特集 2022年6月2日

国立競技場スタジアムツアーでスポーツ選手がカメラにサインするやつを体験する

いわゆるヴィクトリーサインというやつが出来ちゃいます

昨年の夏に開催された東京オリンピックが閉幕し早くも10か月が経つが、実は今年の4月からメイン会場になっていた国立競技場のスタジアムツアーが始まった。

オリンピックのあれこれが落ち着いたいま、改めて国立競技場を堪能するのには良いタイミングではないだろうか。しかもスポーツ選手がよくやるカメラに向かってサインするやつが体験できるらしい。

これは行くしかない。

1992年東京生まれ。普段は商品についてくるオマケとかを考えている会社員。好きな食べ物はちくわです。最近子どもが生まれたので「人間ってすごい」と本気で感じています。(動画インタビュー)

前の記事:宮崎第一公園のどこから見てもカッコいいジャングルジム

> 個人サイト 日和見びより

フォトスポットが目白押し

というわけで国立競技場スタジアムツアーに参加してきたのでその一部始終をお伝えしていきたい。

やたらとかっこいいサインの前で記念撮影

スタジアムツアーは日時予約制だが中に入ってからは自由見学なので自分のペースで見学することができる。

さっそく中に入っていこう。なおマスクをしていない写真もありますが撮影時にのみ外していてそれ以外はきっちりマスクをしています。

おお!テレビでみたやつ…!
これが観客が入っているように見えると噂された座席か…! 確かに見えるぞ。

主な要素としては芝生とトラックとスタンドなので他の競技場と大きく違うところはないのだが、竣工前からメディアでもたくさん取り上げられていたしオリンピックでも何度もテレビで目にしたので、あの競技場を生で見られた!という喜びが大きい。

そういえば観戦チケットに応募して外れたな~などと思い出したりした

筆者は中学・高校で陸上部に所属していたので競技場には懐かしさを感じてしまう。タータン(合成ゴムで出来た赤い地面)の独特な匂いが当時を思い起こさせる。

むろん県大会はおろか予選決勝にも進めない弱小プレイヤーだったためこんなに立派な競技場は初めてだ。「国立」ともなるとやはりスケールがでかい。

陸上競技場のトラックは一周400mが標準だが、600mくらいあるように見える。

天然芝育成のため屋根の一部は透けていて自然光を取り込んでいる。芝への配慮がすごい
座席には5色のアースカラーが使われていてフィールドに近いほど濃い色が多く配置されている。

一通り国立競技場の迫力と細かい配慮を堪能したところで、このスタジアムツアーでは様々なフォトスポットが用意されているのでバシバシ写真を撮っていきたい。ウサインスタ・ボルトになろう。

スターティングブロックはスタブロと略すと分かってる人っぽいので覚えておくように
五輪の上に立って写真を撮ると誰でも勝者に見える。何にも勝ってないのに。

 フィールドだけではなく選手や監督にインタビューを行う際に使用されるフラッシュインタビューゾーンにも入ることができる。

書道家・青柳美扇さんの作品。調べたら32歳で2歳しか離れてない、まじかよ。
何にも勝ってないのに表彰台に登ったり、
トーチを持っている風(触ってはいけないのであくまで「風」です)の写真が撮れたり、
インタビューを受けたりできる。優勝した人の笑顔をしてるな、何にも勝ってないのに。

と、まぁ全体的に勝者の雰囲気を出しまくれて気持ちいいのだが、その極めつけが「スポーツ選手がカメラにサインするやつ」なのだ。

人生で一度はやりたいヴィクトリーサイン

スポーツ選手がカメラにサインするやつ(ヴィクトリーサイン)が分からない人もいると思う。こういうやつだ。

013.gif
記事「カメラのレンズにサインしたい」より

ライター爲房さんがほぼ錦織圭になっている。

日常生活で大型のカメラを自分にむけられることがそもそもないが、そこにさらにサインまでしてしまうとは、これぞ勝者の極みだ。勝たないとやっちゃいけないやつだよこれは。

それを何にも勝ってないのに出来てしまう、それが国立競技場スタジアムツアーである。

こちらがサインを書くカメラ。書かれたサインはお兄さんが頑張って消す仕様。
そしてカメラに近づいてくる勝者
サインをする勝者。サインをしているところを客観的にみるとなんか恥ずかしい。
最後に下がってポーズをとる勝者

残念ながら錦織圭のようにカメラは近づいてきてくれず、自分でカメラに近づいていくスタイルだ。それくらいは仕方ない、だって何にも勝ってないから。

そしてこのカメラが撮った一連の映像はQRコードからスマホに保存できる。できあがった映像はこちら。

自動で音楽までつけて盛り上げてくれる

自分がサインしているところをカメラ側の視点で見るのはなかなか新鮮で、普段まずないシチュエーションなのでテンションがあがる。これで筆者も勝者の仲間入りだ。

しかし残念ながらオーラは素人感まるだしでぜんぜん勝者慣れしていない。まぁ何にも勝っていないので当たり前だ。やはり本物のスポーツ選手のかっこよさと自然さはリアルな勝者にしかないものなのだ。

他にも東京オリンピックで活躍した選手たちのリアルサインが見られる壁や
選手が実際に使ったロッカールームなどこのツアーでしか見られない見どころも盛り沢山
いったん広告です

だれでも入れる「空の杜」もおすすめ

スタジアムツアーに訪れたら競技場内だけでなく競技場5階外周部にある「空の杜」の散策もおすすめだ。

5階外周部の「空の杜」は無料で誰でも入れる回廊として一般開放されている
ちょっと高い位置からの景色は緑も多くて気持ちいい。こちらは青山・皇居方面
茂みの向こうの聖徳記念絵画館はディズニーシーのインディージョーンズの乗り物みたい

風向きによって競技場のタータンのにおいが空の杜まで漂ってくるのでここを歩いているだけで国立競技場の雰囲気を感じられてよい。ランニングは禁止だが、アスリート気分が勝手に高まってくる。

新宿のビル群の前の東京体育館は宇宙船のようでスターウォーズの一コマみたいだ
神宮外苑のゴルフ練習場は野球場(2019年閉鎖)を活用した珍しい練習場だが、
昭和初期のその場所には謎の円が 出典:国土地理院撮影の空中写真(1936~1942年頃)

 実はこの謎の円形、相撲場だ。ここで本場所も行われたという。そしてゴルフ練習場もまもなく閉鎖され、この場所にはラグビー場が移転することが決まっている。

相撲→野球→ゴルフ→ラグビーと競技が移り変わりつつも一貫してスポーツの舞台となっているのは土地の因縁を感じさせて面白い。このあたりには”スポーツの気”が渦巻いていてそれもアスリート気分を高めてくれる要因だったりするのかもしれない。

よみがえるモニュメントと川

せっかくなのでもう少し周辺を見て回ろう。

外周部の天井にはびっしりとダクトなどが張り巡らされていてかっこいい
S__6242370.jpg
このダクトはなかなか見ない太さだ。スパイが5人くらいいても通れそう。
外壁には東京オリンピック2020のメダリストたちの名前が掲げられている
近代5種のピクトグラムは「輪廻転生のピクトグラム」といわれても納得しそうな迫力

新しい設備や表示だけでなく、建て替え前のモニュメントもちゃんと残されており、往年の国立競技場ファンも楽しめる。

競技彫刻3兄弟(いま名付けた)は一か所に集合
彼は古代オリンピックで行われていた馬車を操る競技の御者。競技自体に馴染みがないのでグータッチしているようにしか見えず、きっと真剣だろうに可哀そう。
メインスタンドを飾っていた野見宿禰とギリシャの女神の壁側は青山門に
ギリシャの女神、ドラゴンボールのミスター・ポポみたいな顔してるな

 さらに競技場の北側、大江戸線の国立競技場駅あたりにはちょっとしたせせらぎと緑のビオトープ的な空間が整備されている。

この日はとても暑かったがせせらぎがあるだけでちょっと涼しげになる
まだ工事中だが外苑西通りに沿ってさらにせせらぎを作ろうとしている

これはもしかして…と予感がして昔の地図を調べると、やっぱりそうだ、ここには以前川があったのだ。

青く色を付けた部分が川 出典:国土地理院撮影の空中写真(1945~1950年)

 この川は新宿御苑を水源とする渋谷川である。今は渋谷駅までの区間は完全に暗渠化されているが、新しい国立競技場と共に渋谷川の記憶が地表によみがえったわけだ。

建て替え前のモニュメントを設置するだけでなく、渋谷川の記憶までも掘り起こしてしまうとは、国立競技場なかなかやるな。

そして川があったということは、次にどうしても気になってしまうのは地形である。渋谷川が流れていた西側と東側を比べてみよう。

青山門のある東側は国立競技場とその脇の道路(地表)が同じ高さにあるが、
外苑西通りの西側は国立競技場から一段下がった場所に道路(地表)がある。

 やはり川があるところには谷がある。外苑西通りは渋谷川がつくった谷筋で、その脇の山のはじっこにあるのが国立競技場というわけだ。建物のスケールが大きいこともあり、今までそういう風に見たことがなかったが、改めてそう思って見てみると迫力が増す気がする。

今となってはその高低差はほとんど意味のないものになっているとは思うが、さきほど載せた相撲場があった時代には山のはじの傾斜を活かして競技場の観覧席が作られていたようだ。

そういう過去を知って改めて新しい国立競技場をみると歴史の積み重ねがひしひしと伝わり、そんな場所でヴィクトリーサインを体験できてしまうありがたさを感じずにはいられないのであった。


参加できるのは2024年3月まで

今回参加した国立競技場スタジアムツアーは現時点では2024年3月までの期限付きの実施となっている。ぜひこの機会に勝者となって華麗なヴィクトリーサインを決めてほしい。

ちなみにグーグルで国立競技場を調べると3Dデータを好きな場所に設置することができます。これは日比谷ミッドタウン前の国立競技場

 

 

取材協力:国立競技場スタジアムツアー 

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ