特集 2019年10月7日

過去記事のカバー記事17本で確信した、あと100年はやれる!

デイリーポータルZはこの10月、17周年を迎えました。

これを記念して10/6(日)に過去記事をカバーする「名作カバーまつり」を実施したところ、このサイトあと100年は余裕でできるなと実感した次第です。

過去記事をカバーするってどういうことなのか? あらためて振り返りたいと思います。


そもそも「名作カバーまつり」とはどんな運動だったのか

17周年だから「名作カバーまつり」をやりました! と言われてもはて? と思う方も多かろう。

企画会議で盛り上がり「飛び出せ! フォーエバー伝説カブリア革命」と名付きそうにもなったこの企画、要は

・過去17年間に公開した記事から1本選び
・同テーマで新たに執筆する

というものだ。

記事は今回新たに執筆するライターに自由に選んでもらった。

17周年になぞらえ、参加したライターは全17人。17本の過去記事がカバー元として選ばれた。

yokokutop.jpg

↑こちらのサムネイルが選ばれし過去記事のワンシーン。

記事は更新日である10/6(日)の14時~22時にかけて30本おきに公開、平行してYouYubeLiveの生配信でその解説を行うというまさに「まつり」の一日であった。

そこで我々が確信したのは「これあと100年できるな」という力強い事実だったのだ。

頼もしさを実感した17本の新しい記事とその元となった古い記事を振り返っていきたい。

以下、

・カバーした新しい記事
・カバー元の古い記事
・当日配信の動画
・ざっくり動画まとめ

これをワンセットで17本紹介していくので、興味のある記事をつまみつまみごらんいただければ幸いです。

今の私なら、納豆を一万回混ぜるマシーンを作れるはず 藤原麻里菜

001.jpg

カバー元:納豆を一万回混ぜる(古賀及子)2005年3月28日初出

10000natto.jpg

 

ざっくり動画まとめ
・14年前、「大人になってもこんなことをやっていいのか」とすごく励まされた記事。当時小学生。
・解説放送では、藤原さんによる古賀さんへのメッセージパートの朗読も
・モーターを使って殿堂化に挑むも、ただ箸を回転させても納豆は混ぜられないことが判明。回すのとかき混ぜるのは別
・かき混ぜ成功は14年後のライターに託す

17周年を花マンで祝おう 爲房新太朗

002.jpg

カバー元:めでたいぞ! 花マン(トルー)2018年1月16日初出

top.jpg

 

ざっくり動画まとめ
・紙花をつくるマシーン「五色鶴の花子ちゃん」を買って、時間効率化した。
・パーカーで作ったので着脱ができて、ハンガーにかけて保管ができる。
・ふざけて書いた初出記事のTIPSが役にたった。
・花マンとフラワーアーチを組み合わせると豪華になる。
・引きで撮っても目立つのでより存在感が出る。
・女性が着ると花ウーマンになる。


クールさ基準でジャンケン対決2019 トルー

003.jpg

カバー元:クールさ基準でジャンケン対決(小野法師丸)2012年7月16日初出

000.jpg

 

ざっくり動画まとめ
・この記事を選択した時点で緊張感がありました。
・あいまいなルールのゲームが好きなんですかね。
・それぞれの個性(説明)を見ていくのは楽しかったです。
・しかししっかりと読むと微熱が出てきそうな論理の連発でした。
・最後は満足してるようでよかったです。みんなやろう!


ブタゴリラになると元気になる ぬっきぃ

004.jpg

カバー元:ブタゴリラの気持ちになる(藤原浩一)2016年11月24日

butagorira.jpg

 

ざっくり動画まとめ
・ブタゴリラの3条件。素足に靴、声は大きくダミ声、野菜を入れる袋は茶色の紙袋。
・ブタゴリラに入り込むとスーパーのリンゴに対して感情がなくなる(美味しいリンゴを食べなれているため)、パンには普段つけないジャムが欲しくなる
・あまりにブタゴリラの思考が身についてきたため自分の思考が怖くなり、夫に相談した。「仕上がってきたね」と言われる。
・解説放送ではブタゴリラになることで本当の自分に出会う、ブタゴリラセラピーが提唱された。


「Kindleをレトロなブックカバーにする」などの巻 北向ハナウタ

005.jpg

カバー元:勝手にレトロに(べつやくれい)2007年2月3日初出

retro_10.jpg

ざっくり動画まとめ
・キンドルブックカバーの藤城清治風イラストはiPadで3時間ぐらいかかった
・絵のタッチを真似して描くと、元の絵のうまさや凝ってることがよく分かる
・オカモチにウーバーイーツってレトロなロゴを書きたかったがオカモチが高くて断念
・ハナウタさんは取材中にいつもメモリーカードがいっぱいになっている
・メモリーカードの容量が小さすぎるんじゃないか。128GBを3枚ぐらい買っておこう

声優交代から14年。大山のぶ代時代のドラえもん遊具はまだ残っているの? 北村ヂン

006.jpg

カバー元:ドラえもんのリニューアル状況を検証する(住 正徳)2007年11月8日初出

0033.jpg

 

ざっくり動画まとめ
・14年前、ドラえもん声優交代時に遊具のリニューアルはなかった。
・そもそも、都内で屋上遊園地がなくなりまくっている。
・蒲田に屋上遊園地「かまたえん」はあったけど、ドラえもんの遊具はなかった。
・唯一「としまえん」で見つけたドラえもんの遊具は大山のぶ代さんの声だった。
・遊園地の遊具場にはアンパンマンの遊具が多かった。
・ドラえもんをみる世代が小学生なので遊具を作らなくなったのか。
・水田わさびさんの事務所に問い合わせて、遊具の吹込みの仕事をしたか聞きたい。
・ドラえもんの遊具があったら教えてほしい。


北海道でしてみよう!拾い食い ジーン

007.jpg

カバー元:してみよう!拾い食い(大北栄人)2015年6月9日初出

hiroigui.jpg

ざっくり動画まとめ
・毎回いい景色が登場する。今回の自然も池もいい。どちらも大学
・いももち、ザンギマヨのおにぎりなど登場する食べ物が期せずしてローカル色が強め
・これをやったあと、落ちているおにぎりを見るとどきどきする
・Windows Updateの最中に電源を切りたくなるみたいな感じ
・これから大学院に進学するが、デイリーには院まで行ってむかないで食ってる男もいるぞ

顔が大きくなる箱 西垣匡基


カバー元:顔が大きくなる箱(林 雄司)2016年8月25日初出

dekagao.jpg

ざっくり動画まとめ
・なんですかこれは?という声に対して「ドラマがいいなと思って撮ってみたんですが」
・階段のシーンは新海誠っぽいと思ったけど、結局ふたりのおかしな人のラブシーンだった
・古賀さんは顔が大きくなる箱をとって日常に戻るけど、はぁはぁしながらサラダバーをすすめる石川はおかしいまま
・藤原さんは気まずい現場でも余計なことを言って埋めない。余白感を持っているので映像にしたい
・上司と古賀さんをほめる同僚がきちんと演技をしていた。うまい


観光地としてのニュー新橋ビル2019 いまいずみひとし

063a8e9addc69a0ac6ce6a3b65d621e6.jpg

カバー元:観光地としてのニュー新橋ビル(古賀及子)2006年5月23日初出

25.jpg

 

ざっくり動画まとめ
・ニュー新橋ビルは13年経ってもかわっていなかった!
・ニュー新橋ビルという「場の支配力」がすごい
・廊下沿いのYシャツの陳列やジューススタンドの煮卵も健在という変わらなさ
・そもそも我々は「変わらねば」と思いすぎている、変わる必要は実はない
・とはいえ2020年には再開発で取り壊されるという噂もあり、ニュー新橋ビル、行くならいま!


ガチャガチャマシーンからつまみが出てくる飲み会を開催してみた スズキナオ

010.jpg

カバー元:ガチャガチャにつまみを入れて晩酌(T・斎藤)2012年5月11日初出

016.jpg

 

ざっくり動画まとめ
・ガチャガチャから食べ物が出てくるというちょっとした異常さがこわおもしろい
・7年前のT・斎藤さん版の記事で「これは流行る!」と言われていたが流行はしていない
・だが、やると「これは流行る!」と思わざるを得ない
・角打ちや立ち飲みの店の片隅に置くのはどうか
・神戸の「肉スルメ」は改めて取材したい


本物のもみじで、もみじ饅頭を作る こーだい

011.jpg

カバー元:もみじ饅頭を自作する(ほそいあや)2009年12月16日初出

14.jpg

 

ざっくり動画まとめ
・箕面の名物にモミジの天ぷらがある。塩漬けのもみじを衣つけて揚げたもの。
・生のモミジはまずい。品種改良されていない植物はたいていまずい。
・モミジを生地に練りこんだまんじゅう。うまいが味がしない。
・もみじ(鹿肉)と混ぜてあんにした中華まん。ちょっとモミジっぽい味がする気が…
・解説放送はビデオチャットの窓の外から鈴虫の声が聞こえる風流すぎる放送に


フライドポテト、チェーン店別徹底比較 岡本智博 オカモトラボ

012.jpg

カバー元:ファーストフードのポテト、チェーン店別徹底比較(梅田カズヒコ)2005年11月2日初出

2005_10270037.jpg

 

ざっくり動画まとめ
・そもそものきっかけは好きだったポテトが販売しなくなったこと。
・理想形を探して辿り着いたのがネットカフェ快活CLUBのポテト。
・3年の調査でポテトを食べすぎてあまり好きではなくなった気がする。
・ピザ屋さんのポテトは総じてレベルが高いが値段も高い。
・ネットカフェ自遊空間のポテトは100円だが4点と高得点。
・得点については主観なのであまりあてにならないかもしれません。
・記事中に主観を抜いたのは悪口になってしまうから。

走った後に美味しいエナジードリンクはこれだ! 江ノ島茂道

013.jpg

カバー元:走った後に美味しいエナジードリンクはどれだ(地主 恵亮)2011年2月5日初出

026.jpg

 

 
カバーして判明したこと
・各エナジードリンクの評価を「付き合いたい度」でまとめたのは元記事を書いた地主さんへのリスペクトであって僕のせいではありません。
・写真が綺麗なのは伊藤さんがハブを撮るために買ったカメラで撮ってもらったから。
・他がだいたい甘い中、アワライズは柑橘系でさっぱりしていて美味しかった。
・記事は情報よりも主観だと思っている。
・結婚したいが今の環境に結婚につながる要素がない。
・交差点で両手でコンビニのホットスナック食べているところを読者に見られた。


帰ってきた一斗缶で缶ぽっくり べつやくれい

top.jpg


カバー元:一斗缶で缶ぽっくり(林 雄司)初出2004年6月27日初出

ittokan.jpg

動画まとめ
・ティンパニーのような音がする缶ぽっくりに乗って登場
・意外に不安定、ちょっとした枝を踏んだだけでバランスが悪くなる。地震で高層ビルの上の方が大きく揺れるのと同じ原理
・この記事の唯一の情報はドリルで穴をあけるときに真上から体重をかけるということ
・林は15年前に缶ぽっくりを作ったときのことをほとんど覚えてないため参考にならず
・今後、遊園地にあったビックリハウスをつくりたい

 
「お菓子のロボ」づくり 石川大樹

015.jpg

カバー元:お菓子のロボ(べつやくれい)2011年12月8日初出

robo_25.jpg

 

ざっくり動画まとめ
・お菓子でロボを作るのは重力との戦い。
・足で自立せずキャタピラにしたのは正解だった。
・デイリーはロボを作りがち。
・8周年ロボ、先行者、ボストンダイナミクス、こんにゃくロボなど。
・ロボも作った、家も作った、ペットボトルで船も作った。次はなんだ。
・つり橋ではないか。
・たぶんねじりを考慮せずに作るから真ん中まで行ってくるんとひっくり返って落ちるだろう。

東京から品川まで新幹線で行ってみた ネッシーあやこ

016.jpg

カバー元:新幹線品川駅開業記念 品川へ新幹線で行ってみた(乙幡 啓子)2003年10月14日初出

4-3.jpg

 

ざっくり動画まとめ
・新幹線に乗る機会がないので乗りたい!お金がそんなにかからない方法で。
・指定席は2,670円、自由席は1,040円。自由席でも座れたので、自由席を選択するのがお得。
・東京駅は広くて、お土産屋もいっぱいあって迷う
・7分で通常サイズの弁当を食べきるのは無理そうなので、少量の食べ物がおすすめ。
・始発で発車する前から乗車できたので、時間に余裕ができた。
・冷え冷えで固いことで有名なスジャータアイスは、東京駅のホームで買った。品川駅で食べたら柔らかくなって食べやすかった。
・山手線12分、新幹線は7分かかる。在来線のホームとの距離があるので、時間短縮にはならない。
・「新幹線に乗る」レジャーとして楽しむのに、時間も金額もちょうどいい。


17年前のビールは古酒になっているか パリッコ

017.jpg

カバー元:13年前のビールは古酒になっているか(DEEokinawa tarou)2013年3月9日初出

027.jpg

 

ざっくり動画まとめ
・なんとパリッコさんが17年前に賞味期限の切れたビールを保管していた奇跡
・生まれた年のワイン開けるみたいな話に
・17年前のビールは「うっすい紹興酒」になっていた
・脱力の味
・肉豆腐がまずかったことはない
・チェーン店のなかでは天狗が信頼できる

行こう、117周年へ!

今回のカバー記事企画で見えたこと。それは完全に「次世代への引継ぎ」の可能性であった。

10年以上前の記事を今やることで、次の10年が分かりやすく見えたのだ。

おそらくそこには成長はない(今回の結果をみても)。きっと私たちは10年後も同じことで間違い、同じことでつまずく。

できなさも受け継ぎながら次の時代を歩んで行こう。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓