特集 2021年6月9日

事務的なメールをビデオレターで送る

お世話になっております

結婚や出産など喜ばしいイベントが友人にあった時、メールの文面だけで「おめでとう」と言うのが物足りなくなってきた。忙しい相手にとって僕が物足りないかどうかなんて本当にどうでもいいことなのだけど、祝うサイドとしても悔いの無い「おめでとう」を言いたい。

そんな理由で、最近ビデオレターを送っている。友人個人に宛てた「おめでとう」と言うためだけの純粋なビデオレターである。

みんな優しいので朗らかに喜んでくれるが、やるこちらはと言うとスリリングでとても楽しい。「おめでとう」なんて5文字で済む言葉でも、動画でちょっと挨拶などを交えてしゃべるとすぐ数十MBのデータ容量になる。この膨大な情報を一気に相手に送ってしまう取り返しのつかなさがとてもハラハラして楽しい。結局自分が楽しいからやってるのだ。みんなごめん、という気持ちである。

楽しいので普段の事務的なメールもビデオレターにしてはどうだろうか。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:土曜のお便り 〜話に関係ないフリー素材の人が背表紙でつながっているマンガ


書類の提出をビデオレターで

ちょうど先日、編集部の橋田さんから個人番号が分かる書類を提出して欲しいというメールを頂いていた。運営会社が変わった関係で改めて必要になったのだ。

001.jpg
メールで返事をしたらこんな感じになっていただろう。しかしこういうメールにペンネームを使うのは我ながら妙な感じがする。

ではビデオレターで返事をしたらどうなるだろう。撮ってみた。こちらの動画のようなことになりました。(このあと画像でしつこく紹介するので見なくても大丈夫です)

この動画を、メールをくれた橋田さん、担当編集の藤原さんと一緒にZoomで見た。動画を撮り、編集し、二人と日程を調整してZoomで会ってお疲れ様でーすとか言ったのちに再生したのだ。もう橋田さんに書類を手渡しできるくらいの手間をかけている。

こんな感想が出た。

  • 挨拶が長くてくどい
  • 結局書類がよく見えない
  • だが気遣われたことだけは分かり、人の温もりを感じた

僕も橋田さんと一緒に見て初めて気がついたのだけど本当にくどい。これから画像で振り返るのだけど、必要だと思うので最初に言っておきます。本当にくどいのだ。敢えて一字一句そのまま、くどく紹介します。

こんなビデオレターになった

002.jpg
003.jpg

ここまではメールと同じだ。ここまではいい。そしてこう続く。

「暑い日が続きますけれどもいかがお過ごしでしょうか。これから梅雨になってね、そのあとまた真夏がやってきてっていう気候がどんどん変わる時期ですのでどうか健康の方に、橋田さんも、気をつけていただきたいと思っております」

早くもくどい。最初の「いかがお過ごしでしょうか」だけでいい。でも効率ではないのだ、ビデオレターは。相手を気遣いたい気持ちがあるなら内容が薄くても言うのだ。 

004.jpg
「僕も気をつけたいと思います」 でもさすがにこれは「知らんがな」と思った。

そして次から用件である書類の提出である。

「さて、ご連絡いただいてました書類の提出、支払いのための書類の提出なんですけれども、このビデオレターで提出をしたいと思います」
005.jpg
「このビデオレターで」って言うところ、ちゃんと「マジかよ」という空気がZoomを通して伝わってきた。
「まずですね」
006.jpg
007.jpg
008.jpg
「見えますか?」

見えない。藤原さんが口に出して「見えないですね…」と言っていた。

僕も撮る前までは、カードをカメラの近くに持って行ったりするのかなと思っていたのだが、なんだか恐ろしくてできなかった。撮影用に大事な部分は隠してあるのだが、それでも怖かった。橋田さんにはこれで見てもらうしかない。

009.jpg
寄らないくせにしっかり見せる時間はとっていた。
010.jpg
「はい」
「そして本人確認のための書類がこちらになります。これは免許証です」
011.jpg
見えない。
012.jpg
「………」
013.jpg
「はい」

「ではこれで、書類の提出は以上になります。

…僕はもう最近ですね、」

「しゃべるの!?」という空気がZoomで伝わってきた。Zoomは色んなことを伝えてくれる。藤原さんが動画の再生バーを見て「あと1分ありますよ」と言った。ビデオレターってそうじゃないか。最後ちょっとしゃべるじゃないか。

「家で夜そばを茹でるっていう習慣がなかったんですけれども、最近やり始めたらとっても良くってですね、おいしくて、この夏は夜ご飯もざるそばとかそうめんとかそういうのにしちゃったりするのかなとか思ってます」
014.jpg
「とにかく本当にね」
015.jpg
またそれ言うのかよ
「健康に気をつけて過ごしていきたいし、橋田さんの方も健康で、健康に暮らしていただきたいと思います」
「それではあの、また何か、あそうだ。書類の方、不備がありましたらご連絡ください。ではまた別の機会でも何かありましたらどうぞよろしくお願いします。それでは失礼します。ありがとうございました。」
016.jpg
やっと終わった。最後に思い出したように、そして間を埋めるように「バイバーイ」と言った。僕の思うビデオレターっぽさである。

話が長くて書類は見えず温もりがあった。

とにかく長く感じた。ビジネスのメールにビデオレターは向かないだろう。でも橋田さんは「ただの書類に温もりを感じた」と言ってくれた。書類、見えなかったけど。

このようになんの役にも立たないが温もりだけはあるのだ。パソコンのモニターが映らなくなったら裏側を触って同じことを言うんだろう。

特に用件がなかったらどうなるんだろう

温もりだけしかないのならば、特に用件の無いメールには向いているのではないか。

017.jpg
例えば、こういうLINEである。

ちょっと悩みを聞いて欲しいという時にも送りそうだが、今回は本当に何もなくてただ構って欲しい時に送る「今、暇?」で考えて欲しい。

それをビデオレターにしたらこうなった。

さっきみたいに全部振り返るとさすがにくどすぎるので、今度は話した内容を箇条書きにしました。

  • 今、暇ですか?
  • ただ何をしてるかなと思って送った
  • 遊びに誘いたいわけではない
  • 俺が寂しかっただけなのだろうか
  • なんだろうね
  • 逆に旅行とかに誘われたら俺は断る
  • 暇だが予定を入れたくはない
  • ダラダラLINEをしたいのかも
  • ファミレス行ってもいい
  • そんぐらいですね
  • 返事をくれたら嬉しいが忙しかったら返事しなくてもいい
  • そんな感じですね
  • じゃあね
  • バイバーイ

以上である。長くて中身のない箇条書きになった。ちょっと驚いている。「今、暇?」で2分のビデオレターを作ると裏にあったニュアンスを全部しゃべることになり、こんなにモゴモゴしたことになるのだ。

今度はなんだか伝わりすぎる感じがした。構って欲しいけど迷惑と思われたくないという整理されていない気持ちが見えすぎて重い。

017.jpg
だからこれだったんだ。

用件のないメールのビデオレターは、温もりが質量を持って重さになった。あたたか〜い鉛だ。

ビデオレターとは

ここまで分かると普通のビデオレターから離れたくなり、

019.jpg
農家のプロモーションのビデオのようにzipファイルのパスワードを伝えたり、
020.jpg
お別れの言葉みたいに飲み会の出欠を伝えたり、
021.jpg
犯人からのメッセージみたいに遅刻の連絡をしたりした。

「ビデオレターなのか?」と撮りながら思ったし、見てくれた橋田さんと藤原さんも言っていた。こちらが何かの役になりきってしまうことで見る方のスタンスも変わってきてしまうので、ビデオレターを撮りたいのだとしたら自分として、自分の気持ちをまっすぐ伝えた方がいい。ふざけちゃダメなんだ。

でも犯人のやつは作っていて楽しかったので動画を下に貼ります。

というわけで、ビデオレターの暑苦しさ、重さが際立つ試みとなった。そもそも今まで友人を祝うビデオレターも相当に暑苦しかったのかもしれないと今さら不安になってきた。

でももう送っちゃったものはしょうがないし、誰かをクールに祝うなんてそんな難しいことできるわけない。人を祝う気持ちというのは暑苦しいものなのだ。


「バイバーイ」

なんとなくこの記事は「バイバーイ」の画像で終わるのかなとか思っていただが、成り行き上そうならなかった。「バイバーイ」って面と向かってほとんど言ったことがないのだけど、ビデオレターだとしっくりきますね。それではまた。

022.jpg
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ