り合って、足を怪我をしてしまった藤原選手。かわいそう! PKさせてあげて!

いや、実は……。

005.jpg
どこも怪我をしていないのであった

どうだろうか。これがシミュレーションである。「当たり屋」という言葉が近いかもしれないことがよく分かる。

心の優しい読者、そして選手をよく見ていなかった審判は騙されてしまうかもしれない。

このテクニック、日常で活かすことはできないだろうか。

1.おにぎりを食べるシミュレーション

それではさっそく実践に……おや? お昼時なのでおにぎりを食べ始めた藤原選手。

006.jpg
おなかすいちゃったのかな?

おいしそうにおにぎりを頬張っている。具は何かな? 味噌かな?

ところが……?

007.jpg
あっ

突然口元を抑える藤原選手! おにぎりが腐っていたのか? それとも舌を噛んでしまったのか? 一体何が起こったというのだろうか。

008.jpg
苦しそう!

mov02.gif

もうだめだ! 水、水をちょうだい! 藤原選手かわいそう! 審判はおにぎりのファウルを取って!

009.jpg
大丈夫だったんだ!

なんだ演技だったのか。すこしでもかわいいと思ったぼくの気持ちを返してほしい。

おにぎりのファウルってなんだ。そんなものあるか。

これが日常におけるシミュレーションか。なにか恐ろしいものの片鱗を見た気がする。

2.缶コーヒーでシミュレーション

おにぎりを食べ終えて一息ついた藤原選手。その手には缶コーヒーがある。

010.jpg
ブラックコーヒーで一服。

これはさっき自販機で買ってきた何の変哲もない缶コーヒーだから、なにも起こるはずないのだが……。

012.jpg
あっ

突如として口を抑える藤原選手。おもったより熱かった? え、でもまた演技なんじゃないの……?

013.jpg
ぼえー

タイム! 苦しそう、やっぱり苦しそうだよ!

014.jpg
背骨が折れちゃうよ

背骨が折れたらふつう人は死んでしまう! 危ない! 審判は早く缶コーヒーにイエローカードを!

015.jpg
ふう

またしてもシミュレーションだったようだ。ほんの一瞬、だまされてしまった。だって苦しそうにしているから……。

藤原選手、彼は何を伝えたかったのか。その意味について問い続けていかないと行けないかもしれない。

3.縄跳びでのシミュレーション

もうだまされないぞ。強い意識を持って注視しよう。おや、今度はスポーツマンらしく縄跳びを始めたようだ。

016.jpg
快調に飛んでいる

思ったより気持ちよさそうに二重跳びを繰り返している。運動は体にいいらしい、その調子だぞ。

と、思っていたら……。

017.jpg
あっ

縄跳びの縄を激しく足首に打ち付けてしまった藤原選手。痛そうだね。大丈夫!?

018.jpg
痛そう!

ごろごろと硬い地面を転がっていて、かえってそれが痛そうだ。審判、縄にファウルを!

019.jpg
ああ~

mov03.gif

あれでも、これは自業自得? 縄にファウルはなし?

020.jpg
大丈夫だった

すべて演技であったようだ。また騙されてしまった。一瞬だけ「縄が足にあたったのは事実」ということが脳裏をよぎったから……。

いったん広告です

4.目薬でのシミュレーション

ここまでサッカーでもないのに3度も騙されてしまった。シミュレーションは反スポーツ的行為であるが、スポーツでない場面での反スポーツ的行為をどう評価していいものか。はやい研究が望まれる。

そうこうしているうちに目薬をさし出した藤原選手。午後になって目が疲れちゃったのかな?

021.jpg
藤原選手は目薬をさすときメガネをそうやっておくんだね

眺めていると、案の定、目を押さえ始めた! 

022.jpg
目を抑えている

目薬がハードなタイプでしみちゃったかな? 目がとても痛そう! 審判、私がこれから言おうとしてることわかるでしょ!?

023.jpg
こんなに、
024.jpg
苦しむなんて

mov04.gif

絶対目に染みちゃったんだ! 目薬はファウル! サッカーのルールを詳しく知らないけどこれは確実にファウルのはず!

025.jpg
やっぱりか

審判すみませんでした。またシミュレーションでした。

5.かゆみ止めでシミュレーション

もう騙されないぞとつよい気持ちで挑んでいきたい。

おっと、今度はひざがかゆくなっちゃったようである。かゆみ止めを塗るみたいだ。

026.jpg
右ひざがかゆくなっちゃったんだね
027.jpg
かゆみ止めを塗るのは自然なこと

しかし、この語の展開は読めているぞ……。

028.jpg
ほらみろ!

膝が痛みだしたようだ。傷にかゆみ止めが染みちゃったんだ! かわいそう!

029.jpg
転がる!

やっぱりこんなに転がるなんておかしい! これはかゆみ止めが悪い! 断言してもいいだろう!

030.jpg
審判、みてよこのありさまを

ほら、やっぱりこんどこそ……。

031.jpg
シミュレーションでした。

ちくしょう! そんなことやっていて虚しくないのか!

6.メモでのシミュレーション

こんどはメモを書き出した藤原選手。もうスポーツの要素はだいぶないからシミュレーションも不可能だろう。安心して眺めていられるだろうか。

032.jpg
メモを書いているね

うーん、やっぱりこれがどうシミュレーションにつながってくるかわからない。審判はほかのところを見ているといいよ。

033.jpg
あれ? 書けない?

どうやら様子がおかしい。ボールペンが書けないのか、力強くメモを書いている。これは……。

034.jpg
あー、もう書けないからって転がって

mov05.gif

これはファウルか? ここまで転がっているということはボールペンはファウルなのでは? サッカーのことはわからないけど、ここまで転がってるということはファウルでしょ?

035.jpg
書けている!

以上、日常におけるシミュレーションのようすでした。シミュレーションついて詳しくなれましたか?


アピールは大事 シミュレーションは駄目

日常におけるシミュレーションを見てきた。アピールの方法の一つとして地面を転がりまくるというのは、強いメッセージを放つことだけは分かっていただけただろうか。

もう泣いたり叫んだりするだけでは感情を伝えきれない!と思った際は、一度地面を転がりまくってみるのも一つの案かもしれない。

その際、嘘の気持ちで転がってるとサッカーと同じく反則行為とみなされてしまい、相手を白けた気持ちにさせてしまうので注意したい。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ