特集 2019年2月13日

ホスト1200人の新年会に行く

2019年1月26日、ホストクラブの新年会に足を踏み入れた私は「これはえらいところに来てしまったぞ……」と思っていた。

ホストクラブは普段の自分とは縁遠い世界だった。なぜこのような場所に来てしまったのか。

1986年生。大人げない大人を目指し、日夜くだらないことを考えています。ちぷたそ名義でも活動しています。動画インタビュー

前の記事:出雲はうさぎ天国だ


01.jpg

業界最大手のホストクラブグループ「GROUP DANDY」の広報さんとは2018年に仕事を通じて知り合った。ちなみにこの広報さん、バーチャルユーチューバーにもなっている。

年があけて新年会に声かけてもらった時、広報さんが「いわゆる会社の新年会で、表彰とかばかりなので面白くないかもしれないんですけど……」と言っていたので油断した節もある。会社に所属していた時、自社の新年会は気乗りがしない方だった。にもかかわらず人の会社の新年会には惹かれた。だって、全然違う業種の新年会ってちょっと興味がある。それに広報さんからのメールには「ホスト1200人の新年会」という単語が踊っていた。こんなイベント、見られることは今後一生ないんじゃないだろうか。

02.jpg

あと、自分を知っている人が全くいない場だし、場で浮こうが気にしなくてよくない? と変なポジティブさを発揮し自分を奮い立てた。そして2019年1月、私はホスト新年会が行われる新高輪プリンスホテルの飛天の間にいた。

ホスト1200人の中の異分子となる

03.jpg
新年会会場・飛天の間

新高輪プリンスホテルへ。FNS歌謡祭の会場としても知られる大きなハコであるが、そこを自社の新年会で抑えられるのはやはり景気がいい、と思う。

04.jpg
噴水……なにこれ……

このあたりで、目を背けていた「やっぱり自分、場違いじゃね?」という事実に感づきはじめた。どうしよう。でもここまで来たらもう後へは戻れんぞ。

05.jpg
今までの人生で通ってこなかった顔入りののぼりがあった

会場入りする直前、入り口付近で顔入りののぼりをたくさん見かけた。「……何コレ?」と思ったけど、こののぼりの用途は後々判明する。

顔が良すぎて生態系の破壊

06.jpg
1200人のホストのみなさん

GROUP DANDYでは42店舗を抱えており、1000人を超えるホストが在籍しているのだ。もちろんみなさん顔がよかった。

はあ~~~~……。駅などで芸能人みたいにかっこいい人とすれ違うことがあるだろう。そういう人をギュッとこの場に集めたような感じで、明らかにほかの土地当たりの平方メートルに対して空気中の「顔がいい」濃度が高すぎる。生態系の破壊では?

07.jpg
お正月らしく鏡割りだよね……って顔がいい

新年会の最初に、司会のホストさんが「みなさま早い時間から誠にありがとうございます」などと言っていたが今は17時。「いや、早くはないよ!?」と思ったけどホストの就業時間考えるとそうか17時は早いのか。これがホストジョークか。

今回は詳細なレポートというよりも、全然違う世界からホスト新年会に参加した私が見て面白かったことや発見などを共有していく。

催しは新人ではなく会長自らステージで踊る

08.jpg
……何コレ?

ホスト1200人の中の異分子となった私が最初に見た光景は、ホストを束ねる会長の高見ロマンチカ氏による熱いステージだった。だいたい会社でやるこういう行事の余興にあたる催しは新人社員が務めるケースが多いが、GROUP DANDYでは会長はじめ各店舗の代表達が自ら踊り、これからのシーンをけん引していくホストたちのお手本となるのだ……!

09.jpg
歌い踊るホストと踊り子、レーザーにスモーク、紙ふぶき……

めちゃくちゃ派手なステージだった……これがホストの世界なのか……。今回のステージのテーマは「天下布武」で織田信長公だ。

10.jpg

曲の歌詞が「つぶやけど増えないフォロワー」とかで、ホストも我々と同じようなこと気にしてるんだなと親近感がわく。ちなみに曲はダウンロード販売もしている。自社の上層部が曲を出している世界……。GROUP DANDYでは年明けは新年会、夏には「夏フェス」を行っている。夏フェスて。

本当に女性がいない

11.jpg
改めてよく行ったな(冷静になる私)

参加している人を見ていたが本当に女性がいなかった……。1200人以上いた中、関係者女性は4人ぐらいではないだろうか……。

高校時代、受験のために選択した授業「日本史A」が、いざ教室に入ってみると女子生徒が自分だけだった時の気まずさを思い出した。その時と今、どっちが気まずいだろう? こっちは1200人だが日本史Aはたかだか十数人程度。だが今回は数時間で終わるが日本史Aは毎週授業があった。下ネタで笑いを取るヤツの発言でクラスが笑いに包まれている時が一番キツかった。

12.jpg
休憩時間をもてあましていた時に撮ったシャンデリア

結果、自分的には1年間の女生徒ひとりの「日本史A」の方がしんどかったな。私はまだやれる。

のぼりはステータス

13.jpg
ライブじゃない

店舗ごとや個人ごとに表彰が行われるのだが、個人の表彰の10位以上はプロモーションビデオが流れるし(これのために用意している)、上位ランクのお店であればお店オリジナルののぼりを作ることができる。これも知らない世界だった。

14.jpg

さながら現代のホスト戦国時代といった光景だ……。ステージに向かってそびえ立つのぼりの向こうで確認できたお顔は、厳めしい鎧に包まれていた。

15.jpg
GOLD所属 七原柊也さん

2018年度ナンバーツーに輝いた七原柊也さんは高見会長リスペクトの織田信長公スタイルで登壇した。

16.jpg
お店お揃いパーカー

お店のスタッフはのぼりを掲げるだけではなく、お揃いで作ったパーカーでステージを盛り上げたりもしていた。のぼりやパーカー以外でも、サイリウムや光るうちわで応援したりもする。

17.jpg
CANDY所属 #きらおさん

これはサイリウムの光に包まれてスマホで動画を撮りながらステージにあがるホスト。マンガや小説に出てくるホストのイメージそのままって感じのシチュエーションが完璧……!

18.jpg
Leo所属DAIYAさん

そしてこれは登壇する同僚を応援する(たぶん)、同僚の名前入りの光るうちわを抱えて見つめるホスト……この瞬間に至るまでの物語を感じずにはいられない。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓